フィリップがフライブルクに完全移籍、買取義務が発動

2024.02.13 23:10 Tue
Getty Images
ヴォルフスブルクよりレンタルでフライブルクに加入していたドイツ人MFマクシミリアン・フィリップ(29)の買い取り義務が発動したようだ。ドイツ『キッカー』が報じている。
PR
攻撃的MFのフィリップは昨年夏、ヴォルフスブルクからレンタルでフライブルクに加入。今季はケガで10月下旬から12月下旬まで戦列を離れた中、ブンデスリーガ10試合1ゴール、ヨーロッパリーグ3試合1ゴールを記録していた。
MF堂安律やMFヴィチェンツォ・グリフォらのバックアッパーといった立ち位置だが、来季以降もフライブルクでプレーすることが決まったようだ。

PR
関連ニュース

【ブンデスリーガ日本人選手】伊藤フル出場のシュツットガルトがドルトムントとの上位対決を制す!

ブンデスリーガ第28節が週末にドイツ各所で行われた。 今シーズンのブンデスリーガには、日本代表で活躍するボルシアMGのDF板倉滉、シュツットガルトのDF伊藤洋輝、フライブルクのMF堂安律、ボーフムFW浅野拓磨に加え、フランクフルトでクラブ史上最年長出場記録を保持するDF長谷部誠が在籍している。 今シーズンも多くの選手が活躍する中、第28節では板倉、堂安、伊藤が先発出場、浅野が途中出場している。 伊藤が先発したシュツットガルトは、アウェイでドルトムントとの上位対決に臨み、1-0で勝利した。試合はゴールレスで迎えた後半に動く。シュツットガルトは65分、ロングカウンターの流れからギラシーがルウェリングのリターンクロスを蹴り込んだ。 先制したシュツットガルトは、終盤の80分にセットプレーからピンチ。CKからエンメチャのヘディングシュートが枠を捉えたが、GKニューベルのファインセーブに救われた。 その後もドルトムントに押し込まれる展開が続いたシュツットガルトだが、9分の追加タイムを凌ぎ切り、そのまま1-0で勝利。2位バイエルンに勝ち点で並んでいる。 また、堂安が先発したフライブルクは、ホームでRBライプツィヒと対戦。開始早々に2分にハイダラのゴールで先制を許したフライブルクは、18分と44分にもオペンダにネットを揺らされ、3点のビハインドで前半を終える。 グレゴリッチュとキューブラーを下げてグリフォとシディリアを投入する2枚替えを敢行して後半を迎えたフライブルクだが、54分にボックス右に抜け出したオペンダの折り返しをシェシュコに流し込まれ、4失点目。 フライブルクは59分にグリフォのゴールで一矢報いるも、反撃はここまで。上位対決に完敗のフライブルクは連勝を逃した。 その他、板倉が先発したボルシアMGはアウェイでヴォルフスブルクと対戦し3-1で勝利。浅野が66分からプレーしたボーフムはアウェイでケルンと対戦し1-2で敗戦。フランクフルトはホームでブレーメンと対戦し1-1のドロー、長谷部に出場機会はなかった。 ★板倉滉[ボルシアMG] ▽4/7 ヴォルフスブルク 1-3 ボルシアMG ◆70分までプレー ★長谷部誠[フランクフルト] ▽4/5 フランクフルト 1-1 ブレーメン ◆ベンチ入りも出場せず ★堂安律[フライブルク] ▽4/6 フライブルク 0-3 RBライプツィヒ ◆フル出場 ★伊藤洋輝[シュツットガルト] ▽4/6 ドルトムント 0-1 シュツットガルト ◆フル出場 ★原口元気[シュツットガルト] ▽4/6 ドルトムント 0-1 シュツットガルト ◆ベンチ入りも出場せず ★浅野拓磨[ボーフム] ▽4/6 ケルン 2-1 ボーフム ◆66分からプレー 2024.04.08 07:00 Mon

堂安律フル出場もフライブルクはライプツィヒに大敗…2G2Aのオペンダがリーグ戦20ゴールの大台に【ブンデスリーガ】

ブンデスリーガ第28節、フライブルクvsRBライプツィヒが6日にバーデノーヴァ・シュタディオンで行われ、アウェイのライプツィヒが1-4で快勝した。なお、フライブルクのMF堂安律はフル出場した。 ヨーロッパ出場権獲得を目指す8位のフライブルクは、5位のライプツィヒとの上位対決に臨んだ。前節、ボルシアMG相手にダメ押しのゴールを挙げて3-0の勝利に貢献した堂安は引き続きスタメンを飾った。 試合は開始早々にいきなり動く。2分、右サイドのスペースに抜け出したオペンダが正確なグラウンダーの折り返しを供給すると、ニアにタイミング良く走り込んだハイダラが左足ワンタッチでゴール左隅に流し込んだ。 開始早々にビハインドを背負ったフライブルクは、相手のハイラインの背後をシンプルに狙った長いボールや右ウイングバックに入った堂安を起点に押し返す。だが、フィニッシュまでは持ち込むことができない。 以降も攻守両面でライプツィヒが圧倒する展開が続くと、18分にはダニ・オルモのロングフィードに反応したオペンダがDFキューブラーを引き連れたままボックス内に持ち込むと、うまく相手守備のタイミングを外して放った右足シュートがゴールネットに突き刺さった。なお、これでベルギー代表FWは今季リーグ戦ゴール数を「20」の大台に乗せた。 厳しい2失点目を喫したフライブルクは以降もシャビ・シモンズやオペンダの対応に苦慮し、防戦一方の展開を強いられる。それでも、GKアトゥボルの好守などで何とか3失点目を回避。すると、37分には相手のボックス内でのハンドによってPKを獲得。だが、キッカーのホーラーのシュートはクロスバーを叩いて痛恨の失敗となった。 自ら流れを失ったホームチームに対して、チャンスを逃さないアウェイチームは前半終了間際の44分にはDFカイテルのヘディングでのGKへのバックパスがミスになったところをボックス内で奪い切ったオペンダが見事な反転シュートを流し込み、トドメの3点目を決めた。 3点ビハインドで後半に臨んだフライブルクはハーフタイムで2枚替えを敢行。グレゴリッチュ、キューブラーを下げてグリフォ、シディリアをピッチに送り込んだ。 勢いを持って試合に入ったホームチームは右サイドでタメを作る堂安を起点に押し返すと、52分にはセットプレー流れからボックス右の堂安が右足のシュートを放つが、これは枠を捉え切れない。 すると54分、右サイドのヘンリクスのスルーパスに抜け出したオペンダがボックス右で折り返したボールをファーでドフリーのシェシュコがワンタッチで流し込み、ライプツィヒが後半最初のチャンスを4点目に結びつけた。 これで完全に詰んだフライブルクだったが、59分にはギュンターの左サイドからのクロスをペナルティアーク付近でうまく収めたグリフォがDFに寄せられながらも見事な左足の反転シュートを右隅に突き刺し、一矢報いる。 その後、試合は小競り合いによってやや荒れ模様の展開の中で互いにカードの枚数が増えていく。これを受け、カードリスクを避けたい両ベンチは積極的に交代カードを切っていく。 試合の大勢は決しているものの、ホームで意地を見せたいフライブルクではグリフォと共に堂安が右サイドで攻守にハードワークをみせ、幾度となく見せ場を作ったが、決定的な仕事には至らず。 そして、試合はこのままタイムアップを迎え、上位対決に完敗のフライブルクは連勝を逃した。一方、オペンダが全ゴールに絡む圧巻の活躍を見せたライプツィヒは暫定ながらドルトムントを抜いて4位に浮上した。 2024.04.07 00:44 Sun

フライブルクがブレーメンから若手FWディンクシを獲得!今季はハイデンハイムでプレー

フライブルクは4日、ブレーメンからハイデンハイムへレンタル移籍中のドイツ人FWエレン・ディンクシ(21)を来夏に完全移籍で獲得することで合意した。 フライブルクへの加入が決まったディンクシは、公式サイトで今回の移籍を決断した理由を明かした。 「フライブルクの首脳陣は早い段階から僕に声をかけてくれて、最初から好感を持っていた。その時から、この道に進みたいという気持ちは明確だった」 「僕は今、良い流れに乗っていると思うし、それをフライブルクでも維持したいとは思っている。僕はすでにヴェルダーの一員としてこの街でプレーしているし、スタジアムの雰囲気も良かった。そういうスタジアムの雰囲気をとても楽しみにしているんだ」 ブレーメンの下部組織出身のディンクシは、2020年12月に行われたブンデスリーガ第13節のマインツ戦でトップデビューを飾ると、90分に初ゴールを記録しチームを勝利に導く鮮烈なデビューとなった。 しかし、2.ブンデスリーガ(ドイツ2部)での戦いとなった2021–22シーズン、ブンデスリーガに復帰した2022-23シーズンではいずれも前線のバックアッパーを担うも、2シーズン連続でノーゴールに。2022-23シーズンはブンデスリーガ17試合、215分間プレーしたが、大きなインパクトを残せなかった。 今シーズンは昇格組のハイデンハイムへ武者修行に出されると、ここまで公式戦27試合に出場し9ゴール5アシストを記録していた。 2024.04.04 23:05 Thu

フライブルク、守備の要ギンターがアキレス腱手術で今季終了へ

フライブルクのドイツ代表DFマティアス・ギンターがアキレス腱の手術を受けるため今季絶望となるようだ。ドイツ『キッカー』が報じている。 かねてよりアキレス腱を痛めていたギンターは2月の公式戦3試合を欠場。その後、公式戦7試合に出場していたが、代表ウィーク前の3月17日に行われたレバークーゼン戦で途中交代となると、代表ウィーク明けの3月30日に行われたボルシアMG戦を欠場していた。 ユリアン・ナーゲルスマン監督就任後はドイツ代表に招集されていなかったギンターだが、この手術により6月にホームで行われるユーロへの出場は完全に絶たれることに。新シーズンに向けて万全の状態を目指すことになった。 2024.04.04 07:30 Thu

【ブンデスリーガ日本人選手】堂安の今季4点目などでフライブルクがボルシアMGに完勝!

ブンデスリーガ第27節が週末にドイツ各所で行われた。 今シーズンのブンデスリーガには、日本代表で活躍するボルシアMGのDF板倉滉、シュツットガルトのDF伊藤洋輝、フライブルクのMF堂安律、ボーフムFW浅野拓磨に加え、フランクフルトでクラブ史上最年長出場記録を保持するDF長谷部誠が在籍している。 今シーズンも多くの選手が活躍する中、第27節では板倉、堂安、浅野、伊藤が先発出場した。 板倉が先発したボルシアMGと堂安が先発したフライブルクによる日本代表対決は、7分にエッゲシュタインのシュートのルーズボールに反応したグレゴリッチュがボレーボレーで流し込み、フライブルクが先制。 1点リードで後半を迎えたフライブルクは、後半開始早々に追加点。47分、グレゴリッチュのシュートのルーズボールを拾ったロールがボックス内に侵入すると、そのままシュートを決め切った。 さらにフライブルクは、58分にもGKからリスタートしたボールを6人がパスを繋いで右サイドの堂安へ。すると、堂安はカットインしながらヒールパス。これに反応したエッゲシュタインがボックス右からグラウンダーのクロスを折り返すと、堂安がダイレクトで蹴り込み、ゴールネットを揺らした。 3点を追う展開のボルシアMGは終盤の85分、CKから板倉が際どいヘディングシュートを放つもGKアトゥボルの好守に阻まれ0-3で敗戦。堂安が今季4点目を挙げ、板倉との日本人対決を制している。 その他、伊藤が88分までプレーしたシュツットガルトは、ホームデハイデンハイムと対戦し3-3で引き分け、原口はベンチ外となった。浅野が86分までプレーしたボーフムはホームでダルムシュタットと対戦し2-2でドロー。フランクフルトはホームでウニオン・ベルリンと対戦し0-0のドロー、長谷部に出場機会はなかった。 ★板倉滉[ボルシアMG] ▽3/30 ボルシアMG 0-3 フライブルク ◆フル出場 ★長谷部誠[フランクフルト] ▽3/30 フランクフルト 0-0 ウニオン・ベルリン ◆ベンチ入りも出場せず ★堂安律[フライブルク] ▽3/30 ボルシアMG 0-3 フライブルク ◆フル出場 ★伊藤洋輝[シュツットガルト] ▽3/31 シュツットガルト - ハイデンハイム ◆88分までプレー ★原口元気[シュツットガルト] ▽3/31 シュツットガルト 3-3 ハイデンハイム ◆ベンチ入りせず ★浅野拓磨[ボーフム] ▽3/31 ボーフム 2-2 ダルムシュタット ◆86分までプレー 2024.04.01 06:00 Mon
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly