ジェノア

今季の成績
順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
17 ジェノア 26 6 8 15 35 56 -21 29
日程
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2020-07-05
28:45
セリエA
第30節
ウディネーゼ vs ジェノア
2020-07-08
26:30
セリエA
第31節
ジェノア vs ナポリ
2020-07-12
24:15
セリエA
第32節
ジェノア vs SPAL
2020-07-16
26:30
セリエA
第33節
トリノ vs ジェノア
2020-07-19
26:30
セリエA
第34節
ジェノア vs レッチェ
結果
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2020.06.30
28:45
セリエA
第29節
ジェノア 1 - 3 ユベントス
2020.06.27
24:15
セリエA
第28節
ブレシア 2 - 2 ジェノア
2020.06.23
28:45
セリエA
第27節
ジェノア 1 - 4 パルマ
2020.03.08
23:00
セリエA
第26節
ミラン 1 - 2 ジェノア
2020.02.23
20:30
セリエA
第25節
ジェノア 2 - 3 ラツィオ
基本データ

正式名称:ジェノアCFC

原語表記:Genoa Cricket and Football Club s.p.a

愛称:ロッソブル(赤と青)、グリフィン

創立:1893年

ホームタウン:ジェノバ

チームカラー:赤、青

関連ニュース
thumb

ディバラとC・ロナウドが3戦連続アベック弾!ユーベがラツィオとの4ポイント差を維持《セリエA》

ユベントスは6月30日、セリエA第29節でジェノアとのアウェイ戦に臨み、3-1で快勝した。 前節レッチェ戦をC・ロナウドとディバラの2試合連続アベック弾で快勝した首位ユベントス(勝ち点69)は、2位ラツィオとの4ポイント差を維持した中、レッチェ戦のスタメンからマテュイディに代えてダニーロのみを変更し、バルセロナ移籍の決まったピャニッチが先発となった。 残留争いに巻き込まれている17位ジェノア(勝ち点26)に対し、ユベントスは12分にベルナルデスキ、13分にC・ロナウドと立て続けにミドルシュートでGKを強襲していく。 ユベントスが徐々に圧力をかけると、35分にはラビオがヘディングシュートでオンターゲットを記録。しかし、43分のC・ロナウドのシュートも元ユベントスGKペリンにセーブされ、前半はゴールレスで終了した。 それでも迎えた後半、開始5分にユベントスが均衡を破る。決めたのは3試合連続ゴールとなるディバラ。鋭いドリブルでボックス右に侵入し、狙いすましたシュートでゴール左へ蹴り込んだ。 そして56分にはファインゴールが生まれる。中央でボールを受けたC・ロナウドが右足を一閃。強烈な弾丸シュートがゴール右に突き刺さった。 ディバラとC・ロナウドの3戦連続アベック弾でリードを広げたユベントスは、73分に3点目。途中出場のドグラス・コスタがボックス手前右からゴール左へ完璧なコントロールシュートを流し込んだ。 ドグラス・コスタの今季初ゴールも生まれたユベントスは76分にピナモンティのゴールを許すも、3-1で快勝。ディバラとC・ロナウドの3戦連続アベック弾で勝利したユベントスが2位ラツィオとの4ポイント差を維持している。 2020.07.01 06:40 Wed
twitterfacebook
thumb

アタランタ、守護神流出を見据えユベントスGKペリンに関心か

アタランタがユベントスからジェノアにレンタル移籍中のGKマッティア・ペリン(27)に関心を示してるようだ。イタリア『calciostyle』が報じている。 伝えられるところによれば、現在アタランタで守護神を務めているイタリア代表GKピエルルイジ・ゴッリーニには、今夏トッテナムやミランらが関心を示しており、クラブは2500万ユーロ(約30億円)程度で売却する準備を進めている模様。 <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJITjFqVm5NaSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> 守護神の移籍を想定するアタランタは、その後釜としてジャン・ピエロ・ガスペリーニ監督のジェノア時代の教え子であるペリンに白羽の矢を立てたという。今冬に出場機会を求め、ユベントスからジェノアへレンタルされたペリンは、ここまでセリエAで9試合に出場している。 なお、ペリンとユベントスの契約は2022年までとなっており、市場推定移籍金は800万~1000ユーロ(約9億円~12億円)と見込まれている。 2020.05.26 01:30 Tue
twitterfacebook
thumb

パンデフ、今季終了後の引退を示唆「ジェノアを残留に導いてそれから…」

ェノアに所属するマケドニア代表FWゴラン・パンデフ(36)が今季終了後の引退を仄かした。 母国のベラシツァでキャリアをスタートしてから20年余り。インテルやラツィオ、ナポリなどセリエAで活躍を続けてきたパンデフ。2015年からはジェノアに移籍し、ベテランとしてチームを後ろから支えてきたが、今季はリーグ戦22試合7ゴールと、36歳にして加入後ベストパフォーマンスを披露している。 ところが現在チームは17位。降格ラインの18位レッチェとは勝ち点で並んでおり、予断を許さない状況だ。新型コロナウイルスで中断している中、イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』のインタビューで、再開を望むと共に引退についても触れた。 「フットボールは我々の人生だ。早く戻れることを切に願っている」 「みんなに会えるのが待ちきれない。だが優先すべきは健康だ。まだフットボールを考える時間ではない」 「だが、再開できるようになれば、多くの人にとってもポジティブなことだろう」 「僕はジェノアを残留に導き、それから引退したいと考えている。今はこの困難な状況が早く収束することを願っている。満員のスタジアムでジェノアのファンに別れを告げたい」 「このユニフォームに全てを捧げてきた。さよならはみんなに伝えたいんだ」 2020.05.12 21:45 Tue
twitterfacebook
thumb

ブッフォンの後継者と呼ばれながらも…2度のACL断裂のGKペリンが引退を考慮していたことを告白

ジェノアのイタリア代表GKマッティア・ペリンが、自身の過去について振り返った。イタリア『フットボール・イタリア』が伝えた。 ジェノアユース出身のペリンは、2010年にトップチームへ昇格すると、在籍6シーズンで公式戦158試合に出場。しかし、2018年の夏に加入したユベントスでは出場機会が得られず、今季終了までのレンタル移籍でジェノアに加入している。 ジェノア時代の2016年の2017年には、右ヒザと左ヒザの前十字じん帯(ACL)をそれぞれ断裂しており、右肩も手術を受けたことのあるペリンは、故障が原因で引退を考えていたことを、インスタグラムのライブ配信で明かした。 <div style="margin:0 auto; min-width:300px; " id="cws_ad"><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJITjFqVm5NaSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div> 「イタリア代表を目標にできなくなったら、プレーをやめるだろう。僕にとって代表が最も目指すべき場所だから、そこを目指せなくなったらプレーをやめるよ 「自分の中で火が燃えているのを確認できなくなったら、その日でやめるだろうね。正直に言えば、2度のACL断裂と手術の後、いくつかのことを考えなければならなかった」 昨夏には故障が原因でベンフィカ移籍が破談になっていたペリンは、これまで代表通算2試合の出場にとどまっているものの、ロベルト・マンチーニ監督でも継続的にイタリア代表に召集されている。 2020.04.24 21:25 Fri
twitterfacebook
thumb

イブラ4戦ぶり弾も低調ミラン、降格圏ジェノアに痛い敗戦…《セリエA》

ミランは8日、セリエA第26節延期分でジェノアをホームに迎え、1-2で敗れた。 2月22日に行われたフィオレンティーナ戦をレビッチの3戦先発弾があったものの引き分けに終わった7位ミラン(勝ち点36)は、その後のコッパ・イタリア準決勝ユベントス戦が延期となった中、守護神のドンナルンマが負傷欠場となりベゴビッチが代役を務めた。 降格圏に位置する18位ジェノア(勝ち点22)に対し、最前線にイブラヒモビッチ、2列目に右からカスティジェホ、チャルハノール、レビッチと並べる[4-2-3-1]で臨んだミランが立ち上がりから押し込む展開としたものの、7分に先制される。サナブリアにボックス右深くまで侵入されてクロスを入れられると、最後はパンデフに押し込まれた。 その後、19分にサナブリアのミドルシュートでGKベゴビッチを強襲されたミランは、20分に同点のチャンス。イブラヒモビッチのパスをゴールエリア左で受けたチャルハノールがシュートに持ち込むも、GKペリンのセーブに阻まれた。 前半半ば以降もミランが押し込む展開が続いたものの攻めあぐねると、41分に加点されてしまう。右サイドからのビラスキのクロスをニアサイドのシェーネに逸らされると、最後はカッサータに押し込まれた。 2点ビハインドで迎えた後半、引き続きミランがボールを持つ展開で推移したものの、チャンスを作れなかったことで56分に2枚代えを敢行。チャルハノールとレビッチに代えてボナヴェントゥーラとレオンを投入した。 すると77分、ミランが1点を返す。左CKの流れからボナヴェントゥーラのシュートのルーズボールをゴール前のイブラヒモビッチが収め、左足ボレーで蹴り込んだ。 しかし反撃はここまで。終盤にかけてチャンスを作れなかったミランは1-2で敗戦。痛い黒星に終わった。 2020.03.09 01:02 Mon
twitterfacebook

順位表




得点ランキング