AZ

今季の成績
順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
2 AZ 9 2 3 1 15 8 7 6
結果
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2020.12.10
26:55
UEFAヨーロッパリーグ グループF
第6節
リエカ 2 - 1 AZ
2020.12.03
29:00
UEFAヨーロッパリーグ グループF
第5節
AZ 1 - 1 ナポリ
2020.11.26
29:00
UEFAヨーロッパリーグ グループF
第4節
AZ 0 - 0 レアル・ソシエダ
2020.11.05
26:55
UEFAヨーロッパリーグ グループF
第3節
レアル・ソシエダ 1 - 0 AZ
2020.10.29
29:00
UEFAヨーロッパリーグ グループF
第2節
AZ 4 - 1 リエカ
基本データ

正式名称:AZアルクマール

原語表記:Alkmaar Zaanstreek

創立:1967年

ホームタウン:アルクマール

チームカラー:赤、白

関連ニュース
thumb

DF菅原由勢がヤクルトのバンデンハークと異色のコラボ「バレンティンはレジェンド」

AZの日本代表DF菅原由勢と東京ヤクルトスワローズに所属するオランダ人ピッチャーのリック・バンデンハークが共演を果たした。AZのクラブ公式サイトが伝えている。 異色にも思えるコラボは、オランダ王国野球ソフトボール協会(KNBSB)の企画で、オランダの地で活躍する日本人サッカー選手と、日本の地で活躍するオランダ人野球選手ということで実現した。 すでに菅原が自身のインスタグラムで共演を明かしていたが、ついにその対談内容が公開された。 対談の中で、菅原は幼少期に野球をやっていたことを明かし、辞めてサッカーを始めた理由についても語った。 「ボールが固くて、デッドボールを受けたら痛いからです。それが本当に嫌でサッカーを始めました」 また、オランダの食事について、別のインタビューで「オランダのご飯が嫌い」と言っていたことをインタビュアーから笑いながら指摘されると、菅原も苦笑いしながら認めている。 「それは本当です(笑)。オランダ人はジャガイモが好きで、去年ホームステイしていた時にたまにラザニアが出たんですが、ほとんどジャガイモでした。僕は嫌いです」 さらに、今回の対談場所にスクーターに乗ってきたことを聞かれ、「ほぼ毎日です。まだ自動車免許を持っていないからです。前は自転車に乗っていたんですが、疲れます。だから解決策を見つけないといけなかったんです。練習の日だけですが」と日常的に使っていることを明かした。 その後、日本人野球選手の話になると、菅原は、松井秀喜、田中将大、ダルビッシュ有、大谷翔平の名前を挙げる。さらにオランダ人外野手のウラディミール・バレンティン(福岡ソフトバンクホークス)を「レジェンドです。ビッグプレイヤーです」と語り、オランダ人司会者を驚かせていた。 そして、菅原はAZでも着けている背番号「26」が入った野球のオランダ代表ユニフォームと、「SUGAWARA」のネーム入りバットをプレゼントされると、早速着用し、バンデンハークとともにバッティングチャレンジに挑んだ。 その様子はAZのYouTubeチャンネルにて日本語字幕付きで公開されているので、ぜひ動画をご覧頂きたい。 <span class="paragraph-title">【動画】菅原とバンデンハークがバッティングに挑戦!(日本語字幕付き)</span> <span data-other-div="movie"></span> <iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/jW8DLmV5hWg" title="YouTube video player" frameborder="0" allow="accelerometer; autoplay; clipboard-write; encrypted-media; gyroscope; picture-in-picture" allowfullscreen></iframe> 2021.04.13 20:45 Tue
twitterfacebook
thumb

ローマがAZ主将MFコープマイネルスに関心! ストロートマン彷彿の大器

ローマがAZに所属するオランダ代表MFトゥン・コープマイネルス(23)に関心を示しているようだ。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が報じている。 来シーズンに向けて中盤や最終ラインの刷新を目指すローマ。その中で元アルゼンチン代表DFフェデリコ・ファシオ、元ブラジル代表DFフアン・ジェズスというベテラン2選手の退団が決定的なセンターバック、中盤の守備に強度をもたらす守備的MFの補強は優先事項のひとつとなっている。 そういった中、クラブが獲得候補に挙げているのが、昨シーズンからAZでキャプテンを務めるコープマイネルスだ。 AZのアカデミー出身の23歳は2017-18シーズンよりトップチームに定着。守備的MFとセンターバックを主戦場とする183cmのMFは、豊富な運動量と球際の強さに加え、高精度の左足のキックを最大の特長とする万能型。 今シーズンここまでは公式戦37試合に出場し、守備的なポジションでプレーしながらも、正確無比なプレースキックと強烈なミドルシュートを生かして17ゴール7アシストと決定的な仕事を果たしている。 かつてローマで活躍したオランダ代表MFケビン・ストロートマンを彷彿とさせる若きリーダーに対して、ローマはすでに代理人と接触を図っているという。 そして、コープマイネルス自身も先週末のヴィレムⅡ戦後に地元メディアのインタビューで、「ローマから関心を寄せられている。今後、何が起こるかを見守るつもりだ。とても良いシーズンを過ごしているので、そういった関心が集まるのはある意味当然のことかもしれない」と、セリエAクラブからの関心を認めている。 なお、AZは若き主将の移籍金を2000万ユーロ(約26億円)前後に設定しているようだ。 2021.04.07 08:00 Wed
twitterfacebook
thumb

AZではレギュラー定着のDF菅原由勢、改めて語る東京五輪への思い「金メダルへの想いは今も昔も強い」

U-24日本代表は25日、国際親善試合のU-24アルゼンチン代表戦に向けた合宿4日目を迎えた。 東京オリンピック世代として、本大会前に集まれる数少ない機会となったが、3月は南米予選で1位通過を果たしたアルゼンチンと対戦する。 合宿4日目、翌日にU-24アルゼンチン代表戦を控え、オランダのAZでプレーするDF菅原由勢がオンライン取材に応対した。 昨年のヨーロッパ遠征で、4分間と短い時間ではあるがA代表デビューを果たした菅原。その菅原だが東京オリンピックに向けては「この大会が決まってから金メダルを目指していましたし、力になりたいと思っていました」とコメント。「海外で勉強できること、学べることは学んできたと思っています。よりチームに貢献できると思いますし、しなくてはいけないと思います」と語り、オランダで積んだ経験を還元したいと語り、「金メダルへの想いは今も昔も強いので、金メダルを獲るために大事な2試合になると思います」とこのアルゼンチンとの2試合を重要視していると明かした。 その菅原は名古屋グランパスからのレンタル移籍で1年間AZでプレーすると、今シーズンからは完全移籍に切り替わりプレー。昨年11月からレギュラーに定着してプレーしている。 菅原はクラブでレギュラーになったことについては「色々な試合に出られたことが良かったと思います」と語り、「アヤックス、PSV、フェイエノールトと試合をしたこと。これまで、試合よりも練習する機会が多かったですが、試合に出た時のため、自分のためと思って守備の一対一では強く行ったり、攻撃参加のタイミングを試してみていた」と語り、レギュラーになる前の準備が生きていると語った。 また、「試合に出て、2ゴール1アシストとまだ物足りないですが、準備してきたことを含めて、守備の対応や攻撃参加はかなり自信を得る機会でもありました」とし、「それと同時に課題も見つかっているので良い期間だったなと思います」と、レギュラーになってから充実していることを明かした。 一方でAZで感じた課題については「課題に関しては、自信にもなった一対一の部分はもっと伸ばせると思いますし、もっと上のレベルに行けると思います」とし、成長した部分については「良さのところで言えば、攻撃参加という部分で、得点やアシストに絡むことも増えてきていますし、ビルドアップでも僕の部分にボールがくることが増えています」とコメント。「ボールがくるということは信頼もされていて、使おうと思われていると思うので、攻撃の部分はやれることがたくさんあると思います」とし、攻撃参加の部分では手応えを感じているとした。 その菅原はヨーロッパリーグでも3試合プレー。グループステージではナポリ戦の2試合を経験しているが「正直、経験してみないと分からない部分があるというか、それを言葉にすることが難しいですが、ナポリは誰もが知っているクラブで、監督もガットゥーゾ監督で、名前のある選手がたくさんいる中で、そういうビッグクラブはモチベーション高く燃えるタイプの人間なので、緊張はなくて、すごくリラックスして楽しんでやっていました」とコメント。「結果も1勝1分けで成績も良いので、『ナポリすげーな』という感覚はなくて、ナポリ相手でもやれるという感覚がありました」と手応えを感じたとした。 また「プレーをする中でもボールを持った中でもクリバリはボールに食いつくなとか、インシーニェやメルテンスもボールを晒すときあるなとか。試合の中で色々と変化、相手への対応もできていましたし、ナポリのサッカーに順応できていたので、思っているほどレベルの差はないなと思っていました。あの2試合で自信を掴みました」と語り、力の差を感じるよりも、通用するという手応えを手にしていたようだ。 今回のアルゼンチン戦については「アルゼンチンが五輪に出るか出ないかは関係なく、世界のトップレベルの国であるので、決まった時から楽しみでしたし、どういう戦い方、どういうサッカーをするか楽しみがありました」とコメント。「東京五輪世代でありながらも今回来て居ない選手がいるので、100%ではないと思いますが、現状の100%の選手を連れてきていると思うので楽しみです」と、現在地を図る上でも良い相手だと語り、「久々に南米のチームとやるので、駆け引きを含めて非常に楽しみです」と意欲を語った。 アルゼンチンには欧州のクラブも注目するFWアグスティン・ウルシが今回のメンバーに招集されており、菅原はマッチアップする可能性が高い。 「左サイドの選手はすごく良い選手がいて、厄介というか怖いと思う選手です」と印象を語ったが、「オランダリーグでも色々な選手とやって、これまでも色々な選手とやってきていたので、共通するものを引き出して対応していって、違うものも持っているので、試合中に見るところは見ながら、何をすべきか試合前と試合中に見つけて対応できれば上回れると思います」と自信をうかがわせた。 また「左サイドで左利きの選手なので、左足の方に持っていこうというプレーをしようと思いますが、ボール位置が10m、15m中に入ったところで受けようとする選手なので、いかにボールが入る前に奪えるかです」と対策を語り、「ボールが来させないようなディフェンスをしながら、入った時はすばしっこく左利きということを頭に入れて、ワンツーやカットインを考えて、相手の状態を見てベストな方法を取りたいと思います」と、具体的な対策を語った。 東京五輪の先には、デビューしたA代表に絡んでいくことが求められる菅原。その空気をこの世代にも持ち込んでおり「A代表から何かを還元するというところでは、コミュニケーションの部分やピッチ内の雰囲気作りは大事ですし、戦術について話すことなど、常にベストな方法を探り続けることがA代表の中で感じたことです」とコメント。「常に選手同士の問題解決策を探していた印象があります。そこは還元というか、必要だなと感じました」と、自分たちの世代とA代表の差があるとコメント。「練習の質の高さとか、簡単なミスがない環境なのでピリッとしています。そこを発信していくことも、練習で実践していくことも大事だなと思います」とお手本になる必要があるとした。 一方で、A代表のポジション争いには、酒井宏樹(マルセイユ)や室屋成(ハノーファー)を超えなければいけない。「酒井選手、室屋選手もずっと代表にいて、色々なサッカーを見て基準があると思いますが、自分がどれだけの選手になるかが大事で、クラブとしてもマルセイユ、ハノーファーと良いクラブで、オランダリーグはまだ劣ると思います」と自分の立ち位置を分析。「自分のプレーの幅を増やしていって、自分のクラブが4大リーグに入ったりすれば、毎試合良いプレーをしていれば、代表にも入れると思います」とコメント。「酒井選手と室屋選手の壁は厚いですが、自分がやるべきことを整理してやっていけば到達できればと思います」とし、今後追い抜くことへの自信を見せた。 2021.03.26 07:45 Fri
twitterfacebook
thumb

U-24日本代表DF菅原由勢がヤクルトのバンデンハークと共演、バッティングフォームは貫禄も

オランダのAZに所属する日本代表DF菅原由勢と、東京ヤクルトスワローズに所属するオランダ人ピッチャーのリック・バンデンハークが共演を果たした。 2人はAZの企画で対談。詳細はまだ公開されていないが、一足先に菅原が自身のインスタグラムでその時の様子を公開している。 企画の中で、菅原が自身の背番号である26番がプリントされたオランダ代表の野球チームのユニフォームを手にする一方、バンデンハークは15番がプリントされたAZのユニフォームを手にするなど親交を深めた2人。 さらには2人がバッティングに挑戦する場面も。バットを手にする菅原には外国人助っ人のような貫録すらもあった。 菅原は自身のインスタグラムでバンデンハークへの感謝を綴っている。 「先日、オランダ人で日本でもプロ野球選手の一人として活躍するリック・バンデンハーク選手(@rick_vdhurk )と企画で対談と野球してきました」 「元ソフトバンクで日本一に輝くなど素晴らしい選手であり人格者でもあるという素晴らしい人間性を持つ選手でした」 「今年は東京ヤクルトスワローズで頑張ってください!記念ユニホームと名前入りのバッドまでありがとうございました」 「バッティングセンスあるかも」 また、バンデンハークも自身のフェイスブックを更新。菅原がソフトバンクの松田宣浩の“熱男”ポーズを披露すると、「彼は有名だね。クレイジーだよ」と元同僚を語る場面もあった。 <span class="paragraph-title">◆菅原のバッティングフォームには貫禄も?“熱男”ポーズも披露!</span><span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CMkF29sMRWq/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="13" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CMkF29sMRWq/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;"> この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CMkF29sMRWq/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">YukinariSugawara(@yukinarisugawara)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2021.03.24 06:30 Wed
twitterfacebook
thumb

元オランダ代表DFフラールが現役引退…AZ、フェイエ、ビラで活躍

AZアルクマールは10日、元オランダ代表DFロン・フラール(35)の現役引退を発表した。 近年、度重なるケガの問題に悩まされていたフラールは今シーズン終了を待たずして現役引退を決断。今後はアカデミー時代を過ごしキャリア最後のクラブとなったAZで新たな役割を担うべく協議中とのことだ。 2004-05シーズンにAZでプロキャリアをスタートしたフラールは、2006年1月にフェイエノールトへステップアップ。在籍6年半では最終ラインの主力を担い、2007-08シーズンにはKNVBカップのタイトルを獲得した。 その後、2012年に自身初の国外移籍でアストン・ビラに渡り、2015年には古巣AZに復帰していた。昨夏、クラブとの契約を1年間延期していたが、今シーズンはエールディビジでの出場はなく、昨年9月に行われたチャンピオンズリーグ(CL)予備予選のディナモ・キエフ戦がプロキャリア最後の試合となった。 クラブキャリア通算では374試合に出場し18ゴールを記録していた。 また、2005年にデビューを飾ったオランダ代表では通算32試合に出場し1ゴールを記録。2014年のブラジル・ワールドカップでは3位入賞を果たしていた。 190cmの大柄な体躯を生かしたパワフルな対人守備、キャリア晩年は読みを利かせたカバーリングと的確なコーチングで味方を動かす玄人好みのセンターバックだった。 2021.02.11 00:25 Thu
twitterfacebook

順位表

得点ランキング