久保が1G1Aと躍動!前半に3点を奪ったソシエダがビジャレアルに完勝【ラ・リーガ】

2023.12.10 04:27 Sun
【動画】見事な連携から久保建英が右足で仕留める今季6点目!





PR


PR
関連ニュース

「クセ強いな」「真剣な顔で受け答えしてるの草」東京V戦控える久保建英、“解説”の菅原由勢が投げかけた質問は? 久保は「初めまして」と反応

東京ヴェルディとの試合を行うために来日したレアル・ソシエダ。28日には試合前日のトレーニングを行った。 25日にラ・リーガ最終節を戦い、27日に来日。ハードなスケジュールの中での来日となったが、選手たちはリラックスムードでトレーニングに臨んだ。 トレーニング前にはメディアの取材にイマノル・アルグアシル監督、そして日本代表MF久保建英らが応対。その中で、珍しい人物からの質問が巻き起こった。 そこにいたのはAZでプレーする日本代表DF菅原由勢。6月の北中米ワールドカップ予選に向けたメンバーにも選ばれている菅原は、東京Vvsソシエダの特別解説と独占放送する『ABEMA』で務めることとなる。 練習場に現れた菅原は自ら挙手。「ABEMA TVの解説の菅原と申します」と挨拶。普段から仲の良いはずだが久保は「初めまして」と挨拶を返した。 菅原は何を質問するかと思いきや「喋りがいつも達者なのに、ちょっと呂律が回っていない部分もあって、やはり時差ボケを感じられていますか?」と質問。久保は「時差ボケもそうですけど、ちょっと久しぶりの日本で興奮してあまり寝られなかったというのもあるかもしれないです」と回答。菅原は「まだまだ若いっすね」と返答していた。 ファンは「真剣な顔で受け答えしてるの草」、「解説が楽しみ」、「菅原面白いな」、「クセ強いな」とコメント。2人の仲の良い部分が垣間見れることとなった。 <span class="paragraph-title">【動画】“解説者”菅原由勢が久保建英に質問したことは?</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet" data-media-max-width="560"><p lang="ja" dir="ltr">(@RealSociedad_JP) <a href="https://twitter.com/RealSociedad_JP/status/1795390922873766333?ref_src=twsrc%5Etfw">May 28, 2024</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2024.05.28 23:15 Tue

久保建英とは「すごくやりやすい」…マドリー時代からの同僚オドリオソラが語る

レアル・ソシエダの元スペイン代表DFアルバロ・オドリオソラが28日にメディア対応に応じた。 今季が終わったばかりのなか、強行で来日し、29日の国立競技場にて、『REAL SOCIEDAD JAPAN TOUR 2024』と銘打った試合で東京ヴェルディと対戦するソシエダ。マルティン・スビメンディ、ミケル・メリーノ、ミケル・オヤルサバル、アレックス・レミロらユーロ2024に参戦するスペイン代表勢の不在が残念だが、主役の久保建英をはじめ、ブライス・メンデスらが日本の地に降り立った。 オドリオソラは「本当に違う文化だとか、今まで来たことがないような国に来られて嬉しく思う」と喜び、「まだ試合が終わったばかりだけど、ヨーロッパリーグ(EL)に出られるということでも、チームの雰囲気は良い。ポストシーズンだけど、チームの雰囲気も良いし、明日の試合にも意気込みが感じられる。明日の試合にしっかりと臨みたい」とコメントした。 そんな28歳サイドバックは出場すれば右サイドで縦関係を組む機会が多い久保について「レアル・マドリーのときにプレシーズンで一緒だったのもあって、知り合いだったし、良い関係性。ご存じのように、彼は素晴らしい選手で、すごくやりやすい。ピッチの中のみならず、外でも良いコミュニケーションができているし、彼とは素晴らしいプレーができると思う」と語った。 強行日程に長旅とコンディションが気がかりだが、明日の東京V戦に向けては「まずは僕らのフットボールスタイルを貫くというか、表現していきたい。ハイプレッシャーをかけたり、ボールを持っているときはしっかりとコンビネーションを駆使してやっていく。そうすると、僕らも楽しみながらやれるし、フットボールに大事なこと。東京Vにも素晴らしい選手がいると思うし、僕らのスタイルで彼らと戦うモチベーションを高く持っている」と話した。 2024.05.28 19:40 Tue

東京V戦に臨むソシエダの久保建英、生で見て欲しいのは「僕らのサッカースタイル」

レアル・ソシエダの日本代表MF久保建英が、東京ヴェルディとの一戦に対する思いを語った。 25日にラ・リーガ最終節を終え、「レアル・ソシエダ JAPAN TOUR 2024」としてすぐに日本へやってきたソシエダ一同。29日に国立競技場で行われる東京Vとの一戦で今シーズンを締めくくる。 ユーロ2024を控えるため、多くの主力が不在となったなか、チームの一員として日本に帰国した久保は28日の前日練習を前に取材対応。まずは「とりあえず長いシーズンを終えたことはポジティブに捉えようかなと思います」とこの1年を振り返った。 また、シーズン終盤はスタメンから外れることも多かったが、コンディション的には「今は全く問題ない」。ベンチスタートの理由はさまざまな兼ね合いがあると話した。 「そういう(コンディションが悪い)試合もありましたけど、コンディションが良い試合もあったんで、そこはローテーションとかいろいろあるので、僕がどうかの問題ではないと思います」 29日の国立競技場には多くの観客が訪れる見込み。注目してほしい点について久保は「まずは普段画面越しで見ている人がほとんどだと思う僕らのスタイル」と語っている。 「よく代表でも僕たちのサッカーみたいなことを言ったりしますけど、ちゃんと普段から僕らの試合を見ている人にはわかるサッカースタイルがあると思うので、それを生で見られる良い機会だと思います」 「多分4万人くらい入るっていう話も聞いているので、たくさんの人に僕らのサッカーのやり方というか、ビルドアップの部分だったり(を見て欲しい)。特に、真ん中の選手がキーになってくるサッカーなので」 「今回はケガ、ユーロ含めて来ていない選手もいますけど、彼らの代わりになる選手も実力的には申し分ない選手たちばかりだと思うので、彼らの、特に真ん中の選手のプレーに注目して見てもらえたらなと思います」 「あまり個人でどういうプレーを見せたいっていうのは今回の試合に限っては思ってなくて、チームとして素敵なというか、ボールを保持して、試合を支配していくようなスタイルで、いつも通りのサッカーができればみんな喜んでくれるんじゃないかなと思います」 さらに、対戦相手の東京Vについても言及。明治安田J1リーグへ昇格した今シーズンの状態はあまり頭にないという。 「(試合は見たか?)さすがに試合終わってから次の日(日本へ)飛んでいるので、そんな時間はなかったですね」 「今季に関してはJリーグをあまり追えていないので、ヴェルディの印象はないんですけど、個人的に去年の東京ダービーかな?を見ているので、だいたいどんな感じかなっていうのはわかっているつもりではあります」 東京Vはかつて所属したFC東京のライバルクラブでもあるが、対戦するにあたり特別な思いはないとのこと。いつも通りチームのためのプレーを心がけるようだ。 「僕はそんなに熱い気持ちがあるわけじゃないので…難しいですね。FC東京にはすごいお世話になったし、FC東京は好きですけど、だからといって相手のチームをどうしてやろうっていう気持ちは僕はあまりサッカーに関しては持ってプレーしていないつもりなので」 「あくまでも今自分のいるチームが一番だと思うので、そのチームのためにサッカーできればいいかなと。そういうスタンスで僕は思っています」 2024.05.28 19:33 Tue

「僕も納得」パリ五輪の派遣なしに久保建英が言及、イマノル監督は「クラブの判断」と自身の関与はないとしながらも「休みを与えられる。非常にありがたい」と安堵

29日、東京ヴェルディと対戦するレアル・ソシエダが前日トレーニングを行った。 26日にラ・リーガ最終節を行ったソシエダ。6位でフィニッシュし、来シーズンのヨーロッパリーグ(EL)出場権を獲得。シーズン最後の試合として来日し、国立競技場で東京Vと対戦。イマノル・アルグアシル監督と日本代表MF久保建英がトレーニング前にメディアの取材に応じ、パリ・オリンピックについて語った。 久保はパリ・オリンピック世代の1人だが、オリンピックは招集に強制力が無い大会であり、国際サッカー連盟(FIFA)のルールとしてクラブは派遣義務はない。そして、ソシエダは久保を派遣しないことを決断した。 オリンピックに関しては、東京オリンピックに出場していた久保。今回のパリ・オリンピックに出られないことについて言及した。 「そもそもみんなで話して決まった結論なので、特に僕からは。僕がどうしても行きたかったとかそういう話しもないですし。クラブが大前提として、難しいよっていうので僕も納得してるって感じですね」 メダルを目指すU-23日本代表としては久保がいるかいないかでは大きな違いもあるが、1つ上の世代や日本代表に入ってからはこの世代で久保はプレーしていないのも事実。いないことももちろん想定されての活動を続けてきた。 また、イマノル監督は今回オリンピックに派遣しないことについては「私は何も言っていない。クラブの判断だ」とコメント。自身は決断には関与していないとした。 一方で、クラブが派遣しないことを決めたことにより、新シーズンに向けては良い影響もあると語った。 「クラブにとっても非常にありがたいことで良い影響がある。シーズンを通して激しい試合があり、疲労が溜まってしまうシーズンだったので、今回休みをもらえるということはクラブにも良い影響がある」 「彼の直向きさ、休むことを必要としないという心構えがあるので、疲労は懸念しなければいけない」 「今回オリンピックに出場しないことが決まっているというのは、クラブとしてはしっかりと休みを与えることになるため、良いプレシーズンを迎えられると思う」 今シーズンはコンディション面で苦しむ場面もあった久保だが、6月の北中米ワールドカップ(W杯)アジア2次予選が終われば休暇に入ることができる。新シーズンさらに躍動するため、英気を養ってもらいたいものだ。 <span class="paragraph-title">【動画】来日した久保建英らソシエダの選手たち</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet" data-media-max-width="560"><p lang="es" dir="ltr"><a href="https://t.co/RPJb7Fh4d4">pic.twitter.com/RPJb7Fh4d4</a></p>&mdash; Real Sociedad Fútbol (@RealSociedad) <a href="https://twitter.com/RealSociedad/status/1795146116675129808?ref_src=twsrc%5Etfw">May 27, 2024</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2024.05.28 19:25 Tue

「シーズンを通して非常に満足」来日したソシエダがトレーニング、イマノル監督は久保建英への期待を口に「まだまだ成長できる可能性がある」

29日、東京ヴェルディと対戦するレアル・ソシエダが前日トレーニングを行った。 26日にラ・リーガ最終節を行ったソシエダ。6位でフィニッシュし、来シーズンのヨーロッパリーグ(EL)出場権を獲得した。 シーズン最後の試合として来日し、国立競技場で東京Vと対戦。イマノル・アルグアシル監督がトレーニング前にメディアの取材に応じた。 27日に来日したソシエダ。ホテルではファンの歓迎を受けた中、日本の印象について語った。 「まだ少ししかいないこと、昨日到着したがトレーニングや試合に向けての仕事がたくさんあり、ホテルで過ごしていたので、東京のところは観光できていない」 「タケの母国であり、ヤスダグループの国である日本に来られたことは非常に嬉しい。みなさんが非常に歓迎してくれていることを嬉しく思っている」 日本との関係もあり、今回来日したソシエダ。日本代表MF久保建英はシーズン終盤はケガやコンディションもありベンチにいることも増えたが、イマノル監督はシーズンを通してのパフォーマンスには満足しているという。 「シーズンを通して出たり出なかったりということがあったが、シーズンは長い。最初の方は非常に良いプレーをしていたし、チームとしての成績も彼のプレーが影響していた」 「シーズンが長く、チーム、そして日本代表でのプレー、チャンピオンズリーグなど色々な試合があり、彼のプレーにも疲労などが影響していると感じていた。シーズンを通してという意味では非常に満足している。彼のプレーはチームに非常に良い影響を与えているので、満足している」 「チームへの貢献というのはプレーのみならず、例えば日本代表でプレーして疲労があるにも関わらず、すぐに戻ってきてプレーしてくれることなど、チームへのひたむきさというのも素晴らしい影響を与えていると思う。そういうところも評価でき、満足している」 アジアカップ後には即帰国してアウェイ遠征に帯同するなど、休むことを望まなかった久保。心配もありながらも、監督としてはチームへの影響を考えても高く評価。そして、この先の更なる成長にも期待した。 「彼は若いということもあり、まだまだ可能性がある選手だ。そもそも持っているポテンシャルをさらに伸ばすことができると思っている」 「プレーのみならず、彼の人間性も伸びる素質があると思う。代表に選ばれて戻ってきて、休んで欲しいという時でもプレーをした。そういう直向きさは成長に影響があると思うし、我々は評価している。プレーだけでなく、人間性も成長できる可能性がある」 「サッカー面では、オフェンスのところ、1vs1は素晴らしい所があり、伸ばすことができると思う。ディフェンス面はハイプレッシャーをすることを要求しているが、その要求にも対応できるため、まだまだ成長できる可能性がある」 <span class="paragraph-title">【動画】来日した久保建英らソシエダの選手たち</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet" data-media-max-width="560"><p lang="es" dir="ltr"><a href="https://t.co/RPJb7Fh4d4">pic.twitter.com/RPJb7Fh4d4</a></p>&mdash; Real Sociedad Fútbol (@RealSociedad) <a href="https://twitter.com/RealSociedad/status/1795146116675129808?ref_src=twsrc%5Etfw">May 27, 2024</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2024.05.28 19:10 Tue