ミランがベスト16進出…ブリジョーにハット許して敗戦も初戦のアドバンテージ活かす【EL】

2024.02.23 04:49 Fri
Getty Images
ヨーロッパリーグ(EL)のプレーオフ2ndレグ、スタッド・レンヌvsミランが22日にロアゾン・パルクで行われ、ホームのレンヌが3-2で勝利した。だが、2戦合計3-5のミランがラウンド16進出を決めた。
PR
チャンピオンズリーグ(CL)のグループステージ3位敗退に伴い、プレーオフからのEL参戦となったミラン。リーグ・アンの強豪レンヌとのホーム開催の初戦ではロフタス=チークのドッピエッタにレオンのゴールによって3-0の先勝。優勝候補に相応しいパフォーマンスを見せた。
ただ、直近のセリエAでは格下モンツァに2-4で敗れる失態を演じ、敵地で行われる今回の2ndレグへ若干の不安を抱えて臨む形となった。ピオリ監督はリーグ戦のバウンスバックと共にベスト16進出を懸けた一戦に向けて先発5人を変更。ロフタス=チーク、チャウに代えてラインデルスやケアーが起用され、チュクウェゼとオカフォーに代わってプリシック、レオンが復帰した。

試合は開始早々にミランに決定機。2分、ベナセルのスルーパスに抜け出したレオンがスピードに乗ってボックス左に持ち込んで左足シュートを枠に飛ばすが、ここはGKマンダンダの好守に阻まれる。

一方、冷や汗をかく立ち上がりのピンチを凌いだレンヌは早い時間帯のゴールを目指して攻勢を仕掛けていく。そして、幾つか際どいシーンを作って押し込むと、11分にはペナルティアーク右でサンタマリアの横パスを受けたブリジョーが見事な右足の低弾道シュートをゴール左隅に突き刺し、先制点を挙げた。
このファインゴールによってスタジアムのボルテージが一気に高まってホームチーム優勢の時間帯が続く。だが、我慢の戦いで追加点を許さないミランが、見事な崩しから同点ゴールを奪う。

22分、ラインデルスが複数DFを引き寄せる中央突破から左サイドの高い位置に侵入したテオ・エルナンデスに展開。テオから高精度の左足ダイレクトクロスが供給されると、ファーでドフリーのヨビッチがヘディングで合わせた。

モンツァ戦愚行退場のヨビッチの禊のゴールで1-1のスコアとなったが、レンヌも気落ちすることなくアグレッシブにゴールを目指す。失点直後にはブリジョーの強烈な直接FK、ゴール前の混戦からのカリムエンドのボレーシュートでGKメニャンにファインセーブを強いる。

前半半ばから終盤にかけては一進一退の攻防に。レンヌがより相手陣内深くでプレーしたが、ミランの集中した守備を前に2点目が遠かった。

1-1のイーブンで折り返した後半は前半の流れを完全に踏襲する展開に。立ち上がりにレオンの決定機をGKマンダンダの好守で凌いだレンヌは、52分にテリエとDFケアーの微妙な接触からPKを獲得。これをキッカーのブリジョーが冷静に決めてレンヌが勝ち越しに成功する。

だが、ミランも58分に相手ディフェンスラインの連携ミスからボールを奪ったレオンが左サイドを持ち上がってボックス内に侵入。GKと交錯しながらもこぼれ球を足元に収めて無人のゴールへ流し込み、瞬く間に追いついた。

この直後にミランはレオン、ベナセル、プリシックを下げてロフタス=チーク、オカフォー、チュクウェゼを一気に投入。フレッシュな選手の投入で試合を落ち着かせにかかる。

一方、同じくフレッシュな選手の投入で前がかるレンヌは68分、ボックス内でのヨビッチのハンドによってこの試合2つ目のPKを獲得。これをキッカーのブリジョーが右隅に決めてハットトリックと共に3度目のリードを手にした。

ここから畳みかけたいレンヌだったが、守備的な交代カードを切ってうまく試合をコントロールするミランを前になかなか決定機まで持ち込めない。

そして、試合はこのまま3-2でタイムアップを迎え、ブリジョーのハットトリックでレンヌが意地を見せたものの、初戦の大きなアドバンテージを活かして逃げ切ったミランが順当にベスト16進出を決めた。

PR
関連ニュース

ミランが契約延長望む主将カラブリア、クラブに対して昇給は希望せずか

ミランがイタリア代表DFダビデ・カラブリア(27)との契約交渉開始を検討しているようだ。『フットボール・イタリア』が伝えている。 ミランの下部組織出身であり、2014年にファーストチームへ昇格してからはチーム一筋を貫くカラブリア。2022-2023シーズンからチームのキャプテンに就任すると、ここまでチームを支えている。 今シーズンは右サイドバックの主力として公式戦38試合出場4アシストを記録。ミランもこうした活躍を評価しており、2025年夏までとなる現行契約の延長を希望と報じられていた。 しかし、スペインとイタリアの移籍市場に精通するマッテオ・モレット氏によると、まだ具体的な交渉までには発展していないとのこと。また、カラブリアは現在のところクラブに対して、昇給についての要求はまったくしていないようだ。 カラブリア側も契約延長を望んでおり、両者とも円滑な交渉を望んでいる模様。正式な話し合いが始まれば、早い段階で条件がまとまる可能性もある。 2024.04.17 11:10 Wed

ミランが今季トップデビューの逸材MFゼロリと新契約締結

ミランは16日、U-19イタリア代表MFケビン・ゼロリ(19)との契約を2028年6月30日まで延長したことを発表した。 ナイジェリアにルーツを持ちイタリアで生まれ育ったゼロリは、185cmの大型セントラルMF。2010年にミランのアカデミーに加入し、2022年にプリマヴェーラへ昇格。今シーズンはプリマヴェーラでカピターノを務めると、昨年12月末に行われたセリエAのサッスオーロ戦でファーストチームデビュー。以降はいずれも後半終盤の短い出場時間ながらも公式戦2試合に出場している。 まだまだ伸びしろを感じさせるフィジカル能力の高さに加え、ボール扱いやパスセンスに優れる万能型で、中盤でパスを捌きながらドリブルで前進するボックス・トゥ・ボックスのプレーを得意とする。また、シュートレンジも広くミドルシュートやゴール前への飛び出しからユース年代では得点にも絡んでいる。 昨年に故ミーノ・ライオラ氏と関係深いラファエラ・ピメンタ氏と代理人に契約を結んだことで、その去就に注目が集まっていたが、10年以上も在籍するロッソネリとの新契約にサインすることになった。 2024.04.17 06:30 Wed

負傷交代のケアー、大事に至らずもローマ戦は欠場か

ミランのデンマーク代表DFシモン・ケアーが、18日に行われるヨーロッパリーグ(EL)準々決勝2ndレグのローマ戦を欠場するようだ。 ケアーは14日に行われたセリエA第32節のサッスオーロ戦に先発出場したが、55分に屈筋を負傷しマッテオ・ガッビアとの交代を余儀なくされていた。 イタリア『MIlannews.it』によれば、ケアーは15日の午前中に診察を受診。その結果、筋肉系の損傷は見られなかったものの、少なくとも1週間は戦列を離れることになり、木曜日のローマ戦は欠場することになるとのこと。 なお同紙によれば、筋肉疲労でサッスオーロ戦を欠場したGKマイク・メニャンは、15日に他のメンバーとともにトレーニングをこなしており、ローマ戦で復帰する予定だという。 2024.04.16 01:00 Tue

ベルルスコーニ・グループがモンツァの株式過半数を売却へ ガッリアーニCEOは続投

「ベルルスコーニ・グループ」がモンツァの株式過半数を売却へ。 “ベルルスコーニ”が指すのは、もちろん故シルヴィオ・ベルルスコーニ氏のこと。のちにイタリア共和国首相も務める実業家は1986年にミランを買収。氏がもたらしたミラン栄光の時代は、すなわちイタリアサッカー栄光の時代を指すものだ。 近年はミラノ近郊のモンツァを買収し、クラブ史上初のセリエA昇格を果たすなど、80代を過ぎても衰え知らずの情熱がそこにあったが、昨年6月、白血病のため亡くなった。 現モンツァは”盟友”アドリアーノ・ガッリアーニCEOが残り、実弟パオロ・ベルルスコーニ氏が兄から会長の座を受け継いでいる。 ただ、イタリア『カルチョメルカート』いわく、弟パオロ氏らオーナー陣は株式の過半数売却を目指しており、「オリエンタ・キャピタルズ・パートナーズ・ファンド」と1億ユーロ(約163億9000万円)相当の交渉が順調に推移しているという。 どうやらパオロ氏は少数株主としてモンツァに残ることを望んでおり、今後数週間以内に交渉がまとまる見通し。ガッリアーニCEOは職を継続するようだが、パオロ氏としては自身も高齢であり、「ベルルスコーニ・グループ」としてクラブをけん引するのは潮時と判断したようだ。 なんとも、時の流れを感じさせるニュースだ。 2024.04.15 18:55 Mon

老将預かりで才能爆発のデ・ケテラエル、ミラン復帰視野に入れず「本当に申し訳ない。けどもう戻れない」

ベルギー代表FWチャールズ・デ・ケテラエル(23)が、アタランタへの完全移籍希望を明確にした。イタリア『カルチョメルカート』が伝えている。 昨季大きな期待と共にミラン加入も、公式戦40試合ノーゴールという不名誉な数字を残してしまったデ・ケテラエル。本職ではない2列目起用と人生初の海外生活に適応できず、シーズン後には“後見人”パオロ・マルディーニTDも職を追われた。 そんなこんなで今季アタランタへレンタル移籍してきたなか、タレント力を引き出す術に長けた老将、ジャン・ピエロ・ガスペリーニ監督の管理下に置かれた23歳は、地平線の彼方に思えた“ゴール”を、いきなりセリエA第1節で奪ってしまう。 そこから積み上げたのは、公式戦36試合10得点8アシストという数字。主に2トップの一角として、数字だけでは表せないほどアタランタを支えており、もはやガスペリーニ・サッカーの新たな申し子。先のEL準々決勝1stレグ・リバプール戦も躍動し、敵地での0-3完勝に大きく貢献だ。 ミランとアタランタの契約には固定額2200万ユーロ(約36億円)の買い取りオプションがあり、“貯金”の多い優良企業アタランタがこれを行使するのもほぼ確実とみられるなか、当然のように、デ・ケテラエル本人からも完全移籍を望むコメントが出る。 「ミランでのネガティブな1年が何も役立たなかったなんてことはない。そこからの学びが今季だし、今後のキャリアにおいても、あの苦しかった経験が僕を助けてくれると思う。良い経験より良くない経験のほうが学びも多い」 「そして僕は適切な環境を見つけた。僕に明確なプレースタイルを与えてくれるアタランタだ。ガスペリーニは厳格かつ全選手に対して公平で、僕ら選手は自らの役割を理解する。彼のもとで僕らは素晴らしいサッカーをしているだろう?」 「僕次第で決めていいなら、必ずアタランタに残る。ここにはさらなる伸びしろが詰まっているからね。ミランには本当に申し訳ないと思っているけど、もう戻ることは考えられないんだ」 2024.04.15 13:05 Mon
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly