三笘不在のブライトン、低迷するエバートンに苦戦もダンクの土壇場弾でドローに持ち込む【プレミアリーグ】

2024.02.25 02:11 Sun
Getty Images
三笘薫の所属するブライトン&ホーヴ・アルビオンは24日、プレミアリーグ第26節でエバートンと対戦し1-1の引き分けに終わった。三笘はベンチ入りしなかった。
PR
前節シェフィールド・ユナイテッド戦を快勝した7位ブライトン(勝ち点38)は、その試合のスタメンから背中に違和感を訴えた三笘とウェブスターをファーガソンとイゴールに変更した以外は同じメンバーを採用。1トップにファーガソン、2列目に右からブエナノッテ、ウェルベック、アディングラを並べた[4-2-3-1]で試合に臨んだ。
リーグ戦8試合勝利のない17位エバートン(勝ち点20)に対し、立ち上がりから攻勢を続けるブライトンは19分、ボックス手前でパスを受けたウェルベックがブエナノッテとのパス交換でボックス内に侵入。バランスを崩しながら右足でシュートを放ったが、これはゴール右に外れた。

その後も主導権を握るブライトンは、何度もアタッキングサードまで攻め込むが、集中した守りを見せるエバートン守備陣を前になかなか決定機まで至らず、前半はゴールレスで終了した。

後半もポゼッションで上回るブライトンだが、57分にピンチを迎える。左サイドを突破したマクニールのクロスを逆サイドから走り込んだドゥクレに右足ボレーで合わせられたが、これはゴールカバーに入ったランプティが頭で弾き出した。
1点が遠いブライトンは、61分にウェルベック、イゴール、ランプティを下げてファティ、エストゥピニャン、フェルトマンを投入する3枚替えを敢行。

さらに72分、ブオナノッテを下げてエンシソをピッチへ送り出したブライトンだったが、直後のセットプレーから失点する。73分、中盤でのFKからGKピックフォードがロングボールを供給すると、ボックス内で競り合った相手DFに当たったボールがブランスウェイトの前にこぼれると、迷いなく振り抜いた左足のシュートがゴール右に突き刺さった。

1点を追う展開となったブライトンは81分、ギルモアがルーズボールに反応したオナナの左足をスパイクしてしまうと、主審は迷わずレッドカードを提示し、退場処分となった。

このまま試合終了かと思われたが、後半アディショナルタイムにドラマが生まれる。数的不利になりながらも猛攻を仕掛けるブライトンは95分、右CKのこぼれ球から二次攻撃を仕掛けると、アディングラのパスを右サイドで受けたグロスがクロス。これをダンクがヘディングでゴールに叩き込んだ。

結局、試合はそのまま1-1でタイムアップ。数的不利ながら土壇場弾で追いついたブライトンが勝ち点1を掴み取った。

PR
関連ニュース

ハーランドはブライトン戦も欠場に…グアルディオラ監督「まだ万全ではない」

マンチェスター・シティは24日、ノルウェー代表FWアーリング・ハーランドが25日に行われるプレミアリーグ第29節延期分のブライトン&ホーヴ・アルビオン戦を欠場することを明かした。 ハーランドは17日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)準々決勝2ndレグのレアル・マドリー戦で筋肉系を負傷。20日に行われたFAカップ準決勝のチェルシー戦も欠場していた。 シティを率いるジョゼップ・グアルディオラ監督は、前日会見で複数抱えているケガ人の状態についてコメント。 「フィル・フォーデンとジョン・ストーンズの2人大丈夫だが、ハーランドはまだ万全ではない。それほど大きな問題ではないが、出場できる状態ではないよ」 アーセナル、リバプール、シティの3つ巴の優勝争いとなっているプレミアリーグ。2試合消化の少ないシティは、首位に立つアーセナル(勝ち点77)と4pt差の3位に位置している。 2024.04.25 07:00 Thu

乱立するクロップ監督の後任候補、OBはブライトン指揮官の招へいを予想「有力候補と見て間違いない」

リバプールのレジェンドであるジェイミー・キャラガー氏は、古巣がブライトン&ホーヴ・アルビオンのロベルト・デ・ゼルビ監督(44)を招へいすると考えているようだ。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。 リバプールは9シーズンにわたってチームを率いてきたユルゲン・クロップ監督が、今シーズン限りで退任。クラブは後任探しに着手しているが、最優先ターゲットとしていたレバークーゼンのシャビ・アロンソ監督が残留を表明したことで、現在はさまざま指揮官の名が報じられている。 その中でも、特に可能性が高いとされていたのがスポルティングCPのルベン・アモリム監督。一時は複数メディアから就任に向けた交渉が進行中と報じられていたが、これは指揮官本人が否定していた。 こうした中、イギリス『The Athletic』はこれまでの報道から一転、リバプールがアモリム監督を招へいする可能性は低いと報道。リバプールのフットボール部門の最高責任者(CEO)であるマイケル・エドワーズ氏とスポーツ・ディレクター(SD)のリチャード・ヒューズ氏は、現在あらゆる選択肢を模索中と伝えている。 これを受けて、キャラガー氏は自身のX(旧ツイッター)を更新。アモリム監督招へいの線が薄くなった現在、最有力候補はデ・ゼルビ監督だろうとの見方を示している。 「リチャード・ヒューズはボーンマスのテクニカル・ディレクター時代、デ・ゼルビの招へいを望んでいた。だから、もしアムリムに関する報道が本当ならば、デ・ゼルビが後任の有力候補と見て間違いないだろう」 デ・ゼルビ監督は2022年9月、ブライトンの指揮官に就任。魅力的なアタッキングフットボールを志向し、昨シーズンにブライトンをプレミアリーグでクラブ史上最高位の6位フィニッシュに導いた。今シーズンは相次ぐケガ人の発生もあってリーグ戦10位と振るわないが、それでもビッグクラブからは変わらず高い評価を受けている。 2024.04.23 16:10 Tue

2部リーズが岐路…若き人気銘柄と莫大な負債、もし1年でのプレミア復帰に失敗なら…

リーズ・ユナイテッドが、生きるか死ぬかの岐路に立たされているようだ。 1年でのプレミアリーグ復帰を目指す、チャンピオンシップ(イングランド2部)のリーズ。年明けからぐんぐん調子を上げ、現在は残り3試合で自動昇格圏2位と勝ち点「1」差の3位につけている。 少なくとも6位以内に与えられる昇格プレーオフ圏は確保したなか、昇格争いとともに現地で大きく注目されているのが、主力としてチームを引っ張る若きタレントの去就だ。 まず、すでにある程度サッカーファンにも名前が通るイタリア代表FWウィルフレッド・ニョント(20)。派手なタイプではないが、昨季のプレミア経験を通じ、若くして実力を伸ばしたウインガーで、イタリア代表にも継続招集される。 U-21イングランド代表MFアーチー・グレイ(18)は、今季トップ昇格1年目でチームの屋台骨となったセントラルハーフ。父や大叔父といった身内を含め、”グレイ一族”4人目のリーズ選手であり、18歳にしてチームの象徴となっている。 U-21オランダ代表FWクリセンシオ・サマーフィル(22)は背番号10を背負い、今季リーグ戦40試合17得点8アシスト。フェイエノールトが手塩にかけて育てたウインガーで、今やリーズの浮沈を最も左右する1人として認知されるエースだ。 ニョントはエバートンから執拗に狙われ、以前にはローマ&ラツィオからの関心も明らかに。グレイはトッテナムを筆頭にプレミアトップクラブがうなる人気銘柄。左ウイングのサマーフィルには、日本代表MF三笘薫が所属するブライトンからのリストアップが判明済みだ。 これらを踏まえたうえで、リーズの状況について。 多くの方がご存知の通り、プレミアかチャンピオンシップかでは、放映権収入に天と地ほどの差があり、この点はチーム運営資金に直結。今回でいえば、リーズは昇格成功なら3選手を売らなくても困らないし、新戦力獲得の余裕も生まれるが、昇格失敗なら運営全般の体裁を整えるべく、主力売却による資金確保が待ったなしとなる。 また、イギリス『フットボール・インサイダー』によると、リーズは現在1億9000万ポンド(約363億円)の負債を抱えているとのこと。もし今季で昇格できなければ、3選手の“売り”の必要性は加速し、戦力大幅ダウンで昇格なんて夢のまた夢…そんな時代が来るかもしれない。 ハッキリ言って、状況は、生きるか、死ぬか。これを“現場”が知らないはずもなく、まさに命懸けでプレミアリーグ昇格を掴まなければいけないリーズだ。 2024.04.20 20:55 Sat

トッテナムのレジェンドDFジョー・キニアー氏が77歳で他界…UEFAカップ初代王者に貢献

トッテナムやブライトンでプレーしたDFジョー・キニアー氏が他界した。77歳だった。 クラブ公式Xを通じて訃報を発表したトッテナムは、「ジョー・キニアーの訃報に接し、深い悲しみを感じている。この大きな悲しみに包まれているとき、クラブ全員の思いは彼の家族と友人とともにある」と哀悼の意を表している。 ビル・ニコルソン監督のアシスタントを務めたエディー・ベイリー氏によってアマチュアリーグのセント・オールバンズでプレーしているところを発見されたキニアー氏は、1965年12月にトッテナムに入団。 1966年4月にデビューを果たすと、1966-67シーズンはリーグ戦20試合に出場、FAカップ優勝にも貢献。その後、右サイドバックのレギュラーに定着すると、公式戦258試合に出場。2度のリーグカップ制覇に加え、1972年のUEFAカップ初代王者に貢献した。 その後、1975年にブライトンへ移籍したが、翌年に30歳の若さで現役を引退。1983年にトッテナム時代のチームメイトであるデイヴ・マッケイ氏が指揮官を務めるUAEのアル・シャバーブでアシスタントコーチとして指導者キャリアをスタート。 インド代表やネパール代表の監督を経て、1987年12月にマッケイ氏が監督に就任したドンカスター・ローヴァーズのアシスタントコーチとしてヨーロッパに復帰。1989年3月からは解任されたマッケイ監督の後任としてシーズン終了まで暫定監督を務めた。 その後は、ウィンブルドンFCやルートン・タウン、ノッティンガム・フォレスト、ニューカッスルなどで監督を歴任。その他、2013年6月からはニューカッスルで約1年半に渡りフットボール・ディレクターも歴任した。 2024.04.08 07:30 Mon

「本当に良い時期を過ごしている」暫定首位浮上のアーセナル、ブライトンに8月以来のホーム黒星をつけアルテタ監督は喜び「誇りに思う」

アーセナルのミケル・アルテタ監督が、ブライトン&ホーヴ・アルビオン戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えた。 6日、プレミアリーグ第32節でアーセナルはアウェイでブライトンと対戦した。 リバプール、マンチェスター・シティとの熾烈な首位争いを繰り広げている中、アウェイでのブライトン戦。ホームに強い相手との戦いは、33分にブカヨ・サカのPKで先制すると、後半に選手たちが躍動。62分にカイ・ハヴァーツ、86分にレアンドロ・トロサールがネットを揺らし、0-3で勝利を収め、暫定首位に浮上した。 2024年はリーグ戦無敗を継続しているアーセナル。アルテタ監督は8月26日のウェストハム戦以来、プレミアリーグでホームで負けていなかったブライトン相手の勝利を喜んだ。 「本当に嬉しいし、選手たちを本当に誇りに思う。彼らはこの偉大なブライトンを倒すために素晴らしいパフォーマンスを見せてくれた」 「彼らは8月以来ここで負けておらず、それがこの仕事の難しさを物語っているが、今日の我々は本当に良かった」 昨シーズンはマンチェスター・シティとの優勝争いの最中、ケガ人などの影響もあり最終盤に失速。優勝を逃していたが、この時期でもしっかりと戦えているアーセナル。 アルテタ監督は1年前からの成長について「分からない」とコメント。それでも、良い形でチームが戦えているとした。 「我々は本当に良い時期を過ごしていると思う。チームは本当に良いエネルギーを持ち、健康で、個人としても集団としても大きな自信を持っている」 「彼らは本当に良いパフォーマンスを見せており、我々は多くの勝利を収めている。自分たちがやっていることを続けていかなければいけない」 <span class="paragraph-title">【動画】強いアーセナル、アウェイでブライトンを下し首位浮上!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="yhvSMQ2j3u0";var video_start = 5;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.04.07 09:25 Sun
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly