なでしこパリ五輪最終予選、国立での北朝鮮戦でドローンショーを実施!使用台数300機で見やすいエリアはホームゴール裏

2024.02.20 16:50 Tue
©超ワールドサッカー
日本サッカー協会(JFA)は19日、28日に国立競技場で開催される、パリ・オリンピックアジア最終予選の第2戦となる北朝鮮女子代表戦にて、ドローンショーを実施することを発表した。2大会連続6度目のオリンピック出場を懸け、ホーム&アウェイでの最終予選に臨むなでしこジャパン。運命の国立決戦へ向けてチームを後押しすべく、両チーム選手入場前の選手入場前に、日本代表エンブレムをはじめとした様々なシルエットを国立上空に描く。
「ドローンショー」の開催は、JFA主催試合では初の試み。使用台数は300機を予定している。投影場所は、南サイドスタンド・バックスタンド間の上空とのことで、北サイドスタンド(ホームゴール裏)が一番見やすいエリアになるとのことだ。

そのほか、8歳以下の来場者には先着100名で「JFAスターターキット」がプレゼントされるほか、当日限定のマッチデーグッズや、日本代表の食を支えてきた西芳照シェフ監修の「日本代表カレー」も販売される。

なお、第1戦の会場はサウジアラビアのジッダが開催予定地となるようで、20日夜に移動を開始するようだ。
1 2
関連ニュース

「観客を沸かせるプレーがしたいと」16歳の高校2年生、マイ仙台MF菊地花奈がWEリーグデビュー戦で堂々のプレー! 5月にはU17W杯懸けてアジアカップへ

マイナビ仙台レディースのU-17日本女子代表MF菊地花奈が、トップチームデビュー戦を振り返った。 マイ仙台は14日、2023-24 WEリーグ第14節でサンフレッチェ広島レジーナと味の素フィールド西が丘で対戦。試合は1-2で敗れたものの、高校2年生、マイ仙台の育成組織所属の菊地がWEリーグデビューを果たし、才能の片鱗を見せた。 試合後のミックスゾーンには制服姿で登場。2023年12月に育成組織TOP可選手として登録され、今節初のメンバー入りを果たした16歳は「トップチームでデビューすること、高校生のうちにデビューすることを目標として練習から頑張ってきたので、ベンチ入りができた時は本当に嬉しかったです」と、心境を明かす。 「自分もこのピッチに立って、観客を沸かせられるようなプレーがしたいとワクワクしていました」との想いで出番を待ち、58分についにその機会が到来。武田菜々子に代わって左ウイングへ入った。 66分には持ち味のスピードと切り返しを駆使して左サイドをえぐり、隅田凛のフィニッシュを導くなど、言葉通り会場を沸かせた。 「自分の得意である突破だったり、ワンツーで相手を崩していくことはできたんですけど、もっともっと自分のサイドで相手を困らせるようなプレーはできたのかなと思っています」と自身で振り返り、須永純監督も「得点に繋がれば最高のシナリオでしたけれど、フレッシュなプレーをしてくれたことをとても嬉しく思います」と、堂々たるプレーを評価する。 育成型のクラブをうたうマイ仙台は、猪瀨結子や遠藤ゆめがユースからトップチームへ昇格。武蔵丘短期大学を経由して戻ってきた石坂咲樹も、今節で巧みなドリブルを披露した。 菊地は、同じくユース所属のDF菅原千嘉やFW津田愛乃音とともに、AFC U17女子アジアカップに臨むU-17日本女子代表メンバーに選出。日の丸を背負い、10月にドミニカ共和国で行われるU-17女子ワールドカップ(W杯)出場権獲得を目指す。 「まずはアジアカップに向けて日ごろの練習からもっと高めていって、ワールドカップの出場権を必ず獲得できるように頑張っていきますと思います」と意気込みを語った新鋭のアタッカー。アジア、世界の舞台でも存分に魅力を発揮してくれるだろう。 <span class="paragraph-title">【動画】マイ仙台の16歳・菊地花奈がドリブルからの好機演出で会場を沸かす</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="VwVCbgbx5tI";var video_start = 107;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.04.15 18:50 Mon

「強みは出せた」S広島R・笠原綺乃が加入後初先発で確かな存在感、手応えと課題を口に「次は点を決めて勝つところを」

2023-24WEリーグ第14節のマイナビ仙台レディース戦で、新加入選手が躍動したサンフレッチェ広島レジーナ。今冬に早稲田大学から加入したMF笠原綺乃もその1人だ。 14日に味の素フィールド西が丘でマイ仙台と対戦したS広島Rは、立花葉、李誠雅のゴールで2-1と勝利。3試合ぶりの白星を手にした。 これまでの出場2試合は途中出場だった笠原にとって、この日がプロ入り後初の先発出場となった。19分には自らの縦パスをスイッチに、流れるようなパスワークで中央を割って決定機も迎えるなど、タレントが揃うS広島Rの中盤で確かな存在感を示した。 ミックスゾーンでの取材に応じた22歳は、「(初先発に関して)少しは緊張したんですけど、今までやってきたことを全部出しきろうと思っていました。自分の強みであるゴール前のワンタッチツータッチでうまく周りと連携して関わっていくプレーは出せましたが、最後決め切ることが今日はできなかったので、そこの質に練習からこだわっていきたいなと思いました」と、ゲームを振り返る。 入団会見時の雨野裕介強化本部長の言葉を借りれば、「常に相手とスペースをコントロールしながらゲームメイクできる大変気の利くバランサーで、レジーナにいないタイプの中盤」。 ワンタッチで相手の逆を取るプレーは「自分の強みでもあるし、チームで今やってきていることでもある」と、笠原自身も手応えを口にする。守備のセットアップ時は終始首を振り、大学の先輩FW廣澤真穂への縦パスコースを切るなど、ボールのないところでも輝きを見せた。 一方で、自身のシーンも含めて「自分たちのペースの時にしっかり決め切るところが今の課題」と捉えている。また、前半の中盤以降、マイ仙台に主導権を渡してしまった要因に関しては「取った後にマイボールにし切れなかった、すぐ相手にボールを(渡して)ロストしてしまったのと、前線の守備からのはめ方があまりうまくできていなくて、チームで意図して奪えなかったところ」と要因を分析している。 今節の会場となった西が丘は、関東の学生サッカー選手にとってはメッカの1つだ。笠原も早稲田大学の一員として、3カ月前に味フィ西でインカレ準決勝・決勝を戦ったばかり。2年前には大雪下での優勝も経験している。 縁のある地で、プロ選手としてプレーしたことについては「レジーナの選手として戻って来られたのはすごく嬉しい」と顔を綻ばせ、「次は点を決めて勝つところを」と、さらなる意気込みも語った。 「インカレとか決勝戦とかでプレーした思い出の地なので、またこのレジーナの選手として戻って来られたのはすごく嬉しいですし、やっぱり関東で地元(神奈川県)にも近いので、今日も家族とかが応援してくれましたし、またこのピッチに立って、次は点を決めて勝つところを頑張りたいなと思います」 2024.04.15 16:20 Mon

谷川萌々子がミドル弾に門脇真依が追加点!日本人2人揃い踏みでローゼンゴードは開幕戦5発大勝

ローゼンゴードのなでしこジャパンMF谷川萌々子とFW門脇真依が、開幕戦の勝利に貢献した。 13日から14日にかけて開幕節が行われたダーム・アルスヴェンスカン(スウェーデン女子1部)。ローゼンゴードはホームにヴィットショーを迎え、5-0と大勝した。 谷川は中盤でフル出場し、門脇は最前線で先発して65分までプレー。ともに1得点をマークしている。 オリビア・シャフのPKで25分に先制したローゼンゴードはその6分後、谷川が追加点を奪取。門脇のプレッシングから高い位置で奪い切ると、キャロライン・セゲルの横パスを受けた18歳は、ペナルティアークから左足を一閃。得意のミドルシュートを右隅へ沈めた。 前半のアディショナルタイムには門脇もネットを揺らす。セットプレーの二次攻撃から谷川のパスで左ポケットを使い、シャフが低いクロスを送ると、リア・オーリングがスルーしたボールをきっちり蹴り込んだ。 後半にも2点を追加したローゼンゴードは、大量5点を奪っての白星スタート。スウェーデン・カップ準決勝における逆転敗退の鬱憤を晴らしている。 <span class="paragraph-title">【動画】谷川萌々子が得意のミドルシュートでリーグ戦初ゴール!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="sv" dir="ltr">Momoka Tanikawa dubblar ledningen på Malmö IP <br><br>Den 18-åriga japanskan gör succé i <a href="https://twitter.com/FCRosengard?ref_src=twsrc%5Etfw">@FCRosengard</a> <a href="https://t.co/R6TyyWKa1z">pic.twitter.com/R6TyyWKa1z</a></p>&mdash; Viaplay Fotboll (@ViaplayFotboll) <a href="https://twitter.com/ViaplayFotboll/status/1779504841221460336?ref_src=twsrc%5Etfw">April 14, 2024</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <span class="paragraph-title">【動画】鮮やか連係から門脇真依が仕上げて追加点奪取!</span> <span data-other-div="movie2"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="sv" dir="ltr">Kadowaki sätter dit trean för <a href="https://twitter.com/FCRosengard?ref_src=twsrc%5Etfw">@FCRosengard</a> <a href="https://t.co/dfvvhndAbb">pic.twitter.com/dfvvhndAbb</a></p>&mdash; Viaplay Fotboll (@ViaplayFotboll) <a href="https://twitter.com/ViaplayFotboll/status/1779508221654212794?ref_src=twsrc%5Etfw">April 14, 2024</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2024.04.15 16:10 Mon

小山史乃観が開幕戦で加入後初得点!タップインゴールでユールゴーデンでの初勝利も掴む

ユールゴーデンIFのU-20日本女子代表MF小山史乃観が加入後初ゴールをマークした。 2月にセレッソ大阪ヤンマーレディースからユールゴーデンへ加入した小山。AFC U20女子アジアカップを準優勝で終えて再びチームに合流し、3月24日のスウェーデン・カップで海外公式戦デビューを果たしていた。 リーグ開幕戦となった13日のダーム・アルスヴェンスカン(スウェーデン女子1部)、ホームでのトレッレボリ戦にも2列目で先発フル出場。早速結果も残した。 テレーズ・オースランドが29分に先制点を奪い、リードして迎えた59分、ユールゴーデンはトーヴ・アルムクヴィストが持ち運んでのミドルシュートを放つと、GKが弾いたボールに小山が詰めた。 味方のシュート後に、こぼれる可能性を考えて唯一足を止めなかった小山。ゴールシーン以外にもチャンスに絡み、クラブ公式レポートでも「試合中常に活躍しており、この試合で彼女がネットを揺らしたのは必然だった」と、評している。 このまま試合を終えたユールゴーデンは、2-0で開幕戦白星スタート。小山にとっても加入後初勝利となった。 <span class="paragraph-title">【動画】小山史乃観が開幕戦で加入後初ゴール!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="7j5922SUq_4";var video_start = 64;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.04.15 15:15 Mon

WEデビュー戦で強烈インパクト、S広島Rの李誠雅は不撓不屈のストライカー「自分自身に矢印を向けて準備してきた結果」

デビュー戦で即ゴールという結果を残した、サンフレッチェ広島レジーナのFW李誠雅が初陣を振り返った。 S広島Rは14日、2023-24WEリーグ第14節でマイ仙台と味の素フィールド西が丘で対戦。2-1で勝利を収めた。 李誠雅は、1-1と同点で迎えた81分に古賀花野に代わって途中出場し、WEリーグデビュー。「前で起点を作ることとゴールに絡むこと」という指示を受けてピッチに立ったわずか3分後、プロ初ゴールとなる値千金の決勝点をマークした。 左サイドから上がった早間美空のクロスに対し、膨らみながら走り込んだ李誠雅は、高いボールに敢えて競らず。すると、処理にいった相手GKとDFが重なってボールがこぼれ、これにいち早く反応。すかさず蹴り込み、歓喜の瞬間を迎えた。 試合後の取材に応じた勝利の立役者は、ゴールシーンについて「覚えてなくて…」と試合中は無我夢中であったことをうかがわせたが、映像で確認した際は「練習中からあった形」だったと、狙い通りであったことを明かしている。 「あの形は練習中からあって、自分がそこで潰れても、ウイングの(髙橋)美夕紀さんがいたり、いろんなパターンもあったと思うんですけど、直感的にあそこにこぼれて来そうだなと思って、いち早くああいうのに反応する準備は練習中からしていたので、それができてよかったです」 日本体育大学出身の李誠雅は大学女子サッカーを代表するストライカーだった。だが、3年生時に左脚の脛骨疲労骨折、4年生時の2021年には右ヒザ前十字じん帯断裂及び半月板損傷と、大きなケガに見舞われ、長期離脱を余儀なくされた。 懸命なリハビリを終え、日体大SMG横浜を経て、S広島Rからの「3年越しのオファー」に応えて今冬に加入。それでも、ここまでメンバー入りはなく、今節ようやくオーダーシートに名前が刻まれた。 「今までずっとピースウイングだったり、ダゾーンでチームの試合を見ていて、悔しい思いもしてきましたが、練習であったり、公式戦であったりと、ピッチで示すしかないので、誰がどうとかではなくて、自分自身に常に矢印を向けて準備してきた結果かなと嬉しく思います」 鮮烈なデビューで存在を印象付けた不撓不屈のストライカー。上り調子のチームと相まって、さらなる活躍も大いに期待できそうだ。 <span class="paragraph-title">【動画】李誠雅がプロ初出場でいきなりの初ゴール</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="VwVCbgbx5tI";var video_start = 132;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.04.15 08:30 Mon
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly