エバートン

今季の成績
順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
8 エバートン 49 14 7 10 43 40 3 31
日程
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2021-04-23
28:00
プレミアリーグ
第33節
アーセナル vs エバートン
2021-05-01
28:00
プレミアリーグ
第34節
エバートン vs アストン・ビラ
2021-05-09
24:30
プレミアリーグ
第35節
ウェストハム vs エバートン
2021-05-11
27:45
プレミアリーグ
第36節
エバートン vs シェフィールド・ユナイテッド
2021-05-15
23:00
プレミアリーグ
第37節
エバートン vs ウォルバーハンプトン
結果
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2021.04.16
28:00
プレミアリーグ
第32節
エバートン 2 - 2 トッテナム
2021.04.12
28:15
プレミアリーグ
第31節
ブライトン&ホーヴ・アルビオン 0 - 0 エバートン
2021.04.05
26:00
プレミアリーグ
第30節
エバートン 1 - 1 クリスタル・パレス
2021.03.20
26:30
FAカップ
準々決勝
エバートン 0 - 2 マンチェスター・シティ
2021.03.13
26:30
プレミアリーグ
第28節
エバートン 1 - 2 バーンリー
基本データ

正式名称:エバートンFC

原語表記:Everton Football Club

愛称:トフィーズ、ブルーズ

創立:1878年

ホームタウン:リバプール

チームカラー:青

関連ニュース
thumb

エバートン主将コールマン、クラブのアンチESLを誇る「素晴らしい声明だった」

エバートンで主将を務めるアイルランド代表DFシェイマス・コールマンが、欧州スーパーリーグ(ESL)構想に対するクラブの姿勢を称えている。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えた。 当初参加を表明していた12クラブの多くが次々と離脱を発表し、一瞬で瓦解したESL構想。ファンやサポーター、さらには所属するリーグやサッカー協会と対立関係となったこともあり、現段階でレアル・マドリーとバルセロナを除く10クラブが脱退を決めている。 プレミアリーグではリバプール、マンチェスター・シティ、マンチェスター・ユナイテッド、アーセナル、チェルシー、トッテナムの、いわゆる“ビッグ6”と呼ばれるクラブが、今回の大計画の一端を担っていた。 これに対して多くのクラブが反対の意思を示した中、エバートンも声明を出し、「6つのクラブは、完全に自分たちの利益のために動いている」などと批判するとともに「この提案が直ちに撤回されることを願う」と、心中を赤裸々に綴っていた。 この強い姿勢にはキャプテンのコールマンも感動したようだ。多くの選手と同じく否定派の同選手は、そんなクラブの一員であることを誇りに思うと、喜びの言葉を残した。 「僕たちのクラブは素晴らしい声明を発表したね。その声明を読んだ時、僕はこのクラブの一員であることを凄く誇りに思ったよ。みんなが考えていることや感じていることを的確に表現してくれた」 「僕はまだチャンピオンズリーグでプレーしたことないけど、毎年の目標は『トップ4に入ることができるか』であり、チャンピオンズリーグのアンセムを初めて聞くことは、その中でプレーしたことのある選手にとって、きっと最高の気分なんだろうね」 「レスター・シティだってプレミアリーグで優勝し、チャンピオンズリーグに出場したんだ」 「そんなわけで、ESLが実現しないという結果になって嬉しいし、このクラブの一員でいられて嬉しい。そして、このナンセンスなことを終わらせるために人々が結集してくれたことも喜びなんだ」 2021.04.22 20:50 Thu
twitterfacebook
thumb

「悲しく、落胆している」エバートンが欧州スーパーリーグ参戦表明の6クラブに失望し批判「自称スーパー6」

ヨーロッパ・スーパーリーグに参加を表明したプレミアリーグの6クラブに対して、エバートンが怒りの声明を発表した。クラブ公式サイトが伝えた。 18日、ヨーロッパの12のクラブが一斉に参加を表明したヨーロッパ・スーパーリーグ構想。しかし、これには多くの反発が寄せられ、国際サッカー連盟(FIFA)や欧州サッカー連盟(UEFA)が反対意見を発表していた。 選手やOB、監督、そしてファン・サポーターからも多くの反対意見が出る中、レアル・マドリーの会長でもあるフロレンティーノ・ペレス会長はその意義を訴えていた。 プレミアリーグからはマンチェスター・シティ、マンチェスター・ユナイテッド、チェルシー、アーセナル、トッテナム、そしてリバプールが参戦を表明していたが、各クラブのサポーターも大反対。スタジアムでバナーを掲げるなど抗議を行った。 そのチームと切磋琢磨してきたエバートンは、この発表を受けて声明を発表。6クラブを批判するとともに、撤回して欲しいと願った。 「エバートンは、6つのクラブによって進められている独立したリーグの提案を知り、悲しく、落胆している」 「6つのクラブは、完全に自分たちの利益のために動いている」 「6つのクラブは、我々のリーグと試合の評判を落としている」 「6つのクラブは、プレミアリーグのテーブルを囲んでいる他の全てのクラブを軽視することを選択した」 「6つのクラブは、国内および海外の大多数のサッカーサポーターを当然のこととし、裏切っている」 「国内、および国際的にも危機に瀕しているこの時期、我々のゲームが決定的な時期に、各クラブは我々の試合とそのサポーターの理想を最優先し、協力して連携する必要がある」 「それにも関わらず、これらのクラブは自分たちのために役に立っていたサッカーのピラミッドから、抜け出そうと密かに共謀している」 「そのピラミッドの中で、エバートンは、レスター・シティ、アクリントン・スタンレー、ジリンガム、リンカーン・シティ、モアカム、サウスエンド・ユナイテッド、ノッツ・カウンティなど、歴史のなかで、その存在自体がサポーターの生活を豊かにしてきた全てのクラブに敬意を表する。その逆もまた然りだ」 「自称スーパー6は、我々が愛してやまない試合を支えている構造そのものを脅かすことで、自分たちを含むゲーム全体でサポーターの権利を奪おうとしているように見える」 「その反発は理解でき、当然のことであり、耳を傾けなければならない」 「このようなとんでもない傲慢さは、この計画を立案したクラブ以外の、サッカー界のどこにも求められていない」 「我々は、エバートンに関わる全ての人々を代表し、この提案が直ちに撤回されること、そして、我々の美しいゲームを信頼性という点でおそらく過去最低の位置にまで貶めてきた私的な会合や破壊的な行為が終了することを、謹んで願いたい」 「最後に、6つのクラブのオーナー、会長、役員の方々は、クラブの管理者としてだけでなく、試合の管理者としての特権的な立場を忘れないでもらう。彼らが負う責任は真剣に受け止められるべきだ」 「我々は、彼ら全員に、彼らがどのような遺産を残したいのかをを考えるように促していく」 2021.04.20 21:15 Tue
twitterfacebook
thumb

エバートン指揮官、欧州挑戦権暗雲の5試合足踏みも…「ファイトし続けねば」

エバートンのカルロ・アンチェロッティ監督はライバルとの直接対決で痛み分けに終わったものの、内容面の手応えを口にした。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。 プレミアリーグ8位のエバートンは16日に本拠地で行われた第32節でCL出場圏内の4位滑り込みを狙う7位トッテナムと対戦。後半に一時逆転まで持っていったが、イングランド代表FWハリー・ケインにこの日の2ゴール目となる同点弾を許して、2-2の痛み分けで終了した。 未消化試合も残しているといえど、これで5試合未勝利となり、ヨーロッパの出場権獲得が遠ざかる結果に終わったエバートン。試合後のアンチェロッティ監督も結果に悔しさを滲ませたが、戦いぶりに満足感を示して、継続性を求めた。 「我々は良い試合をした。今季のホーム戦におけるベストゲームだったんじゃないかな。アンラッキーだったね。イージーミスが多々あった。ハリー・ケインを相手にミスをすれば、そこを突かれるものだ」 「残念な結果だが、パフォーマンスぶりに関しては良かった。ヨーロッパの出場権獲得がさらに難しくなってしまったが、ファイトし続けないとね。今夜のようなプレーを続ければ、まだ可能性がある」 「前によくプレスをかけていき、アグレッシブなプレーできた。10分、15分ぐらいはボールをうまく扱えなかったが、次第に多くのチャンスを作り出せてもいた。このパフォーマンスをやり続けていかないとね」 2021.04.17 11:45 Sat
twitterfacebook
thumb

モウリーニョ、CL権遠のくドローも「妥当な結果」…後半AT交代ケインにも言及

足踏みを強いられてしまったトッテナムのジョゼ・モウリーニョ監督だが、結果は妥当なものと感じているようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。 来季のチャンピオンズリーグ(CL)出場権を目指してトップ4滑り込みを狙う7位トッテナムは16日に行われたプレミアリーグ第32節でライバルの一角であるエバートンとアウェイで対戦。2-2のドローに終わった。 先制した一戦だったが、一時逆転まで持っていかれ、勝ち点1をもぎ取るにとどまり、3試合未勝利のトッテナム。CL出場権がさらに遠のいたモウリーニョ監督は試合後、チーム事情に自虐を交えながら振り返った。 「多くの類似点のあるチーム同士の試合だったと思う。ゴールを決める力があり、失点も喫するという部分においてもね。それぞれが勝利を目指した良い試合だったが、おそらく妥当な結果だ」 ポルトガル人指揮官はまた、2ゴールの活躍を披露しながら後半アディショナルタイムに右足首を痛め、足を引きずりながらピッチを後にしたケインについてもコメント。ケガによる交代を口にした上で、楽観視した。 「何かを言うのはまだ早い。彼が残り数分のところでピッチを去ったのは明らかに何かを感じたからだ」 「楽観的になり、回復する時間があると信じよう。そして、楽観的になり、深刻なものじゃないと信じよう」 「我々にとって、彼が大事な選手なのは明白。私は多くを語ることも、推測することもできない」 2021.04.17 10:45 Sat
twitterfacebook
thumb

ケインとシグルドソン2発のスパーズとエバートンは痛み分け《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第32節、エバートンvsトッテナムが16日に行われ、2-2で引き分けた。 ここ2試合引き分け5戦勝ちのない8位エバートン(勝ち点48)と、前節マンチェスター・ユナイテッドに逆転負けした7位トッテナム(勝ち点49)によるチャンピオンズリーグ出場権争いへ生き残りを懸けた一戦。 共に[3-5-2]で臨んだ中、立ち上がりからボールを握ったエバートンが最初にチャンスを迎える。22分、ハメス・ロドリゲスのスルーパスを受けたリシャルリソンがボックス左からシュートに持ち込んだが、GKロリスの好守に阻まれた。 すると27分、トッテナムが先制する。左サイドからのエンドンベレのクロスがファーサイドに流れところを、ケインが見事なトラップで収め、左足ボレーでゴール左に蹴り込んだ。 ケインの今季20点目で先手を取ったトッテナムだったが、エバートンが30分にPKを獲得する。左サイドからのクロスに対し、ボックス中央のハメス・ロドリゲスがシュートに持ち込みかけたところで後方からレギロンに倒された。 このPKをシグルドソンが決めてエバートンがすかさず追い付くと、37分にはハメスが強烈なミドルシュートを浴びせれば、1分後にはシグルドソンとのパス交換からボックス中央に侵入したハメスが決定的なシュートに持ち込むも、GKロリスの好守に阻まれる。 1-1で迎えた後半、52分にソン・フンミンがドリブルシュートでゴールに迫ったトッテナムは、57分に右CKからアルデルヴァイレルトが際どいヘディングシュートを放った。 しかし62分、エバートンが逆転に成功する。直前に投入されていたコールマンがリシャルリソンとのパス交換から右サイドを突いてクロスを上げると、シグルドソンが左足ダイレクトでゴール左へ流し込んだ。 追う展開となったトッテナムはルーカス・モウラとラメラを投入。すると、68分に追いついた。ラメラが右サイドからクロスを上げると、相手DFが重なってルーズとなったボールをケインがボレーで蹴り込んだ。 その後は互いにゴールに迫った中、84分にエバートンに決定機。直前に投入されていたJ・キングがハメスのスルーパスに反応してシュートに持ち込むも、GKロリスの守備範囲だった。 終盤にかけてはエバートンの攻勢が強まったが、試合は譲らず2-2で終了。痛み分けに終わり、上位陣にプレッシャーをかけることができなかった。 2021.04.17 05:56 Sat
twitterfacebook

順位表

得点ランキング