バーンリー

今季の成績
順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
10 バーンリー 39 11 6 12 34 40 -6 29
日程
開催日時 ホーム スコア アウェイ

プレミアリーグ
第30節
マンチェスター・シティ vs バーンリー

プレミアリーグ
第31節
バーンリー vs ワトフォード

プレミアリーグ
第32節
クリスタル・パレス vs バーンリー

プレミアリーグ
第33節
バーンリー vs シェフィールド・ユナイテッド

プレミアリーグ
第34節
ウェストハム vs バーンリー
結果
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2020.03.07
26:30
プレミアリーグ
第29節
バーンリー 1 - 1 トッテナム
2020.02.29
24:00
プレミアリーグ
第28節
ニューカッスル 0 - 0 バーンリー
2020.02.22
24:00
プレミアリーグ
第27節
バーンリー 3 - 0 ボーンマス
2020.02.15
21:30
プレミアリーグ
第26節
サウサンプトン 1 - 2 バーンリー
2020.02.02
23:00
プレミアリーグ
第25節
バーンリー 0 - 0 アーセナル
基本データ

正式名称:バーンリーFC

原語表記:Burnley Football Club

愛称:クラレッツ、ロングサイダーズ、プライド・オブ・ランカシャー

創立:1887年

ホームタウン:バーンリー

チームカラー:ワインレッド

関連ニュース
thumb

バーンリー、アイルランド代表MFブレイディとの1年契約延長オプションを行使

バーンリーは21日、アイルランド代表MFロビー・ブレイディ(28)との1年契約延長オプションを行使したことを発表した。契約期間は2021年6月30日までとなる。 マンチェスター・ユナイテッドの下部組織で育ったブレイディは、ハル・シティやノリッジでのプレーを経て、2017年1月にクラブレコードの推定移籍金1300万ポンド(当時レート:約18億4000万円)でバーンリーに加入。 バーンリーでは度重なるケガに悩まされながらも、3年半で公式戦63試合に出場し5ゴール8アシストをマーク。今シーズンは両サイドハーフを務めるFWドワイト・マクニール、MFジェフ・ヘンドリックのサブとしてプレミアリーグで14試合(先発:5試合)に出場し1ゴール2アシストを記録している。 2020.05.21 23:30 Thu
twitterfacebook
thumb

バーンリーのアシスタントコーチがコロナ陽性

バーンリーは19日、アシスタントコーチのイアン・ワーン氏に新型コロナウイルス(COVID-19)の陽性反応があったことを発表した。 プレミアリーグは同日、全体検査の結果3クラブ6人にコロナ陽性者がいたことを明かしていた。バーンリーは公式サイトにて次のように発表している。 「バーンリーはアシスタントコーチのイアン・ワーンがコロナ陽性となったことを認めます。イアンは無症状で現在体調も問題なく家に居ます。ウイルスが体から居なくなれば問題なくトレーニングに関われるし、クラブ職員ともコミュニケーションを取れることでしょう」 なお、ワーン氏は1週間の自己隔離の後、来週月曜に再び検査を受けるとのことだ。 2020.05.20 07:30 Wed
twitterfacebook
thumb

元イングランド代表GKハート、減俸覚悟でリーズへ?

バーンリーに所属する元イングランド代表GKジョー・ハート(33)に対して、リーズ・ユナイテッド移籍の可能性が浮上した。イギリス『Football Insider』が報じている。 かつてイングランド代表の正守護神まで上り詰め、マンチェスター・シティ時代に2度のプレミアリーグ優勝を経験したハート。ジョゼップ・グアルディオラ監督の構想から外れ、2018年夏に2年契約でバーンリーに加わった。 しかし、バーンリー加入後の立ち位置はほとんどがイングランド代表GKニック・ポープの控えGK。週給7万ポンド(約900万円)の2年契約も今季限りであり、定期的な出番を求め、ターフ・ムーアから旅立つ可能性が高いという。 そこで新天地に挙がったのがチャンピオンシップ(イングランド2部相当)首位のリーズだ。元スペイン代表GKキコ・カシージャが守護神を務めているが、試合中の人種差別的な発言で8試合の出場停止処分を受け、将来が揺らいでいるようだ。 野心的なクラブに移り、再びキャリアを輝かせたい思いを抱くハートは、仮にリーズ行きの話が具体化すれば、前向きな姿勢。給与カットもいとわないというが、果たして…。 2020.05.01 17:25 Fri
twitterfacebook
thumb

ハート、代表で共闘のルーニーと再会か…ダービーが獲得に興味

バーンリーに所属する元イングランド代表GKジョー・ハート(32)にダービー・カウンティが興味を示しているようだ。イギリス『サン』が報じた。 マンチェスター・シティ時代に2度のリーグ優勝やFAカップ制覇に貢献してきたハートは2018年夏にバーンリーに2年契約で加入。加入初年度はイングランド代表GKニック・ポープの負傷離脱に伴い、リーグ戦19試合に出場も、今季ここまではEFLカップとFAカップの3試合の出場に留まっていた。 今季限りで契約満了に伴う退団が決定しているハートに対して、チャンピオンシップ(イングランド2部)所属するダービーが関心。 そのダービーには、イングランド代表で共にプレーした経験を持つウェイン・ルーニーが在籍。そうした状況もあり、ハートに対する興味を強めているものとみられる。 なお、同紙によればベシクタシュもハートの獲得に関心を示している模様。ベシクタシュは現在、リバプールからレンタル加入のドイツ人GKロリス・カリウスが守護神を務めているが、度々イージーミスを犯す同選手の買い取りに動く可能性は低く、今夏に新たな守護神の獲得を希望しているという。そして、その有力な候補としてハートをリストアップしているようだ。 2020.04.20 02:20 Mon
twitterfacebook
thumb

バーンリー、プレミア打ち切りの場合、損失は最低67億円…上位クラブはその倍額か?

バーンリーは4日、2019-20シーズンのプレミアリーグが打ち切りとなった場合の財政面の影響に関する声明を発表した。 新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大によって延期を余儀なくされているプレミアリーグ。当初、4月30日以降の再開を目指していたが、“安全”が確保されるまでシーズンが再開されることがないことが確認され、実質無期限延期の状態だ。 これにより、すでに多くのクラブが財政的なダメージを被っており、所属する選手たちに対して30パーセントの年俸削減を提言したことも明らかとなっている。 その中でバーンリーは4日、2019-20シーズンのプレミアリーグが打ち切りとなった場合、クラブが5000万ポンド(約67億円)の収入を失うとの試算を公表した。 等分配にイギリス国内での生中継の回数やシーズン終了時の順位がボーナスとして加算されるプレミアリーグの放映権料に関して、このままシーズン打ち切りとなった場合、当初受け取れるはずだった4500万ポンド(約60億円)が支払われないという。 また、残り試合におけるホームゲームの入場料収入に関しては打ち切りか、無観客開催での続行の場合、総額で500万ポンド(約7億円)の損失が見込まれるという。 さらに、スタジアム規模や人気、順位表において中位以下のバーンリーの損失は5000万ポンド程度に見積もられているが、より入場料収入や放映権料の分配が多いビッグ6などの人気クラブの損失は1億ポンド(約133億円)以上になるとのことだ。 2020.04.04 20:55 Sat
twitterfacebook

順位表




得点ランキング