まるでカットモデル!武藤嘉紀の散髪ショットにファン興奮「えぐー」「かっこよすぎ」

2024.02.22 12:05 Thu
ヴィッセル神戸のFW武藤嘉紀
©超ワールドサッカー
ヴィッセル神戸のFW武藤嘉紀
ヴィッセル神戸のFW武藤嘉紀のオフショットが話題だ。2021年夏にニューカッスルから神戸へと完全移籍し、Jリーグに復帰した武藤。神戸がクラブ史上初となるJ1制覇を達成した2023シーズンは、FW大迫勇也と共に神戸の攻撃を牽引。全34試合に出場しチーム2位の10ゴールを記録すると、リーグのベストイレブンにも選ばれた。
連覇を目指す2024シーズンは、ここまでインテル・マイアミとの親善試合や17日のFUJIFILM SUPRE CUPを欠場しており、コンディション面が心配なところだが、近づくJ1開幕に向けて準備も進めているのかもしれない。

21日にインスタグラムを更新すると、「さっぱりと!! Thanks」と美容院での散髪後の写真をアップ。サイドや後ろはスッキリとしつつかきあげた前髪には少しパーマがかかっているようにも見える。

美容院のオシャレな内観の中で撮影された武藤の姿はまるでカットモデルそのもの。ファンからも「素敵です」、「カッコいいです」、「えぐーーwwwかっこよすぎ」、「かっこよすぎ︎」と称賛が寄せられている。
神戸のJ1開幕戦は24日に行われる磐田とのアウェイゲーム。心機一転の武藤の姿がピッチで見られるだろうか。

1 2
関連ニュース

ブレーメンがケイタを追放、レバークーゼン戦帯同拒否で残りシーズン出場停止&多額の罰金処分

ブレーメンは16日、ギニア代表MFナビ・ケイタに対して、今シーズン終了までの出場停止処分を下したことを発表した。 ブレーメンは14日、ブンデスリーガ第29節でレバークーゼンと対戦。アウェイでの試合は5-0で大敗を喫し、目の前でレバークーゼンの初優勝を見届けることとなった。 クラブによれば、ケイタはこの試合でスターティングメンバーから外れることがわかると、レバークーゼンへの遠征帯同を拒否。出場を拒否することとなった。 ブレーメンはケイタのこの行動を強く非難。シーズン終了まで起用しないことを決めた上、多額の罰金を課すこととした。 「ナビの行為はクラブとして容認できない。この行動により、彼はスポーツ面でも人事面でも緊迫した状況でチームを失望させ、自分をチームの上に置くこととなった。それは許せないことだ」 「シーズンのこの段階では、残りの試合に全力で集中し、チームを非常に緊密する必要がある」 ケイタはリバプールから今シーズン加入。ケガの影響などで満足にプレーできないシーズンとなり、ブンデスリーガでは5試合の出場に終わっていた。 2024.04.16 23:05 Tue

「本当にモデルみたい」「写真集出せる」塩越柚歩が今年最後の桜ショットにファンから絶賛の声!「可愛いしオシャレ」

三菱重工浦和レッズレディースのMF塩越柚歩が再び桜とのショットをアップして話題だ。 浦和の中心選手として今シーズンもプレーしている塩越。今シーズンのWEリーグでもここまで14試合に出場し3ゴールを記録。14日に行われたノジマステラ神奈川相模原戦でもゴールを記録していた。 その塩越は自身のインスタグラムを更新。今年最後の桜として、再びの桜ショットを投稿した。 ーーーーー 今春、ラスト桜 今年はたくさん見に行けた 例年より遅咲き?だったから入学式も満開でいつも以上に春を感じられました ⁡ 最近は暑すぎるくらい気温が高いので 熱中症には気をつけましょう ⁡ 明日も頑張るぞ ーーーーー 桜をバックに笑顔を見せる塩越。オフの私服姿は注目を集め、ファンは「可愛いしオシャレ」、「モデルさんでしたっけ?」、「桜が物凄くよく似合う」、「本当にモデルみたい」、「写真集出せる」と称賛のコメントを寄せていた。 浦和はリーグ連覇に向けて首位を快走中。18日には大宮アルディージャVENTUSとの“さいたまダービー”が控えている <span class="paragraph-title">【写真】まるでモデルのよう!? 塩越柚歩が再び桜ショット!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/C5x8crGSPxY/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/C5x8crGSPxY/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/C5x8crGSPxY/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">塩越 柚歩(@yuzuho_shiokoshi19)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2024.04.16 21:45 Tue

「僕がPKのキッカー」PKで揉めたチェルシー、4ゴールのパーマーが振り返る「口論は少し行き過ぎたかも」

チェルシーのイングランド代表MFコール・パーマーが、PKを巡る騒動について言及した。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えた。 15日、プレミアリーグ第33節でチェルシーはエバートンをホームに迎えた。 今シーズンもチームは低迷する中、なんとか来シーズンのヨーロッパ行きを目指して残り試合を戦っている状況。一方で、エバートンは勝ち点剥奪の状況もあり、残留争い真っ只中となっている。 試合はそのパーマーが躍動。13分に先制ゴールを奪うと、18分、29分と開始30分でハットトリック達成。前々節のマンチェスター・ユナイテッド戦に続くハットトリックを記録した。 さらに1点を加えて迎えた64分にちょっとしたトラブルが発生。チェルシーがPKを獲得すると、パーマーが蹴ろうとする中で、PKを獲得したノニ・マドゥエケが自身が蹴りたいとアピール。さらに、そこに止めに入ったのか、蹴りたいと申し出たのか、ニコラス・ジャクソンも加わる異様な事態となったが、コナー・ギャラガーが2人を制してパーマーがキッカーに。これをしっかりと決めて、4ゴールを記録。試合は6-0で圧勝となった。 この4ゴールで得点数を20に伸ばし、マンチェスター・シティのノルウェー代表FWアーリング・ハーランドと並んで得点ランキングトップに立ったパーマー。『スカイ・スポーツ』でPKのシーンについて言及した。 「他の選手たちはそれを蹴りたがったけど、4-0だったから理解はできる」 「でも、僕がPKのキッカーだ。そして、僕は蹴りたかった。だから、最終的には僕が蹴ることとなった」 「僕たちは誰もが責任を負いたいと思っているということを示そうとしているだけだ。口論は少し行き過ぎたかもしれないけど、誰もが助けたいと思っている」 「大したことではない。僕たちは笑いながら冗談を言っていた。監督は僕たちに今話してくれたよ」 マウリシオ・ポチェッティーノ監督は、醜いシーンを見せてしまったことに対し、「残念だ。我々はこのような振る舞いをしてはいけない。彼らに『このような振る舞いはこれで最後だ』と伝えた」とコメント。「素晴らしいチームになりたいのであれば、我々は変わり、集団として考える必要がある」と語り、若いチームが故のことでありながら、プロとしてみっともない姿だったと糾弾した。 マドゥエケもジャクソンも本気でPKを蹴る気でいたように思えるが、パーマーはしっかりと決めてチームを牽引。ポジティブな要素が少ないシーズンの中での奮起は残り数試合でも期待される。 <span class="paragraph-title">【動画】本当に冗談を言っていたのか? PKキッカーで揉めるチェルシーの一部始終</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="NqhBGC2CZEc";var video_start = 35;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.04.16 18:05 Tue

山形サポーターが無期限入場禁止処分、仙台戦の違反行為にクラブが声明「極めて悪質」

モンテディオ山形は16日、サポーターの違反行為を報告。処分を発表した。 事件は13日に行われた明治安田J2リーグ第10節のベガルタ仙台とのアウェイゲーム後に発生した。 “みちのくダービー”でもあった試合。J1昇格を目指す両チームだったが、試合は2-0でホームの仙台が勝利を収めていた。 ダービーでの敗戦後、山形の選手がゴール裏のサポーターへ挨拶へ行くと、怒りの声が。さらに、選手、監督に対して水を掛ける行為があり、SNSなどで動画が出回り炎上していた。 また、理由こそ明らかにされていなかったが、翌日に予定されていたファンサービスが急遽中止に。ファン・サポーターからは、仙台戦の行為と結びつけ、チームとの関係悪化の心配をする声が多数寄せられていた。 山形は16日に声明を発表。対象者を無期限入場禁止にすることを決定したとした。 「4月13日(土)にユアテックスタジアム仙台で行われた2024明治安田J2リーグ第10節、ベガルタ仙台戦におきまして、モンテディオ山形サポーターによる違反行為が発生いたしました」 「本行為は、極めて悪質なものであり、Jリーグ、クラブで禁止されている行為です。いかなる理由があっても決して許されることではありません」 「本行為につきまして、該当者の特定及び事実確認を行い、当事者に対してJリーグで定める試合運営基準に照らし合わせた上で以下の処分を決定いたしました」 また、あらためて観戦ルールとマナーについて示しており、注意喚起を行っている。 「モンテディオ山形では、日頃より、幅広くリスペクトとフェアプレーの精神でのご観戦を呼びかけており、スタジアムに訪れるすべての皆さまが、安心してご観戦いただけるよう取り組んでおります」 「ファン・サポーターの皆様におかれましては、今一度リスペクトの精神を持った行動・言動を心掛けるとともに、ご来場の皆さまが安心・安全に観戦できるスタジアム運営の実現に向けて、観戦ルールの順守をお願いします」 2024.04.16 13:15 Tue

残留争いに大きな影響? 規定違反で勝ち点剥奪のエバートンが控訴、プレミアリーグは「迅速に審理」を約束

プレミアリーグの財務規定に違反したとして2度目の勝ち点減点を言い渡されたエバートンが控訴。プレミアリーグはシーズン中に決定を下すことになるという。 エバートンは昨年11月17日、独立委員会からプレミアリーグの収益性および持続可能性規定(PSR)の違反が指摘され、勝ち点「10」を減点。その後、上訴したことにより、2月26日に勝ち点「6」の減点に変更されていた。 エバートンは1660万ポンド(約31億8000万円)の違反をしている中、プレミアリーグはさらに聴取を進め、8日に追加で勝ち点「2」のマイナスを決定。これにより、勝ち点「8」が減点されることとなった。 エバートンは二転三転する結果に対し、「一貫性がない」と指摘。控訴することを決定していた中、プレミアリーグは15日に声明を発表。「迅速に」審理するとした。 「エバートンは、プレミアリーグの収益性および持続可能性規定への違反をクラブが認めたことを受けて、勝ち点2の原点を課すという独立委員会の決定に対し控訴した」 「本日、クラブが司法委員長に上訴を提出したことを受け、この件を審理する上訴委員会が任命された。この訴訟は、リーグの標準指示に従って、迅速に審理される」 「全てのクラブとファンに明確さと確実性を与えるため、プレミアリーグは今シーズンの最終日である5月19日までに結果を確認し、控訴を緊急に解決することを目指している」 シーズンに及ぼす勝ち点の影響は計り知れない。現在勝ち点8がマイナスされているエバートンは、勝ち点27で16位に位置。降格圏のルートン・タウンとの勝ち点差はわずかに「2」という状況だ。 1試合消化が少ない状況とはいえ、今回の違反による勝ち点の上下はエバートンのみならず、他のクラブにとっても死活問題。残り5試合と終わりが迫っている中で、残留争いには不確定要素がつきまとうこととなった。 2024.04.16 12:55 Tue
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly