カージャックされ射殺の元U-23南アフリカ代表DF、6人組の男が殺害容疑で逮捕…東京五輪にも出場した有望株

2024.04.10 21:50 Wed
東京オリンピックでは日本とも対戦したフルール
Getty Images
東京オリンピックでは日本とも対戦したフルール
自身の車が襲撃を受け射殺されたカイザー・チーフスに所属するDFルーク・フルール(24)だが、犯人が逮捕された。6人組だという。イギリス『BBC』が伝えた。事件が起きたのは3日の夜、南アフリカのヨハネスブルク郊外のガソリンスタンドで発生した。フルールは正体不明の武装集団に接近され、車から降りるように命じられたという。
その後に射殺。犯人の1人が上半身を撃ったとのことで、その後フルールの車で現場から逃走していた。

警察の発表によると、男たちは6人組。10日の朝に逮捕されたとのこと。「カージャックを担当するシンジケートの一員」と見られているという。

フルールはU-23南アフリカ代表として東京オリンピックにも出場。U-23日本代表ともグループステージで対戦し、センターバックとしてフル出場を果たしていた。
また、デビューはしていないが、南アフリカ代表も招集されていた。

1 2

ルーク・フルールの関連記事

南アフリカで選手の車がハイジャックされ射殺される事件が発生した。 事件が起きたのは3日の夜、南アフリカのヨハネスブルク郊外のガソリンスタンドで発生した。 襲われたのはカイザー・チーフスに所属するDFルーク・フルール。正体不明の武装集団に接近され、車から降りるように命じられたという。 その後に射殺。犯人はフルールの車で現場から逃走しているとした。フルールは24歳の若さで尊い命を失うこととなった。 所属のカイザー・チーフスも今回の死を受けて追悼している。 「昨夜、ヨハネスブルクで発生したハイジャック事件で、カイザー・チーフスの選手、ルーク・フルールが悲劇的に亡くなったことを、深い悲しみと共にお知らせします」 「この困難な時期に、我々は彼の家族と友人に想いと祈りを捧げます」 「SAPS(南アフリカ警察)がこの件を処理しており、詳細は追って通知される予定です。彼の魂が、安らかに眠りますように」 フルールはU-23南アフリカ代表として東京オリンピックにも出場。U-23日本代表ともグループステージで対戦し、センターバックとしてフル出場を果たしていた。 また、デビューはしていないが、南アフリカ代表も招集されていた。 <span class="paragraph-title">【写真】所属のカイザー・チーフスも追悼</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">It is with a great deal of sadness that we announce that Kaizer Chiefs player, Luke Fleurs tragically lost his life last night during a hijacking incident in Johannesburg. <br><br>Our thoughts and prayers are with his family and friends at this difficult time.<br><br>The SAPS are handling… <a href="https://t.co/4CTCiH1I41">pic.twitter.com/4CTCiH1I41</a></p>&mdash; Kaizer Chiefs (@KaizerChiefs) <a href="https://twitter.com/KaizerChiefs/status/1775766073247187264?ref_src=twsrc%5Etfw">April 4, 2024</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2024.04.04 22:35 Thu

南アフリカの人気記事ランキング

1

クガトラナ躍動の南アフリカがW杯初勝利、イタリアを下し逆転でのGS突破! 3連勝の首位スウェーデンと共に決勝Tへ【2023女子W杯】

2日、オーストラリア&ニュージーランド女子ワールドカップ(W杯)グループG最終節の2試合が同時刻キックオフで行われ、スウェーデン女子代表と南アフリカ女子代表の決勝トーナメント進出が決まった。 グループGは最終節前の段階で首位に勝ち点「6」のスウェーデン、2位に「3」のイタリア女子代表、3位に「1」の南アフリカ、4位に同じく「1」のアルゼンチン女子代表という順位。スウェーデンはすでに予選突破を確定させている状況で、南アフリカvsイタリア、アルゼンチンvsスウェーデンが行われた。 決勝トーナメント進出と共にW杯初勝利を目指す南アフリカ。初戦のスウェーデンは先制しながらも1-2で落とし、第2節のアルゼンチン戦も2点を先行しながら引き分けに終わっていた。今節はキャプテンのレフィロエ・ジェーンをケガ、ホロサ・ビヤナを出場停止で欠く中、チーム最年長のノコ・マトロウがセンターバックで先発出場した。 一方、勝てば文句無しで決勝トーナメント進出が決まるイタリアは、0-5で大敗したスウェーデンからスタメンを2人変更。CBのセシリア・サルヴァイがコンディション不良のようでスタメンから外れ、W杯デビューとなる23歳のベネデッタ・オルシが最終ラインに。最前線にはバレンティナ・ジャチンティが入った。 試合開始直後はイタリアが主導権を握る。10分にはキアーラ・ベッカーリがボックス内右で倒されてPKを獲得。アリアナ・カルーゾがキッカーを務め、冷静にゴール左隅に決めた。 難しい立ち上がりとなった南アフリカだったが、13分には後方からのロングボールを敵陣中央付近で収めたテンビ・クガトラナが振り向きざまにミドルシュートを放つ。枠の左に外れたが、積極的にゴールを狙う姿勢を見せた。 徐々にペースを掴み始めた南アフリカ。21分には、味方の落としに反応したロビン・ムーダリーがボックス手前からダイレクトシュート。右ポストに直撃した。 攻め込まれていたイタリアは不用意なミスから失点してしまう。32分、最終ラインのオルシがGKの位置を確認せずにバックパスを送ってしまい、そのままオウンゴールに。南アフリカがラッキーな形で同点に追いついた。 しかし、イタリアはすぐさまチャンスを作る。34分、左CKにベッカーリが頭で合わせると、これが右ポストに直撃。次第に強風が吹き始め、ボールの軌道にも影響を与えるようにな理、雨も降り始め、難しいピッチコンディションに。前半終盤にはイタリアが攻勢となったが、1-1のままハーフタイムに突入した。 後半頭から交代カードを切ってきた南アフリカは、最前線のクガトラナを起点に左サイドからイタリアゴールに迫る。 すると迎えた67分、南アフリカがついに逆転。左サイドでボールを持ったクガトラナがカットインから左ポケットへスルーパス。走り込んだヒルダ・マガイアにパスが通ると、左足でゴールに流し込んだ。 ところが74分、イタリアがセットプレーから同点に追いつく。左CKに途中出場のクリスティアナ・ジレッリがニアサイドで反応。頭で中央へフリックすると、カルーゾがこれを押し込み、この試合2点目を決め試合を振り出しに戻した。 引き分けであれば突破できるイタリア。87分にはビッグチャンスを作るも、南アフリカはGKケイリン・スワートのファインセーブで凌ぎチャンスをうかがう。 度重なる試合中断の影響を受け、11分という長いアディショナルタイムが取られた中、92分に南アフリカが試合を動かす。左サイドから崩すとマガイアの折り返しをクガトラナが押し込み、再びリードを手にした。 このままでは敗退となるイタリアは、94分にボックス内でボールをキープしたジャチンティがシュートを放つも、僅かに右に外れて同点ゴールとはならず。南アフリカが悪天候の中の激闘を3-2で制し、2度目のW杯にして初勝利を収め、ベスト16入りを決めた。 一方、勝利すれば決勝トーナメント進出の可能性もあったアルゼンチンはスウェーデンに0-2で敗れ、グループステージ敗退。この結果、勝ち点を「4」に伸ばしてイタリアと順位を入れ替えた南アフリカが決勝トーナメント進出を決めた。 グループG首位通過のスウェーデンはラウンド16でアメリカと、2位通過の南アフリカはオランダと対戦する。 南アフリカ女子代表 3-2 イタリア女子代表 【南アフリカ】 OG(前32) ヒルダ・マガイア(後22) テンビ・クガトラナ(後90+2) 【イタリア】 アリアナ・カルーゾ(前11[PK]、後29) アルゼンチン女子代表 0-2 スウェーデン女子代表 【スウェーデン】 レベッカ・ブロンクビスト(後21) エリン・ルベンソン(後45) ◆グループG最終順位 (勝ち点、得失点差) 1.スウェーデン 9pt/+8 2.南アフリカ 4pt/±0 ーー決勝トーナメント進出ーー 3.イタリア 3pt/-5 4.アルゼンチン 1pt/-3 2023.08.02 18:43 Wed
2

なでしこはパリ五輪で厳しいグループに! W杯女王のスペイン、ブラジル、アフリカの2カ国と同居…池田太監督「ポジティブな緊張を改めて感じています」

国際サッカー連盟(FIFA)は20日、パリ・オリンピック女子サッカー競技のグループリーグ分け抽選会を行った。 なでしこジャパンがすでに出場権を獲得しているパリ・オリンピック。その日本はグループCに入り、スペイン女子代表、ブラジル女子代表、そしてアフリカ予選1位(ナイジェリアor南アフリカ)と同居することとなった。 スペインは2023年夏に行われたオーストラリア&ニュージーランド女子ワールドカップ(W杯)で初優勝を達成した強豪。グループステージで対戦した際には4-0で日本が勝利していたが、その後勝ち上がり優勝を果たしていた。 また、同W杯ではグループステージ敗退となったブラジルとも同居。2023年11月から12月にかけてブラジル遠征した際には2試合を戦い、3-4、2-0と1勝1敗の成績。4月にアメリカで行われる「2024 SheBelieves Cup」にも日本と共に出場し、対戦の可能性もある。 決定していないアフリカの1カ国に関しても、ナイジェリア、南アフリカともに2023年の女子W杯に出場。共にラウンド16まで勝ち上がるも敗れていた。 なお、初戦は7月25日(木)にスペインと、第2戦が同28日(日)にブラジルと最終戦が同31日(水)でアフリカ勢と対戦する。なお、グループ上位2カ国と、3位の上位2カ国が準々決勝へと勝ち上がることとなる。 なでしこジャパンを率いる池田太監督は、今回の組み合わせ抽選結果を受けてコメントしている。 「対戦国が決まり、戦いをイメージしてポジティブな緊張を改めて感じています。12チームという限られた出場国で開催されるオリンピックでは、どのチームとの対戦も常にタフな試合になります」 「初戦のスペインはワールドカップチャンピオンであり対戦が楽しみです。ブラジルは昨年の国際親善試合で高い個の技術と勝利への執念に苦しめられました。アフリカ勢も昨年のワールドカップでは3チームがラウンド16に進出するなど、勢いのあるチームが多いです」 「ここからまたひとつ、準備が進んでいきます。大会までの残り約4カ月、常にオリンピックを意識してチームとしての積み上げを続けていきます」 ◆パリ・オリンピック 女子サッカー組み合わせ 【グループA】 フランス コロンビア カナダ ニュージーランド 【グループB】 アメリカ アフリカ予選2位(ザンビア/モロッコ) ドイツ オーストラリア 【グループC】 スペイン 日本 アフリカ予選1位(ナイジェリア/南アフリカ) ブラジル 2024.03.21 10:15 Thu
3

なでしこ、スペインとパリ五輪で同居するブラジル、『死の組』と煽るメディアに指揮官は「どこも競争力がある、我々は歴史を作ると確信している」

ブラジル女子代表のアルトゥール・エリアス監督が、パリ・オリンピックのグループ分け抽選結果を受けての心境を語った。 国際サッカー連盟(FIFA)は20日、パリ・オリンピック女子サッカー競技のグループリーグ分け抽選会を行い、FIFAランキング10位のブラジルはなでしこジャパン(同7位)、スペイン女子代表(同1位)、アフリカ予選1位[(ナイジェリア(同36位)or南アフリカ(同51位)]と同居するグループCに入った。 直近の女子W杯優勝者のスペイン、2011年大会の覇者・日本と同組となったことで、ブラジル『trivela』は「今大会の『死の組』といえる」と伝えるが、指揮官は至って冷静だ。 「組み合わせを見てみると、どのグループも競争力があり、レベルが高いのがオリンピックの特徴だろう。対戦相手や現在のパフォーマンスを考えると、(グループCには)各ポットの最も強いチームが集まったと思うが、だからといって開催時期に影響するわけでもないだろう?」 「グループ分けが決まったので、ここからは技術面や移動の計画を早急に練ることになる。また、大会にはこれまでと同じ心構えで幅広く選手を評価し、パフォーマンスを上げていきたい。オリンピックによってブラジル女子サッカーの歴史を作ることができると、私は確信している」 エリアス監督は、2023年のオーストラリア&ニュージーランド女子ワールドカップ(W杯)後にブラジル女子の監督に就任。これまでカナダ女子代表と2連戦、なでしこジャパンと2連戦と、オリンピックで対戦の可能性がある国との強化試合を行い、今年の2月下旬から3月にかけて行われていた2024CONCACAF W ゴールドカップでは、アメリカ女子代表に次ぐ準優勝という成績を収めた。「ブラジル的」で攻撃的なプレー基準を持つと同時に、トーナメント形式での堅実な戦い方でも決勝まで進んだ。 W杯、オリンピックともに過去最高成績は準優勝のブラジル。主要国際大会での初タイトル獲得を、エリアス監督は虎視眈々と狙っている。 「これまでの期間で我々が得た最大の成果は、グループ外の人には見えない部分にある。我々が、代表チームが国際大会で再び頭角を現すための仕事、交流、そして最も重要なプレーモデルにおいて、基本的な環境とメンタリティを創り上げてきたと、信じているよ」 <span class="paragraph-title">【動画】2023年末の親善試合ではブラジルがなでしこに4-3で勝利</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="mj5iOj2thi4";var video_start = 8337;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.03.21 20:10 Thu
4

オケケ先発のナイジェリアが北京五輪以来の出場権獲得!バンダ2発のザンビアも逆転突破【パリ五輪アフリカ最終予選】

パリ・オリンピック女子サッカーのアフリカ最終予選第2戦の2試合が9日に各地で行われ、ナイジェリアとザンビアが本大会出場を決めた。 なでしこジャパンと同組となるグループCの椅子を争うのは、ナイジェリア女子代表と南アフリカ女子代表。第1戦ではナイジェリアがラシーダット・アジバデ(アトレティコ・マドリー)のPK弾で南アフリカにホームで1-0と先勝していた。 アウェイでの第2戦でも、逆転突破を目指すバニャナ・バニャナ(南アフリカ)の攻撃に対し、オケケ(マイナビ仙台レディース)をはじめとした守備陣が危なげない対応を続け、勝敗を決定づけるゴールこそ奪えなかったものの、大きな破綻なくゴールレスドローで試合終了。第1戦のリードを生かしたスーパーファルコンズ(ナイジェリア)が、北京大会以来となる4大会ぶりのオリンピック出場を決めた。 もう1枠を巡る争いでは、ザンビア女子代表がモロッコ女子代表を逆転した。 本拠地での初戦を1-2で落としていたザンビアは、敵地戦でアトラス・ライオネス(モロッコ)にポゼッションを譲るも、38分にバーバラ・バンダが試合を動かし、合計スコアをタイに戻す。 後半はモロッコが主導権を握る中で両者ともにゴールが生まれず、試合は延長戦にもつれ込むと、延長前半終了間際にザンビアがPKを獲得し、これをバンダが決めて決勝点に。コッパー・クイーンズ(ザンビア)が2大会連続2度目のオリンピック出場権を獲得した。 ◆パリ・オリンピックアフリカ最終予選 第2戦 ナイジェリア 0-0(AGG:1-0) 南アフリカ モロッコ 0-2(AGG:2-3)ザンビア 2024.04.10 14:20 Wed
5

リーズやバーリで活躍した元南アフリカ代表FWマシンガ氏が49歳で急逝

かつてリーズやバーリで活躍した元南アフリカ代表FWフィル・マシンガ氏(享年49)が逝去した。南アフリカ共和国サッカー協会(SAFA)が13日にレジェンドの訃報を伝えた。 現役時代に190cmを超える大型ストライカーとして活躍したマシンガ氏は、母国マメロディ・サンダウンズでの活躍を経てリーズやザンクト・ガレン、サレルニターナ、バーリ、アル・ワフダといった国外のクラブでプレー。 南アフリカ代表としては1992年から2001年までプレーし、通算58試合の出場で18ゴールを記録していた。 13日にSAFAのダニー・ジョーダン会長は、「南アフリカサッカー界にとって今日は悲しい一日となりました。マシンガ氏はピッチ内外でゲームに真摯に向き合う素晴らしい人物でした」と、マシンガ氏の訃報を伝えた。 なお、現時点でマシンガ氏の死因などに関する詳細は明かされていない。 2019.01.13 23:45 Sun

NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly