【ブンデス第14節プレビュー】3位シュツットガルトvs首位レバークーゼンの上位対決

2023.12.08 18:01 Fri
Getty Images
前節は首位レバークーゼンがドルトムントに引き分け、降雪により試合が延期された2位バイエルンとの勝ち点差を3に広げるに留まった。迎える第14節、3位シュツットガルト(勝ち点30)と首位レバークーゼン(勝ち点35)による上位対決が行われる。
PR
シュツットガルトは前節、DF伊藤を負傷で欠いたもののFWウンダブ&FWギラシー弾でブレーメンに勝利、3連勝とした。ギラシー復帰後、連勝を再び伸ばしているシュツットガルトは火曜に行われたDFBポカールではドルトムント相手にやはりギラシー弾で2-0と快勝。ゴールマシーンと化しているギラシーが止まらない中、首位チーム相手にもゴールとなるか。
一方、ドルトムントを一方的に押し込みながらも引き分け止まりとなったレバークーゼンは、水曜に行われたDFBポカールではパーダーボルン相手にFWボニフェイス弾などで3-1と快勝。MFヴィルツが負傷交代となったが、シュツットガルト戦出場は問題ない模様。ほっと一安心の中、シュツットガルトとのシックスポインターを制すことはできるか。

そのレバークーゼンに何とか引き分けた5位ドルトムント(勝ち点25)は4位ライプツィヒ(勝ち点26)との上位対決に臨む。レバークーゼン戦では開始5分に先制点を奪ったもののその後は終始劣勢に。カウンターに持っていけないほどの守勢を強いられたが、敵地でのドローは悪くない結果。優勝争いに絡んでいくためには何とかライプツィヒとの上位対決をモノにしたいところだ。

降雪によってウニオン・ベルリン戦が延期となった2位バイエルン(勝ち点32)は7位フランクフルト(勝ち点18)と対戦。DFBポカールを敗退していたことも相まって思いがけない1週間半のブレイクとなったバイエルン。翌火曜のチャンピオンズリーグ(CL)マンチェスター・ユナイテッド戦もバイエルンにとっては消化試合なだけにフランクフルト戦に全勢力を傾けられる状況。ここは必勝としてレバークーゼンにプレッシャーをかけたい。
主砲FWグレゴリッチュのゴールでマインツを退け、リーグ戦5試合ぶりの勝利とした8位フライブルク(勝ち点18)は11位ヴォルフスブルク(勝ち点16)と対戦。ブンデスリーガではスッキリしない戦いが続いていただけに待望の勝利となったマインツ戦を機に勢いに乗りたいところ。MF堂安はベンチスタート予想だが、ヴォルフスブルクを下し、首位通過の懸かった木曜に行われるヨーロッパリーグ(EL)ウェストハム戦に臨みたい。

前節ヴォルフスブルク戦、FW浅野が先発した中、今季2勝目を挙げた12位ボーフム(勝ち点13)は6位ホッフェンハイム(勝ち点20)と金曜に対戦する。5試合負けなしとし、下位からの脱出が図れつつあるボーフム。上位に位置するホッフェンハイム戦は厳しい戦いが予想されるが、浅野の活躍で勝ち点を持ち帰れるか。

◆ブンデスリーガ第14節
▽12/8(金)
《28:30》
ホッフェンハイムvsボーフム

▽12/9(土)
《23:30》
フランクフルトvsバイエルン
ハイデンハイムvsダルムシュタット
ブレーメンvsアウグスブルク
ウニオン・ベルリンvsボルシアMG
ヴォルフスブルクvsフライブルク
《26:30》
ドルトムントvsライプツィヒ

▽12/10(日)
《23:30》
シュツットガルトvsレバークーゼン
《25:30》
ケルンvsマインツ

PR
関連ニュース

シュツットガルトで絶好調のウンダブが負傷…10日程度の離脱に

シュツットガルトのドイツ人FWデニス・ウンダブが負傷した。 ウンダブは17日に行われたブンデスリーガ第22節のダルムシュタット戦に先発出場したが、後半終盤に左太腿部を痛めて負傷交代していた。 クラブが発表した最新のメディカルレポートによれば、左太腿に筋損傷を負っており、次節のケルン戦を含め少なくとも今月いっぱいは欠場となる模様だという。 ただ、3月2日に控える第24節のヴォルフスブルク戦に向けては復帰の可能性があるとのことだ。 昨夏、ブライトンからレンタル移籍で加入したウンダブは、自身初のブンデスリーガの舞台で躍動。ここまで19試合14ゴール5アシストの数字を残し、主砲セール・ギラシーと共に3位に大躍進するシュツットガルトの攻撃を牽引している。 2024.02.20 22:37 Tue

【ブンデスリーガ日本人選手】浅野が王者相手にゴールを挙げ大金星に貢献!今季リーグ初先発の長谷部vs堂安はドロー決着…

ブンデスリーガ第22節が週末にドイツ各所で行われた。 今シーズンのブンデスリーガには、日本代表で活躍するボルシアMGのDF板倉滉、シュツットガルトのDF伊藤洋輝、フライブルクのMF堂安律、ボーフムFW浅野拓磨に加え、フランクフルトでクラブ史上最年長出場記録を保持するDF長谷部誠が在籍している。 今シーズンも多くの選手が活躍する中、第22節では浅野、板倉、堂安、長谷部、伊藤が先発出場した。 浅野が先発したボーフムはホームでバイエルンと対戦。ボーフムは14分にムジアラのゴールでバイエルンに先制を許したが、38分に 浅野の今季6ゴール目で追いついたボーフムは、44分にもシュテーガーの右CKをシュロッターベックのヘディングで流し込み、逆転に成功した。 迎えた後半、開始直後に浅野がディフェンスライン裏を取って牽制したボーフムが前がかるバイエルンを受け止める展開で立ち上がる。すると78分、CKの際にボックス内でシュロッターベックがウパメカノのヒジ打ちを受けると、ウパメカノは2枚目のイエローカードで退場。このPKをシュテーガーがPKを決めてボーフムが3点目を奪った。 その後、ケインのゴールで1点を返されたボーフムだったが、そのまま3-2で逃げ切り、王者から大金星を挙げた。 また、堂安の先発したフライブルクは、長谷部が今季リーグ初先発したフランクフルトと対戦。 日本人対決となった一戦は、互角の攻防で立ち上がりとなったが、27分にマーモウシュのゴールでフランクフルトが先制。しかし、フライブルクはその3分後にサライのミドルシュートをGKトラップが弾いたルーズボールを堂安が押し込み、追いつく。 堂安の今季リーグ2点目で試合を振り出しに戻したフライブルクだったが、35分にクナウフのゴールで勝ち越しを許す。それでも前半終了間際にボックス内でホーラーが長谷部に足を踏まれてPKを獲得。これをグリフォが決め、2-2で前半を終えた。 迎えた後半、フランクフルトは72分にクナウフのゴールで三度リードを奪う。それでも、フライブルクは試合終了間際の90分にCKの流れからグレゴリッチュがヘディングシュートを流し込み、試合はそのまま3-3で終了した。 その他、伊藤がフル出場したシュツットガルトはアウェイでダルムシュタットに2-1で勝利。板倉が先発したボルシアMGはRBライプツィヒとと対戦し0-2で敗戦した。 ★板倉滉[ボルシアMG] ▽2/17 ライプツィヒ 2-0 ボルシアMG ◆69分までプレー ★長谷部誠[フランクフルト] ▽2/18 フライブルク 2-3 フランクフルト ◆フル出場 ★堂安律[フライブルク] ▽2/18 フライブルク 2-3 フランクフルト ◆フル出場、今季2点目を記録 ★伊藤洋輝[シュツットガルト] ▽2/17 ダルムシュタット 1-2 シュツットガルト ◆フル出場 ★原口元気[シュツットガルト] ▽2/17 ダルムシュタット 1-2 シュツットガルト ◆ベンチ入りせず ★浅野拓磨[ボーフム] ▽2/18 ボーフム 3-2 バイエルン ◆89分までプレー、今季6点目を記録 2024.02.19 07:30 Mon

伊藤フル出場の10人シュツットガルト、ギラシー弾などで最下位ダルムシュタットに逃げ切り勝利【ブンデスリーガ】

シュツットガルトは17日、ブンデスリーガ第22節でダルムシュタットとのアウェイ戦に臨み、2-1で逃げ切った。シュツットガルトのDF伊藤洋輝はフル出場、MF原口元気はベンチ入りも出場しなかった。 前節マインツ戦を快勝して3連勝とした3位シュツットガルト(勝ち点43)は、好調のウンダブがギラシーと2トップを形成。伊藤がフラットな[4-4-2]の左センターバックでスタメンとなった。 最下位ダルムシュタット(勝ち点12)に対し、立ち上がりから押し込んだシュツットガルトは14分に押し切る。CKの流れからアントンのヘッドでの折り返しをギラシーが頭で押し込んだ。 ギラシーの新年初ゴール、今季18点目で試合を動かしたシュツットガルトは直後、失点しかけるもVARでハンドがあったとしてノーゴールに。 助かったシュツットガルトはサポーターの外資参入への抗議活動による長い中断を経て迎えた41分のピンチをGKブレドロウが好守で阻止。 しかし20分が与えられた追加タイムで守勢を強いられると、同22分に退場者を出してしまう。シュテンツェルがメーレムと入れ替わられそうになったところでファウルを犯し、2枚目のイエローカードを受けて退場となった。 10人となったシュツットガルトは迎えた後半、ヴァグノマンを投入して4バックを維持。ダルムシュタットをいなして時間を消化していった。 自陣に引いて1点のリードを保っていったシュツットガルトは追加タイム2分、ミロのミドルシュートがポストに直撃したルーズボールをダフードが押し込んで2点目を奪った。 ダフードの移籍後初ゴールで勝負を決定付けたシュツットガルトは同5分に1点差とされるも逃げ切り勝利。4連勝としている。 2024.02.18 05:30 Sun

【ブンデスリーガ日本人選手】代表帰還組が揃って出場!浅野ボーフムはフランクフルトと価値あるドロー

ブンデスリーガ第21節が週末にドイツ各所で行われた。 今シーズンのブンデスリーガには、日本代表で活躍するボルシアMGのDF板倉滉、シュツットガルトのDF伊藤洋輝、フライブルクのMF堂安律、ボーフムFW浅野拓磨に加え、フランクフルトでクラブ史上最年長出場記録を保持するDF長谷部誠が在籍している。 今シーズンも多くの選手が活躍する中、第21節では浅野、板倉、伊藤が先発出場、堂安が途中出場している。 日本代表から帰還した浅野の先発したボーフムは、長谷部の所属するフランクフルトとアウェイで対戦。互角の攻防で立ち上がった試合は、14分にフランクフルトが先手を取る。 ゲッツェの浮き球パスを右サイド高い位置で受けたチャイビがアーリークロス。マーモウシュがポストに足を直撃させながらもボールをねじ込んだ。 先制を許したボーフムだったが17分、ボックス手前から放ったブロシンスキのミドルシュートがDFにディフレクトしてゴールに吸い込まれ、試合を振り出しに戻した。 追いついたボーフムは、27分に浅野がポストプレーからシュテーガーの決定機を演出したが、逆転とならず。 71分に浅野がピッチを後にしたボーフムは、82分にブロシンスキがGK強襲のシュートを浴びせるも1-1のままタイムアップを迎えた。 また、伊藤洋輝がフル出場したシュツットガルトはホームでマインツと対戦。前半終了間際に立て続けに2ゴールを奪ったシュツットガルトは、73分にウンダブのゴールで3点目。 直後の76分にアジョルクに一矢報いられたシュツットガルトだったが、3-1で快勝した。 その他、堂安が途中出場したフライブルクはアウェイでドルトムントに0-3で完敗。板倉がフル出場したボルシアMGはダルムシュタットとゴールレスドローに終わっている。 ★板倉滉[ボルシアMG] ▽2/10 ボルシアMG 0-0 ダルムシュタット ◆フル出場 ★長谷部誠[フランクフルト] ▽2/10 フランクフルト 1-1 ボーフム ◆ベンチ入りも出場せず ★堂安律[フライブルク] ▽2/9 ドルトムント 3-0 フライブルク ◆59分からプレー ★伊藤洋輝[シュツットガルト] ▽2/11 シュツットガルト 3-1 マインツ ◆フル出場 ★原口元気[シュツットガルト] ▽2/11 シュツットガルト 3-1 マインツ ◆ベンチ入りせず ★浅野拓磨[ボーフム] ▽2/10 フランクフルト 1-1 ボーフム ◆71分までプレー 2024.02.12 08:30 Mon

伊藤フル出場のシュツットガルト、ウンダブ弾などでマインツに快勝し3連勝【ブンデスリーガ】

シュツットガルトは11日、ブンデスリーガ第21節でマインツをホームに迎え、3-1で快勝した。シュツットガルトのDF伊藤洋輝はフル出場、MF原口元気はベンチ入りしなかった。 前節フライブルクに勝利して連勝とした3位シュツットガルト(勝ち点40)は、5日前に行われたDFBポカールではレバークーゼンに2-3と打ち負けて敗退となった。そのレバークーゼン戦で2失点に関与してしまったアジアカップ帰りの伊藤は[4-2-3-1]の左センターバックで先発となった。 5バックで構える17位マインツ(勝ち点11)に対し、開始25秒にウンダブがGK強襲のシュートを浴びせたシュツットガルトは、2分にカシにポスト直撃のシュートを打たれてひやりとさせられる。 その後、抗議活動で10分以上中断があって迎えた26分、ヒューリッヒのパスをボックス内で受けたカラソルが決定的なシュートを放ったが枠外に。 35分のピンチではCKの流れからヌガンカムに決定的なヘディングシュートを許すも枠外で助かると、40分に先制の絶好機。しかしロングカウンターの流れからウンダブのラストパスを受けたヒューリッヒがGKと一対一となるもゼントナーに阻まれてシュートを打ちきれなかった。 それでも44分に押し切る。シュテンツェルの右クロスがファーに流れたところをミッテルシュタットが受け、ボレーを蹴り込んだ。さらに3分後、シュテンツェルの浮き球パスをボックス内で受けたルウェリングがシュートを決めきり一気にリードを広げた。 追加タイム5分にもルウェリングに好機のあったシュツットガルトが2点のリードで前半を終えた。 迎えた後半も押し込むシュツットガルトは53分に3点目のチャンス。カラソルのパスを受けたルウェリングがボックス右に侵入。シュートに持ち込んだが、GKゼントナーのセーブに阻まれた。 その後、61分にギラシーを投入したシュツットガルトが引き続き主導権を握ると、73分に3点目。ルオーのロングフィードを受けたウンダブがDFをかわしてボックス左に侵入。GKとの一対一を確実に制した。 76分にアジョルクに一矢報いられたシュツットガルトだったが、3-1で快勝。3連勝として3位の座を堅守している。 2024.02.12 01:43 Mon
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly