ゼニト

今季の成績
順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
1 ゼニト 16 5 1 0 17 5 12 6
基本データ

正式名称:FCゼニト・サンクトペテルブルク

原語表記:F.C.Zenit Sankt Peterburg

愛称:Blue White Sky Blues

創立:1925年

ホームタウン:サンクトペテルブルク

チームカラー:紺

関連ニュース
thumb

イバノビッチがプレミアリーグ復帰!昇格組のWBAに加入

WBAは15日、ゼニトを退団していた元セルビア代表DFブラニスラフ・イバノビッチ(36)の獲得を発表した。契約期間は2021年6月までの1年間となっている。 イバノビッチは2017年2月に退団するまでチェルシーで9年間プレー。その間、チャンピオンズリーグとヨーロッパリーグをそれぞれ1度制し、2度のプレミアリーグ優勝、2度のFAカップ優勝、1度のリーグカップ優勝と栄光を手にした。 そのイバノビッチはプレミアリーグ復帰について「世界最高のリーグで、自分にとって挑戦となる。準備はできているし、復帰できて本当に良かった」とコメントした。 主将を務めたゼニトでは在籍3年半で2度のロシア・プレミアリーグ制覇とカップ戦優勝に導いたイバノビッチは、3年半ぶりとなるプレミアリーグで昇格組であるWBAの最低限の目標である残留をまずは目指すことになる。 2020.09.16 01:30 Wed
twitterfacebook
thumb

イバノビッチがプレミア復帰迫る WBA指揮官「素晴らしい契約に」

元セルビア代表DFブラニスラフ・イバノビッチ(36)がプレミアリーグ復帰を果たしそうだ。 イバノビッチは2017年2月に9年間を過ごしたチェルシーを去り、ゼニト加入。そのゼニトでも在籍3年半で2度のロシア・プレミアリーグ制覇やカップ戦優勝を経験したほか、主将も努めたが、昨季限りに契約切れで退団した。 そんなイバノビッチを巡っては母国の強豪ツルヴェナ・ズヴェズダやエバートンの関心も一時取り沙汰されたが、3季ぶりのプレミアリーグ参戦となる昇格組のWBAが新天地になりそうだ。 WBAのスラベン・ビリッチ監督が13日にホームで行われるプレミアリーグ開幕節のレスター・シティ戦に先駆けた会見で、イバノビッチの獲得が間近のところまで来ている状況を認めた。 「非常に近い。数時間のうちに完了することを願っている。プレミアリーグ昇格を果たしたばかりの我々にとって、すべての条件を満たす彼は素晴らしい新戦力だ」 「彼がキャリアを通じて成し遂げてきた数々は素晴らしいものだ。我々としても喜ばしい。彼のクオリティとともに、彼の経験がピッチ内外にも還元されるはずだ」 「だから、彼だけじゃなく、彼の周り、チーム全体にも影響をもたらしてくれるだろう。だからこそ、主要ターゲットの1人に彼を定めた。我々にとって、素晴らしい契約になる」 なお、イバノビッチは1年契約でのWBA入りになる見込み。すでに加入に向け、WBAのトレーニング施設でメディカルチェックを受けた模様だ。 2020.09.12 13:45 Sat
twitterfacebook
thumb

完璧なヘディング!闘将ロブレンが新天地ロシアで決めたゼニト初ゴール【ファースト・ゴールズ】

どれだけゴールを重ねている名選手でも、初めてのゴールは印象深いはず。今回の企画『FIRST GOALS』では、選手たちが各クラブで初めて決めたゴールを紹介していく。 今回はクロアチア代表DFデヤン・ロブレンがゼニトで決めた最初のゴールだ。 <div id="cws_ad">◆ロブレンが決めた新天地ロシアでの初ゴール<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJYbWdaVTVWUCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 名門ディナモ・ザグレブでプロデビューを飾ったロブレンは、リヨンやサウサンプトンでの活躍を買われ、2014年夏にリバプールに加入。公式戦185試合に出場し、チャンピオンズリーグ(CL)やプレミアリーグの優勝に貢献し、2020年夏にゼニトへ移籍している。 闘志溢れるプレーが特徴のロブレンだが、2020年8月15日に行われた、ロシア・プレミアリーグ第2節のFCロストフ戦では、早速ゼニト初ゴールを記録している。 1-0とゼニトリードで迎えた87分、左サイドのコーナーフラッグ付近からのFKにロブレンが頭で合わせる。アウトスイングのボールに対し、後ろにジャンプしながらの難しいヘディングシュートだったが、しっかりとボールにミートさせ、ゴール左上の完璧なコースに押し込んだ。 試合を決定付ける2点目を奪ったゼニトが、そのまま2-0で勝利している。 2020.09.06 15:00 Sun
twitterfacebook
thumb

ユーベ退団濃厚のケディラ、ゼニトが関心か

ユベントスを退団すると見られている元ドイツ代表MFサミ・ケディラ(33)にゼニトが関心を寄せているようだ。移籍市場に精通するイタリア人ャーナリストのニコロ・シーラ氏が伝えている。 来シーズンからの新監督に就任したアンドレア・ピルロ氏は手始めに余剰戦力の整理に着手している。元アルゼンチン代表FWゴンサロ・イグアインに並んで、2015年の加入以降、セリエA連覇や3度のコッパ・イタリア優勝に貢献してきたケディラも放出候補に挙げられているようだ。 契約は2021年まで残っているものの、今夏に契約を解消する可能性が高く、フリーでの移籍となる。そこにゼニトは目をつけたようだ。 一方ではウェストハムからの関心も伝えられている。しかし、移籍金はかからないにせよ、週給14万5000ユーロ(約1800万円)は両クラブにとって大きな障害となりそうだ。 2020.09.04 15:56 Fri
twitterfacebook
thumb

ロブレンがPL優勝時の規律違反明かす! 宿泊先抜け出しアンフィールドで大騒ぎのファンを見に行く…

クロアチア代表DFデヤン・ロブレンが、リバプールのプレミアリーグ優勝時の規律違反を告白した。 2014年にサウサンプトンからリバプールに加入したロブレンは、在籍6年間で公式戦185試合に出場するなど、最終ラインの準主力として活躍。だが、今シーズンのプレミアリーグ終了に伴い、先月27日にロシアの強豪ゼニトへ完全移籍で旅立った。 そのロブレンは、ロシア『sport24』のロングインタビューに応じた際、前所属先リバプールでの規律違反を告白した。 その規律違反というのは、プレミアリーグの優勝決定後にチームが滞在していたホテルを無断で抜け出し、本拠地アンフィールド付近で盛大な優勝祝いを行っていたファンを見に行くというものだった。 リバプールは6月25日に行われたプレミアリーグ第31節、チェルシーvsマンチェスター・シティで2位のシティが1-2で敗れたことで、30年ぶりのリーグ制覇が決定。 その一戦を滞在していたチームホテルで観戦していたリバプールの面々は深夜0時ごろまで、ささやかなパーティーを開いていたという。しかし、その後もリーグ戦が残っていることもあり、多くの選手はそのまま眠りに付くことになった。 しかし、悲願のリーグ制覇に大興奮のロブレンは、恐らく今季限りでの退団を決意していたこともあり、コロナ禍で集会が禁止されていたにも関わらず、本拠地アンフィールド周辺で大騒ぎしているファンを一目見るためにホテルを抜け出す違反行為を犯した。 「僕は誰も知らないようなことをした。知っているのは君(インタビュアー)が初めてだよ」 「(チェルシーvsシティの)試合が終わった後、多くのファンがスタジアム(アンフィールド)に向かい、大きなパーティーになっていたんだ」 「その際にクラブからは、『問題が起きるからスタジアムには行くな。安全を確保できない』って言われていたんだ」 「だけど、チームのパーティーが終わりかけていた中、自分自身に対して、『まだ、夜中だし寝るには早い。めったにない体験をするため、車でアンフィールドに行こうじゃないか』って語りかけたよ」 「自分で運転してスタジアムに向かい、ちゃんとマスクを付けてビデオを撮っていたんだ。やっぱり何千人もの人たちが優勝を祝っている姿は壮観だし、ただそのエモーショナルな雰囲気を味わいたかっただけなんだ。スタジアムは空っぽだし、良い形でのお祝いは不可能だったからね」 「僕にはそれを経験する必要があったし、素晴らしい経験ができて幸せだったよ」 また、現場でファンたちにバレることはなかったのかとの質問に対しては、「携帯を見るためにマスクを下したときに、数人にバレたかもしれないね。ちょっとの間だったけど、4人ぐらいが僕のことをじっと見ていた。だけど、本当に良い経験だったよ」と、返答している。 さらに、スペイン人GKアドリアンにその事実を伝えたところ、最初は信じてくれなかったものの、証拠のビデオを送ったところ相当に驚かれたことを明かしている。 「僕は一人だけで行ったよ。他には誰もいなかった。アドリアンには計画を伝えたんだけど、『まさか行くわけないだろ。冗談だろ』って言われたよ」 「その後、実際に行ってきて彼に幾つかのビデオを送ったら、『そんなチャンスなかったはずだろ』ってめちゃくちゃ驚いていたよ」 コロナ禍でなければ、茶目っ気のある微笑ましい話で終わっていたが、仮にロブレンが現場で感染し、チームに蔓延するようなことになっていれば、大問題になっていたはずだ。 それだけに告白のタイミングとしてはやや時期尚早だったか…。 2020.08.19 17:30 Wed
twitterfacebook

順位表




得点ランキング