バレンシア

今季の成績
順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
13 バレンシア 7 2 1 3 8 9 -1 6
日程
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2020-10-23
28:00
ラ・リーガ
第7節
エルチェ vs バレンシア
2020-11-01
29:00
ラ・リーガ
第8節
バレンシア vs ヘタフェ

ラ・リーガ
第9節
バレンシア vs レアル・マドリー

ラ・リーガ
第10節
アラベス vs バレンシア

ラ・リーガ
第11節
バレンシア vs アトレティコ・マドリー
結果
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2020.10.18
23:00
ラ・リーガ
第6節
ビジャレアル 2 - 1 バレンシア
2020.10.03
28:00
ラ・リーガ
第5節
バレンシア 0 - 2 レアル・ベティス
2020.09.29
26:00
ラ・リーガ
第4節
レアル・ソシエダ 0 - 1 バレンシア
2020.09.26
23:00
ラ・リーガ
第3節
バレンシア 1 - 1 ウエスカ
2020.09.19
28:00
ラ・リーガ
第2節
セルタ 2 - 1 バレンシア
基本データ

正式名称:バレンシアCF

原語表記:Valencia Club de Futbol

愛称:チェス、ロス・プロス、ヤギ

創立:1919年

ホームタウン:バレンシア

チームカラー:白・オレンジ

関連ニュース
thumb

久保が決勝点演出も終了間際に退場…ビジャレアル、元エース&主将弾でバレンシアとのダービー制す!《ラ・リーガ》

ラ・リーガ第6節、ビジャレアルとバレンシアによるバレンシア自治州ダービーがエスタディオ・デ・ラ・セラミカで行われ、ホームのビジャレアルが2-1で勝利した。なお、ビジャレアルMF久保建英は64分から出場し、92分に2枚目の警告によって退場となった。 今夏、主将のパレホ、コクランが移籍したことで、因縁強まる今回の自治州ダービー。その中で前節のアトレティコ・マドリー戦で5試合連続途中出場となった久保は、エースFWジェラール・モレノの負傷による不在もあり、初先発が期待されたが引き続きベンチスタートとなった。 注目のダービーは開始早々に動く。ボックス手前右でボールを持ったチュクウェゼからの対角の浮き球パスに反応した左サイドバックのペドラサがDFガブリエウに倒されてPKを獲得。これをバレンシアの元エースであるパコ・アルカセルが冷静に流し込んだ。 幸先良く先制に成功したホームチームはボールの主導権を握り、[4-4-2]のブロックを敷くアウェイチームに対して、パレホ、イボーラを中心に小気味よくボールを動かし、9分にはそのパレホがミドルシュートで古巣のゴールを脅かす。 その後もビハインドのバレンシアが慎重な戦い方を選択したこともあり、ビジャレアルがストレスなく押し気味に試合を進めていく。 ただ、時間の経過と共にフィニッシュの回数が減り始めると、バレンシアが圧巻のゴラッソで追いつく。37分、左CKのショートコーナーからボックス手前左でパスを受けたゴンサロ・ゲデスがそのまま中に切り込み、パレホの股間を抜く強烈な右足の弾丸ミドルシュートをゴール左隅に突き刺した。 ビジャレアルペースも1-1のイーブンで折り返した試合はより拮抗した展開に。互いに序盤から相手ゴールに迫っていくが、最後のところで精度を欠く。そういった中、ビジャレアルベンチは64分、トリゲロス、チュクウェゼに代えて久保と古巣初対戦のコクランをピッチに送り込む。 すると、この交代が勝ち越しゴールに繋がる。69分、左サイド深くに侵攻したモイ・ゴメスからボックス手前左でマイナスのパスを受けた久保が、ヴァスと交錯しながら後方スペースにヒールで落とす。これを拾ったパレホが強烈な右足のミドルシュートを放つと、クロスバーの内側を叩いたボールが古巣のネットを揺らした。 久保のお膳立てからバレンシアの元主将パレホにゴールが生まれ、ビジャレアルはその後も優勢に試合を運んでいく。一方、バレンシアは3枚替えを含む、積極的な選手交代で再び同点を目指す。 試合終盤にかけてはバレンシアの攻勢が続く中、ビジャレアルにアクシデント。92分、すでに1枚カードをもらっていた久保がボール奪取を狙ってスライディングを敢行した際に、遅れて入ってきたソレールの太ももを軽くスパイクしてしまい、2枚目のカードが掲示され、痛恨の退場となった。 それでも、残り時間を10人で守り切ったビジャレアルが元エース、元主将のゴールでバレンシアを破り、2試合ぶりの白星を手にした。 2020.10.19 01:08 Mon
twitterfacebook
thumb

バレンシアへの怒りを表明したコンドグビア 「プロジェクトを破壊し、監督と僕をだました」

バレンシアの中央アフリカ代表MFジェフリー・コンドグビアが、混乱の続くクラブに対して不満を明確にした。スペイン『マルカ』などが伝えている。 バレンシアは今夏の移籍市場で、スペイン代表MFダニエル・パレホやフランス人MFフランシス・コクラン、スペイン代表FWロドリゴ・モレノなど主力を大量に放出した。 一方で、新戦力の獲得はなく、クラブに補強の約束を破られたとして、ハビ・グラシア監督が辞意を表明。クラブ側が高額な契約解除金の支払いをグラシア監督に求めたことで結果的に留任となったが、その混乱ぶりは隠せていない。 こうした混迷に拍車をかけるような出来事がまたしても発生した。コンドグビアは自身の『インスタグラム』で次のような文章を投稿し、バレンシアのアニル・マーシー会長を痛烈に批判している。 「野心的なプロジェクトは破壊され、監督を騙し、最後には僕も騙した。ありがとう、アニル・マーシー」 コンドグビアには、ガーナ代表MFトーマス・パルティを放出し、市場閉幕から1カ月間国内での補強が許されているアトレティコ・マドリーが強い興味を示していた。しかし、契約の解釈に問題が生じ、最終的にバレンシア側が売却を拒否。コンドグビアはクラブの対応に怒りを募らせたという。 『マルカ』によると、コンドグビアの契約にはこの市場まで8000万ユーロ(約98億5700万円)の契約解除金が生じる条項があったが、次の市場では3000万ユーロ(36億9600万円)にまで減額される内容になっているようだ。 コンドグビア側はアトレティコが動いたのは夏の市場が閉まった後であり、この契約解除金減額が適応されると考えていたのに対して、バレンシア側はあくまで夏の移籍市場に関連する取引であり、減額はされないと主張。両者の解釈に食い違いが生じていた。 また、同メディアが伝えるところでは、コンドグビアの今回のメッセージには選手個人の問題以上の告発があるという。好成績を収めていたマルセリーノ・ガルシア・トラル監督の解任でプロジェクトを破壊し、グラシア監督との補強の約束を反故にしたクラブへの、積もりに積もった鬱憤が爆発した形といえるだろう。 2020.10.16 15:48 Fri
twitterfacebook
thumb

トーマス流出のアトレティコ、後釜にバレンシア主力MFの引き抜きを画策か

アトレティコ・マドリーがバレンシアに所属する中央アフリカ代表MFジェフリー・コンドグビア(27)の獲得に動くようだ。スペイン『アス』が伝えた。 移籍市場最終日の5日に契約解除金の5000万ユーロ(約62億3000万円)を支払われる形でガーナ代表MFトーマス・パルティ(27)をアーセナルに流出したアトレティコ。移籍市場は閉幕したものの、1カ月以内ならスペイン国内から選手を獲得できる措置があるため、代わりとなるボランチの確保に向かうようだ。 元々、レバンテのスペイン代表MFホセ・カンパーニャをトップターゲットにしていたが、高価のため獲得が難しく、マジョルカのガーナ代表MFイドリス・ババの名前もメディアによっては挙げられていたが、アトレティコからの関心は得られなかった模様。 その中で白羽の矢が立ったのがコンドグビアだったという。アトレティコにはトーマス売却で得た5000万ユーロがあるが、財政難のため選手獲得に使えるのは最大25%まで。 一方、バレンシア側は移籍金2500万ユーロ(約31億1000万円)を要求しているようで、『アス』の情報を信じるならば、両クラブには現状では倍の差があるということになる。 なお、アトレティコはトーマスと入れ替わる形でアーセナルからウルグアイ代表MFルーカス・トレイラをレンタルで獲得しているが、ディエゴ・シメオネ監督は両選手が別のタイプの選手だと考えているとのことだ。 2020.10.10 18:30 Sat
twitterfacebook
thumb

まさにアンストッパブル!バレンシア時代のシルバが見せた素晴らしいロングシュート【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回はレアル・ソシエダに所属する元スペイン代表MFのダビド・シルバがバレンシア時代に決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆バレンシア時代のシルバが決めた美しいロングシュート<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJTNEZGQkU2MSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> バレンシアの下部組織で育ったシルバは、同クラブでプロデビュー。才能あふれるMFとして若くから活躍し、コパ・デル・レイ優勝などに貢献、2010年にマンチェスター・シティに引き抜かれた。 バレンシアでの華麗なプレーは多くのファンを魅了したが、2007年4月4日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)準々決勝、チェルシーとの1stレグでは、素晴らしいゴールを決めている。 チェルシーのホーム、スタンフォード・ブリッジでの試合となった1stレグ。0-0で迎えた30分にシルバが魅せる。 敵陣中央左でボールを持ったシルバは、大きなスペースを得ると、ゴールをちらりと確認し、ボックスの外からいきなりのロングシュート。左足から放たれたシュートはGKペトル・チェフのリーチを避けるような弾道でゴール右のサイドネットを揺らし、見事なロングシュートを決めてみせた。 貴重なアウェイゴールを手にしたバレンシアは1stレグを1-1のドローで終える。しかし、2ndレグでは土壇場の勝ち越しゴール許し、1-2で敗れた末に無念の敗退を喫している。 2020.10.03 19:00 Sat
twitterfacebook
thumb

マキシ・ゴメス弾で逃げ切ったバレンシアが暫定首位浮上!ソシエダは今季初黒星《ラ・リーガ》

ラ・リーガ第4節のレアル・ソシエダvsバレンシアが29日に行われ、0-1でバレンシアが勝利した。 ここまで1勝2分けで3位のソシエダが、1勝1敗1分けで5位のバレンシアをホームに迎えた一戦。前節エルチェに快勝したソシエダは、その試合から先発メンバーを4人変更。オヤルサバルやポルトゥらに代えてヤヌザイやバレネチェアらを起用。古巣対決となるシルバも先発に名を連ねている。 一方、前節FW岡崎慎司の所属するウエスカと1-1の引き分けに終わったバレンシアは、先発メンバーを5人変更。ゴンサロ・ゲデスやマヌ・バジェホらに代えてイ・ガンインやティエリ・コレイアらが先発で起用した。 立ち上がりからボールの主導権を握るソシエダは13分、シルバのパスで左サイドを抜け出したバレネチェアのクロスをゴール前のイサクがスコーピオンキックで狙うもシュートは枠の上に外れた。 対するバレンシアは28分、ショートコーナーの流れからミドルサード中央でパスを受けたヴァスがロングシュート。このシュートはゴール右隅を捉えたが、GKレミロの好セーブに阻まれた。 ゴールレスで迎えた後半、ソシエダはバレネチェアを下げてオヤルサバルを投入。すると55分、メリノのパスを受けたオヤルサバルがボックス左から侵入しシュートを放ったが、これはGKジャウメがセーブ。 膠着状態が続く中、ソシエダは67分にシルバやヤヌザイ、イサクらを下げて ウィリアン・ジョゼやポルトゥ、ゲバラらを投入。5枚の交代カードを使い切った。一方のバレンシアは、70分にイ・ガンインを下げてガメイロをピッチに送り出した。 この交代で先にチャンスを迎えたのはソシエダ。74分、右サイドを抜け出したゴロサベルがマイナスの折り返しを入れると、ジェイソンのブロックしたこぼれ球をボックス内のオヤルサバルがダイレクトシュート。しかし、これはジェイソンの背中に当たりゴール左に外れた ピンチを凌いだバレンシアは75分、ヴァスのサイドチェンジで左サイドを抜け出したガヤの折り返しをゴール前に走り込んだマキシ・ゴメスが流し込み、待望の先制点を奪った。 このまま試合終了かと思われたが、アディショナルタイムにドラマが待っていた。ソシエダは95分、オヤルサバルの左クロスをボックス右のメリノが頭で折り返すと、ゴール前に詰めたエルストンドに当たったボールを最後はル・ノルマンが押し込んだ。 しかし、VARのレビューの結果、エルストンドの腕にボールが当たっておりハンドの判定でゴールは取り消された。結局、試合は0-1でバレンシアが勝利した。 2020.09.30 04:15 Wed
twitterfacebook

順位表




得点ランキング