レッチェ

今季の成績
順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
18 レッチェ 35 9 8 21 52 85 -33 38
基本データ

正式名称:USレッチェ

原語表記:Unione Sportiva Lecce

愛称:ジャッロロッシ(赤と黄)

創立:1908年

ホームタウン:レッチェ

チームカラー:赤、黄

関連ニュース
thumb

降格レッチェ、コリーニ氏を指揮官に招へい

セリエBに降格したレッチェは22日、エウジェニオ・コリーニ氏(50)を新指揮官に招へいしたことを発表した。契約期間は2023年6月までの3年間となっている。 レッチェでは19日に2年連続でセリエB昇格とセリエA昇格に導いたファビオ・リベラーニ前監督を解任していた。 コリーニ氏はこれまで現役時代にプレーしたキエーボやパレルモ、ブレシアを始め、クロトーネやフロジノーネなどを指揮。直近ではブレシアの監督を務めていたが、今年2月に成績不振を受けて解任されていた。 2020.08.23 08:00 Sun
twitterfacebook
thumb

セリエB降格レッチェ、2年連続昇格の立役者リベラーニ監督を解任

セリエBに降格したレッチェは19日、ファビオ・リベラーニ監督(44)を解任したことを発表した。 2013年にジェノアで指導者キャリアをスタートしたリベラーニ監督は、2017年9月に当時セリエCに沈んでいたレッチェの指揮官に就任。2017-18シーズンにセリエC優勝を果たしてセリエB昇格に導くと、就任2年目にはセリエBを2位で終え、2シーズン連続の昇格に導き、悲願のセリエA復帰の立役者となった。 しかし、7年ぶりとなったセリエAでは開幕から下位に低迷すると、9勝8分け21敗の18位でシーズンを終え、1年でのセリエB降格が決まっていた。 2020.08.20 00:30 Thu
twitterfacebook
thumb

降格レッチェ、今季14Gの主将MFマンコースと2023年まで契約延長

レッチェは5日、イタリア人MFマルコ・マンコース(31)と2023年6月まで契約を延長したことを発表した。 カリアリでプロデビューを飾った攻撃的MFのマンコースは、エンポリやベネヴェントを経て、2016年夏にカゼルターナからレッチェに移籍。 レッチェではこれまで公式戦147試合に出場して42ゴール20アシストを記録。一昨シーズンからは主将を務め、2018-19シーズンはセリエBで13ゴール6アシストを記録してレッチェのセリエA昇格に貢献していた。そして2019-20シーズンはセリエAで33試合に出場して14ゴール2アシストを記録するも、チームは最終節で降格の憂き目に遭っていた。 2020.08.05 23:30 Wed
twitterfacebook
thumb

パルマとの壮絶の打ち合いで敗れたレッチェが1年でセリエBに降格《セリエA》

セリエA第38節が2日にイタリア各地で行われた。 降格圏に位置する18位レッチェ(勝ち点35)は、11位パルマ(勝ち点44)をホームに迎えた一戦。試合開始早々にレッチェは失点する。11分、ボックス右から仕掛けたエルナニが対角線にグラウンダーのシュートを放つと、左ポストを直撃したボールがゴール前のルシオーニに当たり、オウンゴールとなった。 先制を許したレッチェは、24分にも再び失点する。ボックス右でパスを受けたエルナニのマイナスの折り返しを受けたカプラーリがペナルティアーク内からダイレクトシュートをゴール右に突き刺した。 2点のビハインドを追うレッチェは40分、ドリブルでボックス右深くまで侵入したマンコースのクロスをバラクがヘディングを叩き込み、1点を返した。さらに前半終了間際の45分にもショートコーナーを受けたファルコの左クロスをメッカリエッロが頭で流し込み、試合を振り出しに戻した。 同点で迎えた後半も、レッチェは早い時間に失点を許す。52分、ボックス左深くまで持ち上がったカプラーリのバックパスをバリッラがダイレクトで折り返すと、コーネリウスが流し込んだ。再びリードを許したレッチェは、67分にもイングレーゼにゴールネットを揺らされ、4失点を喫してしまう。 レッチェはその2分後の69分、シャコフのヘディングシュートのこぼれ球をラパドゥーラが押し込んで1点差に迫ったが、反撃はここまで。3-4で敗れたレッチェは、1年でのセリエB降格が決定した。 ◆セリエA第38節 結果 ▽8/2(日) SPAL 1-3 フィオレンティーナ ジェノア 3-0 ヴェローナ レッチェ 3-4 パルマ ボローニャ 1-1 トリノ サッスオーロ 0-1 ウディネーゼ ▽8/1(土) ブレシア 1-1 サンプドリア ユベントス 1-3 ローマ ナポリ 3-1 ラツィオ アタランタ 0-2 インテル ミラン 3-0 カリアリ 2020.08.03 05:50 Mon
twitterfacebook
thumb

最終節での逆転残留目指すレッチェ指揮官 「個々が持つ全力を出さなければならない」

セリエA最終節での逆転残留を目指すレッチェのファビオ・リベラーニ監督は、人事を尽くして天命を待つ構えだ。イタリア『calcionews24』が伝えている。 昨シーズンのセリエBを2位で終えて7年ぶりのセリエA復帰となったレッチェ。序盤戦はしぶとく勝ち点を重ねていたものの、昨年12月以降に4連敗、6連敗という大型連敗を喫した影響もあり、降格圏の18位(勝ち点35)に低迷。 それでも、前節のウディネーゼ戦で2-1の会心の逆転勝利を収めたことで、セリエA最終節を前に、残留圏内の17位ジェノア(勝ち点36)との勝ち点差を1ポイントに縮め、逆転残留への望みを繋いでいる。 そして、11位のパルマをホームで迎え撃つ最終節では勝利を収めた上、同時刻に行われる試合でジェノアがヴェローナに引き分け以下に終わった場合、逆転での残留を決められる。 その重要な一戦の前日会見に出席したリベラーニ監督は、無観客開催に伴い、自宅で残留を願うティフォージの期待に応えるため、最後まで全力を尽くすことを誓っている。 「ウディネーゼ戦前のアウェイゲーム3試合では良いパフォーマンスができていたし、より良い結果に値したと思っている。そして、ウディネーゼ戦ではセリエAに残るための最後のチャンスだったが、我々は自分たちができること以上のものを出して勝利を手にした」 「そして、引き続きベストを尽くし続ける必要がある。明日の試合に向けて最善の準備をし、絶対に勝たなければならない。そして、最終結果を下すことになる別の会場での試合結果を待つことになるだろう」 「我々にとってこの試合は今シーズンの最終戦だ。それ以外には何も残っていない。したがって、それぞれが持っているすべてをピッチへ注ぎ込むことが重要だ」 「2万人ものホームサポーターの不在は我々にとって残念なことだ。彼らはホームに限らず、アウェイでも熱心に我々をサポートしてくれているからだ。それは大きなハンディキャップになるが、それはどのクラブも同じことだ。セリエAは誰にとっても重要な財産であり、そのために最後まで戦い、守らなければならない」 2020.08.02 15:06 Sun
twitterfacebook

順位表



得点ランキング