ベシクタシュ、フォレスト主将DFウォーラルを買取OP付きレンタルで獲得

2024.02.06 07:00 Tue
ウォーラルがトルコ行きを決断
Getty Images
ウォーラルがトルコ行きを決断
ベシクタシュは5日、ノッティンガム・フォレストからイングランド人DFジョー・ウォーラル(27)を今シーズン終了までのレンタル移籍で獲得したことを発表した。なお、今回の契約には買い取りオプションが付帯している。

ウォーラルは、地元ノッティンガム出身で2011年にフォレストのアカデミーに加入した193cmのセンターバック。ダゲナム・アンド・レッドブリッジ、スコットランドのレンジャーズにレンタル移籍の経験はあったものの、これまでフォレスト一筋のキャリアを歩み通算226試合に出場。
2021-22シーズンに主力としてプレミアリーグ昇格に貢献し、正式にキャプテンに就任した昨シーズンは自身初のプレミアリーグの舞台で30試合に出場し、残留に貢献した。しかし、今シーズンはリーグ戦7試合の出場にとどまっていた。
関連ニュース

AZのオランダ1部最強ストライカーがトルコへ? 今季24得点のパウリディス

AZのギリシャ代表FWヴァンゲリス・パウリディス(25)に、トルコ行きの可能性があるようだ。トルコ『Fanatik』が伝えている。 菅原由勢が所属するAZのエース・パウリディス。若手時代をボーフム、ドルトムントB、ヴィレムⅡで過ごし、2021-22シーズンにAZ入りすると、加入1年目にエールディビジ16ゴール、昨季は12ゴール、今季はここまで24ゴールを叩き出す。 27試合24ゴールで得点ランキング首位にも立つなか、昨秋ごろはブレントフォードにウェストハムと、イングランド・プレミアリーグの中堅勢力が視察に訪れたことも報じられていた。 そんなパウリディスに対し、トルコ1部の強豪ベシクタシュもリストアップ。市場価値2200万ユーロ(約35億9000万円)の点取り屋は、その活躍から日増しに関心を寄せるクラブが増えているようだが、ベシクタシュはたとえ争奪戦でも獲得に本腰を入れる可能性があるとみられている。 ちなみに、ベシクタシュはパウリディス以外にも点取り屋を複数リストアップ。21-22シーズンにブンデスリーガ24ゴールの実績を持つレバークーゼンのチェコ代表FWパトリック・シック(28)はパウリディスと並ぶ獲得候補の1人。 22-23シーズン前半戦にレンタル移籍で在籍したバーンリー(ホッフェンハイムへレンタル移籍中)のオランダ代表FWワウト・ヴェグホルスト(31)の2度目となる獲得も考慮しているとのこと。こちらは選手本人に復帰の意志があることが判明している。 2024.04.01 16:00 Mon

ケガと向き合い続けるチェンバレン...12月重傷は「今季絶望」診断も不屈の闘志で回復、まもなく復帰へ

ベシクタシュの元イングランド代表MFアレックス・オックスレイド=チェンバレンは戦列復帰が近づいている。 ヴェンゲル時代のアーセナルに17歳で青田買いされたチェンバレン。リバプール移籍後はプレミアリーグ優勝にCL優勝…様々なポジションをこなす利便性も有し、ピッチに出れば100%の熱量でチームのために走り回るファイターだ。 クラブキャリアでタイトルに恵まれ、イングランド代表でも通算35キャップを誇る実力者。しかし、その選手生活にはケガがつきまとう。 印象的な大ケガといえば、やはりリバプール移籍1年目の2017-18シーズンだろうか。ユルゲン・クロップ体制初期の勢いに溢れていたあの時期、チェンバレンは終盤戦のCL準決勝でヒザ前十字じん帯を損傷…決勝の舞台に立てず。 その影響でロシアW杯を断念しただけでなく、18-19シーズンもほぼ全休。CL優勝はこのシーズンなわけだが、チェンバレン自身は一切試合に絡めていない。 これら以外にも大小問わず断続的にケガを繰り返し、加入1年目の序列を取り戻せぬまま、昨季でリバプールと契約満了に。イギリスにもいったん別れを告げることにし、心機一転トルコへ。 今季のベシクタシュでは、昨年12月下旬まで加入後の公式戦全試合に出場。しかし、2023年最終戦で背中の筋断裂(いわゆる“ぎっくり背中”)という重傷を負い、長期離脱することとなった。 あれから3カ月弱… トルコ『Fanatik』によると、チェンバレンはイギリスに帰国して治療し、ようやく今月末でトルコに戻ってくる見通しに。ベシクタシュに合流次第、全体練習にも参加するという。 『Fanatik』はチェンバレンについて「才能と熱意に溢れるフットボーラー。当初はシーズン絶望と診断されたが、諦めずにここまで回復した」と賛辞を贈る。 なんだか未だにアーセナル時代の印象も残るチェンバレンだが、実はもう今年で31歳。ここからのキャリア終盤戦が、ケガに悩まされないものとなることを、心の底から願いたい。 2024.03.19 19:05 Tue

マルシャルにトルコ勢から熱烈ラブコール、オールド・トラッフォードでの冒険は今季で終了へ

元フランス代表FWアントニー・マルシャル(28)がマンチェスター・ユナイテッドに別れを告げる。 能力は確かでも評価が上がらないストライカー・マルシャル。リーグ戦17得点を記録したシーズンもあるが、ケガが少なくなく、何よりチームタスクの履行(主に守備)に疑問符が付きまとう。ユナイテッドとの契約は今季限りだ。 ユナイテッドが1月中のマルシャル売却を目指していたのは周知の事実で、その間に今季の新戦力FWラスムス・ホイルンドがみるみるフィット。21歳の若武者は1トップのファーストチョイスを確立した感がある。 そんなこんなで契約満了に伴う2024年夏の退団が確定事項として扱われるマルシャル。トルコ『Fanatik』によると、今冬移籍金を支払ってでも獲得を目指していたのは、フェネルバフチェとベシクタシュ。両者はフリー獲得に向けた契約交渉へと移行する可能性が高そうだという。 今冬はどちらかと言えばフェネルバフチェがクラブ間交渉をリードしていたようだが、マルシャル本人がトルコの両者、さらには“古巣”セビージャからのオファーを拒否。先月グロインペイン手術を受けて治療中の28歳は、新たな冒険の地としてどこを選ぶだろうか。 2024.02.13 17:01 Tue

ベシクタシュはハメス獲得に興味なし?副会長が宣言「神に誓ってありえない」

コロンビア代表MFハメス・ロドリゲス(32)に興味を持っていると言われるベシクタシュだが、クラブ側は関心がないと強調した。トルコ『Ilk Baski』が報じている。 ブラジル・ワールドカップ(W杯)での眩い輝きから早10年…大会後にレアル・マドリーの一員となったハメスだが、期待されたほどの活躍は披露できず、バイエルンへ貸し出されたのち、エバートン、中東カタールはアル・ラーヤン、オリンピアコスと転々とし、昨夏から“ピークを迎えた地”ブラジルはサンパウロへと舞い戻ってきた。 2025年6月までの2年契約を結んだわけだが、2023シーズン途中の加入から公式戦14試合で1ゴール3アシスト。近年低迷するサンパウロの起爆剤となれず、8日に契約解除が発表されていた。 欧州でのプレーを目指すハメスには、契約解除前からベシクタシュへの移籍の噂が報じられていたが、クラブの副会長を務めるヒュセイン・ユセル氏がこの噂を否定した。 9日に発表されたアルバニア代表FWエルネスト・ムジの獲得会見の中で、ユセル副会長は以下のように語った。 「この仕事には経済的な面もある。我々はムジと契約した。おそらく2~3年後には、この選手を4000~5000万ユーロで売ることを考えている。私達はこのような考え方でこれからも道を進んでいくつもりだ」 「SNSではたくさんのことを書かれている、ロドリゲスとかね。そういう選手が我々に来るとは神に誓ってありえない。私は個人的なことで言っているのではない。 これからもファンは我々を信頼してほしい」 2024.02.10 06:30 Sat

ベシクタシュ、アルバニアの新鋭FWムジを完全移籍で獲得

ベシクタシュは9日、レギア・ワルシャワからアルバニア代表FWエルネスト・ムジ(22)を完全移籍で獲得した。 15歳の頃に母国アルバニアの名門KFティラナの下部組織に入団したムジは、2018年1月に16歳でトップチームデビュー。翌シーズンにトップ昇格を果たすと、徐々に出場機会を増やし、公式戦64試合に出場し20ゴール5アシストを記録。 この活躍が認められ、2021年2月23日にポーランドの強豪レギア・ワルシャワへ完全移籍を果たすと、その4日後にポーランドデビュー。その後は準主力としてプレーを続けると、2022-23シーズンからレギュラーに定着。今季もここまで公式戦全試合に出場し9ゴール2アシストをマークしていた。 また、各年代のアルバニア代表でプレーしてきたムジは、2021年11月15日のアンゴラ代表戦でフル代表デビュー。これまで7試合に出場し2ゴールを記録している。 2024.02.09 23:40 Fri
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly