バジャドリー

今季の成績
順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
13 バジャドリー 42 9 15 14 32 43 -11 38
結果
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2020.07.19
25:30
ラ・リーガ
第38節
バジャドリー 2 - 0 レアル・ベティス
2020.07.16
25:30
ラ・リーガ
第37節
エイバル 3 - 1 バジャドリー
2020.07.11
26:30
ラ・リーガ
第36節
バジャドリー 0 - 1 バルセロナ
2020.07.07
26:30
ラ・リーガ
第35節
バレンシア 2 - 1 バジャドリー
2020.07.04
26:30
ラ・リーガ
第34節
バジャドリー 1 - 0 アラベス
基本データ

正式名称:レアル・バジャドリー

原語表記:Real Valladolid

創立:1928年

ホームタウン:バジャドリー

チームカラー:紫

関連ニュース
thumb

バジャドリーがヘタフェのDFラウール・カルネロを買い取り

レアル・バジャドリーは28日、ヘタフェからレンタル移籍中のスペイン人DFラウール・カルネロ(31)の買い取りを発表した。契約期間は2023年6月30日までとなる。 カルネロは、デポルティボ・ラ・コルーニャの下部組織で育ち、これまでアルメリアやアラベス、レガネス、ジローナでプレー。2019年7月にヘタフェへ完全移籍すると、今年1月からバジャドリーへレンタル移籍していた。 今シーズンはヘタフェの一員として、ラ・リーガで4試合、ヨーロッパリーグで4試合に出場し2アシストを記録。移籍後のバジャドリーでは、ラ・リーガで12試合に出場し1アシストを記録していた。 2020.07.29 10:15 Wed
twitterfacebook
thumb

エイバルで乾と同僚のチリ代表MFオレジャナがバジャドリーへ完全移籍

レアル・バジャドリーは20日、エイバルのチリ代表MFファビアン・オレジャナ(34)が完全移籍で加入することを発表した。フリートランスファーでの加入となり、2022年6月までの2年契約を結ぶという。 オレジャナは、ウディネーゼやシェレス、グラナダ、せるた、バレンシアでプレー。2018年1月にバレンシアからのレンタル移籍でエイバルに加入すると、2018年7月には完全移籍。今シーズンで契約が満了を迎えるオレジャナは、6月30日をもってシーズン終了前に退団していた。 <div id="cws_ad">◆抜け目なし!乾貴士の今シーズン2ゴール目!<br/><script src="//player.daznservices.com/player.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=1937nm5hsmf4k1003qi9imy9bu" async></script></div> エイバルでは、公式戦81試合に出場し14ゴール17アシストを記録。今シーズンはラ・リーガで29試合に出場し8ゴール7アシストを記録していた。 なお、ラ・リーガ通算では258試合に出場し36ゴール43アシストを記録している。 2020.07.20 19:45 Mon
twitterfacebook
thumb

乾が今季2ゴール目! エイバルが2連勝で最終節へ《ラ・リーガ》

エイバルは16日、ラ・リーガ第37節でバジャドリーをホームに迎え、3-1で勝利した。エイバルのMF乾貴士は65分までプレーしている。 前節エスパニョールを下して残留を決めた15位エイバル(勝ち点39)は、乾が2試合連続で先発となった。 同勝ち点で並ぶ14位バジャドリーに対し、乾を[4-2-3-1]のトップ下に据えたエイバルは、一進一退の序盤を経て21分に先制する。左CKからビガスのヘディングシュートが決まった。 さらに28分、相手のミスを突いて加点する。決めたのは乾。フェデのGKへのバックパスを乾がカットし、無人のゴールに蹴り込んだ。 乾の今季2ゴール目でリードを広げたエイバルは38分にペドロ・レオンのヘディングシュートがバーを直撃。2-0で前半を終えた。 迎えた後半も主導権を握るエイバルは64分、テヘロが際どいミドルシュートを浴びせて3点目に迫った中、直後に乾をお役御免とする。 その後、PKにより失点を喫したエイバルは、終盤のバジャドリーの攻勢を凌ぐと、追加タイムにPKを獲得。これをデ・ブラシスが決め、3-1で勝利。2連勝で3日後に行われる最終節ビジャレアル戦を迎えることになった。 2020.07.17 03:25 Fri
twitterfacebook
thumb

ビダル弾で辛勝のバルサが今節でのレアル・マドリーの優勝を阻止《ラ・リーガ》

バルセロナは11日、ラ・リーガ第36節でバジャドリーとのアウェイ戦に臨み、1-0で辛勝した。 前節エスパニョールとのダービーを10人同士の戦いとなった中で制し、首位レアル・マドリーを4ポイント差で追う2位バルセロナ(勝ち点76)は、引き分けでもレアル・マドリーの今節での優勝が決まる可能性がある中、スアレスをベンチスタートとし、メッシとグリーズマンの2トップで臨んだ。 14位バジャドリー(勝ち点39)に対し、フラットな[4-4-2]で臨んだバルセロナが攻勢をかける入りとなると、15分に先制する。メッシのラストパスを受けたビダルがボックス右から対角線にシュートを突き刺した。 さらに24分、ブスケッツのスルーパスからボックス右のN・セメドがGK強襲のシュートを放つと、42分にはメッシのミドルシュートでゴールに迫るも、前半を1点のリードで終えた。 後半からグリーズマンに代えてスアレスを投入したバルセロナは、60分にピンチ。FKからウナルのヘディングシュートが枠に飛んだが、GKテア・シュテーゲンが好守で凌いだ。 72分にはスアレスがボックス内で相手DFに倒されるも、ノーファウルの判定に。終盤にかけてはクローズな試合展開に持ち込み、1-0でシャットアウト勝利としたバルセロナが今節でのレアル・マドリーの優勝を阻止している。 2020.07.12 04:28 Sun
twitterfacebook
thumb

セティエン監督、CLドロー結果に言及も優先はバジャドリー、ナポリとの戦い

バルセロナを率いるキケ・セティエン監督が、11日に行われるバジャドリー戦に向けた公式会見に出席した。『ESPN』が会見コメントを伝えている。 前節、互いに退場者1人ずつを出したエスパニョールとのバルセロナ・ダービーを1-0で制し、連勝を飾った2位のバルセロナ(勝ち点76)。しかし、2日後に行われたアラベス戦で首位のレアル・マドリー(勝ち点80)が8連勝を飾っており、ポイント差は「4」のまま変わらず。 そして、11日に行われるラ・リーガ第36節のバジャドリー戦でバルセロナが引き分け以下に終わった場合、残り2節を残してマドリーの優勝が決定する可能性が出てきている。 そういった状況の中、10日に行われた公式会見に出席したセティエン監督は勝ち点3必須の一戦に向けた意気込みを語っている。 「リーグ優勝への望みを繋ぐためにはバジャドリー戦での勝利が必須だ。マドリーが躓く可能性? フットボールではすべてが起こり得る。我々はこれまでもそういった不可解な出来事を見てきた。だが、我々がすべきことはバジャドリー戦に焦点を当てることだ」 「もちろん、我々にはライバルの失敗が必要なことを理解している。しかし、まずは自分たちのことだけに集中すべきだ。私は常に個々の試合に最大限の力を注いできたし、プレーヤーたちにも最善を求めている」 また、今回の会見前にはチャンピオンズリーグ(CL)の準々決勝&準決勝の組み合わせ抽選会が実施された。そして、ナポリとのCLラウンド16の2ndレグを残すバルセロナは、仮にナポリを破った場合、ベスト8でチェルシーとバイエルンの勝者と対戦することが決定した。 その抽選結果について質問を受けたセティエン監督だが、「ナポリに勝たないと意味がない」と、カンプ・ノウで戦うことが決定したナポリとの2ndレグに集中すべきだと主張している。 「抽選結果にはあまり期待していなかった。ナポリ戦に集中しなければならないからだ。ナポリに勝たないと意味がない」 「我々がホームで2ndレグを戦えることは公平なことだと思う。それからドローの結果を知り、対戦相手を分析していくことは良いことだが、前提はナポリとの戦いにある」 「現時点でチャンピオンズリーグがより難しい戦いだとは考えていない。まずは残りの3つのリーグ戦で勝利することを考え、それからナポリ戦を考えるつもりだ」 2020.07.11 18:45 Sat
twitterfacebook

順位表




得点ランキング