柏レイソル

今季の成績
順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
15 柏レイソル 10 3 1 6 7 12 -5 10
日程
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2021-04-24
16:00
明治安田生命J1リーグ
第11節
柏レイソル vs 徳島ヴォルティス
2021-04-28
19:00
YBCルヴァンカップ Cグループ
第4節
横浜FC vs 柏レイソル
2021-05-01
14:00
明治安田生命J1リーグ
第12節
ベガルタ仙台 vs 柏レイソル
2021-05-05
16:00
YBCルヴァンカップ Cグループ
第5節
柏レイソル vs 浦和レッズ
2021-05-09
14:00
明治安田生命J1リーグ
第13節
アビスパ福岡 vs 柏レイソル
結果
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2021.04.21
18:00
YBCルヴァンカップ Cグループ
第3節
柏レイソル 1 - 1 湘南ベルマーレ
2021.04.17
14:00
明治安田生命J1リーグ
第10節
大分トリニータ 0 - 1 柏レイソル
2021.04.11
17:00
明治安田生命J1リーグ
第9節
柏レイソル 1 - 0 ガンバ大阪
2021.04.07
19:00
明治安田生命J1リーグ
第8節
鹿島アントラーズ 2 - 1 柏レイソル
2021.04.03
17:00
明治安田生命J1リーグ
第7節
横浜FC 1 - 1 柏レイソル
基本データ

正式名称:柏レイソル

原語表記:KASHIWA Reysol

創立:1940年

ホームタウン:柏市

チームカラー:イエロー

関連ニュース
thumb

クラスター発生の柏、6人目の選手が陽性判定…ルヴァンカップの湘南戦はオンサイト検査を実施して開催

柏レイソルは21日、新たにトップチームの選手1名が新型コロナウイルス(COVID-19)の陽性判定を受けたことを発表した。 クラブの発表によると、すでに陽性判定を受けている5名を除く選手とスタッフが20日にPCR検査を受けたとのこと。その中で、選手1名が陽性判定を受けたとのことだ。 当該選手はこれまでの検査ではすべて陰性判定を受けていたとのことだ。発熱の症状はなかったが、20日の夜から倦怠感があったとのことだ。 21日は自宅待機となっていたが、喉に違和感があったとのこと。そして、陽性判定を受けた。 なお、20日に陽性判定となった1名を含めて、チーム内には濃厚接触者がいないことが確認されている。 また、21日に予定されているYBCルヴァンカップの湘南ベルマーレ戦は開催。キックオフ3時間前に「Jリーグ新型コロナウイルス感染症対応オンサイト検査」を実施し、陰性を得た選手のみが試合にエントリーされる。 2021.04.21 13:50 Wed
twitterfacebook
thumb

柏、判定保留の選手1名も新型コロナ陽性判定でクラスターに…活動は継続

柏レイソルは20日、19日に行ったPCR検査の結果、選手1名が陽性判定となったことを発表した。 柏では、13日にトップチーム4選手新型コロナウイルス(COVID-19)のPCR検査で陽性判定。15日に、当該4選手を除く選手とスタッフ55名がJリーグによる公式PCR検査を実施。54名が陰性となったものの、1名が判定保留。16日の再検査でも判定が保留となっていた。 その1名が19日に検査を受け、陽性が確定。本人に発熱や体調不良の症状はないとのことだ。 なお、濃厚接触者については引き続き調査中。陽性判定者が5名となったため、クラスターとなったが、保健所の調査の結果、トップチームを含むクラブの活動は継続可能と判断されたとのことだ。 また21日には、YBCルヴァンカップで湘南ベルマーレと対戦。試合当日のキックオフ3時間前に「Jリーグ新型コロナウイルス感染症対応オンサイト検査」を実施するとのことだ。 なお、これまで定めていたエントリー可能な要件に加え、オンサイト検査で陰性を得た選手・スタッフのみ、当日の試合にエントリー可能となる。 柏は昨シーズンもクラブ内でクラスターが発生しており、今シーズンも同様のケースが生まれてしまった。 2021.04.20 16:10 Tue
twitterfacebook
thumb

柏のFW細谷真大がプロA契約に変更「現状に何も満足できていない」

柏レイソルは20日、FW細谷真大(19)がプロA契約に変更となったことを発表した。 細谷は柏の下部組織出身で、U-15から所属。2019年に2種登録されると、2020年にトップチームに昇格していた。 2種登録時代に明治安田生命J2リーグでデビューを果たすと、2020シーズンに明治安田生命J1デビュー。今シーズンは出場機会を得ており、ここまでJ1で5試合、YBCルヴァンカップで1試合に出場していた。 細谷は、3日に行われた明治安田J1第7節の横浜FC戦で契約変更に必要な450分の出場を達成していた。 細谷はクラブを通じてコメントしている。 「A契約になることができ、素直に嬉しく思います。現状に何も満足できていないので、より一層責任と覚悟を持ち、日々精進してまいります。引き続き熱い応援よろしくお願いします」 2021.04.20 15:38 Tue
twitterfacebook
thumb

柏が江坂弾&スンギュPKストップで今季初連勝! 大分は6連敗【明治安田J1第10節】

明治安田生命J1リーグ第10節の1試合が17日に昭和電工ドーム大分で催され、アウェイの柏レイソルが1-0で大分トリニータを下した。 5連敗で18位に沈む大分は前節から2選手を変更。小出、長谷川をスタートから起用した。一方、4選手に新型コロナウイルス陽性が確認され、さらに1選手の検査結果が定まらず、計5選手を欠く16位の柏は7試合ぶりの勝利で飾った前節から3選手を変更。川口、神谷、呉屋が先発した。 [3-4-2-1]のミラーゲームでスタートした試合は大分がボールを動かしながら突破口を見いだしにかかり、柏が速攻で隙を突こうとする構図で進む。大分が開始3分に高澤のシュートでゴールに迫れば、柏も22分に椎橋がフィニッシュ。いずれも得点を匂わせる場面だったが、モノにできない。 両者ともにこじ開けられず、折り返した試合だが、53分にゴール前の江坂が頭でボールを落とすと、神谷の右足ボレーが坂の左腕に当たり、柏にPKのチャンス。キッカーの神谷がゴール右を狙ったシュートはGK高木に弾かれたが、跳ね返りに反応した江坂が左足で詰め、柏が先取した。 江坂の今季初ゴールで初の連勝に向けて一歩前進した柏が追加点を目指して攻勢に出るなか、63分に決定的な場面が巡った呉屋だが、GK高木がファンセーブ。追う大分も交代カードを切りながら反撃に転じるが、79分の香川と伊佐が立て続けにシュートを放った場面もゴールに繋がらない。 柏が逃げ切ろうと、89分に三原、イッペイ・シノヅカ、高橋、細谷の一挙4先取を投入したなか、大分が左CKのチャンスを獲得した90分に三竿がニアサイドで触れたボールが上島のハンドを誘い、PKのチャンス。キッカーの伊佐がゴール左下を狙ったが、GKキム・スンギュが阻止した。 その弾かれたボールがゴール前の混戦を生み、大分にさらなる同点チャンスが巡ったが、柏守備陣が決死のクリア。苦しい台所事情での一戦を制した柏が今季初の連勝を達成した。一方の大分は4試合連続の無得点となり、6連敗の7戦未勝利となっている。 大分トリニータ 0-1 柏レイソル 【柏】 江坂任(後8) 2021.04.17 17:20 Sat
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第10節:大分vs柏】ともに攻撃に大きな難題を抱える両者、連敗脱出か鬼門突破か

【明治安田生命J1リーグ第10節】 2021年4月17日(土) 14:00キックオフ 大分トリニータ(5pt/18位) vs 柏レイソル(7pt/16位) [昭和電工ドーム大分] 前節は名古屋グランパスに敗れ5連敗となった大分と前節久々に勝利も低迷する柏の一戦。ともに課題は“攻撃力”。 ◆気がつけば5連敗、得意な相手でストップなるか【大分トリニータ】 前節は名古屋グランパスを相手に0-3で完敗。これで5連敗となった一方で、名古屋にはJ1最多記録の8試合連続クリーンシートを達成されてしまった。 互いに守備に特徴を持つクラブ同士の対戦。大分のオーガナイズされた守備の前に、攻撃に難がある名古屋は攻めあぐねる時間帯が長く続いた。一方で、大分も名古屋の堅い守備の前に効果的な攻撃ができなかった。 この試合では大分のシュートは6本と少ないが、実は名古屋は3本しか打てず、それで3点を奪っている。どれだけ効率の良い攻撃をしているか。これが結果として差にでてしまった。 3試合連続無得点中の攻撃陣には奮起を促したい。守備陣も良い攻撃ができないが故に複数失点が続いており、これでは結果が伴わないも仕方がない。 もとより、例年のごとくゼロからチームを作り上げなくてはいけない状況で、この時期に完成させることは難しいが、今季は4チームが自動降格する状況。猶予はどんどんなくなっていく。順位が近い柏を相手に負けることがあれば、一層苦しい状況になるが、相性の良いホームゲームでしっかり勝利できるかに注目だ。 ★予想スタメン[3-4-2-1] GK:高木駿 DF:羽田健人、坂圭祐、三竿雄斗 MF:松本怜、小林裕紀、下田北斗、香川勇気 MF:町田也真人、小林成豪 FW:伊佐耕平 監督:片野坂知宏 ◆鬼門を突破し、上昇の足掛かりに【柏レイソル】 4連敗を喫するなど、開幕から難しい状況が続いている柏。しかし、前節はホームにガンバ大阪を迎え、大谷秀和の値千金のゴールで1-0と勝利。今季2勝目を記録した。 チームとしての改善が見られたとは言いにくい内容だったが、2勝目を記録できたことは大きな後押しになるはずだった。しかし、14日に新型コロナウイルスに選手4名が感染。昨季の悪夢が蘇る発表があった。 とにかく、今シーズンは感染拡大を防ぎ、クラスターにならないことを願うばかり。そして陽性判定が出た選手は早期の回復を願いたいところだ。 試合の開催については流動的となっていたが、濃厚接触者がなしとなり、開催が決定した。しかし、陽性判定者にくわえ、再検査となったメンバーを欠いての状況となり、どの選手がピッチに立てないのかは不明だ。 その柏だが、やはり開幕前から懸念されていた課題は解決できず。圧倒的な得点力不足をまじまじを感じているところだろう。チームとして得点を狙いにいく姿勢は見せているが、アタッキングサードでの精度が低い上、ターゲットになる選手を失ったことで、攻撃の帰結するところがないのが問題だ。 とはいえG大阪戦はカウンターを何度か発動しており、チームとして大事に得点を奪う形よりも、柏らしいアグレッシブなアタッキングサッカーの方が結果に繋がりそうな可能性を見せた。 アウェイの大分戦は一度も勝った事がないという最悪のジンクスがあるが、それを打破し浮上のキッカケとできるか。今季の行く末を左右する試合になりそうだ。 ★予想スタメン[3-4-2-1] GK:キム・スンギュ DF:大南拓磨、上島拓巳、古賀太陽 MF:北爪健吾、ヒシャルジソン、椎橋慧也、仲間隼斗 MF:マテウス・サヴィオ、江坂任 FW:クリスティアーノ 監督:ネルシーニョ <span class="paragraph-title">【動画】柏のレジェンド大谷が値千金の決勝ゴール!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script src="//player.daznservices.com/player.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=15luthe227vu71eicy8hrkeo6w" async></script> 2021.04.17 11:30 Sat
twitterfacebook

順位表

得点ランキング