北海道コンサドーレ札幌

今季の成績
順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
14 北海道コンサドーレ札幌 17 4 5 11 23 40 -17 20
日程
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2020-10-03
14:00
明治安田生命J1リーグ
第20節
北海道コンサドーレ札幌 vs ベガルタ仙台
2020-10-10
14:00
明治安田生命J1リーグ
第21節
北海道コンサドーレ札幌 vs 湘南ベルマーレ
2020-10-14
19:30
明治安田生命J1リーグ
第22節
名古屋グランパス vs 北海道コンサドーレ札幌
2020-10-18
13:00
明治安田生命J1リーグ
第23節
北海道コンサドーレ札幌 vs 鹿島アントラーズ
2020-10-24
14:00
明治安田生命J1リーグ
第24節
北海道コンサドーレ札幌 vs 横浜FC
結果
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2020.09.26
19:00
明治安田生命J1リーグ
第19節
ヴィッセル神戸 4 - 0 北海道コンサドーレ札幌
2020.09.23
18:30
明治安田生命J1リーグ
第18節
北海道コンサドーレ札幌 0 - 1 柏レイソル
2020.09.19
14:00
明治安田生命J1リーグ
第17節
北海道コンサドーレ札幌 0 - 1 ガンバ大阪
2020.09.16
19:30
明治安田生命J1リーグ
第12節
サガン鳥栖 0 - 2 北海道コンサドーレ札幌
2020.09.13
13:05
明治安田生命J1リーグ
第16節
北海道コンサドーレ札幌 3 - 4 浦和レッズ
基本データ

正式名称:北海道コンサドーレ札幌

原語表記:Hokkaido Consadole Sapporo

ホームタウン:札幌市

チームカラー:レッド、ブラック、ブルーグレー

関連ニュース
thumb

三浦新監督初陣の神戸が4発大勝で最高の船出! 札幌は3連敗に…《J1》

明治安田生命J1リーグ第19節のヴィッセル神戸vs北海道コンサドーレ札幌が26日にノエビアスタジアム神戸で行われ、4-0でホームの神戸が勝利した。 前節のサガン鳥栖戦を4-3で勝利し、8試合ぶりの勝ち点3を手にした11位の神戸。注目が集まる三浦監督初陣に前節からメンバーを出場停止の西、セルジ・サンペールに代えて藤谷、安井を起用して今季初の連勝を狙った。 対する13位の札幌は、前節の柏レイソル戦で0-1の敗戦を喫して2連敗中。今節はジェイに代えて小柏を起用する。さらに、来季加入内定のGK中野を守護神に初抜擢し、連敗ストップに臨んだ。 ファーストシュートは札幌。1分に流れるコンビネーションから小柏のパスをボックス左で受けた菅が強烈なシュート。しかし、GK前川に阻まれた。これを機に札幌がリズムを掴んで攻め入る。 三浦体制でも[4-3-3]を採用した神戸は、押し込まれる展開の中で19分に先制する。アンドレス・イニエスタとのワンツーでボックス左に抜け出した酒井がマイナス方向へパス。これを古橋が冷静にGKの逆方向を突いてネットを揺らした。 劣勢からリードを奪った神戸は34分にもチャンス。古橋の突破からのクロスにドウグラスが飛び込む。シュートはGKの股下を捉えるも、中野も上手く足を閉じてゴールを割れなかった。それでも45分、イニエスタのスルーパスで古橋が抜け出し、ゴール前での切り返しがディフェンスに当たってこぼれ球に。これを郷家がゴール右隅に蹴り込み、2点差として試合を折り返した。 早い時間で得点が欲しい札幌は59分、左CKのクロスにキム・ミンテ。高い打点でのヘディングシュートは惜しくもクロスバーに弾かれた。 ダメ押し点を窺う神戸は62分にアンドレス・イニエスタの左足からカウンターを発動。無人の左サイドを古橋が独走し、GK中野との一対一を制して2試合連続2ゴールを記録した。 チャンスを活かし切れない札幌は69分に3枚替え。ドウグラス・オリヴェイラ、宮澤、白井を投入して攻撃を活性化する。 集中力を切らさない神戸は90分に途中出場の小田がJ1リーグ初ゴールを決めて勝負あり。4-0で勝利した神戸が今季初の連勝を収め、三浦体制最高の船出を切った。一方、札幌は3連敗となった。 ヴィッセル神戸 4-0 北海道コンサドーレ札幌 【神戸】 古橋亨梧(前19) 郷家友太(前45) 古橋亨梧(後17) 小田裕太郎(後45) 2020.09.26 21:35 Sat
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第19節:神戸vs札幌】三浦新体制の初陣で今季初連勝を目指す神戸、札幌はフィニッシュワークが課題

【明治安田生命J1リーグ第19節】 2020年9月26日(土) 19:00キックオフ ヴィッセル神戸(11位/23pt) vs 北海道コンサドーレ札幌(13位/17pt) [ノエビアスタジアム神戸] ◆三浦新体制の初陣を飾れるか【ヴィッセル神戸】 21日付でトルステン・フィンク監督が退任。マルコス・ビベス ヘッドコーチが暫定指揮を執った前節は、サガン鳥栖とのホームゲームとなったが4-3で打ち合いを制した。 7戦未勝利、連敗中で迎えた試合だったが9分に山口蛍のゴールで幸先良く先制。しかし、その後は点の取り合いとなった。それでも、8試合ぶりの勝利は新たなスタートを切るチームには大きな1勝だった。 24日には三浦淳寛スポーツダイレクターが新監督に就任することが発表。今節から新体制で再びスタートを切ることとなる。 どのような戦い方を見せるかは不透明だが、いきなり大きく舵を切ることはなさそうだ。選手個々のパフォーマンスも悪くないものの、やはり過密日程がネック。アンカーとして攻守を支えたセルジ・サンペールと右サイドを担った西大伍の出場停止は新指揮官にとって悩みの種。出場した選手が、しっかりとパフォーマンスを出し、今季初の連勝を目指す。 ★予想スタメン[4-3-3] GK:前川黛也 DF:藤谷壮、ダンクレー、トーマス・フェルマーレン、酒井高徳 MF:安井拓也、山口蛍、アンドレス・イニエスタ FW:小川慶治朗、ドウグラス、古橋亨梧 監督:三浦淳寛 ◆再び連敗、得点力不足を解消することができるか【北海道コンサドーレ札幌】 前節はホームに柏レイソルを迎え、0-1で敗戦。再び連敗を喫してしまった。 9戦未勝利で迎えた第16節のサガン鳥栖戦では0-2で快勝を収めたものの、ガンバ大阪、そして柏と連敗。いずれもホームで0-1と敗れ、苦しい状況から抜け出せたとは言えない状態だ。 未勝利が続いた期間もそうだったが、やはり課題は攻撃面。得点力不足が苦しい状況を生み出していることは明白だ。チャンスの数こそあるものの、それを決め切れる力がないところが悩みのタネだろう。 過密日程、長距離移動と他クラブよりコンディション面が整いにくいこともあるだけに、精度を上げることは簡単なことではないはず。それでも良い状態に入れば勢いもつくだけに、早いところ負の連鎖から脱却したいところだ。 ★予想スタメン[3-4-2-1] GK:菅野孝憲 DF:進藤亮佑、宮澤裕樹、福森晃斗 MF:ルーカス・フェルナンデス、田中駿汰、荒野拓馬、菅大輝 MF:小柏剛、駒井善成 FW:ジェイ 監督:ミハイロ・ペトロヴィッチ 2020.09.26 12:30 Sat
twitterfacebook
thumb

主将大谷が3季ぶりの1発! 柏が札幌を完封し3試合ぶり勝利《J1》

明治安田生命J1リーグ第18節の北海道コンサドーレ札幌vs柏レイソルが札幌ドームで行われ、1-0でアウェイの柏が勝利した。 前節、ガンバ大阪に0-1で敗れた札幌はその一戦から先発を1名入れ替え、福森に代わって金子を起用。一方、2試合勝利がない柏は1-1で引き分けた前節のサンフレッチェ広島戦から2名変更。呉屋と三丸に代わり、仲間と大南がスタメンに名を連ねた。 序盤から互いに様子を見合い、スローな入りとなるなかで、先にチャンスを迎えたのは柏。前半半ばの28分にボックス右手前でボールを受けた北爪がグラウンダーのクロスを送ると、ファーサイドに走り込んだオルンガが左足シュート。だが、枠を大きく外してしまう。 徐々に柏のボール保持率が上がるなか、前半アディショナルタイムにはボックス手前でルーズボールを拾ったオルンガが左足を振り抜く。だが、GK菅野に触られてしまい先制点とはならず、ゴールレスのまま試合を折り返した。 前半はフィニッシュまで持ち込めなかった札幌が徐々にペースを掴みかけたが、57分に敵陣左サイドでFKを獲得した柏に決定機。三原のクロスを頭で合わせた大谷のシュートがゴール右に吸い込まれて、先制に成功した。 札幌は同点に追いつくべく、アンデルソン・ロペスやドウグラス・オリヴェイラなど攻撃的なカードを切り、攻撃の圧を強めるも、アタッキングサードでの精細を欠く。対して、柏もオルンガを中心に前掛かりとなっている札幌の隙に突け込むも、仕留めきれずに時間が推移していく。 80分に仲間の浮き球パスに反応したオルンガが決定機を迎えた柏はその1分後にもチャンス。高橋がハーフライン付近でボールを奪取すると、そのまま前進してGK菅野と一対一の局面に。だが、右足のシュートはGK菅野に片手1本でセーブされ、試合を決定づけることはできない。 それでもその後は柏が時間を上手く使いタイムアップ。1-0で勝利した柏が今季5度目のクリーンシートで3試合ぶりの勝ち点3を手にした。一方、攻撃面でのクオリティを欠いた札幌は2連敗となっている。 北海道コンサドーレ札幌 0-1 柏レイソル 【柏】 大谷秀和(後7) 2020.09.23 20:50 Wed
twitterfacebook
thumb

途中出場の渡邉が値千金決勝弾! 9試合ぶり零封のG大阪が札幌撃破で連敗ストップ《J1》

明治安田生命J1リーグ第17節の1試合が19日に札幌厚別公園競技場で行われ、アウェイのG大阪が北海道コンサドーレ札幌を1-0で下した。 10試合ぶりの勝ち点3を手にした13位札幌と今季初となる2連敗中の9位G大阪による一戦。中2日のゲームに向け、前節の先発から3枚を変更した札幌はチャナティップが欠場となり、ルーカス・フェルナンデス、田中、ジェイをスタートから送り出した。一方、1週間ぶりの試合となるG大阪も3選手が入れ替わり、昌子がベンチスタート。前節を欠場したキム・ヨングォンが復帰したほか、アデミウソンと藤春を起用した。 3試合ぶりの勝利を目指すG大阪は4バックでスタート。立ち上がり早々に守備陣の連携ミスから獲得した右CKのチャンスから三浦のヘディングシュートでゴールに迫るなど、スムーズな入りをみせるが、札幌が徐々に2試合ぶりの先発となるジェイを起点にしながら押し上げを図り、局面を崩しにかかる場面を増やしていく。しかし、8試合連続で失点が続くG大阪の守備陣も集中を切らさず、対応。拮抗した展開となる。 それぞれ最終局面での守備を攻略できず、決定的な形でシュートに持ち込む場面が少ない戦況で進むなか、G大阪がカウンターに転じた33分、この試合でJ1通算150試合出場の宇佐美にチャンスが巡ってくるが、右サイドの小野瀬からのクロスに頭で合わせたボールは左外。札幌も志向するポゼッションスタイルを意識しながら攻めを続け、押し込む時間も作り出したが、ラストプレーの精彩を欠いて、崩し切れない。 後半もボールの主導権を握った札幌が比較的ペースを握るが、ゴールレスの戦況が続くと、63分にそれぞれメンバーチェンジ。その最初の交代でパトリックを送り出したG大阪は70分過ぎに三浦の負傷交代に直面したが、均衡を破る。カウンターに転じた79分、左サイド敵陣深くの藤春からのクロスに中央で反応した途中出場の渡邉がヘッド。相手GKの手を弾き、左ポスト直撃の跳ね返りを渡邉自らが押し込み、G大阪が先取した。 後半に入り、なかなか攻撃の形を見いだせなかったものの、チームとして3試合ぶりとなるゴールでリードしたG大阪。札幌がたまらず4枚目の交代カードで白井を送り込み、パワープレー気味の反撃を転じるが、渡邉の今季3得点目で手にした1点のリードを守り抜いた。3試合ぶりの白星を手にしたG大阪は2連敗の悪い流れをストップ。札幌はホーム戦7試合連続で白星から遠ざかり、連勝を逃す結果に終わっている。 2020.09.19 16:05 Sat
twitterfacebook
thumb

駒井のスーパーミドル炸裂の札幌、好調・鳥栖を下して10試合ぶり白星!《J1》

明治安田生命J1リーグ第12節、サガン鳥栖vs北海道コンサドーレ札幌が16日に駅前不動産スタジアムで行われ、0-2で札幌が勝利した。 鳥栖で発生した新型コロナウイルスの集団感染により延期されていた一戦。ホームに迎え撃つ鳥栖(勝ち点14)は、直近5試合は3勝1分け1敗と好調が続く。3日前に行われた前節は柏レイソルに逆転勝利し、ホームで連勝を収めている。 札幌(勝ち点14)は対照的に9戦未勝利と泥沼にはまっている。同じく3日前の前節はホームに浦和レッズを迎えての一戦となったが、打ち合いの末に3-4で敗戦。ジェイが2ゴールの活躍を見せたが、今節はベンチ外となっている。 まずは3試合連続ゴール中の林をベンチスタートとした鳥栖の攻撃。7分、ボックス左でボールを受けた大畑のパスを安庸佑がシュート。巧みにマークを外してチャンスを作ったが、シュートは上に外れてしまう。 一方、不調から脱却したい札幌は、27分にアンデルソン・ロペスのパスでボックス左に抜け出した菅が相手との接触で倒れるがPKは貰えず。 両チームとも決定機を迎えるもなかなかネットを揺らせないでいる中、シュートを重ねる札幌は40分、駒井のボックス内からシュートがクロスバーを直撃。42分のチャナティップのミドルシュートはGKのファインセーブに遭った。 互いに交代カードを1枚切って迎えた後半、前半の勢いそのままに札幌が攻勢を続ける。49分には右サイドを突破した白井からパスを受けたアンデルソン・ロペスがボックス右からシュート。さらに54分には、再び白井のパスから高嶺がボールを持つと、キックフェイントで相手を躱しボックス手前からシュートを放つ。しかし、どちらもわずかに左に外れてしまった。 劣勢の鳥栖は60分に安庸佑を下げて好調の林を投入。しかし、先手を取ったのはアウェイの札幌だった。61分、相手の最終ラインからの縦パスを進藤が頭で跳ね返すと、フリーでボールを持った駒井がボックス手前から右足一閃。アウト回転のかかった強烈なシュートがゴール右上に突き刺さった。 63分にも速攻から駒井のシュートが右ポストを直撃した札幌は菅を下げてドウグラス・オリヴェイラを投入。するとその1分後の66分、カウンターからそのドウグラス・オリヴェイラがドリブルで持ち上がると、ゴール前に走り込むアンデルソン・ロペスにラストパス。縦パスを受けたアンデルソン・ロペスは飛び出したGKの脇を通すちょこんと浮かしたシュートを流し込んだ。 10試合ぶりの勝利を大きく手繰り寄せた札幌。完全にペースを握る中で、対する鳥栖は途中出場の豊田がフィジカルを生かしてヘディングシュートを狙う。 しかし、余裕の生まれた札幌を脅かすまでには至らず、試合はこのまま終了。0-2で勝利した札幌が10試合ぶりの白星をあげた。 サガン鳥栖 0-2 北海道コンサドーレ札幌 【札幌】 駒井善成(後16) アンデルソン・ロペス(後21) 2020.09.16 21:36 Wed
twitterfacebook

順位表




得点ランキング