PSV

今季の成績
順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
3 PSV 8 2 2 2 9 12 -3 6
基本データ

正式名称:PSVアイントホーフェン

原語表記:Philips Sport Vereniging Eindhoven

愛称:Rood-Witten、Boeren、Philips

創立:1913年

ホームタウン:アイントホーフェン

チームカラー:赤・白

関連ニュース
thumb

アタランタ、PSVからオランダ人ストライカー、サム・ラマースを獲得!

アタランタは22日、オランダ人FWサム・ラマース(23)をPSVから獲得したことを発表した。オランダメディアによると、移籍金は1000万ユーロ(約12億2800万円)程度。 ヴィレムIIやPSVの下部組織で育ったラマースは、19歳だった2016-17シーズンにトップチームデビュー。そのシーズンのエールディビジでは5試合に出場し、2試合連続ゴールを決めている。 189㎝の長身を生かしたプレーが特徴でありながら、足元の技術や戦術理解に長けたモダンなセンターFW。フィニッシュの精度も一流で、18-19シーズンにレンタルで加入したヘーレンフェーンでは、リーグ戦31試合で16ゴール5アシストを記録した。 昨季はPSVに復帰したものの、ヒザのケガで長期離脱を強いられ、公式戦出場は10試合にとどまった。 また、各世代のオランダ代表にも名を連ねた逸材で、U-21では11試合3ゴール、U-19では14試合で10ゴールをマークしている。 2020.09.22 17:40 Tue
twitterfacebook
thumb

PSVが広州富力からイスラエル代表FWザハビを獲得、中国では106試合で91ゴール

PSVは20日、イスラエル代表FWエラン・ザハビ(33)を完全移籍で獲得したことを発表した。 ザハビは、ハポエル・テル・アビブでキャリアをスタート。2011年7月にパレルモへ完全移籍すると、マッカビ・テル・アビブを経て、2016年7月から中国スーパーリーグの広州富力へと完全移籍していた。 広州富力では、中国スーパーリーグで106試合に出場し91ゴール27アシストを記録していた。 また、イスラエル代表としても54試合に出場し20ゴールを記録している。 ザハビはクラブを通じて「私は中国で素晴らしい時間を過ごしたが、ヨーロッパで何ができるのかをもう一度示したいと思う」とコメント。「PSVは僕にとって素晴らしいチャンスだ。タイトルや攻撃的なサッカーのためにプレーしている。ここには大きなチャレンジがあり、オランダでプレーするのを楽しみにしている」と、自身初のオランダでのプレーに意気込んだ。 2020.09.21 13:58 Mon
twitterfacebook
thumb

114年目で初のセリエA挑戦となるスペツィア、PSVのオランダ代表GKズートを獲得

スペツィアは8日、PSVのオランダ代表GKイェルーン・ズート(29)の獲得を発表した。契約期間は2022年6月までの2年間となっている。 ズートはPSVのアカデミー出身で、2009年1月にファーストチームへ昇格。2019-20シーズンも正守護神としてプレーしていたが、昨年11月からベンチに座ることに。2020年1月からはユトレヒトへレンタル移籍していたが、エールディビジが新型コロナウイルス(COVID-19)の影響で打ち切りとなったこともあり、10試合の出場に終わっていた。 エールディビジでは通算277試合に出場、オランダ代表としても11試合に出場している経験豊富なズートが、クラブ創設114年にして初めてセリエAに挑戦するスペツィアに加わった。 2020.09.09 07:30 Wed
twitterfacebook
thumb

114年目で初のセリエA挑戦となるスペツィア、PSVのオランダ代表GKズートを狙う

クラブ史上初のセリエAに挑戦するスペツィアが、オランダ代表GKイェルーン・ズート(29)の獲得を目指しているようだ。 スペツィアは、2019-20シーズンのセリエBで3位となり、プレーオフの末セリエA昇格を決めたスペツィア。クラブ創設114年にして初めての挑戦となる。 そのスペツィアは、PSVのズートを獲得するため、交渉を進めているとのこと。イタリア『スカイ・スポーツ』の移籍ジャーナリストであるジャンルカ・ディ・マルツィオ氏が語っている。 ズートはPSVのアカデミー出身で、2009年1月にファーストチームへ昇格。2019-20シーズンも正守護神としてプレーしていたが、昨年11月からベンチに座ることに。2020年1月からはユトレヒトへレンタル移籍していたが、エールディビジが新型コロナウイルス(COVID-19)の影響で打ち切りとなったこともあり、10試合の出場に終わっていた。 エールディビジでは通算277試合に出場、オランダ代表としても11試合に出場しているズートだが、PSVとの契約は2021年6月までとなっており、移籍金も抑えられると見られている。 初のセリエA挑戦に向け、守護神の獲得は大きな補強となるが、ズートがイタリアに渡ることはあるだろうか。 2020.09.06 12:10 Sun
twitterfacebook
thumb

日本代表MF堂安律のビーレフェルト入りが決定 PSVから1年レンタル、背番号「8」

ビーレフェルトは5日、PSVに所属する日本代表MF堂安律(22)のレンタル加入を発表した。移籍期間は2021年6月30日までの1年。背番号「8」を着用する。 堂安は昨夏、フローニンヘンから移籍金750万ユーロ(現レートで約9億4000万円)の5年契約でオランダの強豪PSVに入団。シーズン序盤こそマルク・ファン・ボメル監督の下でレギュラーとして活躍したが、監督交代後は出番が減り、最終的に公式戦27試合に出場して3得点という成績に終わった。 そんなガンバ大阪育ちのレフティを擁するPSVは今夏、ロジャー・シュミット監督を新たに招へい。ドイツ人新監督の攻守にアグレッシブなスタイルに合わず、PSVの放出リストに載るひとりに目され、ブンデスリーガ昇格組のビーレフェルトにレンタルで加わる憶測が浮上している状況だった。 そうした状況を受けて、堂安も来年の東京オリンピック出場を視野に入れ、出場機会を求めての移籍を希望しているともいわれるなか、既報どおり、ビーレフェルトがレンタル加入を正式発表した。 ドイツ初挑戦となる堂安はクラブ公式サイトで「昨季の試合を何試合か観て、印象的でした。ブンデスリーガでプレーできるというも僕の決断にすごく重要でした。首脳陣ともすごく良い話し合いができたので、オファーを快く受けることにしました。新シーズンがすごく楽しみです」と語った。 ビーレフェルトは1905年に創設され、1983〜1988年まで元日本代表FWの尾崎加寿夫氏が所属。今季は12季ぶりにブンデスリーガ1部を戦うシーズンとなる。 2020.09.05 17:35 Sat
twitterfacebook

順位表




得点ランキング