バジャドリー

今季の成績
順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
16 バジャドリー 34 8 10 16 29 48 -19 34
日程
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2019-04-27
23:15
リーガエスパニョーラ
第35節
アトレティコ・マドリー vs バジャドリー
2019-05-05
25:30
リーガエスパニョーラ
第36節
バジャドリー vs アスレティック・ビルバオ
2019-05-12
23:00
リーガエスパニョーラ
第37節
ラージョ・バジェカーノ vs バジャドリー
2019-05-19
23:00
リーガエスパニョーラ
第38節
バジャドリー vs バレンシア
結果
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2019.04.23
27:30
リーガエスパニョーラ
第34節
バジャドリー 1 - 0 ジローナ
2019.04.19
28:00
リーガエスパニョーラ
第33節
アラベス 2 - 2 バジャドリー
2019.04.14
19:00
リーガエスパニョーラ
第32節
バジャドリー 2 - 2 ヘタフェ
2019.04.07
23:15
リーガエスパニョーラ
第31節
バジャドリー 0 - 2 セビージャ
2019.04.04
27:30
リーガエスパニョーラ
第30節
レガネス 1 - 0 バジャドリー
基本データ

正式名称:レアル・バジャドリー

原語表記:Real Valladolid

創立:1928年

ホームタウン:バジャドリー

チームカラー:紫

関連ニュース
thumb

CL目指すアラベス、2点リードを追いつかれドロー…乾は負傷交代《リーガエスパニョーラ》

乾貴士が所属するアラベスは19日、リーガエスパニョーラ第33節でバジャドリーと対戦し、2-2で引き分けた。乾は59分までプレーした。 チャンピオンズリーグ出場圏内も狙える8位のアラベス(勝ち点45)と、降格圏の18位に沈むバジャドリー(勝ち点31)が激突。 リーグ戦ここ4試合白星から遠ざかっているアラベスは、前節のエスパニョール戦からスタメンを5人変更。乾は4試合連続先発出場となった。 試合は予想外の入りを見せた。4分、バジャドリーの選手が最終ラインからGKに一旦下げた場面。GKジョエル・ロドリゲスは余裕を持ち過ぎたのか、ボールを蹴る頃にはグイデッティに詰め寄られ、スライディングした足に当たってそのままゴールイン。アラベスも予想だにしなかった形で先制点を奪った。 アラベスはさらに加点する。24分、敵陣右サイドでFKを得ると、キッカーのジョニーが左足で上げたクロスがそのままゴールに吸い込まれた。 再び意外な形で得点したアラベスだったが38分、自陣左サイドでFKを与えると、オスカル・プラノのクロスをホアキン・フェルナンデスに合わせられ失点。42分にはグアルディオラにボックス左を攻め込まれるが、シュートはGKパチェコが何とか防いだ。さらに44分には、味方の負傷で前半から途中出場しているミチェルにヘディングシュートを許すが、ここもGKパチェコがビッグセーブを見せた。 なんとかリードを保ったまま後半を迎えたアラベス。互角の戦いを続ける中、59分に乾が足を痛めて負傷交代。代わりにロランが投入された。 その後は互いにあまりチャンスは作れず。65分にアラベスはカジェリがボックス左の至近距離からシュートを打ったが、難しい角度だったため枠に飛ばすことが出来なかった。 徐々に運動量が落ちてきたアラベス。残留を目指すバジャドリーは底を見逃さなかった。76分、バジャドリーは左サイドから上がったクロスを頭で繋げると、ボックス左でグアルディオラがアラベスDFエリーと上手く入れ替わってゴールへ。ここを後ろから追ったエリーが倒してしまい、PKを献上。ウナルに決められ、アラベスは2点差から追いつかれてしまった。 終盤には互いにゴールに近づいたが、スコアは動くことなく試合終了。アラベスはこれでリーグ戦5試合未勝利となった。 2019.04.20 06:00 Sat
twitterfacebook
thumb

10人ヘタフェが土壇場PK弾でドローに持ち込む! 柴崎は10戦ぶりベンチ入りも出場機会なし《リーガエスパニョーラ》

リーガエスパニョーラ第32節、バジャドリーvsヘタフェが14日に行われ、2-2のドローに終わった。なお、ヘタフェのMF柴崎岳は10試合ぶりのベンチ入りを果たすも出場機会は訪れなかった。 前節、アスレティック・ビルバオに競り勝って4試合ぶりの白星を手にしたヘタフェは4位の座を死守。連勝を目指す今節は残留圏内ギリギリの17位に位置するバジャドリーとのアウェイゲームに臨んだ。 立ち上がりから押し気味に試合を進めたヘタフェは14分、ボックス手前中央で得たFKの場面でキッカーのダミアン・スアレスがサインプレーで右に位置を取ったアランバッリに横パス。これをアランバッリが豪快な右足のシュートで蹴り込むと、強烈なシュートがゴール左隅に突き刺さった。 幸先良く先制に成功したヘタフェは相手を自陣に引き込みながら得意のロングカウンターで追加点を目指す。しかし、30分には左サイドのナチョからの斜めのフィードに抜け出したグアルディオラにシュートを流し込まれ、同点に追い付かれてしまう。さらに36分にはスプリントした際にバランスを崩して芝に右ヒザを取られたアントゥネスがプレー続行不可能となり、担架に乗せられてピッチを後に。これを受けてウーゴ・ドゥロが緊急投入された。 追いつかれたうえに主力の負傷交代という嫌な流れを引きずって後半に臨んだヘタフェは、まずまずの入りを見せたものの、完全にツキに見放される 62分、前半に1枚カードをもらっていたマティアス・オリベラが接触プレーで2枚目のカードをもらい退場処分となる。さらに69分には自陣ボックス内でアランバッリのクリアがジェネのヒジ付近に当たってしまい、不運な形からPKを献上。これをキッカーのウナルに決められてしまい、逆転ゴールを許す。 ここから10人でゴールを目指すことになったヘタフェはリスクを冒して前に出るが、75分には自分たちのセットプレーの流れからロングカウンターを浴びてワルドに決定的な3点目を献上。だが、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)によるリプレーの結果、ラストパスが出た場面でオフサイドがあったとしてゴールは取り消しに。 命拾いしたヘタフェだが、その後も相手に押し込まれて耐える状況が続きなかなか攻撃に出ることができない。しかし、このまま敗戦かに思われた試合最終盤に大きなドラマが待っていた。94分、右CKの場面でボックス内で混戦が生まれると、ウーゴ・ドゥロがオスカル・プラノと交錯。VARによる検証の結果、バジャドリー守備側のアフターチャージと判断され土壇場でヘタフェにPKが与えられる。 この重圧がかかるPKをホルヘ・モリーナが冷静に決め切って試合は2-2でタイムアップ。この結果、前日に勝利したセビージャに4位の座を明け渡すことになったヘタフェだが、数的不利から土壇場で得た勝ち点1は今後のトップ4争いで劇的なドラマを生むかもしれない。 2019.04.14 21:45 Sun
twitterfacebook
thumb

マドリーが公式戦連敗を「3」でストップ! 乏しい内容もベンゼマの3ゴールに絡む活躍でバジャドリー撃破《リーガエスパニョーラ》

リーガエスパニョーラ第27節、バジャドリーvsレアル・マドリーが10日にホセ・ソリージャで行われ、アウェイのマドリーが4-1で勝利した。 バルセロナ相手のクラシコ連敗に加え、直近のチャンピオンズリーグ(CL)のアヤックス戦ではサンティアゴ・ベルナベウでの1-4という屈辱的な大敗でCL4連覇の夢が絶たれたマドリー。ソラーリ監督の更迭が濃厚となった中、リーガ3位以内キープを新たな目標とする傷だらけのエル・ブランコは、16位のバジャドリーとのアウェイゲームで公式戦連敗ストップを目指した。 ヴィニシウス、ルーカス・バスケス、カルバハルと3人の主力が長期離脱を強いられた中、ソラーリ監督はその代役にオドリオソラ、アセンシオ、ダニ・セバージョスを起用した。 ここ最近の不振を引きずるような覇気のないプレーぶりが目立つマドリーは、12分にいきなりピンチを招く。裏へ抜け出したオスカル・プラノをDFオドリオソラがボックス内で後方から倒してしまい、痛恨のPKを献上。だが、ここはキッカーのアルカラスがクロスバーの大きく上に外す信じ難いミスに助けられる。 この幸運を反撃に繋げられないアウェイチームは、15分にも左サイドを崩されてケコの鋭いクロスをファーサイドのグアルディオラにワンタッチで流し込まれるが、ここはビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)による検証の結果、オフサイドの判定に。直後の18分には相手セットプレーからグアルディオラにヘディングでネットを揺らされるが、これもオフサイドの判定に救われる。 相手のミスとVARに救われて何とか均衡を保つマドリーだったが、さすがに4度目のピンチは逃れられない。29分、右サイドからのアーリークロスをファーサイドのグアルディオラがスライディングで中に折り返すと、これをゴール前のアヌアルがワンタッチで流し込んだ。 立ち上がりからの出来を考えれば、当然のような失点でビハインドを負ったマドリーだったが、相手のミスを生かしてすぐさま追いつく。34分、クロースの右CKの流れからルーズボールをナチョと競ったGKマシプがクリアし損ねると、これをヴァランが冷静に押し込んだ。これで振り出しに戻った試合は一進一退の攻防を見せるが、アヌアル、カゼミロの際どい枠内シュートはいずれも両守護神のセーブに遭い、前半は1-1で終了した。 迎えた後半もホームのバジャドリーが押し込む入りを見せた中、試合を通して守備の穴となっていたオドリオソラが意地を見せる。51分、ボックス内に抜け出すとオスカル・プラノに足をかけられてPKを獲得。これをキッカーのベンゼマが冷静に決め切って逆転に成功した。 この逆転ゴールでようやく落ち着きを取り戻したマドリーは直後の57分にもセバージョスのボレーシュートでゴールに迫ると、59分にはクロースの滞空時間の長い左CKをベンゼマが頭で合わせ、ドブレーテを記録した。 その後、クロースに代えてバルベルデを投入するなど逃げ切り態勢に入ったアウェイチームだったが、80分に2枚目の警告を受けたカゼミロが退場処分となるアクシデントが発生。後半もバタバタした印象を拭えないが、85分には左サイドでのベンゼマとの連係からボックス内に侵入したモドリッチが冷静なフィニッシュで4点目を奪取。そして、ベンゼマ、レギロンに代えてバジェホ、マルセロの2枚替えで今度こそ試合をクローズ。 乏しい内容ながらもベンゼマの3ゴールに絡む活躍などによって4-1で勝ち切ったマドリーが公式戦の連敗を「3」でストップ。ひとまず仕切り直しに成功した。 2019.03.11 06:43 Mon
twitterfacebook
thumb

バジャドリーに辛勝のバルセロナ、ピケがリヨン戦に向け警鐘「改善しなければまずい」

16日のリーガ・エスパニョーラ第24節、バルセロナは本拠地カンプ・ノウでのバジャドリー戦を1&minus;0の勝利で終えた。DFジェラール・ピケは試合後、チームのパフォーマンスを改善する必要性を説いている。<br><br>FWリオネル・メッシのPKによって、リーガでは3試合ぶりとなる勝利を果たしたバルセロナだが、3バックを敷いたバジャドリーの守備を崩し切るのに苦労し、決定機を迎えても決め切れないなど盤石の勝利とは言い難かった。<br><br>ピケは19日のチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦、敵地でのリヨン戦を控える状況で自チームに警鐘を鳴らしている。スペイン『バルサTV』とのインタビューで、次のように語った。<br><br>「僕たちは良いプレーを見せられなかった。まったくもって、素晴らしい試合にはならなかったね。良い感覚ではないし、改善が必要だ。火曜の試合に向けて改善できなければ、まずいことになる。僕たちは僕たちが求めているバルサではなかった」<br><br>「チャンスを生かし切れなければ、僕たちは弱いチームとなる。今回の試合までには1週間の猶予があったが、望んでいたような感覚は手にできなかった。監督にプレー内容に問題があるのかと問われれば、そうだと答えるよ」<br><br>なおピケにとってこの試合は、バルセロナの選手として臨んだリーガ通算300試合目だった。<br><br><br>提供:goal.com 2019.02.17 21:30 Sun
twitterfacebook
thumb

バルベルデ監督、PK失敗のメッシに「まったく心配していない」

バルセロナは16日、ラ・リーガ第24節でバジャドリーに1-0で勝利。試合後、エルネスト・バルベルデ監督はPKに失敗したリオネル・メッシについて言及した。<br><br>試合は42分にペナルティーエリア内でジェラール・ピケが倒され、バルセロナがPKを獲得。これをメッシが落ち着いて決め、今季の公式戦30点目をマークした。<br><br>さらに84分には、フィリペ・コウチーニョがペナルティーエリア内で倒され、この試合2回目のPKの判定に。しかし、メッシが放ったシュートはバジャドリーGKジョルディ・マシップにセーブされ追加点とはならず。このまま試合は終了しバルセロナが1-0でバジャドリーを下した。試合後、メッシがPKを蹴ることに不安はないかと尋ねられたバルベルデ監督は、以下のように答えている。<br><br>「いや、まったく心配していないよ。2つのPKどちらも得点すると確信していたさ。レオに蹴らせることが安全だと思っているよ。でも、もっと多くのゴール決めていたかもしれないね」<br><br>「前半は、攻撃の流動性がほとんどなく、ボールも早いスピードで回すことができなかった。相手はシステムを変えて来て、我々は素早く順応することができなかったね。相手のキーパーはよくやっていたと思うよ。とはいえ、こういうゲームでも勝つことはある。次のリヨンとの一戦は、新たなチャレンジになるだろう。チームを最善の状態に戻して、次の試合に備えるよ」<br><br>バルセロナは19日に、チャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦でリヨンとアウェイで対戦する。<br><br><br>提供:goal.com 2019.02.17 20:35 Sun
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

順位表

@ultrasoccerjp

得点ランキング