バイエルンがウパメカノ2戦連続退場で泥沼の公式戦3連敗、浅野弾のボーフムが打ち合い制す【ブンデスリーガ】

2024.02.19 03:52 Mon
Getty Images
ブンデスリーガ第22節、ボーフムvsバイエルンが18日に行われ、3-2でボーフムが逆転勝利した。ボーフムのFW浅野拓磨は89分までプレーしている。
PR
前節フランクフルトに1-1で引き分けた14位ボーフム(勝ち点22)は浅野が[4-1-4-1]の右MFでスタメンとなった。
一方、前節レバークーゼンとの首位攻防戦を完敗した2位バイエルン(勝ち点50は、4日前に行われたチャンピオンズリーグではラツィオに0-1で敗戦。公式戦連敗でトゥヘル監督の去就が騒がしくなっている中、チュポ=モティングがケインと縦関係の2トップを形成した。

ボーフムがアグレッシブな入りを見せた中、バイエルンは10分にムシアラが、14分にデ・リフトが枠内シュートを放つと、14分に押し切る。CKの流れから分厚い攻めを見せ、ボックス右でゴレツカのパスを受けたムシアラがシュートを突き刺した。

その後20分から約10分間、外資参入によるサポーターの抗議活動で中断があった中、38分に浅野が同点弾。ロジラのリターンパスを受けてボックス右に侵入すると、デ・リフトの対応がありながらゴール左へシュートを蹴り込んだ。
浅野の今季6点目で勢い付くボーフムは44分に逆転弾。シュテーガーの右CKからシュロッターベックのヘディングシュートが決まった。

迎えた後半、開始直後に浅野がディフェンスライン裏を取って牽制したボーフムが前がかるバイエルンを受け止める展開で立ち上がる。

そして53分過ぎ、抗議活動により前半同様、試合は約10分中断へ。再開後も攻めあぐねるバイエルンはデビュー戦のサラゴサを左サイドに投入。

しかし76分、ウパメカノが守備時のCKでシュロッターベックにヒジを入れて2枚目のイエローカードを受け、公式戦2試合連続退場。10人となったバイエルンに対し、シュテーガーがPKを決めてボーフムが3点目を奪った。

その後、86分のサネとの一対一をGKリエマンが好守で凌いだボーフムは、87分にケインにゴールを許して1点差に詰め寄られるも3-2で逃げ切り。リーグ戦4試合ぶりの勝利を飾っている。

一方、敗れたバイエルンは泥沼の公式戦3連敗となった。

PR
関連ニュース

ユーロ出場は大丈夫? 背中負傷のケインは最終節欠場…トゥヘル監督「状態はさらに悪化している」

バイエルンのイングランド代表FWハリー・ケインだが、状態が良くないようだ。 ブンデスリーガ12連覇を逃したバイエルン。チャンピオンズリーグ(CL)でも決勝進出に後一歩まで行きながらも、レアル・マドリーに敗れて敗退。今シーズンの無冠が決定した。 トーマス・トゥヘル監督の退任も近づき、残すは最終節のみ。アウェイでのホッフェンハイム戦が18日に控えている。 試合を前にした記者会見ではトゥヘル監督が選手の状況について言及。ケインの欠場を明言し、背中の状態が良くないことを明かした。 「ハリー・ケインは主治医の治療を受けている。彼は行けない。マドリードではすでに症状が限界まで悪化していた。状態はさらに悪化しており、彼はチームにいない」 ケインは8日のCL準決勝2ndレグのマドリー戦に出場も、85分に交代。先週末のヴォルフスブルク戦はメンバー外となっていた。 詳しい状態は明かされていないが、ユーロ2024に臨むイングランド代表にとっても心配なところ。ガレス・サウスゲイト監督は、21日にメンバーを発表する予定となっており、ケインの状態は気掛かりなところだろう。 今シーズンからバイエルンでプレーするケインは、公式戦45試合で44ゴールと結果を残したが、タイトルとは再び縁がなく、バイエルンですら無冠というシーズンに終わってしまった。 なお、そのほかにもレロイ・サネ、ジャマル・ムシアラ、エリック・マキシム・チュポ=モティング、キム・ミンジェ、サシャ・ブイ、ラファエル・ゲレイロ、セルジュ・ニャブリも不在だという。 2024.05.17 22:33 Fri

バイエルン、交渉決裂でトゥヘル続投はなし…最終節前会見で「バイエルンを離れることになる」

来シーズンの続投の可能性も伝えられたトーマス・トゥヘル監督(50)だが、今シーズン限りでのバイエルン退団の意向を改めて発表した。 トゥヘル監督は2023年3月にバイエルンの指揮官に就任すると、ブンデスリーガ最終節でドルトムントをかわしてマイスターシャーレを獲得。しかし、今シーズンは絶好調のレバークーゼンに大差をつけられる形となったことで、クラブは今シーズン限りでトゥヘル監督と袂を分かつ決断を下した。 しかし、今年2月にトゥヘル監督の退任を発表しながら、後任探しは遅々として進まず。レバークーゼンのシャビ・アロンソ監督、ドイツ代表のユリアン・ナーゲルスマン監督、オーストリア代表のラルフ・ラングニック監督にはことごとく断られ、クリスタル・パレスのオリバー・グラスナーへのオファーもクラブに拒否された。 選択肢が少なくなっていく中、多くの主力選手はトゥヘル監督の続投を希望。クラブも考えを改め、トゥヘル監督と続投に向けた交渉を続けていた。 当初は続投で合意に達する可能性が高いと思われたが、最終的に両者は条件面で歩み寄ることができなかった。 そして、18日にブンデスリーガ最終節のホッフェンハイムとのアウェイゲームを控える中、今季最後の試合前公式会見に出席したトゥヘル監督は、「これがゼーベナー通り(クラブハウス)での最後の記者会見」と、改めて今季限りでの退任を明言した。 「話し合いはあったが、合意には至らなかった。したがって、2月の(退任の)決定はまだ有効だ」 「ここ数週間のフィードバックは、我々が今後も協力し続けていくための話し合いの基礎となったが、合意に達することはできなかった。ただ、理由を話すつもりはない」 「2月の合意は有効であり、私はバイエルンを離れることになる」 なお、トゥヘル監督続投の可能性が潰えたことで、バイエルンはブライトンのロベルト・デ・ゼルビ監督やマンチェスター・ユナイテッドのエリク・テン・ハグ監督、元指揮官のハンジ・フリック氏の再招へいを含め、新たな動きが必要となった。 2024.05.17 19:14 Fri

レアルはDFデイビスへの興味薄れる…狙いはジローナDFミゲル・グティエレスの買い戻しか

今シーズンはラ・リーガを制し、チャンピオンズリーグ(CL)も決勝まで駒を進めているレアル・マドリー。今夏の移籍市場でも多くの選手の去就が注目されている。 カルロ・アンチェロッティ監督の下、36度目のリーグ制覇したチームだが、すでに夏にはパウメイラスのブラジル代表FWエンドリッキの加入が決定。また、パリ・サンジェルマン(PSG)のフランス代表FWキリアン・ムバッペの加入も濃厚と見られている。 一方で、ベテランのドイツ代表MFトニ・クロース、クロアチア代表のMFルカ・モドリッチの去就が注目されることに。両者とも契約満了となるが、再び延長するのかどうかを検討しているとされている。 そんな中で注目を集めるのがサイドバックの補強だ。 スペイン『COPE』によると、左サイドバックの補強として筆頭と見られていたバイエルンのカナダ代表DFアルフォンソ・デイビス(23)だが、現在は興味を持っていないという。 デイビスは2025年夏にバイエルンとの契約が満了を迎え、フリーで獲得が可能に。本人もバイエルンとの契約を更新する気がないことから、本人との間には障壁はない状況。1年待つ形になるという。 一方で、左サイドバックにはジローナのDFミゲル・グティエレス(22)を連れ戻したい意向があるとのこと。マドリーのアカデミーで育ち、2022年7月にファーストチーム昇格。その後すぐにジローナに完全移籍していた。 今シーズンはラ・リーガで34試合に出場し2ゴール6アシストを記録。ラ・リーガで最も傑出したSBの1人として名を馳せているが、マドリーは買い戻しのオプションをプレシーズンに行使する可能性があるという。 今の左サイドバックにはフランス代表DFフェルラン・メンディ(28)がおり、DFフラン・ガルシア(24)とのポジションを争わせる可能性もあるようだ。 いずれにしても、夏は忙しくなりそうなマドリー。どういった動きそ見せるのか注目だ。 2024.05.17 18:05 Fri

退任から一転バイエルンと続投に向け交渉中のトゥヘル監督、2026年夏までの新契約を要求か

バイエルン続投の可能性が高まるトーマス・トゥヘル監督(50)だが、契約期間が焦点になっているようだ。 トゥヘル監督は2023年3月にバイエルンの指揮官に就任すると、ブンデスリーガ最終節でドルトムントをかわしてマイスターシャーレを獲得。しかし、今シーズンは絶好調のレバークーゼンに大差をつけられる形となったことで、クラブは今シーズン限りでトゥヘル監督と袂を分かつ決断を下した。 しかし、今年2月にトゥヘル監督の退任を発表しながら、後任探しは遅々として進まず。レバークーゼンのシャビ・アロンソ監督、ドイツ代表のユリアン・ナーゲルスマン監督、オーストリア代表のラルフ・ラングニック監督にはことごとく断られ、クリスタル・パレスのオリバー・グラスナーへのオファーもクラブに拒否された。 選択肢が少なくなっていく中で、マヌエル・ノイアーやトーマス・ミュラー、ハリー・ケイン、ジャマル・ムシアラら多くの選手はトゥヘル監督の続投を希望。クラブも考えを改め、現在はトゥヘル監督と続投に向けた交渉を続けている。 ドイツ『スカイ・スポーツ』によると、ウリ・ヘーネス名誉会長との関係にこそ懸念があるものの、トゥヘル監督もまた続投を希望。ただし、当初の契約期間であった2025年夏までではなく、2026年夏までの新契約を要求しているとのことだ。 バイエルンがこの条件に応じさえすれば、交渉は順調に進む可能性が高い模様。クラブとしてはブライトン&ホーヴ・アルビオンのロベルト・デ・ゼルビ監督やマンチェスター・ユナイテッドのエリク・テン・ハグ監督にも目を向けつつ、トゥヘル監督の続投を最優先にしたい構えであり、近いうちに大きな決断がされると考えられる。 2024.05.16 18:30 Thu

バイエルン、ヴォルフスブルク戦で初ゴール記録のズボナレクとプロ契約締結

バイエルンは15日、U-21クロアチア代表MFロヴロ・ズボナレク(19)とプロ契約を締結し、2027年まで契約したことを発表した。 2022年夏に母国スラヴェン・ベルポからバイエルンの下部組織に加入したズボナレクは、飛び級でU-21クロアチア代表に招集されている将来を嘱望される攻撃的MF。 13日に行われたブンデスリーガ第33節ヴォルフスブルク戦では自身ブンデスリーガ4試合目で初先発となった中、トップ下で起用されると、開始4分にトップチーム初ゴールとなる先制弾をマークしていた。 2024.05.16 08:00 Thu
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly