バレンシア

今季の成績
順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
9 バレンシア 53 14 11 13 46 53 -7 38
結果
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2020.07.19
28:00
ラ・リーガ
第38節
セビージャ 1 - 0 バレンシア
2020.07.16
28:00
ラ・リーガ
第37節
バレンシア 1 - 0 エスパニョール
2020.07.12
26:30
ラ・リーガ
第36節
レガネス 1 - 0 バレンシア
2020.07.07
26:30
ラ・リーガ
第35節
バレンシア 2 - 1 バジャドリー
2020.07.04
29:00
ラ・リーガ
第34節
グラナダ 2 - 2 バレンシア
基本データ

正式名称:バレンシアCF

原語表記:Valencia Club de Futbol

愛称:チェス、ロス・プロス、ヤギ

創立:1919年

ホームタウン:バレンシア

チームカラー:白・オレンジ

関連ニュース
thumb

フェラン・トーレスのペップ・シティ加入が決定!「ペップに僕の成長を見てもらうことは夢」

マンチェスター・シティは4日、バレンシアに所属するU-21スペイン代表FWフェラン・トーレス(20)を完全移籍で獲得した。契約期間は2025年6月30日までとなる。 かねてより指導を熱望していたジョゼップ・グアルディオラ監督の率いるシティへ加入の決まったトーレスは、公式サイトで以下のように喜びを語っている。 「シティに加入できてとても嬉しい。どの選手も攻撃的なチームに関わりたいと思っているはずだ。マンチェスター・シティは世界のサッカー界で最も攻撃的なチームの一つだよ」 「ペップ(ジョゼップ・グアルディオラ監督)は、オープンで攻撃的なスタイルを推進しており、僕がそれが大好きなんだ。そして彼は、選手を成長させることにも実績のある監督だ。彼に僕の成長を見てもらうことは夢だよ。シティは過去10年で多くのトロフィーを獲得してきた。その成功が続くように僕も貢献したいと思っているよ」 左右のウイングを主戦場に爆発的なスピードとドリブルテクニックでスペイン屈指の若手アタッカーに成長したトーレスは、今シーズン公式戦44試合で6ゴール8アシストを記録。バレンシアは若き至宝の流出に備えて契約延長オファーを提示したが、同選手がこれを拒否したことで今夏の退団が既定路線となっていた。 スペインの若き逸材には、バルセロナ、レアル・マドリー、アトレティコ・マドリーの国内3強に加え、ユベントスやバイエルンなど国外のメガクラブも関心を示していたが、今夏にバイエルンへ旅立ったドイツ代表MFレロイ・ザネ(24)の後釜を探していたシティが争奪戦を制した。 なお、イギリス『BBC』によれば、シティは移籍金として2300万ユーロ(約29億円)をバレンシアに支払うとのことだ。 2020.08.05 06:40 Wed
twitterfacebook
thumb

ビジャレアルがコクラン獲得に動く! 18億円のオファーを掲示か?

ビジャレアルがバレンシアに所属するフランス人MFフランシス・コクラン(29)の獲得に動いているようだ。スペイン『Cadena COPE』が報じている。 プロデビューを飾ったアーセナルで公式戦160試合に出場していたコクランは、2018年1月に4年半契約でバレンシアに完全移籍。直近2シーズン連続でラ・リーガ25試合以上に出場するなど、主力として活躍している。 だが、財政問題を抱えるバレンシアは今夏の移籍市場で数選手の売却が必要となっており、来シーズンから指揮を執るハビ・グラシア監督の構想外と見られる同選手を売りに出すことを考慮しているようだ。 一方、ビジャレアルは元々ピボーテの選手層が薄く、加えてキャプテンを務めていた元スペイン代表MFブルーノ・ソリアーノが現役を引退したこともあり、同ポジションの補強が急務となっている。 そういった中、来シーズンから指揮を執るウナイ・エメリ監督は、アーセナル、バレンシアと自身の古巣に在籍しているフランス人MFの獲得を希望しているという。 そして、ビジャレアルはコクラン獲得に向け、1500万ユーロ(約18億7000万円)のオファーを掲示しているようだ。 2020.08.04 16:56 Tue
twitterfacebook
thumb

シティへの移籍濃厚のフェラン・トーレス「より大きな挑戦をしたい」

マンチェスター・シティへの移籍が濃厚と見られているバレンシアのU-21スペイン代表FWフェラン・トーレスが胸の内を語った。 バレンシア下部組織出身のフェラン・トーレスは今シーズン、公式戦44試合に出場して6得点8アシストをマークし、爆発的なスピードとドリブルテクニックを最大の武器に様々なビッグクラブから熱視線を注がれていた。 そんな中、先日多くのメディアがシティ移籍が決定的であると報道。クラブからの契約延長を拒否したことで今夏の退団が既定路線となっていた同選手だが、プロキャリアをスタートさせたバレンシアへの忠誠心は強いものがある。イギリス『BBC』のインタビューで「僕はフォイオス(地元)で育ったし、友達もみんなそこにいるんだ。実際、とても居心地が良い」と話している。 しかし、フェラン・トーレスは7歳から過ごしてきたクラブを去り、世界へ羽ばたくタイミングが来たと感じたようだ。 「プレーヤーとして、僕は野心的で、本当に勝ちたいと強く思っている。時間が経つにつれて準備が整ったと感じたんだ。より大きな挑戦に向けて環境を変えてみたい。決意は固まっているよ」 「僕は『自分が一番だ』と内心では常に思っている。そうなるために努力しているんだ。自分がNo.1だと信じていなければ、誰もそうだとは思ってくれないからね」 フェラン・トーレスはまた、現在は英語を勉強していることも告白。「サッカーでは明日、自分の身に何が起こるかわからない。そのために英語を学んでいるんだ。世界のどこにいても不可欠な言葉だからね」と話した。 2020.08.02 15:30 Sun
twitterfacebook
thumb

シティ、バレンシアFWトーレスの獲得が決定的に! 最大約46億円でクラブ間合意

バレンシアでプレーするU-21スペイン代表FWフェラン・トーレス(20)のマンチェスター・シティ移籍が決定的となったようだ。スペイン『マルカ』が伝えている。 トーレスは爆発的なスピードとドリブルテクニックを最大の特長とするサイドアタッカー。絶対的な主力に成長した今シーズンは公式戦44試合で6ゴール8アシストの数字を残していたが、クラブからの契約延長を拒否したことで今夏の退団が既定路線となっていた。 <div id="cws_ad">◆トーレスのゴールでメスタージャが歓喜!<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiIxV2lWSVlZZiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> トーレスには、レアル・マドリーやドルトムント、ユベントスも関心を示していたなか、個人合意が報じられていたシティが基本移籍金2500万ユーロ(約30億9000万円)に最大1200万ユーロ(14億8000万円)のボーナスでクラブ間合意に至ったとのこと。トーレスとは5年契約を結ぶとされている。 シティは今年2月にファイナンシャル・フェアプレー(FFP)に抵触したとして、来季から2年間のUEFA主催大会出場禁止と罰金3000万ユーロ(約36億4000万円)を言い渡されていたが、今月上旬にスポーツ仲裁裁判所(CAS)への控訴が認められ来季のCL出場が可能に。罰金額も1000万ユーロ(約12億1000万円)に減額されていた。 また、ドイツ代表MFレロイ・ザネがバイエルンへ旅立ったこともあり、バレンシア側との交渉が加速し、移籍が確実なものになったとのことだ。 2020.07.30 13:00 Thu
twitterfacebook
thumb

バレンシアがハビ・グラシア新監督の就任を発表!

バレンシアは27日、ハビ・グラシア氏(50)が新監督に就任したことを発表した。契約は2022年6月30日までとなる。 スペイン人のハビ・グラシア監督は、かつてはカディス、アルメリア、オサスナ、マラガなどを指揮し、海外クラブではギリシャのAOKケルキラやロシアのルビン・カザンを率いた経歴を持つ。直近では2018年1月からワトフォードを率いて、2018-19シーズンには月間最優秀監督賞を受賞。 しかし、昨年9月に成績不振で解任されフリーの状態が続いていた。 母国復帰は4年ぶりとなるハビ・グラシア新監督。バレンシアの公式サイトで就任の喜びを示すと共に、指揮官としての哲学も語った。 「素晴らしい街の素晴らしいクラブに加わることができて非常に嬉しい。今すぐ仕事を始めたい気分だ」 「我々は皆、困難な時期を過ごしている。健康が最も重要なことだが、私たちはプロフェッショナルとしてサッカーについて考え、ファンを楽しませることができる仕事に貢献したいと思っている」 「バレンシアのようなクラブを任せてもらえて本当に誇りに思う」 「私は勇敢でアグレッシブでバランスの取れたチームにしていきたい。このチームの成功はバランスにかかっている。素晴らしいチームの中から適した選手を見つけ出したいと思う」 「私が考える監督として最も大切なものは、現時点での私に対する考えではなく、チームを去る時のファンの意見だ。私のことを本当に理解したと言えるのはその時なんだ」 「共に働き、共に楽しみ、共に悲しむ。それが重要なこと。私はファンの皆がこのチームに誇りを持ってくれると確信しているよ」 今シーズンは2度の監督交代と低迷したバレンシア。昨シーズンにコパ・デル・レイ優勝とラ・リーガ4位に導いたマルセリーノ・ガルシア・トラル監督の下でスタートしたが、上層部との確執から開幕直後の昨年9月に袂を分かつことに。 後任のアルベルト・セラーデス監督は、チャンピオンズリーグではベスト16進出と成果を残したが、リーグ戦ではヨーロッパリーグ出場権争いにも絡めなくなり、先月29日に成績不振で解任されていた。 その後は過去5度にわたりバレンシアを指揮したボロ氏が暫定監督を務めたが、チームは9位という成績に終わっていた。 2020.07.28 04:00 Tue
twitterfacebook

順位表




得点ランキング