サンプドリア

今季の成績
順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
9 サンプドリア 50 14 8 16 51 54 -3 38
結果
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2021.05.22
27:45
セリエA
第38節
サンプドリア 3 - 0 パルマ
2021.05.16
22:00
セリエA
第37節
ウディネーゼ 0 - 1 サンプドリア
2021.05.12
27:45
セリエA
第36節
サンプドリア 2 - 2 スペツィア
2021.05.08
25:00
セリエA
第35節
インテル 5 - 1 サンプドリア
2021.05.02
27:45
セリエA
第34節
サンプドリア 2 - 0 ローマ
基本データ

正式名称:UCサンプドリア

原語表記:Unione Calcio Sampdoria s.p.a

愛称:サンプ、ドリア、ブルチェルキアーティ(ブルーリング)

創立:1946年

ホームタウン:ジェノバ

チームカラー:青

関連ニュース
thumb

吉田麻也のサンプドリアがホームユニフォームを発表!昨季からマクロンと契約

サンプドリアとサプライヤーのマクロンは17日、2021-22シーズンのホームユニフォームを発表した。 2020-21シーズンからマクロンが手掛けるサンプドリアのユニフォーム。新デザインは青を基調とした伝統的なデザインで、ホームタウンであるジェノヴァ市のシンボル“聖ゲオルギウス十字”が胸に描かれている。 シャツ背面の首元には、 帽子を被りパイプを咥えた船乗りの“Baciccia(バチッチャ)” がプリントされている。バチッチャはチームのシンボルだ。 ショーツとソックスは白がベースになっている。 日本代表DF吉田麻也が所属するサンプドリアは2020-21シーズンのセリエAを9位でフィニッシュ。クラウディオ・ラニエリ監督が退任し、クラブOBのロベルト・ダヴェルサ新監督が就任している。 <span class="paragraph-title">【詳細】サンプドリアの2021-22シーズンホームユニフォーム</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="und" dir="ltr"> <a href="https://twitter.com/hashtag/01498f?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#01498f</a><br><br> <a href="https://t.co/mJ56Zzc1Z8">pic.twitter.com/mJ56Zzc1Z8</a></p>&mdash; U.C. Sampdoria (@sampdoria) <a href="https://twitter.com/sampdoria/status/1416355750662733826?ref_src=twsrc%5Etfw">July 17, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 【吉田のセリエA初ゴール!】冷静な反転から決めた待望のイタリア初ゴール <div style="margin:0 auto; min-width:300px; "><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJVT05kS29zQyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="und" dir="ltr"> <a href="https://twitter.com/hashtag/01498f?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#01498f</a><br><br> <a href="https://t.co/qnabOmz7L4">pic.twitter.com/qnabOmz7L4</a></p>&mdash; U.C. Sampdoria (@sampdoria) <a href="https://twitter.com/sampdoria/status/1416351977462661122?ref_src=twsrc%5Etfw">July 17, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.07.21 05:35 Wed
twitterfacebook
thumb

スパーズ、ユーロでブレイクしたダムスゴーアの獲得レースをリード?

トッテナムがサンプドリアに所属するデンマーク代表MFミッケル・ダムスゴーア(21)の獲得レースをリードしているようだ。イタリア『ClubDoria』が報じている。 ダムスゴーアは、ユーロ2020においてスペイン代表MFペドリ(18)に大会最優秀若手賞を譲るも、今大会でサプライズを提供した若手選手の1人だ。 デンマーク代表のエースであるMFクリスティアン・エリクセンの心肺停止のアクシデントによる戦線離脱を受け、第2節のベルギー代表戦で大会初出場を飾ると、グループ最終節のロシア代表戦ではチームを今大会初勝利に導く鮮烈なミドルシュートを突き刺し、初ゴールを記録。その後、瞬く間に頭角を現わした21歳のアタッカーは、準決勝のイングランド代表戦でエリクセンを彷彿とさせる圧巻の直接FKを決め、ファイナリストをあと一歩のところまで追い込んでいた。 そして、今大会でのセンセーショナルな活躍を見せたダムスゴーアに関してはレアル・マドリー、バルセロナ、リバプール、エバートン、レスター・シティ、ミラン、インテル、ユベントス、ローマなど、国内外の強豪クラブがこぞって関心を示し始めている。 ただ、サンプドリアの地元メディアによると、ユベントス時代から同選手を知るファビオ・パラティチ氏が新マネージング・ディレクターに就任したトッテナムが獲得レースをリードしているようだ。 なお、サンプドリアは昨夏に700万ユーロ(約9億1000万円)でノアシェランから獲得した逸材に関して3000万~4500万ユーロ(約39億2000万~58億8000万円)程度の金額での売却を想定している模様だ。 また、仮に今夏に流出した場合、セルティックに所属するスコットランド代表MFライアン・クリスティ(26)の獲得に動くとの噂も出ている。 デンマーク屈指の育成組織を誇るノアシェラン出身のダムスゴーアは2020年夏にサンプドリアに加入。昨シーズンは左右のウイングや攻撃的MFを主戦場に初挑戦のセリエAで35試合に出場し、2ゴール4アシストの数字を残していた。 切れ味鋭い仕掛けと優れたスプリント能力を武器にスペース、密集の双方で局面を打開できる上に、ユーロで見せたように多彩なキックを生かしたラストパスやフィニッシュも兼備する万能型のアタッカー。決定力やアタッキングサードでの判断は今後の課題と言えるが、伸びしろ十分の逸材だ。 トッテナムが2列目の人材整理を行わない限り、獲得の可能性は決して高いとは言えないが、尊敬するエリクセンの古巣であり、代表の先輩であるMFピエール=エミール・ホイビュルクが在籍するクラブへステップアップを果たすことになるのか…。 2021.07.12 15:30 Mon
twitterfacebook
thumb

吉田所属のサンプドリアが前パルマ指揮官のダヴェルサ氏を新監督に招へい

日本代表DF吉田麻也が所属するサンプドリアは4日、ロベルト・ダヴェルサ氏(45)の新監督招へいを発表した。契約期間は2023年6月30日までの2年となる。 昨シーズンのセリエAを9位でフィニッシュしたサンプドリアでは、クラウディオ・ラニエリ監督が退任。その後任にはパトリック・ヴィエラ氏や、ジュゼッペ・イアキーニ氏、アンドレア・ピルロ氏など複数の候補の名前が挙がっていたが、最終的に昨季までパルマを率いていたダヴェルサ氏となった。 ダヴェルサ氏は2016年12月、当時セリエCにいたパルマの指揮官に就任。2017-18シーズンにセリエA復帰に導くと、過去2シーズンはセリエA残留に導く手腕を発揮していた。 昨シーズンは熱意の欠如を理由に昨年8月に解任されていたが、今年1月にファビオ・リベラーニ前監督の後任として再登板。しかし、チームは最下位でセリエB降格となっていた。 なお、ダヴェルサ氏は現役時代の2000-01シーズンに1年間サンプドリアでプレーしていたクラブOBでもある。 2021.07.04 19:19 Sun
twitterfacebook
thumb

「プレッシャーはいつも以上」ラフプレーに猛抗議、攻撃のスイッチを入れ存在感発揮のDF吉田麻也「6点目が理想系」

U-24日本代表DF吉田麻也(サンプドリア)が、U-24ガーナ代表戦を振り返った。 5日、U-24日本代表はU-24ガーナ代表と国際親善試合で対戦し、6-0で勝利を収めた。 A代表との一戦から中1日での試合。コンディション面ではかなり厳しいものがあった中、オーバーエイジとして招集されている吉田、DF酒井宏樹(マルセイユ)、MF遠藤航(シュツットガルト)が揃って先発出場を果たした。 試合は強度の高さを見せてスタートすると、16分に堂安律(アルミニア・ビーレフェルト)が先制ゴールを記録。32分には久保建英(ヘタフェ)が追加点を奪うと、酒井のクロスがオウンゴールを生み、前半でリードを3点とする。 後半に入っても手を緩めないと、48分に相馬勇紀(名古屋グランパス)、56分に上田綺世(鹿島アントラーズ)、さらに89分には三笘薫(川崎フロンターレ)がダメ押しゴールを決め、6-0で快勝した。 試合後のメディア取材に応じた吉田は試合を総括。手応えを感じながらも、改善の余地があるとした。 「前半で3-0で試合をほぼ決められたことも良かったですし、後半追加点を取れたことも良かったです。守備のハメ方が良かったので、後ろは限定できて、ボールの取り所が良かったです」 「ただ、細かいミスはまだあったし、通さなければいけないボールが引っかかってカウンターを食らったりするシーンがありました。細かいところのディテールの質は求めないといけないし、試合を通してゲームマネジメントを意識するように言いましたけど、今回の場合は勝っているときどう進めるのか、試合をうまく運べればもっと良いチームになると思います」 3日のA代表との試合はベンチから見守ったが、実際にピッチでプレーして感じたものについては「外から見て選手の特徴やチームの特性は把握したつもりでしたが、自分でやる方がより理解が深められるし、自分がうまく統率してやればもっとうまくできるというのもわかりました。1試合やれて取り敢えず良かったと思います」と、やはりピッチで感じるものは目で見ているものとは違うと語った。 その中で吉田の前でプレーしていたMF田中碧(川崎フロンターレ)については「怖がらずにボールを受けられるし、前にボールをつけられます。常に顔を出してくれるボランチは絶対条件で必要ですし、アルゼンチンとの試合を見ていてもできると思っていました」とコメントした。 ただ「質はもっとこだわらないといけないですし、フロンターレはほとんど勝っている試合のなかで、ゲームをコントロールできると思いますが、負けているときにどういうプレーをするのかはもっと見てみたいと思います」と、ビハインド時のプレーも見てみたいと語った。 堂安や久保はOAの3人の安定感が素晴らしいと語っていたが、吉田は「プレッシャーがいつも以上」とコメント。緊張感がある中で、パフォーマンスで価値を示したいと語った。 「プレッシャーはいつも以上にありました。完璧じゃないといけないというプレッシャーが常にあるのは、A代表もありますけど、見られ方として非常にプレッシャーを感じる立場なのは間違いです」 「いくらキャリアがあるとか、経験があるということでも、実際に選手が見て感じてもらわないと認めてもらえないと思うので、名札ではなくパフォーマンスで評価されたいと思います。この合宿ではそこで違いを出さないといけないプレッシャーはあります」 また、後半にその田中が相手選手の危険なプレーにさらされたシーンでは、吉田が相手選手に激しく抗議。毅然とした態度で示した。 そのシーンについては「相手が点差が開いてラフなプレーが出てきて、審判も日本人でやりづらかったと思います。ジャッジングは難しかったと思いますが、僕は長谷部さんのように優等生ではないので、可愛い選手たちが削られたら、そこはいかないといけないと思います」とコメント。「それもゲームマネジメントの1つで、練習試合でこういったことを次やったら許さないぞという姿勢を示さないといけないですし、みんなに見て感じてもらいたいです」と1つ示すことで次からなくなると語り、「ジャッジングやスタジアムの雰囲気を味方にすることも大事だと思います」と、OAとして、そしてキャプテンとしての存在感を遺憾無く発揮したシーンを振り返った。 また、この試合では攻撃面でもロングフィードに加え、積極的に前に縦パスをつけていた吉田。相馬のゴールシーンも吉田が起点となったが「縦パスを結構入れることができていましたが、その分相手も食いつきがすごくて、先に動くことが多かったです」とコメント。「律やタケ、大地もそうですが、逆の動きで自分の良さも出せると思います。動いてくれると予測してボールを運ぶことをしていました」と2列目の選手の動きを予測したパスだったと語った。 しかし、「通ればビッグチャンスですが、取られればカウンターになるので、ディフェンスはどこでせめぎ合いをするかが大事になります」とコメント。ただ、レベル差も影響していると語り、「強い相手はあの辺のスペースをくれないので、ボランチを経由してワンタッチツータッチで相手のプレスをかいくぐるという感じ」と語り、「日本の特徴で、森保さんのサッカー6点目が理想系なので、それができるのが一番良いです」と終盤の三笘のゴールがチームとしてやりたいゴールであると語った。 A代表との試合では失敗していた試合の入りについても「入りは相手が前から来ていて。僕から冨安のパスも狙われていました」と語り、「それをどうやっていなすかを考えて、酒井、遠藤はフィジカルでも特徴があって、それをプレーで見せてくれました」と当たりの強さを最初から見せたとコメント。「入りはA代表との試合でかなり良くなかったので、そこは意識して、すごく良い入りだったと思います」と、あの試合の反省をピッチで表現できたと語った。 2021.06.05 23:27 Sat
twitterfacebook
thumb

“スーパーゴール製造機”、クアリアレッラがサンプドリアと1年契約延長

サンプドリアは1日、元イタリア代表FWファビオ・クアリアレッラ(38)との契約を1年間延長した子を発表した。 クアリアレッラは、トリノやフィオレンティーナ、ウディネーゼ、サンプドリア、ナポリ、ユベントスなどイタリア国内でプレー。サンプドリアには2016年7月から2度目の在籍を果たしている。 セリエA通算500試合に出場し177ゴール50アシストを記録。サンプドリアでは通算233試合に出場し99ゴール23アシストとキャリアで最も数字を残している。 今シーズンはセリエAで33試合に出場し13ゴール1アシストと、まだまだ得点力に衰えは見られていない。 <span class="paragraph-title">【動画】クアリアレッラ、2020-21シーズンのゴール集!</span> <span data-other-div="movie"></span> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJhM1J3d0cwcSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> 2021.06.01 20:05 Tue
twitterfacebook

順位表

得点ランキング