バレンシア

今季の成績
順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
14 バレンシア 27 6 9 10 30 35 -5 25
日程
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2021-03-05
29:00
ラ・リーガ
第26節
バレンシア vs ビジャレアル
2021-03-12
29:00
ラ・リーガ
第27節
レバンテ vs バレンシア
2021-03-21
24:15
ラ・リーガ
第28節
バレンシア vs グラナダ

ラ・リーガ
第30節
バレンシア vs レアル・ソシエダ

ラ・リーガ
第31節
オサスナ vs バレンシア
結果
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2021.02.27
29:00
ラ・リーガ
第25節
ヘタフェ 3 - 0 バレンシア
2021.02.20
26:30
ラ・リーガ
第24節
バレンシア 2 - 0 セルタ
2021.02.14
24:15
ラ・リーガ
第23節
レアル・マドリー 2 - 0 バレンシア
2021.02.07
24:15
ラ・リーガ
第22節
アスレティック・ビルバオ 1 - 1 バレンシア
2021.01.30
26:30
ラ・リーガ
第21節
バレンシア 1 - 0 エルチェ
基本データ

正式名称:バレンシアCF

原語表記:Valencia Club de Futbol

愛称:チェス、ロス・プロス、ヤギ

創立:1919年

ホームタウン:バレンシア

チームカラー:白・オレンジ

関連ニュース
thumb

ジョホール王国王子がバレンシア買収を検討か「バレンシアにはサッカーを愛する人物が必要」

マレーシア南部に位置するジョホール州、ジョホール王国のトゥンク・イスマイル皇太子がバレンシア買収を計画しているようだ。 現在は2014年5月にクラブを買収したシンガポール人実業家のピーター・リム氏がオーナーを務めるバレンシア。2019年9月に解任されたマルセリーノ・ガルシア監督と軋轢があったとされる人物だ。 トゥンク・イスマイル王子はリム氏と友人で、現在はジョホール・ダルル・タクジムのオーナーを務め、2014年から1部リーグ7連覇の実績を持つ。数年前からバレンシア買収の噂があったが、この度インスタグラムのストーリーで、その意向を明らかにした。 「私は王子であり実業家ではない。目的はお金ではなく、栄光と歴史を作ること。クラブのロゴや伝統を変えることなどしない」 「私がサッカーを愛していることは言うまでもなく、今までもオーナーを務めてきた。ジョホールを作り上げ、8年間で16のタイトルを獲得した。我々は東南アジアで最大のクラブのひとつになった」 「バレンシアに必要なものは何か。それはサッカーを知っていて、成功に飢え、情熱的で、クラブとしてのバレンシアの大きさを理解している人物だ」 「まずは最初の一歩から。クラブにはサッカーフリークが必要なのだ」 スペイン『マルカ』によると、バレンシア買収にかかる費用は4億800万ユーロ(約523億円)とのことだ。 2021.03.02 17:25 Tue
twitterfacebook
thumb

久保途中出場のヘタフェがアランバリのスーペルゴラッソで10人のバレンシア撃破! 7戦ぶりの白星に《ラ・リーガ》

ラ・リーガ第25節、ヘタフェvsバレンシアが27日にコリセウム・アルフォンソ・ペレスで行われ、ホームのヘタフェが3-0で勝利した。なお、ヘタフェのMF久保建英は85分からプレーした。 直近4連敗で6戦未勝利と泥沼の状態にある15位のヘタフェ(勝ち点24)が、12位のバレンシア(勝ち点27)をホームで迎え撃った一戦。3戦連続途中出場の久保はこの試合でもベンチスタートとなった。 共に[4-4-2]の堅守速攻スタイルを採用した両チームは、完全にかみ合う形で立ち上がりからバチバチと球際でやり合う。 中盤での潰し合いが目立つ中、切り替えの精度、最終ラインと2トップの駆け引きでやや勝るヘタフェがよりフィニッシュまで持ち込むが、深刻な得点力不足に悩むホームチームは最後の部分でうまくいかない。 ゴールレスでの折り返し濃厚かに思われたが、ヘタフェの誇る飛び道具が6戦ぶりのゴールをもたらした。39分、相手陣内中央距離のある位置でDFコレイアのヘディングのクリアを回収したアランバリがすかさず右足を振り抜くと、右足アウトにかかった鋭いシュートが戻りながらの対応となったGKシレッセンの手を弾いてゴール右上隅の完璧なコースに決まった。 アランバリのスーペルゴラッソによって1点リードで試合を折り返したヘタフェは、後半立ち上がりに数的優位まで手にする。51分、バックパスを受けたディアカビにプレッシャーをかけてボールを奪ったマクシモビッチが入れ替わり際で倒されると、決定機阻止のディアカビにレッドカードが掲示された。 この好機に畳みかけるホームチームは直後にボックス内に抜け出したウナルの決定機はシュートを枠の右に外すが、55分にはロングボールをウナルが背後に落としたところに抜け出したマタが相手DFの寄せをものともしないキープから右足の強烈なシュートを突き刺し、貴重な追加点を奪い切った。 その後も危なげなく試合を進めるヘタフェは85分、殊勲のアランバリ、マタらを下げて久保、アレーニャ、ティモルを一気に投入し、試合を締めにかかる。 すると、87分には左サイドでのボール奪取からクチョ・エルナンデスがボックス左で放ったシュートのこぼれ球をボックス中央に走り込んだアレーニャが右足ボレーで合わせ、勝利を決定づける移籍後初ゴールとした。 その後、90分にはアレーニャのシュートのこぼれ球に反応した久保がボックス右から右足のシュートを放つが、枠を捉えた際どいシュートはGKの好守に阻まれ、アレーニャに続く待望のゴールとはならず。 それでも、バレンシアの反撃を無失点で凌ぎ切ったヘタフェが6戦ぶりのゴールを含む3ゴールを挙げて待望の7戦ぶりの白星を手にした。 2021.02.28 07:00 Sun
twitterfacebook
thumb

ベンゼマ&クロース弾のマドリーがリーグ3連勝! 前回対戦で惨敗のバレンシアにリベンジ!《ラ・リーガ》

ラ・リーガ第23節、レアル・マドリーvsバレンシアが14日にアルフレド・ディ・ステファノで行われ、ホームのマドリーが2-0で快勝した。 ミッドウィークに行われたヘタフェとの第1節延期分を制して2連勝中の2位マドリー(勝ち点43)は、前回対戦で大敗を喫した12位のバレンシア(勝ち点24)を相手に3連勝を狙った。 マルセロの負傷離脱によって、さらに台所事情が厳しいジダン率いるチームだが、出場停止明けとなるクロースと共に負傷明けのカルバハルが先発に復帰。さらに、ルーカス・バスケスもベンチ入りを果たした。 守備的に入ったバレンシアを立ち上がりから押し込んでいくマドリーは9分、カゼミロの強烈なブレ球ミドルシュートでGKジャウメを脅かす。さらに、12分には自陣から右サイドをドリブルで持ち上がったカルバハルが左を並走するクロースに繋ぎ、ドイツ代表MFからボックス手前左のベンゼマにボールが入る。ここでベンゼマは相手が完全に寄せ切る前に右足を振り抜くと、これがゴール右下隅の完璧なコースに決まった。 ベンゼマのゴラッソで幸先よくリードを手にしたマドリーは以降もアウェイチームを攻守に圧倒。バレンシアは失点後からよりボールを奪いに行く姿勢を打ち出すが、クロース、モドリッチを起点とする流麗なパスワークに翻弄されてボールを奪うことができない。 立ち上がりから完璧な試合運びを見せるマドリーだったが、前半半ば過ぎにアクシデント発生。接触プレーではないところで足を痛めたカルバハルが自らピッチを後に。これを受けて、28分にこちらも負傷明けのバスケスをスクランブル投入することになった。 それでも、試合の流れは譲らないホームチームは42分、右サイドでアセンシオ、モドリッチ、バスケスとスムーズにパスが繋がり、最後はバスケスの丁寧な折り返しをボックス中央に遅れて走り込んできたクロースが抑えの利いた右足インサイドのダイレクトシュートでゴール右隅へ流し込んだ。 2点リードで試合を折り返したマドリーはガメイロ、ユヌス・ムサの投入で反撃を目指すバレンシアを相手に後半も集中した入りを見せる。50分、高い位置で横パスをカットしたモドリッチのスルーパスにアセンシオが抜け出しかかるが、ここはファーストタッチが大きくなりフィニッシュまで持ち込むことができなかった。 一方、前半はほぼ仕事の機会がなかった守護神クルトワだったが53分に見せ場。ボックス手前左でマキシ・ゴメスに強烈なブレ球のミドルシュートを打たれるが、ここは冷静にはじき出した。 徐々にバレンシアに押し込まれ始めたマドリーだが、61分には3点目に迫る。左サイドでヴィニシウスと共にロングフィードに抜け出したメンディがボックス中央でヴィニシウスからの折り返しを足元に収めて利き足とは逆の右足のシュートをゴール左隅に突き刺した。しかし、2戦連発かに思われたこのゴールはVARのレビューの結果、戻りオフサイドを取られて取り消しとなった。 判定に救われたバレンシアはソレール、ヴァスに代えてイ・ガンインと今冬加入のオリバをピッチへ送り出す。だが、後半立ち上がりのようにフィニッシュまで持ち込むことができない。 その後、マドリーはアセンシオ、ベンゼマ、モドリッチとフル稼働が続く主力を続けてベンチに下げてアリーバス、マリアーノ、イスコをピッチへ送り出し、試合を締めにかかる。 最後まで集中力を保って相手の反撃を危なげなく凌ぎ切ったマドリーがスコア以上の内容でバレンシアにリベンジ達成。リーグ3連勝で首位アトレティコ・マドリーを追走している。 2021.02.15 02:12 Mon
twitterfacebook
thumb

バレンシアがカリアリからウルグアイ人MFクリスチャン・オリバをレンタル! 今冬3人目の新戦力

バレンシアは2月1日、カリアリからウルグアイ人MFクリスチャン・オリバ(24)がレンタル加入することを発表した。契約は2021年6月30日までで、買い取りオプションが付随する。 守備的MFを主戦場とするオリバは母国のナシオナル・モンテビデオ出身で、2019年1月にカリアリへレンタル加入。一度も出場機会はなかったものの、契約に買い取り義務が付いていたため、同年7月に完全移籍に切り替わった。 昨季は足首のケガでシーズン後半を棒に振り、セリエA11試合の出場に。今季は10試合に出場していたが、主力とは言えない状況だった。 オリバをレンタルで獲得したバレンシアは、これで今冬の新戦力はポルトガル代表DFフェッロ(23)、イタリア人FWパトリック・クトローネ(23)に続く3人目。それぞれベンフィカとウォルバーハンプトンからのレンタルとなっている。 2021.02.02 15:41 Tue
twitterfacebook
thumb

1月にウルブスに復帰したクトローネ、早くも新天地バレンシアへ移籍

バレンシアは1月31日、ウォルバーハンプトンからイタリア人FWパトリック・クトローネ(23)を今季終了までのレンタル移籍で獲得したことを発表した。 ミランの下部組織出身のクトローネは2019年夏にウルブスに加入するも、出場機会に恵まれず半年後にフィオレンティーナへ買い取り義務が付いた18カ月のレンタルで移籍した。 しかし今年1月、前線の選手を大ケガで失ったウルブスが、フィオレンティーナで出番を減らしていたクトローネをリコール。プレミアリーグ2試合、FAカップ2試合に出場していた。 だが、それから1カ月も経たないうちに今度はバレンシアへレンタル。バレンシアでは同日、FWルベン・ソブリーノ(28)のカディスへのレンタル移籍を発表している。 2021.02.01 13:16 Mon
twitterfacebook

順位表

得点ランキング