「厳しい言葉が必要」大敗も選手への言及避けるポチェッティーノ監督に疑問の声「メッセージが届いていない」

2024.04.24 16:40 Wed
批判を浴びるマウリシオ・ポチェッティーノ監督
Getty Images
批判を浴びるマウリシオ・ポチェッティーノ監督
大敗したチェルシーのマウリシオ・ポチェッティーノ監督に対しては、そのマネジメントに疑問の声もあるようだ。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。
PR
ここまで思うようなシーズンを送れず、先週末のFAカップも敗退したことで無冠が確定したチェルシー。23日に行われたプレミアリーグ第29節の延期分では、優勝争い中のアーセナルにプライドを示したいところだったが、後半に守備が崩壊し0-5の大敗を喫した。
試合後にはポチェッティーノ監督も「チームは諦めてしまっていた」と落胆の姿勢を示しつつ、「選手たちを責めることはできないし、そのつもりもない」と選手を擁護する姿勢は崩さず。若いチームは成長段階であることを強調していた。

しかし、これについては異議を唱える声もあるようだ。『TNTスポーツ』に出演したアーセナルOBの元イングランド代表DFマーティン・キーオン氏は、こうした指揮官の姿勢がチームの弱体化につながっているとの見方を示している。

「チェルシーの強化策はバランスがおかしく、チームに対して10億ポンドもの大金を費やした。だからこそ、今の彼らの姿は信じられないものだ。これは厳しい言葉が必要であり、それは監督からもたらされるべきだろう」
「監督は選手たちに口を出さないようにしているが、それによって自分自身が追い詰められている。彼が気を使っているのはわかるが、両ハーフとも試合の立ち上がりが悪かったのを見ると、選手たちにメッセージが届いていないのだろう」

PR
関連ニュース

デ・ゼルビ監督退任で新指揮官探すブライトン、イプスウィッチの若手指揮官に注目か

ブライトン&ホーヴ・アルビオンは、退任したロベルト・デ・ゼルビ監督の後任候補をリストアップしたようだ。 ブライトンは2022年9月にデ・ゼルビ監督が就任すると、2022-23シーズンはクラブ史上最高位となるプレミアリーグ6位フィニッシュ。クラブ初となるヨーロッパリーグ(EL)出場を果たすと、今シーズンはそのELでラウンド16に進出していた。 しかし、プレミアリーグでは三笘薫ら多くの負傷者が生じたこともあって、昨シーズンほどの結果は残せず。先週末のプレミアリーグ最終節でマンチェスター・ユナイテッドに敗れて11位に転落し、ボトム10フィニッシュとなった。 そしてシーズン終了直後の18日、クラブはデ・ゼルビ監督の退任を発表。クラブは現在、新シーズンに向けて新指揮官探しを始めている。 そんな中で、イギリス『スカイ・スポーツ』によると、有力候補としてイプスウィッチ・タウンのキーラン・マッケンナ監督(38)の名前が浮上しているようだ。 マッケンナ監督は、 2021年12月にイプスウィッチの指揮官に就任。昨シーズンにリーグ1(イングランド3部)からチャンピオンシップ(2部)への昇格を決めると、続く今シーズンはクラブを22年ぶりのプレミアリーグ昇格へと導いた。 優れた手腕を発揮しているマッケンナ監督には、マンチェスター・ユナイテッドやチェルシーも関心。交渉を開始したとも報じられるブライトンが、他クラブに先んじてどのような話し合いをするかが注目される。 2024.05.22 10:40 Wed

プレミア5連勝締めで6位フィニッシュのチェルシー、ポチェッティーノ監督が退任

チェルシーは21日、双方合意の下、マウリシオ・ポチェッティーノ監督(52)が退任したことを発表した。 ポチェッティーノ監督は昨夏、1年延長オプション付きの2年契約でチェルシーの指揮官に就任。EFLカップ準優勝、FAカップ準決勝進出、プレミアリーグでは苦戦したものの終盤は5連勝締めで6位フィニッシュと、来季に向け希望が持てる終盤戦を送っていた。 しかし編成面でより大きな影響力を持ちたいと考えていたポチェッティーノ監督とフロントの間で軋轢が生まれていたと報じられていた。 1年でチェルシーを去ることになったポチェッティーノ監督は「チェルシーの監督に就任する機会を与えてくれたフロントには感謝している。クラブは現在、今後数年プレミアリーグと欧州カップ戦で前進できる良い状態にあるはずだ」とコメント。 後任にはスポルティングCPのルベン・アモリム監督(39)、イプスウィッチ・タウンのキーラン・マッケンナ監督(38)、バーンリーのヴァンサン・コンパニ監督(38)が候補に挙がっているとのことだ。 2024.05.22 05:30 Wed

終盤好調でプレミア6位フィニッシュも…監督交代検討のチェルシーは2名の指揮官をリストアップか

チェルシーはマウリシオ・ポチェッティーノ監督と袂を分かった場合に備え、2人の指揮官をリストアップしているようだ。 今シーズン、新たに就任したポチェッティーノ監督の下で開幕から苦戦が続いていたチェルシー。それでも、多くのケガ人が少しずつ復帰してきた終盤に復調するとプレミアリーグを5連勝で締めくくり、最終的には6位フィニッシュとなった。 昨シーズン12位、昨夏に大量の選手を入れ替え、シーズンを通して多くの負傷者を抱えていたことを考えれば、上々の成績かに思えるが、イギリス『イブニング・スタンダード』によるとそれでもポチェッティーノ監督の去就は不透明になっているようだ。 チェルシー上層部は、今シーズンの成績について完全に満足はせず。また、ポチェッティーノ監督が編成についてより大きな発言力を求めていることもあり、今後予定される会談次第で解任となる可能性もあるようだ。 チェルシーはポチェッティーノ監督を解任した場合に備え、現在2人の後任候補をリストアップ。スポルティングCPのルベン・アモリム監督(39)と、イプスウィッチ・タウンのキーラン・マッケンナ監督(38)が有力な候補になっているようだ。 アモリム監督は2020年3月、スポルティングの指揮官に就任。就任3年目の今シーズンはライバルを寄せ付けず、見事にプリメイラ・リーガで3シーズンぶりの優勝を達成した。当然、リバプールやバルセロナなどのビッグクラブが関心を示していたが、スポルティングの会長は残留を明言している。 マッケンナ監督は、 2021年12月にイプスウィッチの指揮官に就任。昨シーズンにリーグ1(イングランド3部)からチャンピオンシップ(2部)への昇格を決めると、続く今シーズンはクラブを22年ぶりのプレミアリーグ昇格へと導くなど、優れた手腕を発揮していた。 チェルシーはチーム全体を成長させられる若手指揮官を好むともされているが、まずはポチェッティーノ監督の去就を決める必要があり、近日中の決断が注目される。 2024.05.21 17:20 Tue

ドルトムントがマートセン買い取りを希望、今冬チェルシーからレンタル加入で主力に定着

ドルトムントはオランダ代表DFイアン・マートセン(22)の買い取りに向けて動き出しているようだ。 チェルシーのユース出身であるマートセンは、今シーズンにレンタル先のバーンリーから復帰するも思うような出場機会を掴めず。今年1月に、チェルシーからドルトムントへ半年レンタルの形で加入した。 ブンデスリーガ初挑戦となったマートセンだが、水を得た魚のように躍動。左サイドバックの一番手に定着すると、ブンデスリーガで16試合2ゴール2アシスト、チャンピオンズリーグ(CL)で6試合1ゴールを記録している。 ドイツ『スカイ・スポーツ』によると、ドルトムントはすでにマートセンを買い取るための交渉に動き出しているとのこと。マートセンには3500万ユーロ(約59億円)の契約解除条項が存在するものの、クラブはその支払いを望まず2500万ユーロ(約42億円)程度への減額を望んでいるようだ。 マートセン自身も、ドルトムントでのキャリア継続を望んでいる模様。チェルシーとの契約交渉が焦点になるが、クラブは完全移籍での獲得を確信と報じられている。 2024.05.21 12:30 Tue

終盤追い上げ6位フィニッシュのチェルシー、指揮官は来季の躍進誓う「より大きなことを達成するための第一歩」

チェルシーのマウリシオ・ポチェッティーノ監督が自らのチームを誇った。クラブ公式サイトが伝えた。 4連勝とシーズン最終盤に猛烈な追い上げを見せ、ヨーロッパリーグ(EL)出場権内の5位まであと一歩の状況が続いたチェルシー。そんななか、19日のプレミアリーグ最終節ではボーンマスをホームに迎えた。 先手を取ったのはチェルシーで、ハーフウェーライン付近からのエクアドル代表MFモイセス・カイセドのスーパーなロングシュートが17分に決まり、1点リードで折り返し。後半開始直後にはイングランド代表FWラヒーム・スターリングが追加点を奪う。 その後、すぐに1点を返されたが、2-1のまま逃げ切りに成功。5位トッテナムも今節勝利したため、ヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)の出場権を確保。ELの出場権はFAカップ決勝の結果次第となったが、リーグ戦を5連勝で締めくくった。 試合後には今シーズン限りで退団するブラジル代表DFチアゴ・シウバのスピーチもあったなか、ポチェッティーノ監督はチェルシー就任1年目を回想。良好な関係を築いた選手たちへの想いを語っている。 「私は選手たちのことに関してとても嬉しく、誇りに思っている。試合が終わってみれば、より多くプレーした選手や出場機会の少ない選手、ケガをした選手、そして私とハグをしに来た選手の様子がわかるだろう」 「我々の人間関係について話せたことはとても良かったと思う。時には彼らに対して厳しく接し、選択を迫られることもあるが、正しい考えを持って取り組んでいる彼らの姿からは大きな誇りを感じている」 「シーズン中の厳しい時期であっても、彼らは常に我々に敬意を示してくれたし、我々の仕事ぶりや仕事のやり方を信じてくれた」 また、ケガ人多数ながら尻上がりに調子を上げたチームの戦いぶりにも言及。選手もスタッフもそれぞれチームに貢献するべく、全力を尽くしたと考えている。 「スタッフにとっても選手たちにとっても幸せなことだ。私は本当に嬉しく思っている。なぜなら、困難な状況にも直面したこの約 10カ月のプロセスにおいて、自分たちのレベルや基準を引き上げるために選手たちがトライしてきたことは、全面的に称賛に値するからだ」 「スタッフに関してもそうだ。選手たちが最高のパフォーマンスを発揮できるよう毎日戦っていた。直近の27〜28試合で我々が見せたパフォーマンスは誇りに思うべきだ」 さらに、ポチェッティーノ監督は来シーズンに向けてもコメント。この調子を維持してのさらなる躍進を望んでいる。 「(6位フィニッシュを)祝うつもりはない。チェルシーの歴史を知っているからだ。しかし、これは今後より大きなことを達成するための第一歩だ」 「我々はすでに基盤を築き、固めてきた。ここからより向上していかなければならない。我々のチームは若いが、プレミアリーグでより多くの経験を積んでいる。来シーズンはもっと良くならなければいけない」 2024.05.20 12:47 Mon
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly