アルビレックス新潟

今季の成績
順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
11 アルビレックス新潟 57 14 15 13 55 55 0 42
日程
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2021-04-24
14:00
明治安田生命J2リーグ
第10節
愛媛FC vs アルビレックス新潟
2021-05-01
14:00
明治安田生命J2リーグ
第11節
アルビレックス新潟 vs ジェフユナイテッド千葉
2021-05-05
14:00
明治安田生命J2リーグ
第12節
大宮アルディージャ vs アルビレックス新潟
2021-05-09
14:00
明治安田生命J2リーグ
第13節
アルビレックス新潟 vs 松本山雅FC
2021-05-16
15:00
明治安田生命J2リーグ
第14節
FC町田ゼルビア vs アルビレックス新潟
結果
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2021.04.21
19:00
明治安田生命J2リーグ
第9節
栃木SC 2 - 2 アルビレックス新潟
2021.04.17
14:00
明治安田生命J2リーグ
第8節
アルビレックス新潟 1 - 0 ツエーゲン金沢
2021.04.11
14:00
明治安田生命J2リーグ
第7節
モンテディオ山形 0 - 2 アルビレックス新潟
2021.04.04
13:00
明治安田生命J2リーグ
第6節
SC相模原 2 - 2 アルビレックス新潟
2021.03.27
14:00
明治安田生命J2リーグ
第5節
アルビレックス新潟 7 - 0 東京ヴェルディ
基本データ

正式名称:アルビレックス新潟

原語表記:Albirex NIGATA

ホームタウン:新潟市、聖籠町

チームカラー:オレンジ、ブルー

関連ニュース
thumb

「クリロナじゃん」新潟FW矢村の“衝撃”オーバーヘッドに絶賛「年間ベストゴール確定」

アルビレックス新潟のFW矢村健が2試合連続のゴールを決めた。 矢村は17日に行われた、明治安田生命J2リーグ第8節のツエーゲン金沢戦で試合途中から今季初出場を果たすと決勝点をマーク。クラブ新記録となる開幕8戦連続無敗に大きく貢献すると、21日に行われた第9節の栃木SC戦では今季初の先発出場を果たした。 すると8分、右サイドから高木善朗が抑えのきいた高精度クロスを供給。ゴール前の矢村は、真横からの難しいボールを、大胆にオーバーヘッド。しっかりと捉えたシュートは、ワンバウンドしてゴールネットを揺らした。 ベンチのチームメイトたちも思わず頭を抱える衝撃のゴールだったが、このシーンがJリーグの公式ツイッターで公開されると、ファンからは「これはJ2年間ベストゴール確定」「マンガのレベル」と矢村を称賛する投稿や、2017-18シーズンのチャンピオンズリーグ準々決勝で当時レアル・マドリーのFWクリスティアーノ・ロナウドが決めたオーバーヘッドを彷彿とさせることから「クリロナじゃん」という声もあった。 新潟はその後逆転を許し、2-1とリードを奪われるものの、後半アディショナルタイム2分に右CKのクロスからDF千葉和彦が劇的なヘディング弾。クラブ記録更新の開幕9戦無敗でリーグ首位を維持している。 <span class="paragraph-title">【動画】矢村健の“衝撃”オーバーヘッド</span> <span data-other-div="movie"></span> <script src="//player.daznservices.com/player.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=13bcnnf0njvrf1f4frvjb60fzl" async></script> 2021.04.22 12:20 Thu
twitterfacebook
thumb

京都が北九州に6発圧勝!ウタカがハットトリックで本領発揮【明治安田J2第8節】

明治安田生命J2リーグ第8節の10試合が、17日に各地で行われた。 2連勝中の京都はホームのサンガスタジアムbyKYOCERAで北九州と対戦。立ち上がりから押し込むと17分、敵陣左サイドのスローインからワンタッチでパスが繋がり、武田がボックス右のウタカに展開。フリーのウタカはワントラップから右足の豪快なシュートを突き刺し、先制点を挙げた。 さらにウタカは23分、京都が波状攻撃を仕掛ける中で、飯田がボックス右角付近から上げたクロスをファーサイドで左足ボレーで合わせて追加点。これで勢いに乗った京都はその3分後、ボックス右に走り込んだ飯田が宮吉からパスを受けると、右足を振り抜いたシュートは右ポストを当たりながらもゴールに吸い込まれて3点目。飯田はこれはプロ初ゴールとなった。 その後、43分に1点を返されるも今日の京都には焼け石に水。後半立ち上がりの52分、左CKの流れでボックス右の福岡から中央でパスを受けたウタカがゴールに流し込んでハットトリックを達成。さらに72分と75分には、それぞれセットプレーからヨルディ・バイスが2点を決めて、6-1で京都が圧勝。会心の勝利で3連勝を収めた。 これで3位の京都が上位に迫った一方、首位の新潟はホームで金沢と対戦。相手にほとんどシュートを打たせることなく攻勢を維持したまま試合をすすめるが、なかなか肝心の1点が遠い。その中で65分にここまで全試合先発出場のロメロ・フランクが相手との接触で負傷。担架に乗せられ交代を余儀なくされてしまった。 嫌な雰囲気が漂ったが、試合を決定づけたのは、その交代で投入された矢村だった。77分、新潟は相手の攻撃回避のためにGK阿部が前方へロングフィードを送ると、ピッチ中央で高木が競り合ったこぼれ球を本間が前線へ運ぶ。ペナルティーアーク付近で並走する矢村がパスを受け、最後はボックス右からの強烈なシュートでゴールイン。これが決勝点となり、今季7勝目を挙げた。 また、新潟と勝ち点で並ぶ琉球も勝利を収めた。ホームで東京Vを迎えた一戦は、2連勝中と勢いのある相手に苦戦を強いられる。だが、41分に東京Vの佐藤が倒れた際に琉球の富所を足裏で押すように攻撃を妨害。これが一発レッドカードと見なされ退場となると、後半から琉球が徐々に押し込んでいく。 62分、左サイドから沼田が上げたクロスをボックス右の風間宏矢が頭で落とすと、走り込んだ田中が押し込み琉球が先制。さらにその6分後には、ドリブルでペナルティエリアに侵入した富所に対して、平が腕を使って侵攻を阻止したため、琉球にPK献上。これを富所が決めて、2-0で勝利した。 ◆第8節 ▽4/17(土) ブラウブリッツ秋田 0-0 モンテディオ山形 <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">京都サンガS.C. 6</span>-1 ギラヴァンツ北九州 松本山雅FC 3-3 ヴァンフォーレ甲府 ジェフユナイテッド千葉 0-0 栃木SC 大宮アルディージャ 0-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">1 愛媛FC</span> <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">レノファ山口 1</span>-0 ザスパクサツ群馬 V・ファーレン長崎 0-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">3 FC町田ゼルビア</span> <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">アルビレックス新潟 1</span>-0 ツエーゲン金沢 ファジアーノ岡山 1-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">2 水戸ホーリーホック</span> <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">FC琉球 2</span>-0 東京ヴェルディ ▽4/18(日) SC相模原 - ジュビロ磐田 2021.04.17 19:30 Sat
twitterfacebook
thumb

勝ち点並ぶ新潟と琉球が揃って勝利!琉球では守護神・田口がビッグセーブ連発【明治安田J2第7節】

11日、明治安田生命J2リーグ第7節の6試合が各地で行われた。勝ち点16で並ぶ新潟と琉球はともに勝利を収めた。 山形とのアウェイ戦に臨んだ新潟は、序盤から攻勢に出る中で20分に本間がドリブルでボックス左に侵入。マイナスの折り返しを鈴木がダイレクトで狙ったが、惜しくも枠の上に外れてしまった。 以降は徐々に山形のペースに。33分、44分と相手のビッグチャンスを許すが、DFの身体を張った決死の守備で何とか失点を防ぐ。前半アディショナルタイムの山形のFKのシーンでは、クロスから加藤にネットを揺らされるが、山形の選手にファウルがあったとしてゴールは認められず。 胸を撫で下ろした新潟は後半から仕切り直して迎えた56分、前線からプレッシャーかけて本間がボールを奪うと、最後は本間の横パスを高木がボックス中央から押し込んで先制に成功した。 ここから再び勢いを取り戻した新潟は、終盤に差し掛かった77分、FKからボックス左でボールを持った本間がふわりとしたクロスを上げると、山形GKビクトルがキャッチミス。これがオウンゴールとなり、新潟が0-2で勝利を収めた。 アウェイで水戸と対戦した琉球はいきなり窮地を迎える。8分、自陣でボールを失い、カウンターのピンチに。中山仁斗にゴール前まで持ち込まれるが、GK田口がビッグセーブ。ここまで3失点の守護神がチームを救った。 攻撃では43分に、左クロスを受けてゴール前に阿部が抜け出すも、シュートコースが甘く、GKにぶつけてしまった。互いに幾度かチャンスを作った前半だったが、ゴールレスで試合を折り返す。 後半立ち上がりに阿部が決定機を外した琉球は、守備では再びGK田口の好セーブ光る。そんな一進一退の攻防が続く中、琉球が均衡を破った。 60分の左CKのシーン。風間宏矢が右足で上げたクロスを相手に競り勝った清水が頭で流し込んでネットを揺らした。さらにその2分後には、右サイドから田中が上げたアーリークロスに、投入直後の清武がスライディングで合わせて追加点。 そして、最後は後半アディショナルタイムの森のミドルシュートを守護神・田口が弾き出して試合終了。0-2で賞りした琉球が、新潟をピタリと追走している。 ◆第7節 ▽4/11(日) モンテディオ山形 0-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">2 アルビレックス新潟</span> 水戸ホーリーホック 0-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">2 FC琉球</span> 栃木SC 0-0 SC相模原 FC町田ゼルビア 0-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">1 京都サンガS.C.</span> ツエーゲン金沢 0-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">1 ジェフユナイテッド千葉</span> 愛媛FC 2-2 ファジアーノ岡山 ▽4/10(土) ブラウブリッツ秋田 0-0 大宮アルディージャ ザスパクサツ群馬 1-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">2 V・ファーレン長崎</span> ヴァンフォーレ甲府 1-1 ギラヴァンツ北九州 <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">ジュビロ磐田 4</span>-1 松本山雅FC <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">東京ヴェルディ 3</span>-1 レノファ山口 2021.04.11 18:04 Sun
twitterfacebook
thumb

琉球に続き新潟も開幕連勝ストップ!秋田を下した松本は今季初勝利【明治安田J2第6節】

明治安田生命J2リーグ第6節の8試合が4日に各地で行われた。 開幕5連勝で首位に立つアルビレックス新潟はSC相模原と対戦。ホームの相模原は8分、敵陣左サイドでボールを奪った舩木のスルーパスから、ボックス左に抜け出したユーリがシュートに持ち込み、先にチャンスを作る。 それでも好調の新潟が先制する。13分、左サイドで相手のスローインをカットした高木がグラウンダーのクロスを上げると、ゴール前を抜けてきたボールをロメロ・フランクがスライディングしながら右足で難しい角度を押し込みネットを揺らした。 しかし相模原も15分、ボックス右に侵入した星が際どいシュートを放つと迎えた23分、相手のボックスで素早い攻守の切り替えでボールを奪い返した星が島田に倒されてPKを獲得。これをユーリが決めて振り出しに戻した。 相模原はさらに後半立ち上がりに、自陣でボールを奪ったところをすぐに川上が前線へ蹴り出すと、これが上手く平松に繋がり最終ラインの裏へ。最後はGKとの一対一を制して、元新潟FWが逆転弾を突き刺した。 だが、5連勝中の新潟は焦ることなく試合を進めていく。57分に本間のクロスから鈴木が決定機を迎えると、61分の右CKで島田のインスイングのクロスをファーサイドの高が頭で合わせて、試合は再び同点となる。 その後は互いに決定機は迎えられず、2-2で試合終了。前日に大宮アルディージャと引き分けたFC琉球に続いて、新潟の開幕連勝もストップした。 未だ勝利のない松本山雅FCはホームでブラウブリッツ秋田を迎え撃った。前節のホーム開幕戦で白星を挙げた勢いそのままに、この日も序盤から押し込んでいく秋田は39分、左CKのこぼれ球を古巣戦の飯尾が押し込み先制に成功する。 しかしその2分後、松本の左サイドのFKのシーンで、右に流れたセカンドボールを拾った河合がグランダーのクロスを送ると、これが秋田のオウンゴールを誘発し、同点に持ち込んだ。 後半に入って互角の攻防が続く中、美しいシュートが均衡を破る。65分の松本の攻撃。左サイドへの展開からボックス手前左でパスを受けた佐藤がそこから右足でシュートを放つと、回転がかかり見事な軌道を描いたボールがGKを越えてゴール右上に吸い込まれた。 佐藤の今季初ゴールとなるスーパーゴールで逆転に成功した松本はさらにその10分後、敵陣で左から右へと展開し、大野がクロス。これを鈴木が頭で叩き込み、3-1で勝利。今季初勝利を挙げた。 ◆第6節 ▽4/4 SC相模原 2-2 アルビレックス新潟 ファジアーノ岡山 0-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">1 ジュビロ磐田</span> FC町田ゼルビア 0-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">1 ツエーゲン金沢</span> <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">松本山雅FC 3</span>-1 ブラウブリッツ秋田 <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">京都サンガF.C. 2</span>-1 ジェフユナイテッド千葉 レノファ山口 0-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">1 栃木SC</span> 愛媛FC 1-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">2 ザスパクサツ群馬</span> <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">東京ヴェルディ 2</span>-1 水戸ホーリーホック ▽4/3 ギラヴァンツ北九州 0-0 モンテディオ山形 <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">V・ファーレン長崎 2</span>-1 ヴァンフォーレ甲府 FC琉球 0-0 大宮アルディージャ 2021.04.04 16:57 Sun
twitterfacebook
thumb

新潟と琉球の勢い止まらず開幕4連勝!【明治安田J2第4節】

20日、明治安田生命J2リーグ第4節の3試合が各地で行われた。 ここまで3戦全勝で首位に立つアルビレックス新潟はホームのデンカビッグスワンスタジアムでザスパクサツ群馬と対戦。3試合で2ゴール2アシストの成績を残す高木がこの日も躍動する。 まずは13分、スローインから右サイドでボールを受けると、華麗なダブルタッチで相手を抜き去り、深い位置からクロスを供給。これにファーサイドで合わせた鈴木のヘディングシュートは、ゴールラインギリギリのところでDFにブロックされてしまうものの、こぼれ球をロメロ・フランクが押し込んで新潟が先制に成功する。 続く19分には、左サイドの深い所でパスを呼び込んだ高木が右足クロス。これがDFの間に入った鈴木の頭にピタリと合い、勢いそのままに新潟が追加点を挙げた。 後半に入ると、積極的なプレスを見せる群馬が攻勢に出る展開に。55分、敵陣左サイドで得たFKを素早くリスタートさせ、フリーの加藤がボックス左角付近から右足でクロスを入れると、これが千葉に当たってオウンゴール。群馬が1点を返した。 しかし、その後は拮抗した内容となる中で、新潟は76分にカウンターから決定機を迎える。味方のスルーパスで本間が抜け出し、ボックス左から中央へラストパス。だが、走り込んだロメロ・フランクがダイレクトで狙ったシュートは枠を越え、リードを広げることができなかった。 それでも2-1のまま推移し迎えた後半アディショナルタイム、新潟は敵陣左サイドで田上が前方へ送ったFKから、相手との競り合いを制した堀米がボックス左へ侵入。最後は丁寧な折り返しを受けた鈴木がGKも躱してゴールに流し込み、3-1で勝利した新潟が開幕4連勝を収めた。 一方、新潟同様に開幕3連勝と好調のFC琉球はタピック県総ひやごんスタジアムでV・ファーレン長崎と対戦。14分に名倉のシュートで長崎に決定機を許した琉球だったが26分、右サイドボールを繫いで風間宏矢がクロスを上げると、池田がダイレクトボレーで合わせてネットを揺らした。 開幕節以来のゴールを決めた池田は、28分にも右サイドから斜めにパスを貰いボックス右に侵入しシュートへ。GKに弾かれたところを風間がシュートを狙っていくが、惜しくもクロスバーを叩いた。 琉球は後半立ち上がりにも得点する。54分、ボックス右の風間宏矢がマイナスに折り返すと、ファーサイドの池田がダイレクトで流し込み追加点。その後、長崎は次々と交代カードを切るが、なかなか形にすることができない。 そんな長崎を琉球はさらに突き放す。68分、右サイドの浅い位置から風間宏希がロングボールを供給。相手がクリアし損ねたボールを、沼田がボックス手前左から右足を振り抜きネットを揺らした。 その後、長崎は今季加入後初出場のエジガル・ジュニオがゴールを決めるが焼け石に水。琉球が3-1で試合を制し、2年ぶりの開幕4連勝を収めた。 その他、味の素スタジアムで行われた東京ヴェルディvsツエーゲン金沢は、瀬沼の2ゴールなどで、アウェイの金沢が2-4で勝利している。 ◆第4節 ▽3/20 <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">アルビレックス新潟 3</span>-1 ザスパクサツ群馬 東京ヴェルディ 2-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">4 ツエーゲン金沢</span> <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">FC琉球 3</span>-1 V・ファーレン長崎 ▽3/21 モンテディオ山形 vs 栃木SC 松本山雅FC vs ジェフユナイテッド千葉 京都サンガS.C. vs ジュビロ磐田 愛媛FC vs ヴァンフォーレ甲府 ギラヴァンツ北九州 vs ブラウブリッツ秋田 水戸ホーリーホック vs FC町田ゼルビア レノファ山口 vs ファジアーノ岡山 SC相模原 vs 大宮アルディージャ 2021.03.20 18:15 Sat
twitterfacebook

順位表

得点ランキング