ジェノア

今季の成績
順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
13 ジェノア 32 7 11 11 31 41 -10 29
日程
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2021-04-11
22:00
セリエA
第30節
ユベントス vs ジェノア
2021-04-18
19:30
セリエA
第31節
ミラン vs ジェノア

セリエA
第33節
ジェノア vs スペツィア

セリエA
第34節
ラツィオ vs ジェノア

セリエA
第35節
ジェノア vs サッスオーロ
結果
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2021.04.03
22:00
セリエA
第29節
ジェノア 1 - 1 フィオレンティーナ
2021.03.19
28:45
セリエA
第28節
パルマ 1 - 2 ジェノア
2021.03.13
28:45
セリエA
第27節
ジェノア 1 - 1 ウディネーゼ
2021.03.07
20:30
セリエA
第26節
ローマ 1 - 0 ジェノア
2021.03.03
28:45
セリエA
第25節
ジェノア 1 - 1 サンプドリア
基本データ

正式名称:ジェノアCFC

原語表記:Genoa Cricket and Football Club s.p.a

愛称:ロッソブル(赤と青)、グリフィン

創立:1893年

ホームタウン:ジェノバ

チームカラー:赤、青

関連ニュース
thumb

ローマがジェノアにウノゼロで暫定4位浮上! マンチーニ豪快弾で格下相手に2連勝《セリエA》

セリエA第26節、ローマvsジェノアが7日にスタディオ・オリンピコで行われ、ホームのローマが1-0で勝利した。   前節、フィオレンティーナとの接戦を伏兵ディアワラの劇的な終盤のゴールで勝ち切った5位のローマ(勝ち点47)は、13位のジェノア(勝ち点27)を相手に連勝を狙った。中3日での連戦に向けて先発4人を変更。負傷のヴェレトゥ、サスペンションのクンブラに代えてペドロ、スモーリング、ベンチスタートのスピナッツォーラとムヒタリアンに代わってカルスドルプ、エル・シャーラウィが起用された。   立ち上がりから球際のバトルを強調するジェノアに対して、攻撃のリズムを掴み切れないローマだが、スモーリングやマンチーニが制空権を握るセットプレーを軸に相手ゴールを脅かしていく。   以降はペドロ、マジョラルのスペイン人コンビを起点に前線でのダイレクトプレーで揺さぶりをかけ続けるホームチームは20分過ぎにセットプレーからゴールをこじ開ける。24分、右CKの場面でキッカーのペッレグリーニが滞空時間の長いボールを入れると、これをマンチーニが打点の高いヘディングで合わせた。   良い時間帯に先制に成功したローマは直後の27分にもペドロがボックス手前で鋭い仕掛けを見せて強烈な左足のシュートを枠の右隅へ飛ばすが、これはGKマルケッティのビッグセーブに阻まれる。その後は相手の攻撃をスモーリングを中心に撥ね返しながら要所でカウンターを仕掛けたが、エル・シャーラウィやマジョラルがシュートチャンスを生かし切れない。   1点リードで試合を折り返したローマは後半も相手に主導権を譲らず、危なげなく試合をコントロールしていく。60分にはエル・シャーラウィ、ディアワラを下げてムヒタリアンとビジャールを同時投入。   すると、66分にはカウンターから中央を持ち上がったビジャールに決定機。ボックス手前から右足を振り抜くが、このシュートは惜しくも右ポストを掠める。さらに、74分にはボックス右へ抜け出したカルスドルプからの絶妙なグラウンダークロスをペドロがバックヒールで合わせ、左ポストを叩いたこぼれ球をマジョラルがゴールネットへ押し込む。だが、2点目かに思われたこの場面はペドロの抜け出しがわずかながらオフサイドラインを越えており、ゴールは認められず。   その後も再三のカウンターチャンスを決め切れず、試合を殺すことができないローマは、試合終盤の87分に最前線のマジョラルを下げてDFファシオを投入する守備的な交代策でウノゼロでの逃げ切りを図る。   そして、スカマッカ、デストロと古巣相手に恩返し弾を狙う相手アタッカー陣を何とか最後まで封じ切ってこのまま試合をクローズ。追加点を奪えなかったことでやや難しい展開となるも、格下相手にきっちりと勝ち切ってリーグ2連勝。暫定ながら4位に浮上した。 2021.03.07 22:28 Sun
twitterfacebook
thumb

吉田不出場のジェノヴァ・ダービーは譲らずドロー《セリエA》

セリエA第25節、ジェノアvsサンプドリアのジェノヴァ・ダービーが3日に行われ、1-1で引き分けた。サンプドリアのDF吉田麻也はベンチ入りも出場機会はなかった。 前節はアタランタに力負けとなった10位サンプドリア(勝ち点30)と、インテルに力負けとなった13位ジェノア(勝ち点26))によるジェノヴァ・ダービー。 フラットな[4-4-2]で臨んだサンプドリアはクアリアレッラとケイタの2トップで臨み、[3-5-2]で臨んだジェノアはショムロドフとデストロの2トップで臨んだ。 試合は互角の攻防で推移し、互いにシュートチャンスを作らせない膠着状態で進んでいった。 結局、守備意識の高い両チームの意地がぶつかりあった前半はゴールレスで終えた。 迎えた後半、サンプドリアが前がかる入りを見せていたものの、ジェノアが53分に均衡を破る。ザッパコスタがDF2人をかわしてボックス左にうまく侵入。右足でゴール左を射抜いた。 攻め手がなくゴールに迫れないサンプドリアは71分、ガッビアディーニを投入。すると77分、カンドレーバの右CKからトネッリのヘディングシュートが決まり、サンプドリアが同点とした。 終盤にかけては互いに譲らず、今季の1stマッチ同様、譲らず1-1の引き分けに終わった。 2021.03.04 06:54 Thu
twitterfacebook
thumb

ルカクが全3ゴールに絡んだインテル、好調ジェノアに快勝で首位堅守《セリエA》

インテルは2月28日、セリエA第24節でジェノアをホームに迎え、3-0で快勝した。 前節ミランとのダービーを快勝として2位ミランとの勝ち点差を4に広げた首位インテル(勝ち点53)は、出場停止のハキミに代わってダルミアンを起用した以外はベストメンバーで臨んだ。 ここ7試合負けのない好調11位ジェノア(勝ち点26)に対し、インテルは開始34秒に先制する。ラウタロのパスを受けたルカクが持ち上がり、ペナルティアーク右から右足でゴール左へ蹴り込んだ。 あっさり先制したインテルが主導権を握る中、14分にはルカクのポストプレーからボックス右に侵入したダルミアンが決定的なシュートを放っていく。 その後もルカクとラウタロを起点に攻め込むインテルが追加点に迫る中、25、30分と立て続けにルカクがGK強襲のシュートを浴びせた。 ハーフタイムにかけてもラウタロがゴールに迫ったインテルがジェノアを圧倒したまま前半を終えた。 迎えた後半もインテルが押し込む中、ジェノアは62分にストライカーのパンデフとショムロドフを投入。 それでも69分、インテルが追加点を奪う。ルカクがDF4人を引き付けてラストパスを送り、ボックス右のダルミアンがダイレクトでゴール左へシュートを蹴り込んだ。 勝負を決定付けたインテルは77分、直前に投入されていたサンチェスがルカクのボレーシュートのルーズボールに詰めてネットを揺らすと、一度はオフサイド判定とされたものの、VARの末にゴールが認められた、 ルカクが全3ゴールに絡んだインテルが快勝とし、首位の座を堅守している。 2021.03.01 00:56 Mon
twitterfacebook
thumb

ジェノア退団の元デンマーク代表MFシェーネ、古巣ヘーレンフェーンと契約

ヘーレンフェーンは12日、元デンマーク代表MFラッセ・シェーネ(34)と今季終了までの契約を結んだことを発表した。 デンマーク代表として50試合の出場歴を持つシェーネは、先月7日にジェノアを退団していた。 ヘーレンフェーンの下部組織出身であるシェーネは、デ・フラーフスハップ、NECとオランダで実績を上げると、2012年夏にアヤックスへ移籍。アヤックスでは公式戦286試合に出場して64ゴール52アシストを記録。直接FKを武器に活躍し、2018-19シーズンのチャンピオンズリーグ準決勝進出に貢献していた。 2019年夏に移籍したジェノアでは昨季、セリエAで32試合に出場して2ゴール3アシストと主力として活躍したものの、今季はロランド・マラン前監督の構想外となり、出場機会がない状況だった。 2021.02.12 23:00 Fri
twitterfacebook
thumb

クリバリ不在のナポリ、パンデフの恩返し弾2発に沈んで好調ジェノアに敗戦《セリエA》

ナポリは6日、セリエA第21節でジェノアとのアウェイ戦に臨み、1-2で敗れた。 前節パルマに快勝とした5位ナポリ(勝ち点37/1試合未消化)は、3日前に行われたコッパ・イタリア準決勝ではアタランタ相手にアウェイゴールを与えず0-0で引き分けた。そのアタランタ戦のスタメンから4選手を変更。コロナ陽性となったクリバリが欠場となった中、インシーニェやバカヨコがベンチスタートとなってペターニャやジエリンスキがスタメンとなった。 バッラルディーニ監督就任後、7戦で4勝を挙げている好調の14位ジェノア(勝ち点21)に対し、[4-3-3]で臨んだナポリは3トップに右からポリターノ、ペターニャ、ロサーノと並べた。 そのナポリは開始3分にジエリンスキのミドルシュートでゴールに迫る良い入りを見せるも、11分に先制される。マクシモビッチの自陣でのボールロストからバデリのラストパスを受けたパンデフにゴールを決められた。 失点したナポリが引き続き押し込む展開とした中、18分にロサーノがミドルシュートでGKを強襲。さらに24分、左サイドからのFKをペターニャがヘディングで合わせたシュートがバーに直撃した。 決めきれずにいたナポリは26分、まさかの2失点目。ザイツの縦パスを受けたボックス中央のパンデフにこの試合2点目を決められた。 古巣対戦となるパンデフのドッピエッタでリードを広げられたナポリは、43分にはマリオ・ルイが際どいミドルシュートを放ったものの、2点ビハインドのままハーフタイムに入った。 迎えた後半、押し込みながらも攻めあぐねたナポリは、54分に2選手を交代。ジエリンスキとペターニャに代えてインシーニェとオシムヘンを投入した。 すると63分にはボックス右深くまでえぐったディ・ロレンツォのクロスにオシムヘンが合わせる決定機を演出するも、枠を捉えられない。 さらに78分、ロサーノの右クロスに合わせたインシーニェのボレーが右ポストに直撃したナポリは、1分後に1点を返す。ショートコーナーの流れからボックス右のポリターノがルーズボールを拾いシュートを蹴り込んだ。 しかし反撃はここまで。パンデフの恩返し弾2発に沈んだナポリが痛い黒星を喫している。 2021.02.07 06:37 Sun
twitterfacebook

順位表

得点ランキング