レーティング:マンチェスター・シティ 1-1(AGG:4-4) レアル・マドリー【CL】

2024.04.18 06:58 Thu
Getty Images
チャンピオンズリーグ(CL)準々決勝2ndレグ、マンチェスター・シティvsレアル・マドリーが17日にシティ・オブ・マンチェスター・スタジアムで行われ、1-1で120分の戦いが終了。2戦合計4-4で並んだ中、PK戦を3-4で制したマドリーの準決勝進出が決定した。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。
PR
▽マンチェスター・シティ採点
(C)CWS Brains,LTD.

GK
31 エデルソン 6.0
試合を通して安定したゴールキーピングを披露。PK戦ではモドリッチのシュートを止めて自らPKも決めた
DF
2 ウォーカー 6.0
失点場面ではロドリゴを捕まえきれなかったが、難しいフィジカルコンディションの中でそれ以外は見事な守備を披露

25 アカンジ 6.0
偽CBとして幾度もボックス内に侵入するなど攻撃面で良いアクセントを付けた守備でも危なげない対応だった

(→ストーンズ -)
3 ルベン・ディアス 6.0
1失点目ではセルフジャッジの末にやや曖昧な対応となったが、それ以外は攻守両面でそつのないプレーぶりだった

24 グヴァルディオル 6.5
ここ最近の好調を継続。フィジカルを遺憾なく発揮した守備に加え、攻撃面でも主体的にプレー

MF
47 フォーデン 6.0
右ウイングとインサイドハーフでプレー。決定的な仕事には至らずも、リンクマンとして存在感

17 デ・ブライネ 6.5
前半はチャンスメークに奔走し、後半は見事なフィニッシュで同点ゴールを記録。ただ、結果を考えれば、2点目のチャンスで仕留めたかった

(→コバチッチ -)

16 ロドリ 6.5
PK戦での敗退ということもあり、出場無敗記録は継続。個人としてはハイレベルのパフォーマンスを120分間見せた

20 ベルナルド・シウバ 6.0
悔しいPK失敗もフォーデンと立ち位置を変えて攻守にさすがの安定感。ただ、最後の局面でのアイデア、精度はベストではなかった

10 グリーリッシュ 6.5
カルバハルとバルベルデと見応えのあるマッチアップを繰り返す。攻撃の起点に加え、守備の貢献は申し分なし

(→ドク 6.5)
グリーリッシュが相手の体力を削った状況において再三の鋭い仕掛けから攻撃を牽引。同点ゴールにも関与した

FW
9 ハーランド 5.5
クロスバー直撃の惜しいヘディングシュートなど1stレグに比べて見せ場は作ったが、エースストライカーとしては物足りない出来に

(→アルバレス 5.5)
動きの量は見せたが、ボックス内では勝負できなかった

監督
グアルディオラ 5.5
試合全体を通して相手を苦しめ続けたが、120分で決着を付けられなかったことで無念のベスト8敗退に

▽レアル・マドリー採点
(C)CWS Brains,LTD.

GK
13 ルニン 7.0
失点はノーチャンス。それ以外の局面では安定したシュートストップにハイボール処理を見せた。そして、PK戦での2本のセーブで突破の立役者に

DF
2 カルバハル 6.0
グリーリッシュとドクの強烈な相手のドリブラーに苦戦。それでも、先制点の起点や際どい攻撃参加を含めてよく戦った

(→ミリトン -)

22 リュディガー 6.5
失点場面では大きくクリアできなかったが、ハーランドへのソリッドな対応を含め守勢で耐え続けた

6 ナチョ 6.5
難しい対応も見受けられたが、チュアメニ代役として奮闘。ハーランドに対しても地上戦ではしっかりと抑え込んだ

23 F・メンディ 6.5
高い集中力を120分間継続し、再三の好守でチームを救った。延長後半には深い位置まで攻撃参加を見せるなど、改めてタフさを示した

MF
15 バルベルデ 6.5
試合を通してベリンガムと共に驚異的なハードワークを見せた。カルバハルがカードをもらった後はサイドで相手の左ウイングとのマッチアップも引き受け、チームを大いに助けた

12 カマヴィンガ 6.0
持ち味のボックス・トゥ・ボックスのプレーには至らなかったが、中盤のフィルター役を完遂

5 ベリンガム 6.0
攻撃面で存在感を示すには至らなかったが、先制点の起点を担うと共に試合を通して献身的な守備で守備陣を助けた

8 クロース 6.0
前半は効果的に背後を突くパスで相手を苦しめた。以降はチームプレーヤーとして守備面でよく戦った

(→モドリッチ 5.5)
中盤で守備を助けつつボールを捌いた。痛恨のPK失敗もルニンに救われた

11 ロドリゴ 6.5
値千金の2試合連続ゴール。以降はウォーカーに封じ込められたが、守備はしっかりとこなした

(→ブラヒム・ディアス 5.5)
守備をこなしつつ唯一の攻め手として仕掛ける意識を示す

FW
7 ヴィニシウス 6.0
先制点をほぼお膳立て。以降は相手守備陣に背後への脅威を見せることで守備面に貢献

(→ルーカス・バスケス 6.0)
短い時間ながら攻守両面で力を尽くした

監督
アンチェロッティ 5.5
敗戦に近い苦しい内容の戦いだったが、割り切ってPK戦まで持ち込んで見事にミッションコンプリート

★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ!
ルニン(レアル・マドリー)
試合を通してはリュディガーやバルベルデといった選手の奮闘が光ったが、やはりモドリッチの失敗によって苦しい流れで2本の決定的なPKストップを見せた頼れるセカンドGKをMOTMに選出。

マンチェスター・シティ 1-1(AGG:4-4[PK3-4]) レアル・マドリー
【マンチェスター・シティ】
デ・ブライネ(後31)
【レアル・マドリー】
ロドリゴ(前12)

PR
関連ニュース

「マドリーを離れることは考えていない」クラブ愛強調のロドリゴが移籍の憶測を完全否定「毎日夢のような日々」

レアル・マドリーのブラジル代表FWロドリゴ・ゴエス(23)が、移籍の可能性を完全否定した。 ロドリゴは2019年夏にサントスからマドリーへ加入。主力の一人に定着すると、今シーズンはラ・リーガで34試合出場10ゴール5アシスト、チャンピオンズリーグ(CL)で12試合出場5ゴール3アシストの成績を残している。 欠かせない戦力となっているロドリゴだが、クラブは今夏の移籍市場でパリ・サンジェルマン(PSG)を退団予定のキリアン・ムバッペ獲得が濃厚に。これにより、ロドリゴの出場機会減少の可能性についても取り沙汰されていた。 こうした中、ロドリゴは『DAZN』のインタビューに応じた際、自身の去就について「何が起こるかわからない。このクラブに残りたいが、どうなるかは未定だ」と発言。これが移籍を示唆する発言だとして、メディアやファンを騒がせていた。 しかし、これについてロドリゴは自身のX(旧ツイッター/@RodrygoGoes)を更新。上記の発言は切り取られたものだとし、マドリーを離れる意思はまったくないことを強調している。 「今日、僕のインタビューの文脈が完全に無視されるという、非常に腹立たしい事態が起こった。単刀直入に言って、僕はレアル・マドリーにとても満足しているんだ。毎日夢のような日々を送っているよ!」 「僕にとって人生とも言えるクラブを離れることは考えていない。さあ、今は歴史を作るために続けるときだ。(CL優勝を)15とするためにね。ハラ・マドリー。それ以上のものはない!」 来シーズンもマドリーでプレーする意向を明確にしたロドリゴ。仮に噂通りムバッペが加入となれば、来シーズンの前線は非常に豪華なものとなりそうだ。 2024.05.29 10:10 Wed

マドリー加入1年目のベリンガムがラ・リーガMVPに輝く!

レアル・マドリーのイングランド代表MFジュード・ベリンガム(20)が2023-24シーズンのラ・リーガ最優秀選手に選出された。 カルロ・アンチェロッティ第二次政権3年目となったマドリーは、第6節のアトレティコ・マドリー戦で初黒星を喫したが、以降は優勝を争うジローナ、バルセロナにいずれもシーズンダブルを達成するなど、24勝8分けの32戦無敗を継続。ライバルが勝ち点を取りこぼす中で独走態勢を築き、4節を残して2年ぶり36度目のラ・リーガ優勝を決めた。 昨夏にドルトムントからマドリーへ加入したベリンガムは、驚異的な得点力と勝負強さで開幕4試合で5ゴールと得点を量産すると、すぐさま主軸に定着。[4-3-1-2]のダイヤモンド頂点を主戦場に、センターフォワード顔負けの決定力を見せつけ、ラ・リーガ28試合でチーム最多の19ゴール6アシストを記録した。 また、最優秀監督賞には今季誰もが予想し得なかった優勝争いを演じ、ジローナ史上最高の3位でシーズンを終えたミチェル監督(48)を選出。そのほか、最優秀若手選手賞にバルセロナのスペイン代表FWラミン・ヤマル(16)、最優秀ゴール賞にはオサスナのDFヘスス・アレソが選出された。 2024.05.29 06:30 Wed

盟友クロースの引退横目に…モドリッチが自身の今後に言及「マドリーで引退したいけど…」

レアル・マドリーのクロアチア代表MFルカ・モドリッチがキャリアの終え方について語った。スペイン『Cope』が伝えた。 ラ・リーガの最終節も終え、残すはチャンピオンズリーグ(CL)決勝のドルトムント戦のみとなった今シーズンのマドリー。ウェンブリー・スタジアムでの決戦に向け、着々と時計の針が進んでいる。 そのなか、『Cope』のインタビューに応じたモドリッチは「決勝を楽しみにしている。肉体的にも精神的にも良好だ」とコメント。レギュラーとしてはプレーしなかった今シーズンも振り返った。 「他の選手たちとまったく同じだ。自分がいかにプレーするか考えながら準備して、スタメンでなかったらその時はその時だ。今シーズン何度もそうしてきた」 「少し勝手が違って、最初はこの新しい役割を理解し、務めを果たすのが難しかった。だけど、決してそう決めつけることはできない。とてもうまく対応できたと思うし、自分にプレーする出番が与えられた時はうまくやれたと思う。監督も喜んでいるよ」 一方、再びマドリーとの契約満了が迫る自らの将来にも言及。新たにもう1年契約を延長するとも報じられるなか、その可否は明言しなかったものの、状態を見極めながら今後も戦っていくと述べた。 「僕の年齢を踏まえると、あまり先のことは考えられない。毎日、毎週、自分の体と心の声に耳を傾け、決断を下すしかない。シーズン中は今後どうなるか考えなかった」 「(もう考えはあるのか?)うん。だけど言えないよ」 「僕はとても調子が良いし、力強さも感じる。でも、それは半年で変わるかもしれないし、変わらないとわかったら真っ先にまだやめないと言うつもりだ」 また、長らく共にプレーしてきたドイツ代表MFトニ・クロースの引退についても触れたモドリッチ。別れを惜しむと同時に、クロースの決断は自身の決断に「関係ない」と語り、自らの考えを明かした。 「選手が別れを告げるのはいつも残念なことだけど。それがトニならなおさらだ。10年間このクラブで一緒にいたし、彼とプレーするのが一番楽しかった」 「悲しいけど、これが彼の決断だ。話してみると彼はとても落ち着いているし、自分の決断に納得している。確かに彼はもっとプレーすることができただろうけど、彼を尊重しなければならない」 「(僕も)マドリーを最後のクラブにしたいと常に言ってきた。マドリーで引退したいけど、どうなるか見てみよう。少しずつ物事は進んでいる。僕の望みが叶うことを願っている。自身のホーム、そして自身の人生のクラブで引退するのは僕の夢だ」 「(クロースのような去り方を望む?)そうだね。トニにふさわしい、とても、とても良い別れ方だった。とてもとても美しく、感動的なものだった」 2024.05.28 15:11 Tue

伊東純也&中村敬斗所属のスタッド・ランスの新監督に意外な名前? レアルのダビデ・アンチェロッティ氏を第一候補に

日本代表MF伊東純也とMF中村敬斗が所属するスタッド・ランス。ウィル・スティル監督の退任が決まっている中、新監督には意外な名前が浮上している。 今夏は来日し、ジュビロ磐田、清水エスパルス、FC町田ゼルビア、ヴィッセル神戸と対戦することが決定。ただ、現時点で監督は不在だ。 『The Athletic』によると、新監督の第一候補はレアル・マドリーでアシスタントコーチを務めているダビデ・アンチェロッティ氏(34)とのことだ。 その名前からも分かる通り、マドリーで指揮を執るカルロ・アンチェロッティ監督の息子。ミランの下部組織でもプレーしていたダビデ氏は、パリ・サンジェルマン(PSG)、マドリー、でフィットネスコーチを務めると、2016年7月から父の下でバイエルンのアシスタントコーチに就任。以降、ナポリ、エバートン、そしてマドリーと父の右腕として指導してきた。 ただ、マドリーは重要なコーチングスタッフの1人として認識しており、チームを去ることを許可しないと見られている。 マドリーはラ・リーガで優勝を果たすと、今シーズン最後の試合としてドルトムントとのチャンピオンズリーグ(CL)決勝が控えている状況。その後に交渉が行われることと見られているが、すでにランスはマドリーに連絡しているという。 2016年にUEFAのA級ライセンスを取得しており、本人も監督としてのキャリアを歩みたいと考えている状況。今年1月にはサウジアラビアからの高額オファーがあったが拒否。適切な機会を窺っているという。 父の下で多くのタイトルを獲得し、スター軍団の中で指導を続けているダビデ氏。その手腕は評価が高いが、来シーズンは伊東や中村を指導することになるだろうか。 2024.05.28 12:45 Tue

2001年から続いたレアル・マドリーの“ジダン王朝”、三男テオがカスティージャ退団でとうとう終焉へ

レアル・マドリーから“ジダン”がいなくなる見通しに。スペイン『Relevo』が伝える。 2001年7月9日、レアル・マドリーで前年から第一次政権を発足させたフロレンティーノ・ペレス会長が、21世紀到来を控えてスタートした“銀河系軍団”構築の第2弾として、ユベントスから2000年のFIFA世界最優秀選手賞、ジネディーヌ・ジダン氏を当時史上最高額の9000万ユーロで獲得。全世界が仰天した。 その後、ジダン氏は2006年の現役引退までマドリーでプレーし、引退後は2度にわたって監督を歴任。その間の功績等は説明不要だろう。 一方、ジダン氏には4人の息子が。長男エンツォ・ジダン(1995年生まれ)、次男ルカ・ジダン(98年生まれ)、三男テオ・ジダン(02年生まれ)、四男エリアス・ジダン(05年生まれ)。エンツォとルカは父の現役時代からマドリー下部組織に所属し、テオとエリアスも兄2人を追うようにマドリーの一員となった。 現在もマドリーに残るはリザーブチーム「カスティージャ」でプレーする三男テオのみだが、一家の父が2001年7月にマドリー入りして以来、エル・ブランコには絶えず、”ジダン”が所属しているのだ。 しかし、2024年夏をもって、四半世紀近く続いてきた「マドリーにジダンあり」が終わる見通しに。テオの契約が6月末までとなっており、本人に延長の意志なし。トップチーム昇格を待たずして、キャリアで初めてマドリーを離れる決断を25日に下したとのことだ。 22歳テオは、父の盟友ラウール・ゴンサレスが率いるカスティージャで主力選手。今季のスペイン3部でセントラルハーフとして優れたパフォーマンスを披露し、他クラブのトップチームに羽ばたく目処が立ったとみられている。 なお、マドリートップチーム通算“1試合1得点”という29歳の長男エンツォは、現役引退を宣言せずとも現在サッカーから離れ、不動産業に従事。1月にマドリーからレアル・ベティスへ移籍した18歳の四男エリアスは、来季のトップチーム昇格が決定し、U-19フランス代表でも主力級という194cmの左利きセンターバックだ。 2024.05.27 15:00 Mon
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly