初優勝目指すレバークーゼンがバイエルンとの首位攻防戦を快勝で制す、勝ち点差は5に拡大【ブンデスリーガ】

2024.02.11 04:34 Sun
Getty Images
ブンデスリーガ第21節、レバークーゼンvsバイエルンが10日に行われ、レバークーゼンが3-0で快勝した。
PR
前節ダルムシュタットに勝利した首位レバークーゼン(勝ち点52)は、4日前に行われたDFBポカールでは主力を投入してシュツットガルトに3-2と打ち勝ち逆転勝利。そのレバークーゼンは最前線にアドリを起用。ヴィルツ、テラと1トップ2シャドーを形成した。
一方、前節ボルシアMGに3-1で逆転勝利し、レバークーゼンとの2ポイント差を維持した2位バイエルン(勝ち点50)は、ヒザに軽傷を抱えていた守護神のノイアーが無事先発。アジアカップ帰りのキム・ミンジェもスタメンとなった。ただ、肩を痛めて欠場が続いていたキミッヒはベンチスタートとなり、2戦連発中のパブロビッチが引き続きスタメンとなった。

レバークーゼンに合わせてバイエルンが[3-4-2-1]のシステムを採用してスタートした大一番。タイトなプレスをかけ合う主導権争いの立ち上がりを経て11分、レバークーゼンはアドリがGK強襲のシュートを浴びせる。

そして18分、スローインの流れから左サイドのアンドリッヒのクロスをファーサイドのスタニシッチが合わせてレバークーゼンが先制した。
スタニシッチの恩返し弾で先手を取ったレバークーゼンは23分には追加点のチャンス。インカピエのフィードからボックス右に走り込んだテラのボレーが枠を捉えたが、GKノイアーの好守に阻まれた。直後のCKからターのヘディングシュートも枠を捉えるも、ここもGKノイアーに凌がれた。

前半半ば以降もレバークーゼンがタイトなプレスでバイエルンに攻撃の機会を与えず、42分にはアドリがディフェンスライン裏を独走しかけたが、ウパメカノに戻られてシュートは打ちきれず。レバークーゼンが1点のリードで前半を終えた。

そして迎えた後半、開始5分に追加点。グリマルドがテラとのパス交換でボックス左に侵入。ノイアーとの一対一を制した。

厳しいバイエルンは60分、キミッヒとミュラーを投入。本来の[4-2-3-1]に戻した。そのバイエルンが押し込む流れとするも打開できない状況が続く。

終盤にかけてもレバークーゼンがいなすと、88分にはロングカウンターからフリンポンがポスト直撃のシュートを浴びせた中、ラストプレーでフリンポンがゴールを決めて3-0で快勝。天王山を制し、バイエルンとのポイント差を5に広げている。

PR
関連ニュース

ジャカ&アンドリッヒのミドル弾でレバークーゼンが10人マインツに競り勝つ、公式戦33試合無敗の独新記録樹立【ブンデスリーガ】

レバークーゼンは23日、ブンデスリーガ第23節でマインツをホームに迎え、2-1で勝利した。 前節ハイデンハイム戦を制して2位バイエルンとの勝ち点差を8に広げた首位レバークーゼン(勝ち点58)は最前線にアドリ、2シャドーにヴィルツとホフマンが構えた。 降格圏に沈む17位マインツ(勝ち点15)に対し、レバークーゼンは開始3分にスーパーゴールで先制する。左クロスのルーズボールに反応したボックス手前左のジャカがダイレクトで狙うと、見事にコントロールされたミドルシュートがゴール右上に吸い込まれた。 しかし7分、FKの流れから追いつかれる。アミリのキックをヴィドマーにヘッドで折り返され、最後はコールに頭で押し込まれた。 コールの恩返し弾で試合を振り出しに戻されたレバークーゼンはマインツのハイプレスを受ける中、16分にはFKの流れからカシのミドルシュートでGKフラデツキーを強襲される。 直後、フリンポンのスルーパスを受けたボックス右のホフマンがGK強襲のシュートで好機を作ったレバークーゼンは、続く20分にはジャカがミドルシュートでGKを強襲。 前半半ば以降も押し込んだレバークーゼンは40分に決定機。バックパスミスをカットしたホフマンがボックス右からシュートを放つもGKゼントナーに阻まれ、1-1で前半を終えた。 迎えた後半開始3分、ムヴェネに決定的なヘディングシュートを許したレバークーゼンは55分にもピンチ。タプソバの自陣での横パスミスをイ・ジェソンにカットされて決定機を許すもシュートミスに救われた。 まずい後半の入りとなったレバークーゼンはシックを投入。すると62分に好機。CKからコスヌのヘディングシュートがわずかに枠を外れた。 すると68分、レバークーゼンが勝ち越す。アンドリッヒが無回転気味のミドルを放つと、GKゼントナーのファンブルを誘ってゴールラインを割った。 そして78分にヌガンカムが一発退場となって数的優位となったレバークーゼンが2-1のまま逃げ切り。公式戦33戦無敗とし、バイエルンの記録を抜いてドイツサッカー新記録を樹立した。 2024.02.24 06:25 Sat

本命はシャビ・アロンソだが…リバプールのクロップ後継者探し、スポルティングCP指揮官が第2候補か

リバプールの新監督候補にスポルティングCPのルベン・アモリム監督(39)が浮上している。 2015年10月に指揮を託されてからというもの、プレミアリーグにチャンピオンズリーグ(CL)と複数のタイトルに導き、今季は2度目のリーグ制覇に突き進むクロップ監督だが、今年1月下旬に今季限りでの退任を表明。ドイツ人指揮官の後継ぎが誰になるのかが注目どころとなっている。 そんな候補の筆頭に挙がるのは今季のレバークーゼンで公式戦32戦負け知らずな上、ブンデスリーガでもバイエルンを抑えて首位を走るシャビ・アロンソ監督。だが、こちらはバイエルンがトーマス・トゥヘル監督と今季で袂を分つとなってから、関心が取り沙汰され、争奪戦の様相だ。 となると、リバプールが用意する次の手が注目どころだが、イギリス『インデペンデント』によると、スポルティングCPの指揮官が候補に挙がっているという。以前から候補の1人に挙がるブライトン&ホーヴ・アルビオンのロベルト・デ・ゼルビ監督よりも有力な選択肢だそうだ。 39歳の青年指揮官であるアモリム氏は2017年に32歳でスパイクを脱いでから、カーザ・ピアで監督キャリアを開始。ブラガを挟み、2020年3月からスポルティングCPを率いると、指揮2年目のリーグ戦で19年ぶりの優勝に導いた。 今季のスポルティングCPでも2度目のリーグ制覇をベンフィカと争い、最近ではマンチェスター・ユナイテッドのエリク・テン・ハグ監督が解任時の後任に浮かぶなど、主要クラブから人気を博す。あくまでシャビ・アロンソ監督が第1候補のリバプールだが、アモリム氏にも目を光らすようだ。 2024.02.23 14:30 Fri

リバプールにバイエルンと去就加熱のシャビ・アロンソだが…「新たに言うことは何も」

レバークーゼンのシャビ・アロンソ監督が去就を巡る憶測をシャットアウトした。 今季のここまで公式戦32戦無敗を続け、ブンデスリーガ初優勝に迫るレバークーゼン。率いて2年目となるシャビ・アロンソ監督の手腕にも大きな注目が集まり、今季終了後に新監督を迎えるリバプール&バイエルンの古巣勢が関心を示す。 リバプールのユルゲン・クロップ監督からは「次世代では傑出している」とその手腕が高く評価され、今夏の動向が注目される42歳のスペイン人指揮官だが、レバークーゼンでの今に完全集中しているようだ。『ESPN』が伝えている。 「私の将来について質問があるかもしれないが、私から新たに言うことは何もない。前もって言っておきたかった」 22日の会見でそう語ると、「私にとって、その件は問題じゃない。私の目標は自チームで成功すること。それこそが私の仕事だ。現在の我々は良い位置にいるし、維持したい。「質問があるのは普通だが、私にとって問題じゃない」と続けたという。 「質問があるのは普通だが、それは私にとってどうでもいい」 また、契約が2026年までのレバークーゼンを来季も指揮する可能性に対しては「そう思っている」と返したそう。 2024.02.23 08:45 Fri

ELベスト16が決定! 堂安らPO突破で日本人5選手が参戦

ヨーロッパリーグ(EL)決勝トーナメントのプレーオフが23日に終了。この結果、ラウンド16に進出する16チームが決定した。 ELグループステージ2位通過8チームと、チャンピオンズリーグ(CL)の3位敗退8チームによって争われたプレーオフ。 3シーズン連続の対戦で注目を集めたFW上田綺世を擁するフェイエノールトと昨季準優勝チームのローマの対戦は、PK戦を制したローマが三度フェイエノールト撃破に成功した。 また、2ndレグで大逆転勝利を挙げたMF堂安律のフライブルク、MF守田英正のスポルティングCP、GK小久保玲央ブライアンのベンフィカ、優勝候補のミランといった強豪が順当にラウンド16進出を決めた。 この8チームに加え、MF三笘薫を擁するブライトン、MF遠藤航を擁するリバプール、レバークーゼン、アタランタら各グループ首位チームが次ラウンドから参戦する。 なお、ラウンド16の組み合わせ抽選会は23日にスイスのニヨンで開催され、各グループの首位通過チームとプレーオフ通過チームが対戦する形となるが、今ラウンドでは同一サッカー協会に所属するチーム同士の対戦はない。そして、ラウンド16は2024年3月上旬以降の開催となる。 ◆ELプレーオフ結果 スタッド・レンヌ 3-2(AGG:3-5) ミラン フライブルク 3-2(AGG:3-2) RCランス トゥールーズ 0-0(AGG:1-2) ベンフィカ カラバフ 2-3(AGG:6-5) ブラガ ローマ 1-1(AGG:2-2[PK:4-2]) フェイエノールト スポルティングCP 1-1(AGG:4-2) ヤング・ボーイズ スパルタ・プラハ 4-1(AGG:6-4) ガラタサライ マルセイユ 3-1(AGG:5-3) シャフタール ◆ELラウンド16進出チーム ▽プレーオフ突破 ミラン(イタリア) フライブルク(ドイツ) ベンフィカ(ポルトガル) カラバフ(アゼルバイジャン) ローマ(イタリア) スポルティングCP(ポルトガル) スパルタ・プラハ(チェコ) マルセイユ(フランス) ▽ストレートイン[グループ首位] ウェストハム(イングランド) ブライトン(イングランド) レンジャーズ(スコットランド) アタランタ(イタリア) リバプール(イングランド) ビジャレアル(スペイン) スラビア・プラハ(チェコ) レバークーゼン(ドイツ) 2024.02.23 08:13 Fri

レバークーゼンがブンデス記録の32戦無敗 初優勝迫る勝利に指揮官も満足

レバークーゼンの公式戦連続無敗がついにブンデスリーガ記録に並んだ。 今季のここまで公式戦31戦負け知らず(27勝4分け)のレバークーゼンは17日のブンデスリーガ第22節でハイデンハイムのホームに乗り込み、2-1の勝利で3連勝。公式戦の連続無敗を32試合に伸ばした。 『Opta』によると、この連続無敗は2019年から2020年にかけ、ハンジ・フリック氏が率いたバイエルンに並ぶブンデスリーガ記録だという。 クラブ公式Xによれば、シャビ・アロンソ監督は「非常に大きな勝利だ」とブンデスリーガ初優勝に前進する勝利を評価している。 「ここで勝つのは決して簡単じゃないが、チームはプロフェッショナルにやってくれた。準備したこと、話し合ったことがうまくやれたよ。全体的にパフォーマンスと結果に満足している」 また、1得点1アシストのアミヌ・アドリにも「彼は調子が良い。彼のエネルギーやクオリティ、空気感、そして深いところに走っていくのは我々に不可欠だ」と話した。 今後にも「これからの3〜4カ月は全選手が必要になる。誰をプレーさせるかを決めるのが簡単じゃないときもあるがね。どの選手も常に理解しているし、そうじゃなければいつでも相談してほしい」と語っている。 2024.02.18 09:55 Sun
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly