北海道コンサドーレ札幌

今季の成績
順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
7 北海道コンサドーレ札幌 19 6 1 5 17 17 0 12
日程
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2019-05-22
19:00
YBCルヴァンカップ Aグループ
第6節
湘南ベルマーレ vs 北海道コンサドーレ札幌
2019-05-25
14:00
明治安田生命J1リーグ
第13節
北海道コンサドーレ札幌 vs ガンバ大阪
2019-06-01
14:00
明治安田生命J1リーグ
第14節
北海道コンサドーレ札幌 vs サンフレッチェ広島
2019-06-14
19:00
明治安田生命J1リーグ
第15節
川崎フロンターレ vs 北海道コンサドーレ札幌
2019-06-22
14:00
明治安田生命J1リーグ
第16節
北海道コンサドーレ札幌 vs サガン鳥栖
結果
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2019.05.18
14:00
明治安田生命J1リーグ
第12節
FC東京 2 - 0 北海道コンサドーレ札幌
2019.05.12
13:00
明治安田生命J1リーグ
第11節
松本山雅FC 0 - 0 北海道コンサドーレ札幌
2019.05.08
19:00
YBCルヴァンカップ Aグループ
第5節
北海道コンサドーレ札幌 0 - 4 横浜F・マリノス
2019.05.04
14:00
明治安田生命J1リーグ
第10節
北海道コンサドーレ札幌 2 - 1 ヴィッセル神戸
2019.04.28
15:00
明治安田生命J1リーグ
第9節
ジュビロ磐田 1 - 2 北海道コンサドーレ札幌
基本データ

正式名称:北海道コンサドーレ札幌

原語表記:Hokkaido Consadole Sapporo

ホームタウン:札幌市

チームカラー:レッド、ブラック、ブルーグレー

関連ニュース
thumb

久保が2試合連続ゴール! 首位・FC東京、止まらず無敗継続《J1》

明治安田生命J1リーグ第12節のFC東京vs北海道コンサドーレ札幌が18日に味の素スタジアムで行われ、2-0でFC東京が勝利した。 ここまで8勝3分けで首位を走るFC東京(勝ち点27)と、6勝1分け4敗で6位につける札幌(勝ち点19)が激突した。前節のジュビロ磐田戦を1-0で勝利し、リーグで唯一無敗を継続しているFC東京は、その試合から先発メンバーを3人変更。太田、渡辺、大森に代えて、小川、チャン・ヒョンス、出場停止明けの高萩を起用した。 一方、前節の松本山雅FC戦をゴールレスドローで終え、連勝が「4」でストップしたものの、5戦無敗中の札幌は、同試合から先発メンバーを1人のみ変更。早坂に代わり、チャナティップが負傷から復帰した。 好調を維持する同士の一戦。試合は序盤から激しい球際勝負が繰り広げられる。それでもFC東京が徐々にサイドからゴール前に迫り始めると、16分には久保の右CKからディエゴ・オリヴェイラがヘディングシュート。これは枠を捉えられず。その1分後には、久保の左CKを中央で森重が右足を合わせ、ゴール左を捉えたが、GKク・ソンユンに右手一本で防がれた。 その後もポゼッションする札幌に対して、カウンターからチャンスを探るFK東京は23分、久保のドリブルからハーフウェイライン手前やや左でパスを受けた東が相手最終ラインの裏へスルーパス。これに永井が抜け出し、GKとの一対一を迎えたが、GKク・ソンユンにシュートコースを遮られる。 ここまで首位相手に応戦しながらチャンスらしいチャンスを作れないでいる札幌。それでも39分、敵陣中央左で落としを受けた福森がゴール前右に高精度なクロスを供給する。ここにルーカス・フェルナンデスが飛び込み、ゴール手前でワンバウンドするヘディングシュートを放つも、ここはGK林が冷静にパンチング。両チームともに守護神がゴールを許さず、0-0で試合を折り返した。 後半に入ると、札幌もカウンターを織り交ぜながら敵陣に侵攻し始める。その中で55分にFKを得ると、福森が敵陣中央から直接狙う。これがゴール右隅を捉えたが、ここはGK林に軍配が上がる。 立ち上がりこそ攻勢を強めた札幌に押し込まれる時間帯が続いたFC東京だが、59分についに試合を動かす。ボックス右で久保が仕掛けたが、ここは突破できず。それでもキム・ミンテのパスがボックス内の宮澤に当たるなど、バタバタした札幌の対応を見逃さず、ボックス手前中央やや左でボールを奪った小川が左足で丁寧にゴール左隅に蹴り込んで、ゴールネットを揺らした。 先制点を奪ったFC東京。63分にはボックス右に持ち込んだ室屋がクロスを入れるも、進藤にブロックされる。しかし、このボールが福森に当たってボールはゴール方向へ飛び、あわや追加点かと思われたが、ここはGKク・ソンユンが素早い反応で右足を出して防いだ。 対する札幌も直後、ルーカス・フェルナンデス、鈴木とつなぎ、最後はチャナティップがボックス手前から右足でゴール右隅を捉える。しかし、GK林に好セーブに遭い、ゴールを奪うことができない。 このピンチを凌いだFC東京に追加点。69分、カウンターからディエゴ・オリヴェイラが右サイドの久保のパスを送る。これを受けた久保が福森と対峙し、タイミングをずらしてニアサイドにシュートを放つと、GKク・ソンユンの手を弾いてゴールに突き刺した。 リードを2点に広げたFC東京は、その後も札幌を押し込み続けながら時間を消費。2-0できっちりと勝利し、無敗を継続して首位を走り続けている。 2019.05.18 16:15 Sat
twitterfacebook
thumb

チャナティップ欠場の札幌、連勝が「4」でストップ 2連敗中だった松本と0-0《J1》

12日にサンプロ アルウィンで行われた明治安田生命J1リーグ第11節の松本山雅FCvs北海道コンサドーレ札幌は、ゴールレスドローに終わった。 2連敗中の松本は現在12位。今節に向けては前節から先発3名を入れ替え、杉本がリーグ初先発を果たした。一方、4連勝中で5位に位置する札幌はチャナティップが負傷欠場。早坂が開幕戦以来のスターティングメンバーに名を連ねた。 キックオフ早々に前田の右足ボレーシュートで札幌のゴールに迫った松本。立ち上がりから札幌にボールの主導権を握られ、守備の展開が続くが、相手にシュートチャンスを許さず、逆にカウンター主体の戦いで互角の戦いに持ち込む。 その松本は23分、バイタルエリア左でボールを受けた杉本がドリブルで仕掛け、ボックス左からゴール右隅を狙いすました右足のコントロールショット。これが枠に飛ぶが、GKク・ソンユンの好セーブに遭い、先制点につながらない。 リズムを生み出せない札幌は36分、右サイドから上がった進藤の浮き球パスをボックス左の味方が頭で落とすと、菅が左足ボレーシュート。これがゴール前の鈴木に当たってコースが変わったが、惜しくもゴール左に外れてしまう。 ゴールレスで迎えた後半、札幌は前半と打って変わって、ボールがスムーズに回るように。そのなかで、62分に味方数人が連動したパスワークで中央を崩して、ボックス中央から早坂がシュートに持ち込むが、相手GKに阻まれる。 劣勢の松本は80分、スピードスターの前田が得意のスピードを生かしてカウンター。右サイドを駆け上がり、ループシュートを試みるが、鋭い飛び出しでコースを消してきた相手GKの正面を突き、千載一遇の先制機を逃してしまう。 結局、互いに最後までゴールを挙げられず、痛み分けで終了。松本が連敗を「2」で止めた一方で、札幌は連勝が「4」でストップした。 2019.05.12 15:00 Sun
twitterfacebook
thumb

進藤ゴラッソ弾で追いつき武蔵弾で逆転! 札幌が神戸破り4連勝《J1》

明治安田生命J1リーグ第10節が4日に札幌ドームで行われ、北海道コンサドーレ札幌がヴィッセル神戸に2-1で勝利した。 3連勝中の札幌は7得点を挙げる得点ランキングトップタイのアンデルソン・ロペスが負傷欠場。4連敗中の神戸はアンドレス・イニエスタとルーカス・ポドルスキが欠場となり、宮と橋本のリーグ初出場組がスタメン入りした。 試合はホームの声援を受ける札幌が相手のお株を奪うかのようにボールの支配率を高める展開となる。そのなかで、鈴木武蔵の裏抜けを生かした速攻でも相手守備ブロックの隙を突くなど、試合のイニシアブを握っていく。 神戸の単発的な攻撃を凌ぎながら攻め立て続ける札幌。サイドを活用した攻撃やチャナティップを起点にした縦に素早い仕掛けで神戸のゴールマウスに迫るが、フィニッシュの精度が伴わず、なかなかゴールに繋がらない。 リズムに乗り切れない戦いが続く神戸だったが、40分に先制機。右サイドの古橋がグラウンダーのクロスを送ると、ゴール前で反応したビジャが右足ダイレクトで合わせるが、惜しくもゴールマウスの左に外れてしまう。 前半を優勢に進めながらノーゴールに終わった札幌が後半も能動的に立ち上がるが、対する神戸も応戦。互いにそれぞれのボックス内近辺にボールを持ち上がり、フィニッシュの形に持ち込む攻撃が続くが、ゴールが遠い。 そのなかで、札幌の波状攻撃を凌いだ神戸は60分、ボックス右で仕掛けた西が対面の福森に倒され、PKのチャンス。キッカーのビジャが放ったゴール右下を突くシュートが相手GKの手を掠めながら吸い込まれ、先制に成功する。 ビジャにシーズン4得点目を許した札幌だが、68分に福森の右CKからダンクレーのクリアボールが相手に当たってファーサイドに流れると、進藤が右足オーバーヘッド。これがゴール右に突き刺さり、札幌が追いついてみせる。 ビューティフルな進藤の2戦連発弾で勢いづく札幌は75分、途中出場の早坂が右サイド深くからゴール前にクロスボールを供給。ニアサイドの鈴木が頭で合わせたシュートがゴール右に決まり、一気に形勢をひっくり返す。 たちまち劣勢に立たされた神戸はダビド・ビジャと田中を下げて、ウェリントンと小川を立て続けに投入。だが、終盤の攻めもゴールに繋がらない。結局、逆転勝利の札幌が4連勝。神戸は泥沼の5連敗となっている。 2019.05.04 16:00 Sat
twitterfacebook
thumb

札幌、得点王のアンデルソン・ロペスが負傷…治療で一時帰国

北海道コンサドーレ札幌は4日、ブラジル人FWアンデルソン・ロペスの一時離脱を発表した。 アンデルソン・ロペスは4月28日に行われた明治安田生命J1リーグ第9節のジュビロ磐田戦で左ヒザのじん帯を損傷。治療のため、ブラジルに一時帰国するという。アンデルソン・ロペスは今シーズン加入。開幕から前節まで全9試合に先発を続け、ここまで得点ランキングトップタイの7得点を記録している。 現在J1リーグ3連勝中の札幌は、5勝4敗の9位。4日に行われる今節、12位のヴィッセル神戸をホームに迎え撃つ。 2019.05.04 13:00 Sat
twitterfacebook
thumb

好調・札幌がアンロペ&進藤弾で今季リーグ戦初の3連勝! 磐田は公式戦4連敗…《J1》

明治安田生命J1リーグ第9節のジュビロ磐田vs北海道コンサドーレ札幌が28日にヤマハスタジアム(磐田)で行われ、2-1で札幌が勝利した。 ここまで1勝3分け4敗で16位に沈む磐田(勝ち点6)と、4勝4敗で8位につける札幌が相対した。前節の名古屋グランパス戦を0-1で敗れ、ミッドウィークのYBCルヴァンカップのガンバ大阪戦にも敗れ、第7節の清水エスパルスとの静岡ダービー以降、公式戦3連敗中の磐田。公式戦4試合ぶり白星に向けて、前節の名古屋戦から先発メンバーを1人のみ変更。出場停止のロドリゲスに代えて大久保を起用した。 一方、前節の横浜F・マリノス戦を3-0で勝利し、公式戦4連勝と絶好調の札幌は、その一戦から同様の先発メンバーをピッチに送り出した。 下降線をたどる磐田と、上昇気流に乗る札幌の対照的な両者の一戦。試合は札幌がその好調ぶりを披露するかのように早い時間帯に先制する。6分、チャナティップのパスを敵陣中央右で受けた進藤が、ボックス右にスルーパス。走り込んだアンデルソン・ロペスが対峙したDFを切り返しから上手くかわし、左足でゴール左上へと突き刺した。 出鼻を挫かれた磐田は19分、右CKからチャンスを迎える。キッカーのエレンはショートコーナーからのパス交換からボックス左外から左足でグラウンダーのクロスを供給。これが混線地帯を抜け、ゴール左にボールが向かうも、GKク・ソンユンに素早い反応で防がれた。 その後、徐々に磐田が流れを引き寄せ始める中、前半終盤に札幌にアクシデントが起こる。38分、アンデルソン・ロペスがドリブルを試みると、勢い余り、山田と衝突。このプレーで足を痛め、荒野との負傷交代を余儀なくされる。 急な事態に見舞われた札幌だったが、前半アディショナルタイム2分、右CKを獲得すると、キッカーの福森が左足でファーサイドにボールを送る。進藤が大南に競り勝って頭で合わせ、ゴールネットを揺らした。 後半に入ると、追いつきたい磐田が攻勢を強める。63分、右サイドでパスを受けた小川がアーリークロスを供給。中央でフリーになった川又が頭で合わせるも、GKク・ソンユンに正面でキャッチされる。 一方、3点目を奪い、試合を決定づけたい札幌も直後に決定機。福森の縦パスを受けたチャナティップがボックス左の位置で細かいステップから右足を振り抜く。しかし、これが右ポストに嫌われてしまい、ゴールとはならない。 終盤に差し掛かるにつれて磐田が徐々に押し込み始める。しかし、そんな中で磐田に不運のアクシデント。73分、上原の右CKにファーサイドの川又がダイビングヘッドを試みようと飛び込む。すると、この勢いのまま川又は右ポストに身体をぶつけてしまい、立ち上がることができず。プレー続行不可能となり、荒木と途中交代となる。 嫌な空気が漂う磐田。それでも83分、右サイドでボールを持った松本が縦への仕掛けからグラウンダーのクロスを供給する。ここに走り込んだアダイウトンが右足を合わせると、一度はGKク・ソンユンに弾かれたが、もう一度、アダイウトンが押し込んで、1点差に詰め寄った。 追いつきたい磐田は、札幌にチャンスを作られながらも猛攻。後半アディショナルタイム1分には左サイドを抜け出した途中出場の荒木がボックス左に侵攻し、シザースフェイントから右足を振り抜く。完全に相手のタイミングを外したが、ボールは無情にもゴール右外に。 その後も磐田は、山田がクロスからシュートを放つなど、最後までゴールに迫ったが、1点が遠く試合終了。2-1で逃げ切った札幌が今シーズン初のリーグ戦3連勝を飾った。一方、磐田は公式戦4連敗となった。 2019.04.28 17:05 Sun
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

順位表

@ultrasoccerjp

得点ランキング