北海道コンサドーレ札幌

今季の成績
順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
8 北海道コンサドーレ札幌 12 4 0 4 13 13 0 8
日程
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2019-04-24
19:00
YBCルヴァンカップ Aグループ
第4節
V・ファーレン長崎 vs 北海道コンサドーレ札幌
2019-04-28
15:00
明治安田生命J1リーグ
第9節
ジュビロ磐田 vs 北海道コンサドーレ札幌
2019-05-04
14:00
明治安田生命J1リーグ
第10節
北海道コンサドーレ札幌 vs ヴィッセル神戸
2019-05-08
19:00
YBCルヴァンカップ Aグループ
第5節
北海道コンサドーレ札幌 vs 横浜F・マリノス
2019-05-12
13:00
明治安田生命J1リーグ
第11節
松本山雅FC vs 北海道コンサドーレ札幌
結果
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2019.04.20
13:00
明治安田生命J1リーグ
第8節
北海道コンサドーレ札幌 3 - 0 横浜F・マリノス
2019.04.13
15:00
明治安田生命J1リーグ
第7節
セレッソ大阪 0 - 1 北海道コンサドーレ札幌
2019.04.10
19:00
YBCルヴァンカップ Aグループ
第3節
北海道コンサドーレ札幌 4 - 1 湘南ベルマーレ
2019.04.06
13:00
明治安田生命J1リーグ
第6節
北海道コンサドーレ札幌 1 - 2 大分トリニータ
2019.03.30
14:00
明治安田生命J1リーグ
第5節
名古屋グランパス 4 - 0 北海道コンサドーレ札幌
基本データ

正式名称:北海道コンサドーレ札幌

原語表記:Hokkaido Consadole Sapporo

ホームタウン:札幌市

チームカラー:レッド、ブラック、ブルーグレー

関連ニュース
thumb

チャナティップ&福森が今季初弾!札幌が横浜FMに3発完勝《J1》

20日、明治安田生命J1リーグ第8節の北海道コンサドーレ札幌vs横浜F・マリノスが札幌ドームで行われ3-0で札幌が勝利した。 ここまで3勝4敗で勝ち点9の11位・札幌が3勝3分け1敗で勝ち点12の6位・横浜FMが相見えた一戦。リーグ戦では札幌が1勝、横浜FMが12勝と大きく横浜FMに分がある成績が残っている。 札幌は、前節のセレッソ大阪戦から同じ11名を起用。対する横浜FMは、名古屋グランパス戦から2名を変更。負傷したGK朴一圭に代えて飯倉大樹が4試合ぶりに先発復帰。また遠藤渓太に代わって起用された扇原貴宏が今季リーグ戦初先発となった。 試合は早々にホームの札幌が先制する。4分後方から繋ぐ横浜FMは、ハーフウェイラインで畠中がボールコントロールを誤ると、奪ったアンデルソン・ロペスがドリブルで敵陣に侵攻。すると、DF3名に寄せられるもスルーパスを出すと、走り込んだチャナティップがボックス内で落ち着いてGK飯倉を倒れさせ、冷静に決めて今季初ゴールを記録。見事に先制ゴールを奪う。 先制した札幌は勢いよく攻め続ける。すると7分、ボックス手前で前線へのパスを鈴木が胸トラップ。その際に競り合った畠中との接触がファウルとなり、札幌がFKを獲得する。するとこのFKを福森が得意の左足で直接シュート。弧を描いたシュートがゴール左角に吸い込まれ、札幌が追加点。福森が得意のFKで今季初ゴールを記録した。 開始10分で2失点を喫した横浜FMは、前線からプレスに行くもなかなかボールを奪えない。16分にはFKを得ると、天野のクロスをDFがクリアミス。しかし、これはGKク・ソンユンが対応する。 17分には喜田のスルーパスに反応した仲川がボックス内でGKと一対一に。仲川がファーを狙ったシュート性のパスをマルコス・ジュニオールが合わせてネットを揺らすも、わずかにオフサイドを取られゴールとはならない。28分には古巣対決となる三好が決定機。ボックス手前から右足でシュートを放つも、これはGKク・ソンユンがセーブする。 すると札幌がワンチャンスを生かす。29分、自陣からの大きなサイドチェンジを右サイドで受けたルーカス・フェルナンデスがドリブルで仕掛けると、ボックス右からクロス。これにニアサイドでアンデルソン・ロペスが頭で合わせ、リードを3点に広げる。 3点ビハインドの横浜FMは、後半頭から松原に代えて和田を起用。広瀬を右サイドバックに置き、和田を左へ入れる。後半は横浜FMがポゼッション、札幌が受けるという形が続く。それでもなかなか攻めきれない横浜FMは、扇原に代えて大津を投入する。 札幌は64分、相手陣内でチャナティップと喜田が競り合いに。激しく奪い合うとこぼれ球を鈴木が広い、攻め込むも、スルーパスはCKへ。そのCKでは、福森のクロスをニアで宮澤が合わせるとボールはゴール前を通過する。 66分、横浜FMはピンチから一転カウンター。三好のパスを右サイドで受けた大津が、福森をかわしてクロス。ファーサイドでフリーになっていたマルコス・ジュニオールへ繋がるかと思われたが、コントロールが上手くいかない。 札幌は68分にチャンス。CKの流れから逆サイドでボールを拾ったルーカス・フェルナンデスが、ボックス内で仕掛けてクロス。中央でキム・ミンテが頭で合わせるも、シュートは枠を越えて行く。70分には右サイドでパスを受けたルーカス・フェルナンデスがドリブルでボックス内に侵入。2人をかわしてシュートを放つも、ポストに嫌われる。 攻めの姿勢を見せる横浜FMだが、なかなか決定機を作れない。79分には天野に代えて山谷を起用。札幌はアンデルソン・ロペスに代えて早坂を投入する。すると82分にアクシデント。この試合で切れ味を見せていたルーカス・フェルナンデスが足首を痛め、担架で運ばれて退場。岩崎が交代で入る。 横浜FMは、依然として攻め続けるが、札幌の守備の前に得点機を作れない。89分には、横浜FMは右サイドでパスを受けた大津がクロス。ニアサイドで山谷がヘッドで合わせるも、シュートはわずかに枠を外れる。 札幌はアディショナルタイム1分にチャナティップに代えてっ檀崎を投入。これが、檀崎にとってJ1デビュー戦となる。その檀崎は2度ほどボールにタッチ。その後も攻め立てる横浜FMだったが、最後まで決め切れずに試合終了。3-0で札幌が勝利し、2試合連続のクリーンシートで連勝を記録した。 2019.04.20 15:00 Sat
twitterfacebook
thumb

日本人躍動のシント=トロイデンと札幌が業務提携…Jクラブで4つ目

ベルギーのシント=トロイデンとJリーグの北海道コンサドーレ札幌が業務提携を締結したことを発表した。 日本代表にも選出されているDF冨安健洋やMF遠藤航、FW鎌田大地の3名や、MF関根貴大、FW木下康介と日本人選手が多く所属しているシント=トロイデン。今回の業務提携により、人材育成や国際交流、それぞれが持つノウハウの共有を通して、両クラブのさらなる発展を目指すことになる。 すでに、ファジアーノ岡山(2018年1月)、大分トリニータ(2018年2月)、FC東京(2018年3月)と3つのJリーグクラブと業務提携を行なっているシント=トロイデンにとって、札幌は4つ目のJリーグクラブとなる。 20日に行われる明治安田生命J1リーグ第8節の北海道コンサドーレ札幌vs横浜F・マリノス戦を前に、試合会場の札幌ドームで記者会見を実施。シント=トロイデンの立石敬之CEO、札幌の野々村芳和代表取締役社長CEOがコメントした。 ◆立石敬之氏(シント=トロイデン) 「我々は、選手、指導者、ビジネススタッフの世界挑戦を通して、将来の日本サッカーに還元したいという理念を持っています。弊クラブの村中が北海道の出身ということもあり、提携にいたりました」 「コンサドーレ札幌さんはビジネスの分野で色々なチャレンジをされていて、ますます大きなクラブになっていくのではという印象を持っています」 「我々はすでに3つのJリーグクラブと提携しており、アカデミーや指導者養成を中心に年3〜4回の交流を行っております。今回の提携ではビジネススタッフの交流、ビジネス事業のノウハウの交換を考えております」 「業務提携はすぐに成果があがるものではなく、じっくりとゆっくりと、種をまき、水をやり、実がなっていくものだと思っています。この提携でより多くの実り、日本サッカー界の将来を支える人材が育っていくことを願っています」 ◆野々村芳和氏(北海道コンサドーレ札幌) 「コンサドーレとしては、「北海道とともに、世界へ」ということを実現するために、この数年間はアジアの数か国とクラブ間提携し、どちらかといえばピッチレベルの話が多かったと思いますが、サッカーというスポーツで、まず国内でコンサドーレが上位のクラブ、大きくなるためには、はやりヨーロッパのクラブから学ぶべきものはたくさんあります。大きくなるには当然、選手も成長しなければなりませんが、クラブのスタッフがどれだけサッカー界から刺激を受けて成長していくか、ということが非常に重要であると思っています」 「今回は、ヨーロッパで世界のトップレベルを近くで感じているクラブ様と色々な取り組みができるということで、クラブスタッフがより成長することができる環境で一緒にやることで、コンサドーレのスタッフが(様々な刺激・経験を)得ることができると思います。将来的には、コンサドーレが国内でも海外でも、より認知されるようなクラブになるきっかけになればと思います」 「サッカーでもヨーロッパの4大リーグ、5大リーグの近くにあるベルギーのリーグの魅力を、コンサドーレの選手やアカデミーの選手が感じながら、コンサドーレを通して世界が見える、という一つのきっかけになれればと思います」 なお、両クラブの提携期間は2019年4月1日〜2021年3月31日までの2年間となる。 2019.04.20 13:20 Sat
twitterfacebook
thumb

進藤V弾の札幌が連敗を「3」でストップ! 西川潤JデビューのC大阪は3試合ぶり黒星《J1》

明治安田生命J1リーグ第7節のセレッソ大阪vs北海道コンサドーレ札幌が13日にヤンマースタジアム長居で行われ、アウェイの札幌が1-0で勝利した。 直近2試合負けなしのC大阪は、1-1で引き分けた前節の川崎フロンターレ戦からスタメンの変更はなし。同じメンバーをピッチに送り込んだ。 一方、3連敗中の札幌は、1-2で敗れた大分トリニータ戦からスタメンを2名変更。中野、荒野に代えて、キム・ミンテ、ルーカス・フェルナンデスをスタメンに起用した。 日本代表の森保一監督が視察に訪れた一戦はC大阪が先に仕掛ける。12分、敵陣左サイドでボールを受けた柿谷がドリブルでボックス左まで持ち運ぶ。最後は強引にDF2人を交わしてシュートを放ったが、GKク・ソンユンの好セーブに遭う。 対する札幌は24分、右CKの流れからセカンドボールを拾ったキム・ミンテのパスを受けたチャナティップがバイタルエリア右からシュートを放つ。これに反応したアンデルソン・ロペスがトラップしてシュートを狙ったが、わずかにゴール左に外れた。 ここまで守勢だったC大阪は41分、敵陣中央右寄りの位置でFKを獲得。キッカーのソウザが右足で無回転の強烈なシュートで相手ゴールマウスを強襲したが、ここもGKク・ソンユンが立ちはだかる。 ゴールレスで試合を折り返すと、C大阪がいきなりチャンス。46分、アンドロ・デサバトの横パスを受けたソウザが胸トラップでバイタルエリア右の位置へ。そのまま右足で強烈なシュートを放ったが、GKク・ソンユンの好守に遭う。 後半は一転してC大阪がボールを保持する展開に変わる。それでもスコアは動くことがなく時間だけが過ぎていく。こう着状態を打開すべく札幌は66分、ルーカス・フェルナンデスに代えて中野を投入。対するC大阪は、69分に清武に代えて高木を投入し、攻撃の活性化を図る。 札幌は直後の73分、ハーフウェイライン付近左サイドからチャナティップがダイアゴナルにロングパス。ボックス右で受けたアンデルソン・ロペスがワントラップで抜け出してシュートを放ったが、GKキム・ジンヒョンが立ちはだかる。 続く79分にも札幌にチャンス。ドリブルでボックス中央手前まで持ち運んだアンデルソン・ロペスがループで前方にパスを送るが、通らない。だが、ルーズボールを拾った中野がボックス中央へ折り返す。最後はフリーのアンデルソン・ロペスが狙ったが、GKキム・ジンヒョンに弾かれ、右CKを獲得する。 このCKで福森のクロスをファーサイドの進藤がヘディングシュートを放つ。ゴール前にいたアンデルソン・ロペスが詰めたが、そのままゴールに吸い込まれ札幌が先制に成功する。 試合終盤に失点したC大阪は、高校生Jリーガーの西川を投入したが、最後まで札幌ゴールを割ることができずに試合終了。C大阪は3試合ぶりの黒星となった。対する札幌は連敗を「3」でストップした。 2019.04.13 17:30 Sat
twitterfacebook
thumb

札幌、石川直樹が右ハムストリング肉離れ

北海道コンサドーレ札幌は13日、DF石川直樹の負傷離脱を発表した。 石川は今シーズンのここまで明治安田生命J1リーグ2試合に出場。4日のトレーニングで痛め、右ハムストリング肉離れの診断を受けた。 札幌は現在、J1リーグ2勝4敗の15位。13日に行われる今節、セレッソ大阪とのアウェイゲームに挑む。 2019.04.13 14:05 Sat
twitterfacebook
thumb

エース藤本が開幕6試合で6発目! 大分、札幌破り2試合ぶり白星《J1》

明治安田生命J1リーグ第6節が6日に札幌ドームで行われ、大分トリニータが北海道コンサドーレ札幌に2-1で勝利した。 ここ2試合計7失点で2連敗中の札幌は前節の名古屋戦から先発1名を変更。今シーズン加入の中野が移籍後初先発を果たした。 対する大分も前節の広島戦を黒星。2試合ぶりの勝利を睨む今節に向けては、三平が今シーズン初の先発メンバーに名を連ねた。 試合は開始早々の2分に動く。ボックス右の小塚が供給したクロスに逆サイドで反応の星が折り返すと、中央の藤本が左足ワンタッチ。これが決まり、大分が先制する。 早々失点の札幌は反撃を試みるが、先制点の藤本が26分にボックス右に侵攻した松本の折り返しに反応。これが宮澤のオウンゴールを誘い、大分が札幌を引き離す。 エースのシーズン6発目を含む2得点演出の活躍で優勢の大分。迎えた後半、2点を追う札幌の攻勢を受けるが、際で身体を張った守備で凌ぎ続け、ゴールを許さない。 まず1点を返したい札幌は後半頭の荒野とキム・ミンテの交代に続き、59分に菅を下げてルーカス・フェルナンデスを投入。だが、局面での一手を欠き、ゴールが遠い。 それでも、後半の入りからペースを握る札幌は69分、ボックス左から中野がクロス。反応した鈴木武蔵のチャージが鈴木義宜のオウンゴールを誘い、札幌が1点を返す。 守勢の大分は61分の三平とオナイウ阿道の交代に続いて、71分にティティパンから丸谷にスイッチ。だが、札幌の攻めに追われる時間が長く、攻め切れない。 1点を返した勢いそのままに同点を目指して攻め続けた札幌だが、大分守備網の前に追いつけず、試合終了。凌ぎ切った大分が2試合ぶりの白星を手にした。 2019.04.06 14:56 Sat
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

順位表

@ultrasoccerjp

得点ランキング