アーセナルが今季2敗喫したハマーズに6ゴールの圧勝! ライスが圧巻ミドル弾に2Aの痛烈恩返し【プレミアリーグ】

2024.02.12 01:01 Mon
Getty Images
プレミアリーグ第24節、ウェストハムvsアーセナルが11日にロンドン・スタジアムで行われ、アウェイのアーセナルが0-6で圧勝した。なお、アーセナルのDF冨安健洋はベンチ外となった。
PR
前節、首位のリバプールに会心の3-1の勝利を挙げた3位のアーセナルは、今シーズンのEFLカップ、リーグ前回対戦で敗れている7位のウェストハムとのタフなロンドン・ダービーで4連勝を狙った。
今季苦手とする難敵とのアウェイゲームに向けてアルテタ監督は先発2人を変更。負傷のジンチェンコとジョルジーニョに代わってキヴィオル、トロサールが起用された。アジアカップ帰りの冨安はガブリエウ・ジェズス、スミス・ロウらと共にベンチ外となった。

立ち上がりから球際で激しくぶつかり合うダービーらしい入りとなるが、徐々にウェストハムのプレスをいなし始めるアーセナルが押し込んでいく。流れのなかでは決定機には至らずも、得意のセットプレーから幾度か際どいシーンを作り出す。

対するウェストハムは後ろ重心の戦いが続きながらも、15分を過ぎた辺りから中盤でのボール奪取を起点にボーウェン、クドゥスの推進力を活かしたカウンターで引っくり返していく。
しばらくイーブンの時間帯が続いたが、前半半ばを過ぎてアーセナルが攻撃のギアを上げる。23分にはボックス右でマルティネッリが浮き球で入れたクロスをファーのトロサールが完璧な右足ボレーで合わせるが、ここはGKアレオラの驚異的なワンハンドセーブにはじき出される。

それでも押し込んだ流れの32分、左CKの場面でキッカーのライスが右足インスウィングの正確なボールを入れると、ホワイトのGKへのスクリーン気味のブロックを活かして最後はファーで競り勝ったサリバがゴール左隅にヘディングで流し込んだ。

この先制点で完全に流れを掴んだアウェイチームは、ここから畳みかける攻撃で一気に前半で勝負を決める。

まずは41分、中盤の低い位置に落ちたトロサールからの絶妙なフィードに抜け出したサカがボックス内でGKアレオラに倒されてPKを獲得。これをサカ自ら右隅に突き刺す。直後の44分には相手陣内左サイドで得たFKの場面でラインと駆け引きしたガブリエウがキッカーのライスがゴール前に落とした絶妙なボールをヘディングで合わせる。

さらに、前半アディショナルタイム2分にはバイタルエリアで縦に仕掛けたウーデゴールがDFを引き付けて出したパスを、足元で収めたトロサールがボックス中央でうまく右足のシュートコースを作ってゴール右上隅の完璧なコースに突き刺した。

今季2度の敗戦の鬱憤を晴らすアーセナルの前半の圧倒によって後半を待たずに多くのハマーズファンがスタジアムを去る、思わぬワンサイドゲームとなった今季3度目のダービー。

ここからの逆転は絶望的なものの、意地を見せたいモイーズのチームはエドソン・アルバレス、ズマに代えてマヴロパノス、フィリップスをハーフタイム明けに投入。より前がかりな陣形でゴールを目指す。

立ち上がりこそホームチームが五分の戦いを見せたが、後半も先にゴールを挙げたのはアーセナル。63分、相手陣内右サイドでボールを持ったウーデゴールが絶妙なグラウンダースルーパスを通すと、これに反応したサカがボックス右で左足のシュートコースを作って丁寧なコントロールシュートを流し込み、今季リーグ得点を2桁に乗せる。

さらに、直後の65分にはボックス右での細かい繋ぎからホワイトがマイナスに入れたパスをペナルティアーク付近に走り込んだライスが見事な右足のダイレクトミドルシュートをゴール左隅に突き刺し、前半の2アシストに続く強烈な恩返しを見舞った。

この連続ゴールを受け、アルテタ監督はライス、サカ、トロサールを下げてエルネニー、ネルソン、エンケティアを同時投入。さらに、75分過ぎにはマルティネッリとホワイトも下げて16歳ヌワネリ、セドリックと若手や控え選手にプレー機会を与える。

ただ、一連の交代後も攻守に緩みを見せないアウェイチームは最後までハマーズに一矢報いることを許さず、このまま0-6で試合をクローズした。

そして、ここまでの2敗を完全に払しょくする完勝を収めたアーセナルが、前日のリバプール、マンチェスター・シティに続ききっちり勝ち点3を積み上げて4連勝での優勝争い踏みとどまりに成功した。

PR
関連ニュース

再離脱のチアゴは今季絶望か…クロップ監督「正直なところ、私にもわからない」

リバプールの元スペイン代表MFチアゴ・アルカンタラが、今シーズンの残りの試合を欠場する可能性があるようだ。クラブを率いるユルゲン・クロップ監督が明かしている。 2020年のリバプール加入以降、度重なる負傷に悩まされているチアゴ。とりわけ、昨年4月末に負ったそ径部のケガは長期化し、ここまで約9カ月に渡っての離脱が続いていた。 さらに待望の復帰戦となった4日のアーセナル戦で、再び筋肉系を負傷すると、以降の公式戦4試合を欠場していた。 28日に行われるFAカップ5回戦のサウサンプトン戦に向けた前日会見に臨んだクロップ監督は、チアゴの状態や離脱期間について問われると以下のようにコメントした。 「復帰の時期は未定だ。正直なところ、私にもわからないんだ。メディカルの面で今やらなければならないことがいくつかあって、それで(今シーズン)またプレーできるかどうかはわからない」 「それは決して短期的な話ではないからね、だから私はこの件にはノータッチなんだ。彼が2週間以内にトレーニングに参加できるとか、そういことは考えられないから、私は100%この件には関与していないんだ。だから、これ以上何も言えないんだ」 2024.02.28 07:35 Wed

元アーセナルのスウェーデン代表MFが脳疾患で入院…現在も意識不明が続く

デンマークのミッティランは27日、スウェーデン代表MFクリストファー・オルソン(28)が緊急入院したことを発表した。 クラブ発表によれば、オルソンは20日に自宅で意識を失い、オーフス大学病院に緊急搬送された。その後の検査で急性の脳疾患と診断されたが、自傷行為や外的要因によるものではないとのこと。 なお、現在も正確な病名は分かっておらず、生命維持装置につながれ意識不明の状態が続いているという。 アーセナルでプロキャリアをスタートしたオルソンは、これまでミッティランやAIKソルナ、クラスノダール、アンデルレヒトでプレー。スウェーデン代表としても47試合に出場している。 また、今回のニュースを聞き、スウェーデンサッカー協会はSNSで「スウェーデンのサッカー・ファミリー全員があなたのことを思い、一日も早い回復を願っている。また、クリストファーさんの大切な方々のご心痛を心よりお察し申し上げます」との声明を発表した。 <span class="paragraph-title">【写真】アーセナル時代のクリストファー・オルソン</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr"><a href="https://t.co/ruRrMpiPI8">https://t.co/ruRrMpiPI8</a> <a href="https://t.co/0RQMAQjUtQ">pic.twitter.com/0RQMAQjUtQ</a></p>&mdash; Arsenal (@Arsenal) <a href="https://twitter.com/Arsenal/status/1762392995620376902?ref_src=twsrc%5Etfw">February 27, 2024</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2024.02.27 22:40 Tue

控えとなったラムズデールの退団に備え…アーセナルがアヤックスGKラマイを後釜に検討か

アーセナルがアヤックスのドイツ人GKディアント・ラマイ(22)を注視しているようだ。イギリス『Football Transfers』が報じた。 今シーズンはブレントフォードからスペイン代表GKダビド・ラヤを買い取りオプション付きのレンタルで迎え入れ、イングランド代表GKアーロン・ラムズデールと一線級のGKを2人揃えたアーセナル。ミケル・アルテタ監督はラヤを正守護神に据え、ラムズデールはベンチを温める日々が続いている。 シーズン終了後にはラヤの2700万ポンド(約51億5000万円)の買い取りオプションが行使される見込みで、ラムズデールは現状が続くことに不満。アーセナルは売却を望んでいないものの、退団に備え、ラマイの獲得を検討しているという。 昨夏、移籍金500万ユーロ(約8億2000万円)でフランクフルトからアヤックスへと移ったラマイは、昨年10月下旬あたりからスタメンに定着。アーセナルはフランクフルト時代からこの22歳に目をつけていたようで、足元やフィードに優れることからラヤの完璧なバックアッパーとなることも考えられるという。 アヤックスとラマイの契約は2028年6月までだが、資金を欲しているアヤックスはオファーを検討する可能性が高い模様。1500万ユーロ(約24億5000万円)ほどで獲得可能とみられており、チェルシーも興味を示しているようだ。 2024.02.27 19:06 Tue

アーセナルがCLポルト戦での敗戦から仕切り直しの快勝劇! アルテタ監督「大きな教訓に」

アーセナルがプレミアリーグ6連勝を成し遂げた。 24日の第26節でニューカッスル・ユナイテッドをホームに迎え撃ったアーセナルは18分に相手のオウンゴールで先制し、そこから3発。終盤に1点を返されるが、4-1で勝利した。 首位リバプールを2ポイント差で追いかけるミケル・アルテタ監督はイギリス『BBC』の番組『Match of the Day』で難敵相手の勝利、そして内容を喜んだ。 「ニューカッスルは本当に良いチームだし、パフォーマンスに関しては本当に満足している。選手たちは本当に良かったし、本当にアグレッシブだった。この試合の勝利にふさわしかったよ」 「彼らは問題を引き起こすだけの力があるが、我々も自分たちのリズムを保って戦い続け、見ていても楽しかった。本当に幸せだし、うまくいっていることを続けていかなければならない」 「もっとうまくやれることはまだあるが、ケガ人の復帰も後押しになっている」 そんなアーセナルは直近のチャンピオンズリーグでポルトに0-1の惜敗したが、ニューカッスル戦で仕切り直しの勝利を手に。ポルト戦での反省が生かされた試合のようだ。 「ポルト戦ではボールを持っているときに自分らしさを出せたが、そうじゃないと気に発揮できなかった。大きな教訓になったし、あの瞬間から多くを学んだんだ」 2024.02.25 08:55 Sun

アーセナルがニューカッスルに完勝でPL6連勝! サカ5戦連発など難敵を攻守に圧倒【プレミアリーグ】

プレミアリーグ第26節、アーセナルvsニューカッスルが24日にエミレーツ・スタジアムで行われ、ホームのアーセナルが4-1で快勝した。なお、アーセナルのDF冨安健洋はベンチ外となった。 3位のアーセナルは前節、バーンリーとのアウェイゲームに5-0の圧勝。サカの4試合連続、トロサールの3試合連続ゴールなどで、ウェストハム戦に続く完勝となった。これでリーグ5連勝と絶好調のアルテタのチームだが、ミッドウィーク開催となったチャンピオンズリーグ(CL)ではポルト相手に枠内シュート0本、試合終了間際の失点によって厳しい0-1の敗戦を喫した。その敗戦からのバウンスバックを図った一戦では先発1人を変更。トロサールに代えてジョルジーニョをアンカーで起用し、ハヴァ―ツが最前線に入った。 対する8位のニューカッスルは直近4試合無敗(2勝2分け)と一時の不振を脱出。直近のボーンマス戦では2度のビハインドを追いついての劇的2-2のドローで辛くも勝ち点1を拾った。その試合からは先発3人を変更。体調不良のドゥブラフカ代役に今季初出場の第3GKカリウスが起用されたほか、バーンとバーンズに代わってリヴラメント、イサクが起用された。 ニューカッスルが1-0で勝利した前回対戦で因縁生まれた強豪対決。日程面ではアウェイチームに圧倒的なアドバンテージがあったものの、立ち上がりからすべての強度で勝るホームチームが圧倒する。 球際のデュエル、切り替えの精度で上回るアーセナルはキックオフ直後からニューカッスルを自陣深くに押し込めていく。決定機には至らずも、易々とボックス内へ侵入して崩しを試みる。 すると18分、右CKの場面でキッカーのサカが左足インスウィングの正確なボールを入れると、競り勝ったガブリエウがストロングヘッドで合わせる。これはGKカリウスの好守に阻まれたが、DFがこぼれ球の処理をもたつくと、ゴール前で倒れていたDFボトマンに当たったボールがゴールラインを割った。 結果は幸運な形も妥当な流れで先制に成功したアルテタのチームは畳みかける。24分、波状攻撃からボックス手前右でボールを受けたジョルジーニョがマルティネッリのダイアゴナルランに合わせる絶妙な浮き球パスを供給。うまく足元に収めてゴールライン際でマイナスに折り返すと、タイミング良くゴール前に走り込んだハヴァーツが右足ワンタッチで流し込んだ。 これで2点差を付けたが、大勝した直近のリーグ戦2試合と同様に緩みを見せないホームチーム。引き続き前線からの強度の高いプレスで相手の自由を奪うと、ショートカウンターに加えて遅攻の局面でも鮮やかな崩しからフィニッシュへ繋げていく。ただ、マルティネッリのヘディングシュートは枠の上に外れ、サカの右足での決定的なシュートはGKカリウスのファインセーブに遭い、トドメの3点目には至らず。 一方、立ち上がりから終始劣勢のニューカッスルは前半終盤にかけてミドルレンジのパスでハイラインの背後を狙う形でやや盛り返したものの、決定機はおろかシュート0本にボックス内への侵入もままならない厳しい状況で前半を終えた。 後半はややオープンな立ち上がりに。開始直後にサカ、マルティネッリの運びからスルーパスに抜け出したハヴァーツに2点目のチャンスが訪れるが、左足で放ったシュートはわずかに枠の右へ外れる。すると、この直後にはニューカッスルのゴードンが左サイドからのカットインで右足を振るが、チーム最初のシュートはGKラヤにがっちりとキャッチされた。 以降はアーセナルが主導権を握りながらも、試合自体はやや膠着状態に陥る。これを受けて60分過ぎに両ベンチが動く。アーセナルはマルティネッリを下げてトロサールを、ニューカッスルはイサクとアルミロンを下げてバーンズ、マーフィーを投入した。 すると、この直後に試合が動く。65分、ボトマンの縦パスを引っかけてショートカウンターに転じたアーセナルはボックス右でハヴァーツのパスを受けたサカが深い切り返しでDFをかわして左足のグラウンダーシュートをゴール左下隅に突き刺し、プレミアリーグ5試合連続ゴールを達成した。 さらに、直後の69分にはライスの右足インスウィングの左CKにニアでキヴィオルが合わせたヘディングシュートがマイリーに当たってコースが変わってゴールネットに吸い込まれた。 キヴィオルの今季初ゴールで試合の大勢が完全に決すると、週明けにFAカップを控えるニューカッスルは累積警告のリスクを抱えるギマランイスら主力3人をベンチに下げる。対するアーセナルもウーデゴール、ハヴァーツ、サカを下げて試合をクローズに入る。 その後、84分には左サイド深くに抜け出したバーンのクロスをゴール前に走り込んだウィロックが頭で合わせ、ニューカッスルがようやく一矢報いるゴールを奪う。 これでリーグ3試合連続クリーンシートを逃す形となったアーセナルだったが、このまま4-1でタイムアップを迎えた。この結果、前回対戦で敗れたニューカッスルに完勝でリベンジを果たしたアーセナルはリーグ6連勝を達成し、ポルト戦敗戦を見事に払拭した。 2024.02.25 06:57 Sun
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly