ジローナがブラガのスペイン代表FWアベル・ルイスを完全移籍で獲得、バルサのカンテラ育ち

2024.06.27 21:52 Thu
ブラガでプレーをしてきたアベル・ルイス
Getty Images
ブラガでプレーをしてきたアベル・ルイス
ジローナは27日、ブラガのスペイン代表FWアベル・ルイス(24)を完全移籍で獲得したことを発表した。

契約期間は2029年6月までの5シーズンとなる。
アベル・ルイスは、バレンシアのユースからバルセロナのカンテラに加入。バルセロナBまで昇格すると、2020年1月にブラガへレンタル移籍し、同年7月に完全移籍した。

ブラガでは4シーズン半を過ごし公式戦189試合で39ゴール19アシストを記録。センターフォワードを主戦場にウイングでもプレーが可能となり、攻撃陣に厚みをもたらせることとなる。

バルセロナでも1試合プレーしたことがあるアベル・ルイスは、チャンピオンズリーグ(CL0やヨーロッパリーグ(EL)、ヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)でもプレー経験があり、新シーズンはCLを戦うクラブにとって、大きな戦力となる。
スペイン代表としても2試合に出場した経験がある。

アベル・ルイスの関連記事

11日、パリ・オリンピックに臨むU-23スペイン代表メンバーの背番号が決定した。 2大会連続12回目の出場となるスペイン。前回の東京オリンピックでは日本とも対戦し、決勝まで進出。U-24ブラジル代表に敗れて銀メダルに終わっていた。 1992年、自国開催となったバルセロナ・オリンピック以来の金メダルを目指すチーム。率いるのはサンティ・デニア監督だが、10日に本大会の18名とバックアップの4名を発表。背番号も決定した。 今回のメンバーには、ユーロ2024で決勝まで進んでいるスペイン代表のMFアレックス・バエナ(ビジャレアル)とFWフェルミン・ロペス(バルセロナ)がそのまま出場することとなる。 その他、17歳のDFパウ・クバルシ(バルセロナ)なども招集。また、オーバーエイジとしてFWセルヒオ・ゴメス(23/マンチェスター・シティ)、DFフアン・ミランダ(24/ボローニャ)、FWアベル・ルイス(24/ジローナ)の3名を招集している。 スペインはグループCに入り、ウズベキスタン代表、エジプト代表、ドミニカ共和国代表と対戦する。日本はグループDのため、共に勝ち上がれば対戦する可能性も出てくる。 <span class="paragraph-subtitle">◆U-23スペイン代表 パリ五輪メンバー18名</span> GK 1.アルナウ・テナス(パリ・サンジェルマン/フランス) 13.ジョアン・ガルシア(エスパニョール) DF 2.マルク・プビル(アルメリア) 3.フアン・ミランダ(ボローニャ/イタリア) 4.エリック・ガルシア(バルセロナ) 5.パウ・クバルシ(バルセロナ) 12.ジョン・パチェコ(レアル・ソシエダ) 15.ミゲル・グティエレス(ジローナ) MF 6.パブロ・バリオス(アトレティコ・マドリー) 8.ベニャト・トゥリエンテス(レアル・ソシエダ) 10.アレックス・バエナ(ビジャレアル) 14.アイマル・オロス(オサスナ) 15.アドリアン・ベルナベ(パルマ/イタリア) FW 7.ディエゴ・ロペス(バレンシア) 9.アベル・ルイス(ジローナ) 11.フェルミン・ロペス(バルセロナ) 17.セルヒオ・ゴメス(マンチェスター・シティ/イングランド) 18.サム・オモロディオン(アトレティコ・マドリー) ◆予備登録メンバー GK 22.アレハンドロ・イトゥルベ(アトレティコ・マドリー) DF 20.フアンル・サンチェス(セビージャ) 19.クリスティアン・モスケラ(バレンシア) FW 21.セルヒオ・カメージョ(ラージョ・バジェカーノ) 2024.07.12 12:00 Fri
スペインサッカー連盟(RFEF)は26日、カタール・ワールドカップ(W杯)欧州予選に臨むスペイン代表メンバー24名を発表した。 ルイス・エンリケ監督が発表した今回のメンバーは、ユーロ2020のメンバーが中心に。MFセルヒオ・ブスケッツ(バルセロナ)やFWアルバロ・モラタ(ユベントス)、GKウナイ・シモン(アスレティック・ビルバオ)らが招集された。 また、東京オリンピックに臨んだメンバーも招集。MFミケル・メリノ(レアル・ソシエダ)やMFカルロス・ソレール(バレンシア)、DFエリック・ガルシア(バルセロナ)らが招集された。 なお、ユーロ2020に続いてレアル・マドリーの選手は不在に。また、注目を集めたMFペドリ(バルセロナ)も選外となった。 なお、今回は学校をイメージしてルイス・エンリケ監督がメンバーを発表。選手1人1人の名前が入ったスクールバックをかけてメンバーを発表して行った。 スペイン代表は現在勝ち点7で首位に。9月2日にアウェイでスウェーデン代表(6pt/2位)と、同5日にホームでジョージア代表(1pt/4位)と、同8日にアウェイでコソボ代表(0pt/5位)と対戦する。 今回発表されたスペイン代表メンバー24名は以下の通り。 ◆スペイン代表メンバー24名 GK ウナイ・シモン(アスレティック・ビルバオ) ダビド・デ・ヘア(マンチェスター・ユナイテッド/イングランド) ロベルト・サンチェス(ブライトン&ホーヴ・アルビオン/イングランド) DF ホセ・ガヤ(バレンシア) イニゴ・マルティネス(アスレティック・ビルバオ) ラウール・アルビオル(ビジャレアル) ジョルディ・アルバ(バルセロナ) エリック・ガルシア(バルセロナ) マルコス・ジョレンテ(アトレティコ・マドリー) アイメリク・ラポルテ(マンチェスター・シティ/イングランド) セサル・アスピリクエタ(チェルシー/イングランド) MF セルヒオ・ブスケッツ(バルセロナ) ミケル・メリノ(レアル・ソシエダ) コケ(アトレティコ・マドリー) カルロス・ソレール(バレンシア) ブライス・メンデス(セルタ) ロドリ(マンチェスター・シティ/イングランド) FW フェラン・トーレス(マンチェスター・シティ/イングランド) アダマ・トラオレ(ウォルバーハンプトン/イングランド) パブロ・フォルナルス(ウェストハム/イングランド) パブロ・サラビア(パリ・サンジェルマン/フランス) アルバロ・モラタ(ユベントス/イタリア) アベル・ルイス(ブラガ/ポルトガル) ジェラール・モレノ(ビジャレアル) <span class="paragraph-title">【動画】ルイス・エンリケ監督が選手名の入ったスクールバッグをかけていく</span> <span data-other-div="movie"></span> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJjUFpjdEtVTiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> 2021.08.26 21:50 Thu
バルセロナは31日、U-21ポルトガル代表FWフランシスコ・トリンコン(20)の完全移籍に関して保有元のブラガと合意したことを発表した。 なお、2020年7月1日付けで加入となるトリンコンとは2025年6月30日までの5年契約を結び、契約解除金は5億ユーロ(約600億円)に設定されている。また、バルセロナは移籍金として3100万ユーロ(約37億3000万円)をブラガに支払う。 ブラガの下部組織出身のトリンコンは右ウイングを主戦場とする184cmの左利きのドリブラー。 ここまでブラガのトップチームでは公式戦30試合3ゴール6アシストと際立った数字は残していないが、ポルトガルの世代別代表の常連である20歳は2018年に行われたU-19欧州選手権で得点王を獲得する活躍で同国の優勝に貢献するとともに、ヨーロッパ各国のスカウトに強烈なアピールを見せていた。 また、昨年ポーランドで行われたFIFA U-20ワールドカップでも3試合で1ゴールの数字を残している。 なお、先日に『ESPN』が報じたところによれば、バルセロナは今回のオペレーションと関連する形で、バルセロナBでプレーするU-21スペイン代表FWアベル・ルイス(20)をブラガにレンタル移籍させるようだ。 2020.01.31 20:41 Fri
バルセロナが今夏の移籍市場でブラガからU-21ポルトガル代表FWフランシスコ・トリンコン(20)を獲得することを内定させたようだ。『ESPN』やポルトガル『Record』など複数メディアが報じている。 ブラガの下部組織出身のトリンコンは右ウイングを主戦場とする184cmの左利きのドリブラー。 ここまでブラガのトップチームでは公式戦30試合3ゴール6アシストと際立った数字は残していないが、ポルトガルの世代別代表の常連である20歳は2018年に行われたU-19欧州選手権で得点王を獲得する活躍で同国の優勝に貢献するとともに、ヨーロッパ各国のスカウトに強烈なアピールを見せていた。 また、昨年ポーランドで行われたFIFA U-20ワールドカップでも3試合で1ゴールの数字を残していた。 『ESPN』が伝えるところによれば、バルセロナはその逸材に関して3000万ユーロ(約36億円)の条件でブラガとクラブ間合意に至ったという。また、今回のオペレーションと関連する形で、バルセロナBのU-21スペイン代表FWアベル・ルイス(20)をブラガにレンタル移籍させるようだ。 なお、バルセロナは現時点でトリンコンを即戦力として考えておらず、今夏のプレシーズンを通じてトップチームでプレー可能か、あるいは他クラブに武者修行に出すかを判断する見込みだ。 2020.01.31 15:10 Fri
長期離脱中のウルグアイ代表FWルイス・スアレスの代役獲得が噂されるバルセロナだが、今冬は補強を行わないようだ。スペイン『マルカ』が報じた。 13日にエルネスト・バルベルデ前監督を解任し、キケ・セティエン新監督を招へいしたバルセロナ。新体制となるなか、センターFWで不動の地位を築くスアレスが右ヒザ外側半月板負傷の重傷を負い、今シーズン中の復帰は絶望的な状況となっている。 この緊急事態を受けて、代替の獲得に動くことが報じられているバルセロナだが、セティエン新監督はU-22日本代表FW安部裕葵が在籍するBチームから昇格させることを検討しているようだ。 そして、その選手がトップチームでのプレー経験を持つFWアベル・ルイスと、FWアレハンドロ・マルケスの2選手だという。前者はここまでの公式戦16試合で3ゴールを記録。後者は342分間の出場でで無得点となっている。 なお、ラ・リーガで首位のバルセロナは19日に10位に位置するグラナダをホームに迎え撃つ。 2020.01.17 16:25 Fri

記事をさがす

アベル・ルイスの人気記事ランキング

1

パリ五輪に臨むU-23スペイン代表が発表! ユーロ出場のフェルミン・ロペスやバエナが選出、OAは3名【パリ五輪】

11日、パリ・オリンピックに臨むU-23スペイン代表メンバーの背番号が決定した。 2大会連続12回目の出場となるスペイン。前回の東京オリンピックでは日本とも対戦し、決勝まで進出。U-24ブラジル代表に敗れて銀メダルに終わっていた。 1992年、自国開催となったバルセロナ・オリンピック以来の金メダルを目指すチーム。率いるのはサンティ・デニア監督だが、10日に本大会の18名とバックアップの4名を発表。背番号も決定した。 今回のメンバーには、ユーロ2024で決勝まで進んでいるスペイン代表のMFアレックス・バエナ(ビジャレアル)とFWフェルミン・ロペス(バルセロナ)がそのまま出場することとなる。 その他、17歳のDFパウ・クバルシ(バルセロナ)なども招集。また、オーバーエイジとしてFWセルヒオ・ゴメス(23/マンチェスター・シティ)、DFフアン・ミランダ(24/ボローニャ)、FWアベル・ルイス(24/ジローナ)の3名を招集している。 スペインはグループCに入り、ウズベキスタン代表、エジプト代表、ドミニカ共和国代表と対戦する。日本はグループDのため、共に勝ち上がれば対戦する可能性も出てくる。 <span class="paragraph-subtitle">◆U-23スペイン代表 パリ五輪メンバー18名</span> GK 1.アルナウ・テナス(パリ・サンジェルマン/フランス) 13.ジョアン・ガルシア(エスパニョール) DF 2.マルク・プビル(アルメリア) 3.フアン・ミランダ(ボローニャ/イタリア) 4.エリック・ガルシア(バルセロナ) 5.パウ・クバルシ(バルセロナ) 12.ジョン・パチェコ(レアル・ソシエダ) 15.ミゲル・グティエレス(ジローナ) MF 6.パブロ・バリオス(アトレティコ・マドリー) 8.ベニャト・トゥリエンテス(レアル・ソシエダ) 10.アレックス・バエナ(ビジャレアル) 14.アイマル・オロス(オサスナ) 15.アドリアン・ベルナベ(パルマ/イタリア) FW 7.ディエゴ・ロペス(バレンシア) 9.アベル・ルイス(ジローナ) 11.フェルミン・ロペス(バルセロナ) 17.セルヒオ・ゴメス(マンチェスター・シティ/イングランド) 18.サム・オモロディオン(アトレティコ・マドリー) ◆予備登録メンバー GK 22.アレハンドロ・イトゥルベ(アトレティコ・マドリー) DF 20.フアンル・サンチェス(セビージャ) 19.クリスティアン・モスケラ(バレンシア) FW 21.セルヒオ・カメージョ(ラージョ・バジェカーノ) 2024.07.12 12:00 Fri
2

ジローナがブラガのスペイン代表FWアベル・ルイスを完全移籍で獲得、バルサのカンテラ育ち

ジローナは27日、ブラガのスペイン代表FWアベル・ルイス(24)を完全移籍で獲得したことを発表した。 契約期間は2029年6月までの5シーズンとなる。 アベル・ルイスは、バレンシアのユースからバルセロナのカンテラに加入。バルセロナBまで昇格すると、2020年1月にブラガへレンタル移籍し、同年7月に完全移籍した。 ブラガでは4シーズン半を過ごし公式戦189試合で39ゴール19アシストを記録。センターフォワードを主戦場にウイングでもプレーが可能となり、攻撃陣に厚みをもたらせることとなる。 バルセロナでも1試合プレーしたことがあるアベル・ルイスは、チャンピオンズリーグ(CL0やヨーロッパリーグ(EL)、ヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)でもプレー経験があり、新シーズンはCLを戦うクラブにとって、大きな戦力となる。 スペイン代表としても2試合に出場した経験がある。 2024.06.27 21:52 Thu

ジローナの人気記事ランキング

1

主将セルジ・ロベルトがバルセロナ退団へ…プレミアリーグ挑戦望む

バルセロナの元スペイン代表MFセルジ・ロベルト(32)が新天地を探しているようだ。スペイン『ムンド・デポルティボ』が報じた。 バルセロナのカンテラ出身で、ファーストチームでは14シーズンを戦ってきたセルジ・ロベルト。右サイドバックと中盤をこなすバックアッパーとしてチームを支え、2023-24シーズンはキャプテンも務めた。 クラブ通算479試合の出場数を誇る生え抜きMFだが、6月30日には契約が満了。バルセロナはもう1シーズンの更新を望み、新たなオファーを提示したという。 クラブの財政状況を踏まえ、金銭面は受け入れたというセルジ・ロベルトだが、他の部分が障壁に。たとえ契約を更新したとしても、ファイナンシャル・フェアプレー(FFP)規則の関係から、選手登録の列に並ぶことを求められた。 登録完了での残留か、登録できずの退団かの期限を8月10日と提示されたセルジ・ロベルトは、この状況を望まず。新契約にはサインせず、新たなリーグへの挑戦を希望している。 スペイン国内ではセビージャやバレンシアが興味を示し、関心度は低いもののジローナも目を向けているとのこと。しかし、本人はプレミアリーグ行きを望み、数日中に具体化されるかもしれないオファーを検討している模様だ。 2024.07.20 14:44 Sat
2

ケガ人相次ぐバルセロナ、パブロ・トーレが左手骨折で近く手術…昨季はジローナにレンタルの21歳

このオフ中にケガ人が相次ぐバルセロナだが、U-21スペイン代表MFパブロ・トーレもその1人となってしまった。 昨季は躍進のジローナでレンタルプレーヤーとして過ごし、公式戦29試合に出場のパブロ・トーレ。この夏はハンジ・フリック新監督のもとで始動したバルセロナに戻っているが、トレーニング中に骨折したようだ。 バルセロナの発表によると、16日のトレーニング中に左手の第5中手骨を骨折。近日中に手術を受ける見込みという。 バルセロナではこの夏、ユーロ2024に参戦のペドリとコパ・アメリカ2024に出場したロナルド・アラウホがそれぞれ負傷。ガビとフレンキー・デ・ヨングもまだ回復途中となっている。 2024.07.17 12:05 Wed
3

ジローナがウクライナ路線拡大へ…A代表歴もない超無名の26歳をクロアチア1部から獲得か

ジローナが今夏もウクライナ人選手を獲得か。スペイン『ムンド・デポルティボ』が伝える。 24-25シーズン、クラブ史上初めてチャンピオンズリーグ(CL)に参戦するジローナ。 ラ・リーガ3位と大躍進の昨季は、昨年1月にディナモ・キエフから獲得した右ウインガーのFWヴィクトール・ツィガンコフ、8月にドニプロ-1から獲得したストライカーのFWアルテム・ドフビクが活躍。2人ともウクライナ代表であり、後者は昨季のラ・リーガ得点王だ。 そして今夏もウクライナ人選手を獲得へ。クロアチア1部・イストラに所属する元U-21ウクライナ代表MFオレクサンダル・ペトルセンコ(26)の獲得が可能となっており、ツィガンコフ&ドフビクから残留の確約を得られれば、決して高くない移籍金の支払いにゴーサインを出すという。 ペトルセンコはディナモ・キエフの下部組織で育つもトップチームには昇格できず、ウクライナ1部での実績もほぼゼロというセントラルハーフ。ハンガリー1部のボンヴェードという下位クラブ(現在2部)を経てクロアチア入りしており、26歳にしてA代表歴も一切ない。 そんな“超無名”だが、ジローナは何か光る部分を見出したということか。ペトルセンコとすれば、移籍が実現ならキャリア初の欧州5大リーグであり、キャリア初のCL参戦となる。 2024.07.16 21:25 Tue
4

SB補強ポイントのドルトムント、昨季ジローナ躍進支えた両翼に関心か

ドルトムントが、昨シーズンのジローナの大躍進を支えた両サイドバックの獲得に動いている。ドイツ『スカイ』が報じている。 昨シーズンのチャンピオンズリーグ準優勝チームのドルトムントだが、シーズンを通してはサイドバックの問題が顕著だった。ノルウェー代表DFユリアン・リエルソンは両サイドで安定したパフォーマンスを披露したが、それ以外は負傷などもあり期待外れのパフォーマンスに。また、今年1月にチェルシーからレンタル移籍で加入したオランダ代表DFイアン・マートセンは今夏の買い取りを目指したが、アストン・ビラに引き抜かれた。 ヌリ・シャヒン新監督を迎え、各ポジションのテコ入れを図る中、サイドバックではブラジル代表DFヤン・コウト(22)、スペイン代表DFミゲル・グティエレス(23)の2選手を補強候補に挙げている。 ウイングもこなす攻撃的な右サイドバックのコウトに関しては選手サイドとすでに交渉を行っており、選手本人はジグナル・イドゥナ・パルク行きに前向きな姿勢を示しているという。ただ、保有元のマンチェスター・シティとの交渉が必要となり、クラブは2000万~2500万ユーロ(約34億4000万~43億円)程度の金額での獲得を目指しているようだ。 一方、左サイドバックのターゲットとなるグティエレスは豊富な運動量とアスリート能力に加え、ウイングやインテリオールの役割もこなせる多才なプレースタイルの持ち主だ。コウト以上の人気株は買い戻し条項を有するレアル・マドリーが主導権を握っており、現時点ではより困難なオペレーションとなる。 報道によると、同選手に関しては個人間、クラブ間の双方で具体的な動きには発展しておらず、他の候補と並行しながらチャンスを窺う形となる。 2024.07.15 14:10 Mon
5

ジローナ、ユナイテッド退団のファン・デ・ベーク獲得を発表!2028年までの4年契約を締結

ジローナは11日、マンチェスター・ユナイテッドを退団した元オランダ代表MFドニー・ファン・デ・ベーク(27)を完全移籍で獲得した。契約期間は2028年6月30日までとなる。 アヤックスで育ったファン・デ・ベークは、エリク・テン・ハグ監督の下でその才能を伸ばすと、2020年9月にユナイテッドへと完全移籍。しかし、ユナイテッド移籍後は期待とは裏腹に出番が満足に得られない状況。 2021-22シーズンも状況は変わらず、シーズン後半はエバートンにレンタル移籍するもすぐに負傷しここでも結果を残せない。テン・ハグ監督がユナイテッドで指揮を執るようになった2022-23シーズンも状況は変化せず。 今年1月には2022年1月のエバートン以来となるローンでフランクフルトに活躍の場を移したが、ドイツでも思ったように出番を掴めず、ブンデスリーガ8試合に出場したのみに。買取オプションが付いてのローン移籍だったが、フランクフルトは行使に動かず。この夏はひとまずユナイテッドに戻ったが、10日に退団を発表していた。 2024.07.12 01:00 Fri

NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly