アトレティコ・マドリー

今季の成績
順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
1 アトレティコ・マドリー 86 26 8 4 67 25 42 38
結果
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2021.05.22
25:00
ラ・リーガ
第38節
レアル・バジャドリー 1 - 2 アトレティコ・マドリー
2021.05.16
25:30
ラ・リーガ
第37節
アトレティコ・マドリー 2 - 1 オサスナ
2021.05.12
29:00
ラ・リーガ
第36節
アトレティコ・マドリー 2 - 1 レアル・ソシエダ
2021.05.08
23:15
ラ・リーガ
第35節
バルセロナ 0 - 0 アトレティコ・マドリー
2021.05.01
23:15
ラ・リーガ
第34節
エルチェ 0 - 1 アトレティコ・マドリー
基本データ

正式名称:クルブ・アトレティコ・デ・マドリー

原語表記:Club Atletico de Madrid S.A.D.

愛称:アトレティ、ロヒブランコス(赤と白)、コルチョネロス(マットレス屋)

創立:1903年

ホームタウン:マドリード

チームカラー:赤、白

関連ニュース
thumb

アトレティコ会長、グリーズマン復帰の噂を一蹴 「ファンが彼の復帰を許すとは思えない」

アトレティコ・マドリーのエンリケ・セレソ会長は、フランス代表MFアントワーヌ・グリーズマン(30)の復帰はないと見ているようだ。スペイン『マルカ』が伝えている。 財政難により高給を受け取る選手の放出を進めたいバルセロナにおいて、売却対象の一人となっているグリーズマン。スペイン代表MFサウール・ニゲスとのトレードは、クラブ間で移籍金の折り合いがつかず交渉は停滞していると言われているが、ここ最近はアトレティコへの復帰の噂が絶えない。 しかし、2019年夏にアトレティコからバルセロナに移籍する際、契約解除金を巡って両クラブが対立するなど円満な退団とはならなかったため、アトレティコサポーターの恨みを買ってしまっている。 セレソ会長もそんなファンの心情を理解しているようで、スペイン『ヨーロッパ・プレス』の番組に主演した際、「彼らが許すとは思えない」と、復帰の可能性を否定した。 もはや両クラブに煙たがられているグリーズマン。この状況を覆すことはできるだろうか。 2021.07.23 21:36 Fri
twitterfacebook
thumb

アトレティコ、バレンシアのウルグアイ代表FWマキシ・ゴメスに関心か

バレンシアのウルグアイ代表FWマキシ・ゴメス(24)がアトレティコ・マドリーの獲得リストに載っているようだ。スペイン『アス』が伝えている。 今夏は攻撃的な選手の補強を目指していると言われるアトレティコ。MFサウール・ニゲスとバルセロナのFWアントワーヌ・グリーズマンのトレードが報じられているが、クラブ間で移籍金の折り合いがつかず、暗礁に乗り上げている状況となっている模様。 別のプランとして名前が挙がっているマキシ・ゴメスは、2019年夏にセルタからバレンシアに加入し、この2シーズンで公式戦74試合17ゴール9アシストを記録。以前はバルセロナやウォルバーハンプトン行きも噂され、代表では20キャップを持つ逸材だ。 『アス』は、このマキシ・ゴメスがディエゴ・シメオネ監督のシステムに完全に適合すると主張。また、同胞のFWルイス・スアレスの存在もプラスに働くと見ているようだ。 しかし、二つの問題があるとも同メディアは言う。一つは移籍金。2024年まで契約を残しているため、現状では高額な移籍金が予想されている。 二つ目はEU圏外枠についてだ。アトレティコではDFレナン・ロディとDFフェリペの2人のブラジル人選手と、イングランド代表のDFキーラン・トリッピアーの3人でその枠は埋まっている状況だ。 トリッピアーはマンチェスター・ユナイテッドへの移籍が取り沙汰されているが、マキシ・ゴメスは上記3名の去就次第となりそうだ。 2021.07.23 17:58 Fri
twitterfacebook
thumb

シメオネ、グリーズマンのバルセロナでの成功を望む 「ベストを尽くしてほしい」

アトレティコ・マドリーのディエゴ・シメオネ監督は、元教え子であるフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマンのバルセロナでの成功を願っているようだ。 グリーズマンは2014年夏にアトレティコに加入すると、公式戦に257試合出場して133ゴール50アシストという立派な成績を残して2019年の夏にバルセロナに移籍。しかし、契約解除金の金額を巡ってアトレティコとバルセロナが対立するなど円満な退団とはならず、グリーズマンはアトレティコサポーターの恨みを買うことになってしまった。 現在、財政難により高給を受け取る選手の放出を進めたいバルセロナはグリーズマンを売却対象の一人に。スペイン代表MFサウール・ニゲスとトレードの形でワンダ・メトロポリターノに帰還する可能性があるとも報道されている。 この復帰報道に対してアトレティコファンが猛反発する中で、シメオネ監督はスペイン『マルカ』でグリーズマンについて言及。今でも良好な関係を築いていると認めるも、バルセロナでの成功を願っているとコメントした。 「アントワーヌとはとても良い関係にある。私の家族は彼の娘と仲良しで、時々会っているよ。夏に遊んだこともある」 「彼にはベストを尽くしてほしいし、バルセロナで大きなインパクトを残すことを願っている。バルセロナは素晴らしいクラブであり、アントワーヌは完全無欠の存在だ」 「ユーロでは、どこのポジションでプレーしてもチームに貢献できることを改めて示したね」 「しかし今日、私たちのチームに彼はいない。私にすべてを与えてくれた選手の幸運を祈るばかりだ」 2021.07.21 17:12 Wed
twitterfacebook
thumb

ヘンダーソンがリバプールを去る可能性? FGSの目論見、ワイナルドゥムの二の舞も

リバプールのキャプテンを務めるイングランド代表MFジョーダン・ヘンダーソン(31)だが、将来は安泰ではないようだ。『アスレティック』が伝えた。 2019-20シーズンは30年ぶりのプレミアリーグ制覇を達成したリバプール。しかし、2020-21シーズンはディフェンスラインに相次ぐ負傷者が出たことなどもあり、マンチェスター・シティにタイトルを譲っていた。 改めてリーグ優勝を目指す新シーズン。来たるシーズンに向けて、今オフのリバプールはやることが山積だ。 スポーツ・ディレクター(SD)を務めるマイケル・エドワーズ氏は、選手との交渉が大量に残されている状況。クラブのクオリティを維持するためにも、その働きは非常に大きなウェイトを占める。 リバプールにとっての優先事項は、ブラジル代表GKアリソン・ベッカー(28)とMFファビーニョ(27)の契約延長だ。シーズン開始前に長期契約にサインすることを目指しているという。 また、オランダ代表DFヴィルヒル・ファン・ダイク、エジプト代表FWモハメド・サラー、セネガル代表FWサディオ・マネの契約延長も取り付けたいところ。3選手はいずれも2023年6月30日までの契約となっている。 さらにはイングランド代表DFトレント・アレクサンダー=アーノルド、スコットランド代表DFアンドリュー・ロバートソンは、2024年6月30日までの契約があるが、彼らもチームのために契約の話を進めたいようだ。 いずれも契約期間に余裕はあるものの、チームとしては長く留めるために契約年数を保っておきたいところ。その中にはヘンダーソンも含まれていたが、オフシーズンの契約延長の交渉が上手くいっていないという。 ヘンダーソンとリバプールの契約交渉は決裂はしていないため、今後も継続して話は進められていく状況。しかし、リバプールのオーナーを務めるフェンウェイ・スポーツ・グループ(FSG)はヘンダーソン以上に優先する事項があると考えているようだ。 『アスレティック』によれば、このヘンダーソンの状況は、今夏パリ・サンジェルマン(PSG)へと完全移籍したオランダ代表MFジョルジニオ・ワイナルドゥムと似ているという。 FSGは、若手へ投資するという方針を持っており、5年契約を求めた今年31歳になるワイナルドゥムの要求を飲まないことを決定。結果としてPSGへと移籍し、3年契約を結んでいる。 ヘンダーソンは現在31歳。契約が満了する頃には33歳となり、FGSの方針としては難しい状況となる。また、PSGのマウリシオ・ポチェッティーノ監督はヘンダーソンを気に入っているとされ、状況を見守っているとされている。 また、ヘンダーソンを狙うのはPSGだけでなく、アトレティコ・マドリーも考えられるという。アトレティコにはウルグアイ代表FWルイス・スアレスが所属。リバプール時代のチームメイトとの再会を楽しみにしているようだ。 もちろん、リバプールが簡単にヘンダーソンを手放すことは考えにく。指揮を執るユルゲン・クロップ監督はヘンダーソンへの信頼を示しており、それは揺るぎないもの。ここ数年のチャンピオンズリーグ優勝、プレミアリーグ優勝を支えた功績を認めている。 ただし、ワイナルドゥムが契約満了で退団したことを考えると、クロップが選手の契約に完全に関与できるわけではないという見方もできる。クロップの意見が通れば、ワイナルドゥムは今シーズンもリバプールに滞在していた可能性は高い。 最終的にはマイク・ゴードン会長とエドワーズSDに委ねられる可能性が高く、クラブがどう判断するかがカギに。キャプテンとの契約延長交渉はしばらく注目を集めそうだ。 <span class="paragraph-title">【動画】ヘンダーソン、CL制覇までの道のり</span> <span data-other-div="movie"></span> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiI1TWV2TTNFTSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> 2021.07.20 11:25 Tue
twitterfacebook
thumb

アトレティコに痛手…サビッチが右太ももの筋膜損傷で数週間の離脱に

アトレティコ・マドリーは19日、モンテネグロ代表DFステファン・サビッチが負傷したことを発表した。 7日から始まったプレシーズンのトレーニングに参加しているサビッチは、トレーニング中に右太ももを負傷。検査の結果、右大腿四頭筋の筋膜損傷と診断されたとのことだ。 また、離脱期間については明かされていないが、スペイン『マルカ』は数週間の離脱になるものの、シーズン開幕には間に合う可能性があると報じている。 2015年の夏からアトレティコでプレーするサビッチは、在籍7年間で公式戦202試合に出場。ディエゴ・シメオネ監督からの信頼も厚く、7季ぶりのリーグ制覇を達成した昨季もラ・リーガで33試合に出場していた。 なお、2021-22シーズンのラ・リーガは8月の第2週に開幕。王者として臨むアトレティコは、15日に開幕節でセルタと対戦する。 2021.07.20 07:00 Tue
twitterfacebook

順位表

得点ランキング