バーンリー

今季の成績
順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
15 バーンリー 40 11 7 17 44 62 -18 35
日程
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2019-04-28
22:05
プレミアリーグ
第36節
バーンリー vs マンチェスター・シティ
2019-05-04
23:00
プレミアリーグ
第37節
エバートン vs バーンリー
2019-05-12
23:00
プレミアリーグ
第38節
バーンリー vs アーセナル
結果
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2019.04.22
28:00
プレミアリーグ
第35節
チェルシー 2 - 2 バーンリー
2019.04.13
23:00
プレミアリーグ
第34節
バーンリー 2 - 0 カーディフ
2019.04.06
23:00
プレミアリーグ
第33節
ボーンマス 1 - 3 バーンリー
2019.03.30
24:00
プレミアリーグ
第32節
バーンリー 2 - 0 ウォルバーハンプトン
2019.03.16
24:00
プレミアリーグ
第31節
バーンリー 1 - 2 レスター・シティ
基本データ

正式名称:バーンリーFC

原語表記:Burnley Football Club

愛称:クラレッツ、ロングサイダーズ、プライド・オブ・ランカシャー

創立:1887年

ホームタウン:バーンリー

チームカラー:ワインレッド

関連ニュース
thumb

ダビド・ルイス、イライラ…バーンリーの戦い方に「アンチ・フットボール」

チェルシーに所属するブラジル代表DFダビド・ルイスがバーンリーの戦いに毒づいた。イギリス『BBC』が報じた。 トッテナムやアーセナル、マンチェスター・ユナイテッドとプレミアリーグのトップ4争いを演じるチェルシー。22日にホームで行われた第35節で、バーンリーと激突した。8分に先制を許したなか、12分にフランス代表MFエンゴロ・カンテ、14分に元アルゼンチン代表FWゴンザロ・イグアインがゴールを決めて逆転したが、24分に追いつかれ、2-2のドロー。トッテナムやアーセナル、ユナイテッドより1試合消化試合数が多いなかで、勝ち点1を上積むにとどまった。 この試合にセンターバックの一角でフル出場したダビド・ルイスは勝てば3位浮上のチャンスだったバーンリー戦後、ドローという結果も相まってか、怒りの矛先を対戦相手の消極的な戦い方に。「アンチ・フットボールだ」と罵った。 「アンチ・フットボールだ」 「時間を使ってばかりだった。特に、ボールを持つとね。彼らの選手はピッチに倒れて、試合を止めた」 「彼らの11人はボックス内でプレーしてばかりだった。試合をしたがらない相手との対戦は難しい」 バーンリーからすれば、チェルシーは戦力的にも数段格上の強敵。守備に比重を置いて、ワンチャンスをモノにする戦術は、強敵相手の常套手段だ。ダビド・ルイスの発言は八つ当たりのように感じてならない。 勝ち点1を上積みして暫定4位に浮上したチェルシーは29日に敵地で行われる次節、6位に位置するユナイテッドとの直接対決に挑む。 2019.04.23 15:40 Tue
twitterfacebook
thumb

チェルシー、格下に痛恨ドローで3位浮上のチャンスを逃す…《プレミアリーグ》

チェルシーは22日、プレミアリーグ第35節でバーンリーと対戦し、2-2の引き分けに終わった。 前節のリバプール戦でリーグ戦4試合ぶりの黒星を喫した5位チェルシー(勝ち点66)が、15位バーンリー(勝ち点39)をホームに迎えた一戦。ミッドウィークに行われたヨーロッパリーグ準々決勝2ndレグのスラビア・プラハ戦を勝利し、危なげなく準決勝進出を決めたチェルシーは、その試合から先発を4人変更。ジルーやペドロ、バークリーらに代えてイグアインやハドソン=オドイ、ジョルジーニョらを先発で起用した。 試合は地力で勝るチェルシーが良い立ち上がりを見せたが8分、右CKのセカンドボールをペナルティアーク右のヘンドリックに豪快なボレーシュートをゴール右に叩き込まれ、先制を許した。 早い時間に失点を喫したチェルシーだが、すぐに反撃。すると12分、ボックス左から仕掛けたアザールの折り返しをカンテが左足で流し込み、チェルシーが試合を振り出しに戻す。 さらにチェルシーは、14分にもボックス右でボールを受けたイグアインがアスピリクエタとのワンツーで縦に切り込み、豪快なシュートをゴールに叩き込んだ。 逆転に成功したチェルシーだったが、24分に再びセットプレーから失点する。ウェストウッドのFKをボックス左に走り込んだミーが頭で折り返すとウッドのフリックしたボールを逆サイドのバーンズが押し込んだ。 同点とされたチェルシーは、41分にアクシデント。右足を痛めたハドソン=オドイがプレー続行不可能となり、ペドロとの交代を余儀なくされた。 2-2で迎えた後半、チェルシーはカンテを下げてコバチッチを投入。すると51分、ボックス右でパスを受けたペドロの折り返しからイグアインがチャンスを迎えたが、ダイレクトシュートは相手GKの正面を突いた。 チェルシーは67分にも、エメルソン・パルミエリの左クロスが流れたルーズボールをボックス右に走り込んだアスピリクエタがダイレクトシュートで狙ったが、これはGKヒートンの好セーブに阻まれた。 主導権を握りながらも勝ち越しゴールが奪えないチェルシーは、77分にイグアインを下げてジルーを投入したが、それでも好転しないまま試合は進み、結局最後まで互いにネットを揺らすことなく試合終了。 格下相手に痛恨のドローで勝ち点を取りこぼしたチェルシーは、3位浮上のチャンスを逃した。 2019.04.23 06:15 Tue
twitterfacebook
thumb

リバプール、マネ&フィルミノの合計4発で2戦ぶり白星! CLバイエルン戦に弾み《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第30節、リバプールvsバーンリーが10日にアンフィールドで行われ、ホームのリバプールが4-2で勝利した。 前節、エバートンとのマージーサイド・ダービーをゴールレスドローで終えたリバプール(勝ち点70)は、マンチェスター・シティ(勝ち点71)に抜かれて首位陥落。また、今節は前日にシティがワトフォードに勝利したことで暫定4ポイント差の中で17位バーンリーとのホームゲームに臨んだ。 13日にバイエルンとのチャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16の2ndレグを控える中、クロップ監督は直近のエバートン戦から先発2人を変更。ヘンダーソンとオリジに代わってララナ、フィルミノを起用した。 格下相手のアンフィールドの一戦で圧倒する入りが期待された中、試合は思わぬ立ち上がりに。6分、アウェイのバーンリーが左サイドでCKを獲得する。ここでキッカーのウェストウッドが右足インスウィングでゴールに向かう鋭いボールを入れると、相手選手2人にサンドされたGKアリソンが弾き出せずそのままゴールネットへ吸い込まれる。アリソンは攻撃側のオブストラクションのファウルを主張もマリナー主審は判定を覆すことはなく、微妙な判定でアウェイチームの先制点が認められる。 ホームで先制を許す厳しい入りを強いられたリバプールだったが、すぐさま反撃に転じると、相手のミスを効果的に突いて早い時間帯に試合を引っくり返す。 まずは19分、左サイドのララナからサイドチェンジを受けた右サイドのサラーがボックス内のワイナルドゥムとのパス交換でボックス右ゴールライン際に抜け出してグラウンダーのクロスを供給。これをGKヒートン、DFがクリアし損ねてファーに流れると、ドフリーのフィルミノが難なく押し込んだ。 さらに、攻勢を続ける中で29分にはボックス付近でもたついた相手DFのクリアをララナが身体を張ってブロックしたボールがゴール前にこぼれると、サラーは打ち切れなかったものの、ボックス左でルーズボールに反応したマネが右足の丁寧なコントロールシュートでファーポストに決め切り、逆転に成功した。 前半のうちに逆転に成功したリバプールはややペースを落としてゲームコントロールに気を配りつつ、リスクをかけないカウンターやセットプレーから3点目を狙うが、サラーやアーノルドのフィニッシュがうまくいかず、前半は2-1のスコアで終了した。 迎えた後半も前半半ばからの流れを踏襲して比較的動きが少ないクローズな展開が続く。バイエルン戦に向けて早い時間帯に試合を決めて主力を休ませたいホームチームは、ゴールがほしいサラーを起点にフィニッシュに持ち込んでいく。 だが、なかなか攻め切れない状況が続くと、相手の左サイドハーフのマクニールの積極果敢な仕掛けに苦戦。フィニッシュまでは持ち込ませないものの、やや押し返される状態が続く。 それでも、68分には再び相手のミスから決定的な3点目を奪う。相手GKの不用意なゴールキックを相手陣内右サイドで奪ったサラーがそのままボックス内まで運ぶ。サラーは相手DFの寄せでシュートまで持ち込めないが、こぼれ球をゴール前ドフリーのフィルミノが難なく無人のゴールへ流し込んだ。 その後、今度こそバイエルン戦を睨んでワイナルドゥム、ララナ、アーノルドを続けて下げてヘンダーソン、ナビ・ケイタ、スタリッジの投入で試合を締めに掛かるリバプール。試合終盤にはマネ、ロバートソン、サラーと4点目のチャンスが訪れたものの、バーや相手守備陣の好守に阻まれた。 その後、試合終了間際には途中出場のグズムンドソンに2点目を許すも、直後にマネの2点目で引き離し、4-2のスコアで試合をクローズ。ややバタバタした試合運びも大量4ゴールのリバプールがリーグ戦2試合ぶりの白星を手にして首位シティとの勝ち点1差をキープ。サラーの決定力不足という不安こそ払しょくできなかったが、CLバイエルン戦に弾みを付けた。 2019.03.10 22:57 Sun
twitterfacebook
thumb

ポチェッティーノ、バーンリー戦の戦いを反省「変えるには5年、10年かかる」

トッテナムを率いるマウリシオ・ポチェッティーノ監督が、バーンリー戦での戦いを反省している。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えた。 プレミアリーグ第27節終了時点で勝ち点60の3位に位置しているトッテナム。首位リバプール(勝ち点66)、2位マンチェスター・シティ(勝ち点65)の背中が唯一見えているクラブではあるものの、優勝争いという話題では本命や対抗には挙げられないのが現状だ。 また、23日の第27節バーンリー戦では1-2でまさかの敗戦。熾烈なタイトル争いにおいて、一層不利な立場となった。バーンリー戦後、試合を振り返ったポチェッティーノ監督は落胆を隠さずに語っている。 「もし本当に優勝争いに加わりたいのであれば、上手くプレーしようがしまいがここ(バーンリー戦)での勝利はマストだ」 「大きなことのために戦っていると示す必要があるし、不満だよ。私たちはバーンリーと同じエネルギー、同じ姿勢、同じ野心を示せなかったのだから」 「自分たち自身を見つめなくてはならないし、恐らく違った方法で自己評価しなければならない。言い訳は探さないことだ」 「それ(言い訳)は私たちを妨げるものだし、それを変えるには5年や10年がかかるかもしれない」 2019.02.27 10:50 Wed
twitterfacebook
thumb

ケイン復活ゴールも虚しく…トッテナム、バーンリーの堅守に苦しみ敵地でリーグ5戦ぶり黒星《プレミアリーグ》

トッテナムは23日、プレミアリーグ第27節でバーンリーと対戦し、1-2で敗れた。 3位に付けるトッテナム(勝ち点60)が15位バーンリーの本拠地ターフ・ムーアに乗り込んだ一戦。リーグ戦4連勝と波に乗るチームはチャンピオンズリーグでもホームでドルトムントを3-0で圧倒。さらにこの試合ではエースのケインが1カ月ぶりに復帰し、リーグ戦では5試合ぶりの出場となった。 フォイス、アルデルヴァイレルト、ヴェルトンゲンの3バックで臨んだトッテナムは、リーグ戦7試合無敗のバーンリー相手に攻めあぐねる時間が続く。16分にボックス手前右でボールを持ったケインがドリブルで中央に流れてシュートに繋げたが、左足のシュートは枠の左に外れた。 ゴール前を固めるバーンリーに対して、トッテナムはウイングバックのオーリエやローズが高い位置を取り両サイドから崩しにかかる。だが、バイタルエリアに入ると高いインテンシティを見せるバーンリーに思うように攻撃の形を作らせてもらえない。逆に33分には、一本のロングパスからバーンズにあわやのシュートを打たれるなど、バーンリーの狙い通りに試合が進む。 39分にはオーリエとケインが立て続けにヘディングシュートを放ったがどちらもGKヒートンに止められた。結局、無得点で試合を折り返したトッテナムは50分、ケインがボックスの外から強烈なミドルシュートを見舞うも、これもGKのセーブに遭う。 後半もトッテナムにとって難しい試合展開が予想される中迎えた57分、CKのチャンスを得たバーンリーは、マクニールのクロスをウッドが頭で流し込んで先制点を挙げた。 痛い失点を喫してしまったトッテナムはその後62分にウィンクスを下げてジョレンテを投入。前線の枚数を増やす。すると65分、左サイドのハーフウェイライン付近からのスローインをローズが素早くリスタート。これでディフェンスラインの裏を取ったケインは斜めにボックス左に侵入。ボールと相手との間に体を入れてキープし、右足アウトサイドでゴールに流し込んだ。 早くも同点とされたバーンリーの戦い方は変わらない。71分に自陣からロングボールを相手のゴール前に放り込むと、一度撥ね返されたボールを拾って最後はボックス右からヘンドリックがシュート。惜しくも枠の左に逸れた。 一方、同点にした勢いを失いたくないトッテナムは76分、フォイスを下げてラメラを投入。この際に3バックから4バックに変更した。だが、その直後ピンチに見舞われる。ポジション変更で空いた最終ライン左サイドのスペースをウッドに突かれると、一度は撥ね返したクロスのこぼれ球をマクニールにシュートに運ばれてしまう。 試合も終盤に差し掛かり、ホームで勝ちを狙いに行くバーンリーは80分にブレイディとグズムンドソンを同時投入。この交代が功を奏す。84分、押し込むバーンリーは相手のクリアボールをミーが拾って二次攻撃へ。ここで、途中出場のグズムンドソンがドリブルでボックス左に侵攻しシュートを選択。するとこれがゴール前へのクロスのようになり、詰めていたバーンズが押し込んでホームチームが勝ち越した。 厳しくなったトッテナムは、88分にソン・フンミンに代えてルーカス・モウラを投入するも大勢は変わらず。後半アディショナルのラメラのヘディングシュートもGKヒートンにキャッチされて万事休す。復帰直後のケインに嬉しい復活ゴールが生まれたものの、バーンリーの堅守速攻に苦しめられたトッテナムはリーグ戦5試合ぶりの黒星となった。 2019.02.23 23:26 Sat
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

順位表

@ultrasoccerjp

得点ランキング