タバサ・チャウィンガ Tabitha Chawinga

ポジション FW
国籍 マラウイ
生年月日 1996年05月22日(28歳)
利き足
身長
体重
ニュース
ニュース一覧

フランス勢対決はリヨンに軍配! PSGとの準決勝を制し、バルセロナの待つ決勝進出【UWCL】

28日、UEFA女子チャンピオンズリーグ(UWCL)準決勝2ndレグが行われ、パリ・サンジェルマン(PSG)とリヨンが対戦した。 フランス勢同士の決勝進出を懸けた戦い、1stレグはリヨンが3-2で勝利していた。 試合は開始3分に動く。リヨンはCKを獲得すると、右CKからショートカウンター。パスを受けたセルマ・バシャがボックス手前から左足シュート。ニアサイドの低いコースに見事に吸い込まれ先制する。 リヨンが先にスコアを動かし2戦合計2-4となった中、41分にPSGが反撃。ボックス手前左でパスを受けたタバサ・チャウィンガがボックス内に持ち込み左足シュート。ブロックに入ったDFの股を抜いたシュートが決まり、PSGが1点差に再び戻す。 1-1で迎えた後半、52分にリヨンはビッグチャンス。GKからのロングフィードに抜け出したメルキー・デュモーネイがGKコンスタンス・ピコーと一対一になるがセーブされる。こぼれ球を拾ってもう一度シュートもDFがブロック。こぼれ球を拾ったリンジー・ホランがボックス内でシュートも、枠を捉えられない。 その後もリヨンが押し込む展開となる。65分には波状攻撃を受けるが、PSGのGKピコーが素晴らしいセーブを見せる。 それでも81分、リヨンは右サイドを崩すと、ヴィッキー・ベチョのクロスを後方から猛然と走り込んだアメル・マイリが落とし、最後はデュモーネイが決めて、リヨンがリードを広げる。 PSGは最後まで逆転を目指して攻め込むが、そのまま試合終了。1-2でリヨンが制し、2戦合計3-5でリヨンが決勝進出。バルセロナと頂点を目指して決勝で対戦する。 パリ・サンジェルマン 1-2(AGG:3-5) リヨン 0-1:3分 セルマ・バシャ(リヨン) 1-1:41分 タバサ・チャウィンガ(PSG) 1-2:81分 メルキー・デュモーネイ(リヨン) <span class="paragraph-title">【動画】フランス勢同士の決勝を懸けた戦いはリヨンに軍配!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="YGhqtvO4PBQ";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.04.29 18:20 Mon

前回王者バルセロナが6年連続の4強入り!快勝PSGは準決勝でリヨンとのフランス勢対決へ【UWCL】

28日、UEFA女子チャンピオンズリーグ(UWCL)の準々決勝2ndレグの2試合が行われ、バルセロナとパリ・サンジェルマン(PSG)の準決勝進出が決定。ベスト4が出揃った。 前回大会王者のバルセロナは、ホームにSKブランを迎え、3-1で勝利。合計スコア5-2で準決勝進出を決めた。 ノルウェーでの1stレグを2-1と勝ち切って終えたバルセロナ。序盤はキャロライン・グラハム・ハンセンのフィニッシュやイレーナ・パレデスのヘッドがGKのセーブを強いると、24分にアイタナ・ボンマティがテクニカルなトラップと正確なシュートでネットを揺らし、試合を動かす。 70分には速攻からトミネ・スヴェンハイムに1点を返されたものの、88分には再びグラハム・ハンセンの突破を起点に、ボンマティのラストパスからパトリシア・ギハーロがタップインゴールを決めて勝負あり。6年連続の4強入りを果たし、準決勝ではチェルシーと対戦する。 同じく、敵地での1stレグを2-1と先勝していたパリ・サンジェルマン(PSG)は、パルク・デ・プランスでヘッケンに3-0と快勝した。 立ち上がりから主導権を握るPSGは27分、マリー・アントワネット・カトトのラストパスからタバサ・チャウィンガがネットを揺らすと、折り返しての70分にはアメリカ女子代表の新星、SheBelieves Cupのメンバーにも名を連ねるコービン・アルバートが、目の覚めるような左足のロングレンジショットを沈めてリードを広げる。 74分にはカトトがヘディング弾で追加点を奪ったPSGに対し、ヘッケンも途中出場の19歳FWマチルダ・ニルデンを中心に反撃を試みるが、点差の優位を生かしたPSGがそのまま逃げ切り勝ち。合計スコア5-1とし、リヨンの待つ準決勝へ駒を進めた。 ◆UEFA女子チャンピオンズリーグ準々決勝2ndレグ ▽3/28(木) バルセロナ 3-1(AGG:5-2) SKブラン パリ・サンジェルマン 3-0(AGG:5-1) ヘッケン ▽3/27(水) リヨン 4-1(AGG:6-2) ベンフィカ チェルシー 1-1(AGG:4-1) アヤックス ▽準決勝(4月20/21日、27/28日) バルセロナ vs チェルシー リヨン vs パリ・サンジェルマン <span class="paragraph-title">【ハイライト動画】グラハム・ハンセンの突破力は圧巻!バルセロナがブランを下す</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="8xMCy2Q7YfM";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> <span class="paragraph-title">【ハイライト動画】なでしこ戦にも出場する?アルバートの鮮烈ミドル弾などPSGが快勝</span> <span data-other-div="movie2"></span> <script>var video_id ="lrnitDzPh2s";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.03.29 15:15 Fri

QF1stレグは全てアウェイが勝利!連覇目指すバルセロナは決定力欠きながらもパラジュエロの決勝点で敵地先勝【UWCL】

20日、女子チャンピオンズリーグ(UWCL)の準々決勝1stレグが各地で行われ、バルセロナとパリ・サンジェルマン(PSG)がそれぞれアウェイで先勝した。 SKブランの本拠地、ノルウェーのオサネ・アリーナに乗り込んだ昨季王者のバルセロナは、序盤からシュートの雨を浴びせ、サインプレーを用いた左CKから、早々の9分に試合を動かす。 母国帰還のノルウェー女子代表FWキャロライン・グラハム・ハンセンがショートコーナーを使ってボックス左角まで運ぶと、さらにパトリシア・ギハロとのワンツーも使ってSKブラン守備陣を手玉に取り、ボックス内へ。右足でのシュートは相手に当たってコースが変わり、ネットを揺らした。 幸先よく先制したバルセロナは、その後も幾度となく好機を迎えたが、精度の欠落と相手GKの好守連発もあって追加点を奪えずにいると、39分に同点ゴールを許す。 SKブランはシンプルな縦パスで左サイド深い位置まで侵入し、ジャスティン・キエランが折り返すと、ファーへ流れたクロスを角度のない位置からキャプテンのセシリエ・クヴァンメが蹴り込んだ。 追い付かれたバルセロナは、前半のアディショナルタイムにもFKからのイレーナ・パレデスのシュートもクロスバーに嫌われるなど、攻勢ながらもゴールが遠かったが、折り返しての72分にようやく勝ち越しに成功する。 右サイドのボール回しからグラハム・ハンセンの斜めのパスでアイタナ・ボンマティが右ポケットを取り、折り返しを受けたサルマ・パラジュエロが反転からの左足シュート。左隅へと流し込んだ。 バルセロナは終了間際のボンマティのミドルもクロスバーを叩くなど、34本のシュートを記録しながらさらなる加点こそならなかったが、成長著しい20歳FWの一振りで、敵地戦を勝利で飾っている。 また、スウェーデンのヒシンゲン・アリーナで行われたヘッケンvsPSGは2-1でPSGが勝利を収めた。 PSGは今冬に加入の21歳DF、エヴァ・ガエティーノのプロ初ゴールでセットプレーから23分に試合を動かすが、ヘッケンも42分、ローザ・カファジがPKを止められながらも、セカンドボールを自ら押し込んで同点とする。 勝ち越しゴールが生まれたのは74分、PSGはヘッケンのクロスをキャッチしたGKカタジナ・カイドリネックが即座にサンディ・ボルティモアへ預けてカウンターへ転じると、自陣から長い距離を持ち運んだボルティモアは右へ展開し、アマリー・ヴァンスガードが柔らかいクロス。ファーストターゲットには合わなかったが、流れた位置でフリーとなっていたタバサ・チャウィンガが難なく決め、これが決勝点となった。 なお、2ndレグは27日と28日に、それぞれ2試合ずつ開催される。 ◆UEFA女子チャンピオンズリーグ準々決勝1stレグ ▽3月20日 ヘッケン 1-2 パリ・サンジェルマン SKブラン 1-2 バルセロナ ▽3月19日 アヤックス 0-3 チェルシー ベンフィカ 1-2 リヨン ◆準々決勝2ndレグ ▽3月27日 リヨン vs ベンフィカ チェルシー vs アヤックス ▽3月28日 バルセロナ vs SKブラン パリ・サンジェルマン vs ヘッケン <span class="paragraph-title">【ハイライト動画】パラジュエロの決勝点でバルセロナがブランに先勝!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="02PyoEM4e5Q";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> <span class="paragraph-title">【ハイライト動画】ロングカウンターを沈めたPSGがヘッケンに勝利</span> <span data-other-div="movie2"></span> <script>var video_id ="YmeGQFW4SIw";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.03.21 15:50 Thu

熊谷紗希&南萌華先発のローマはPSG戦黒星…浜野まいか欠場のチェルシーは首位奪還【UWCL】

UEFA女子チャンピオンズリーグ(UWCL)はグループステージ第4節の4試合が21日に各地で行われた。 グループCではなでしこジャパンのDF熊谷紗希とDF南萌華を擁するローマが、ホームでパリ・サンジェルマン(PSG)と対戦。熊谷は[3-5-2]のアンカーで、南は左センターバックで先発出場するも、チームは1-3で敗れた。 ボール保持に勝るローマが敵陣でプレーする時間を伸ばしたものの、26分ショートカウンターから失点。最終ラインからのパスを中盤でカットされ、昨季はユベントスで女子セリエA得点王に輝いたマラウイ女子代表FWタバサ・チャウィンガに先制点を許した。 チャンスは作るも得点が奪えないローマは、67分に再び失点。チャウィンガの力強いドリブルから最後はフランス女子代表FWマリー・アントワネット・カトトに追加点を奪われると、76分にはアメリカ女子代表の新星コービン・アルバートにもゴールを許した。 ローマは3点ビハインドの中で88分、熊谷の縦パスが起点となって得たFKをイタリア女子代表MFマヌエラ・ジュリアーノが直接沈めて1点を返すが、反撃もここまで。1勝1分け2敗でグループ最下位に転落した。 ただ、グループCのもう1試合ではバイエルンがアヤックスに0-1で敗れたため、無敗チームはゼロに。首位に浮上したアヤックスも勝ち点「7」と、混戦模様を呈している。 また、グループDでは1勝2分けで迎えたチェルシーが、2勝1分けのヘッケンをアウェイで下し、首位奪還。1勝2敗だったパリFCもレアル・マドリーを1-0で破り、勝ち点はチェルシーが「8」、ヘッケンが「7」、パリFCが「6」と混戦の中で、マドリーのみが「1」と取り残されている。 なお、先のリーグ戦で新天地デビューを果たしたチェルシーの浜野まいかだが、今回の遠征ではメンバー外となっている。 <span class="paragraph-title">【動画】チャウィンガの力強さが目を惹く、ローマvsPSGハイライト</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="sJiGFWgRa88";var video_start = 100;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> <span class="paragraph-title">【動画】エリン・カスバートが見事な2発、ヘッケンvsチェルシーのハイライト</span> <span data-other-div="movie2"></span> <script>var video_id ="DW4uky6ORLI";var video_start = 16;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2023.12.21 14:30 Thu

ローマ南萌華がAICの年間女子ベストイレブンに選出!女子セリエA、スーペルコッパの2冠達成に貢献

ローマのなでしこジャパンDF南萌華がイタリアサッカー選手協会(AIC)の年間女子ベストイレブンに選出された。 AICは4日、2022-23シーズンの表彰式となるグラン・ガラ・デル・カルチョを開催。式の中では年間最優秀選手、年間最優秀監督、ベストイレブンなどが発表された。 女子の最優秀選手には23ゴールを挙げて女子セリエAの得点王に輝いた、マラウイ女子代表タバサ・チャウィンガ(インテル→PSG)が選出された。昨季は武漢江漢大学からのローン選手としてインテルでプレー。今季はパリ・サンジェルマン(PSG)へレンタル加入している。 また、女子のベストイレブンには南が選出された。南は昨季終了後に発表された女子セリエAの年間ベストイレブンに続く選出となった。 昨季、三菱重工浦和レッズレディースからイタリアへと渡り、自身初となる海外挑戦を果たした24歳は、リーグ戦ではレギュラーシーズンとプレーオフを併せての全26試合中、25試合に出場。ローマの女子セリエA初優勝や女子スーペルコッパとの2冠を達成、UEFA女子チャンピオンズリーグ(UWCL)のノックアウトステージ進出に貢献した。 なお、ベストイレブンには、2冠を達成したローマから南を含めた最多6名が選出されている。 また、男子の最優秀選手には昨シーズンにナポリの絶対的エースとして活躍したナイジェリア代表FWビクター・オシムヘンが選ばれている。 ◆年間女子最優秀選手 タバサ・チャウィンガ(インテル→パリ・サンジェルマン) ◆女子ベストイレブン GK フランチェスカ・ドゥランテ(インテル) DF リサ・ボアティン(ユベントス) エレナ・リナリ(ローマ) 南萌華(ローマ) カリーナ・ヴェンニンガー(ローマ) MF アンドレッサ・アウベス(ローマ→ヒューストン・ダッシュ) アリアナ・カルーソ(ユベントス) ジャダ・グレッジ(ローマ) ジュリア・グローソ(ユベントス) FW タバサ・チャウィンガ(インテル→パリ・サンジェルマン) エミリエ・ハーヴィ(ローマ) ◆女子年間最優秀ゴール マヌエラ・ジュリアーノ(ローマ) 女子セリエA第15節 vsサッスオーロ 62分 <span class="paragraph-title">【写真】ローマ南萌華がAICの年間女子ベストイレブンに選出!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/C0cagQvNNOg/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/C0cagQvNNOg/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/C0cagQvNNOg/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Gran Galà del Calcio AIC(@grangaladelcalcioaic)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2023.12.05 17:15 Tue

「このラウンドはどうかしている」UWCL敗退のユナイテッド指揮官、組合せに不満も再起誓う「我々はここから学ぶ」

マンチェスター・ユナイテッド女子チームのマーク・スキナー監督が、試合に関する不満と今後の巻き返しを口にした。 ユナイテッドは18日、UEFA女子チャンピオンズリーグ(UWCL)ラウンド2の2ndレグで、パリ・サンジェルマン(PSG)とアウェイで対戦した。 クラブ史上初のUWCLとなったホームでの初戦は、追い付いての1-1で終えていたユナイテッド。敵地戦ではPSGアタッカーのスピードに手を焼き、17分に失点を喫する。 折り返しての47分にはノルウェー代表MFリサ・ナルサンドの加入後初得点で同点とするも、直後のキックオフからマラウイ女子代表FWタバサ・チャウィンガに先制点同様に右サイドを突破されてオランダ女子代表リエケ・マルテンスに勝ち越し弾を許すと、57分には左も破られてフランス女子代表MFサンディ・ボルティモアのソロゴールを浴びることに。 65分には宮澤ひなたらの投入、終盤には3バックへの変更など手を打ったものの、ブラジル女子代表FWゲイゼ・フェレイラは強引な仕掛けに終始し、サイド攻撃では今夏にバルセロナへ移籍したスペイン女子代表サイドバック、オナ・バトジェの穴を感じさせる手詰まり感。微妙な判定にも泣き、敵地で1-3と敗れた。 昨季のFA女子スーパーリーグ(FAWSL)で過去最高の2位に入り、初出場となったユナイテッドだったが、2度の準優勝を誇り11度目出場となるUWCLの常連に、2戦合計2-4で屈することとなった。 試合後、指揮官は『MUTV』にて、組み合わせについての不満を吐露。「この予選ラウンドでPSGと戦わなければならないのはクレイジーだ、どうかしている」と残した。 「何か対処する必要があると思う。ただ、我々はここから学び、より強くなって戻ってくるだろう。我々はそれを味わった。常にチャンピオンズリーグに出場できるよう、しっかりと取り組んでいくつもりだ」 2点を追う71分にはリア・ガルトンのヘディングがネットを揺らしたが、シュート後のGKとのコンタクトがファウルとみなされてノーゴールに。86分にも右ポケットのスペイン女子代表FWルシア・ガルシアが明らかなオンサイドであったのにも関わらず、オフサイドを取られてチャンスが潰えた。 スキナー監督は「我々は価値あるゴールを決めた。(ノーゴールの判定は)ばかばかしい。もしあれが基準となるレベルだとしたら、まったく十分ではないね」と、判定にも不満を述べたが、チームは間違いなく成長しており、この敗戦を糧にさらに発展していくだろうと力強く語った。 「我々は今夜から学ばなければならないし、自分たちの間違いに対して責任を負わなければならない」 「そうすれば、我々は何度も成長するだろう。そして、我々に届くチームはなくなるだろう。我々はヨーロッパに進出して、支配することができるはずだ」 <span class="paragraph-title">【動画】予選で激突したPSGvsユナイテッド ハイライト</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="qJrQKFyMGnw";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2023.10.19 15:25 Thu
もっと見る>