ミラン、200万ユーロでベティスDFミランダの獲得に合意か

2023.12.06 23:30 Wed
Getty Images
ミランがレアル・ベティスのスペイン人DFフアン・ミランダ(23)の獲得を決定的なモノとしたようだ。

ミランダは、ベティスのユースからバルセロナのカンテラに加入。2019年8月にファーストチームへと昇格すると、2019-20シーズンはシャルケに、そして今シーズンはベティスへとレンタル移籍を繰り返した。
左サイドバックを主戦場とするミランダは、今シーズンのラ・リーガで10試合に出場し1アシストを記録。ヨーロッパリーグ(EL)でも2試合に出場していた。

なお、ミランダとベティスの現行契約は2024年6月までとなっているが、この23歳はクラブとの契約を更新しないことを決断したという。

移籍市場に精通するジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏によると、ミランはベティスと移籍金約200万ユーロ(約3億2000万円)でクラブ間合意に至ったという。また、個人間では2028年6月30日までの契約となるようで、来年1月の加入になるものとみられる。
関連ニュース

日本人5人出場のELラウンド16組み合わせ決定! 三笘ブライトンはローマ、堂安フライブルクはウェストハム、遠藤リバプールはスパルタ・プラハと対戦

23日、UEFAヨーロッパリーグ(EL)のラウンド16組み合わせ抽選会がスイスのニヨンで行われた。 22日にプレーオフが終了し、ベスト16のチームが決定。日本人所属クラブでは、日本代表MF遠藤航のリバプール、MF三笘薫のブライトン&ホーブ・アルビオンが1位通過。プレーオフでは、MF堂安律のフライブルク、MF守田英正のスポルティングCP、GK小久保玲央ブライアンのベンフィカが勝ち上がり、5名が出場する。 遠藤のリバプールはスパルタ・プラハと、三笘のブライトンはFW上田綺世が所属するフェイエノールトをプレーオフで下した強豪・ローマと対戦が決定。堂安のフライブルクは、昨シーズンのヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)王者のウェストハムと、守田のスポルティングはアタランタ、小久保のベンフィカはレンジャーズと強豪との組み合わせが決まった。 また、優勝候補のミランはスラビア・プラハと対戦する。 1stレグは3月7日、2ndレグは3月14日にt開催される予定となっている。なお、スポルティングの1stレグは、ベンフィカと同じ街での開催となるため、3月5日に1試合だけ前倒してやられる。 スパルタ・プラハ vs リバプール(遠藤航) ローマ vs ブライトン&ホーヴ・アルビオン(三笘薫) フライブルク(堂安律) vs ウェストハム ミラン vs スラビア・プラハ マルセイユ vs ビジャレアル ベンフィカ(小久保玲央ブライアン) vs レンジャーズ スポルティングCP(守田英正) vs アタランタ カラバフ vs レバークーゼン 2024.02.23 20:35 Fri

「満足感をもってミラノに戻る」 2ndレグ落とすも16強入りのミラン、指揮官がレオン&禊ぎ弾ヨビッチにも賛辞

ミランがヨーロッパリーグ(EL)16強入りを果たした。 ミランは22日のプレーオフ2ndレグでスタッド・レンヌのホームに乗り込み、2-3の敗北。2度にわたって追いついたが、そこから突き放されてしまった。 敵地に乗り込んでのリターンレグではやり返されたミランだったが、3-0で快勝した1stレグが物を言い、トータルスコアで次のラウンドに進出した。 ステファノ・ピオリ監督はイタリア『スカイ』で「1stレグで簡単に感じた難敵を破ったという満足感をもってミラノに戻る」と話し、守備を課題とした。 「今夜の試合では攻撃のポテンシャルを示した。我々は相手がスペースを空ければ危険な存在だが、より堅実に失点を減らす必要もある。そうでなければ、しばしば複雑にさせる」 そんなスタッド・レンヌ戦ではラファエル・レオンとともに、直近のセリエAでレッドカードを受けたルカ・ヨビッチが禊ぎのゴール。指揮官は2人に賛辞の言葉を送っている。 「私にとって、レオンは決定的な選手であり、ゴールを決められずとも重要だ。彼が作り出したチャンスを考えると、無得点で終えるのは残念なことだっただろう」 「ヨビッチは残念ながら、日曜日に重大な愚行をおかした。それでも、チャンスがあったし、それは然るべきだ。彼には素晴らしい素質があると今でも思う」 「彼はエリア内で時間を作る術を知っているし、チームをうまくプレーさせる方法もだ。(オリヴィエ・)ジルーとも一緒にプレーできるし、美しいコンビになるはずだ」 2024.02.23 10:25 Fri

ELベスト16が決定! 堂安らPO突破で日本人5選手が参戦

ヨーロッパリーグ(EL)決勝トーナメントのプレーオフが23日に終了。この結果、ラウンド16に進出する16チームが決定した。 ELグループステージ2位通過8チームと、チャンピオンズリーグ(CL)の3位敗退8チームによって争われたプレーオフ。 3シーズン連続の対戦で注目を集めたFW上田綺世を擁するフェイエノールトと昨季準優勝チームのローマの対戦は、PK戦を制したローマが三度フェイエノールト撃破に成功した。 また、2ndレグで大逆転勝利を挙げたMF堂安律のフライブルク、MF守田英正のスポルティングCP、GK小久保玲央ブライアンのベンフィカ、優勝候補のミランといった強豪が順当にラウンド16進出を決めた。 この8チームに加え、MF三笘薫を擁するブライトン、MF遠藤航を擁するリバプール、レバークーゼン、アタランタら各グループ首位チームが次ラウンドから参戦する。 なお、ラウンド16の組み合わせ抽選会は23日にスイスのニヨンで開催され、各グループの首位通過チームとプレーオフ通過チームが対戦する形となるが、今ラウンドでは同一サッカー協会に所属するチーム同士の対戦はない。そして、ラウンド16は2024年3月上旬以降の開催となる。 ◆ELプレーオフ結果 スタッド・レンヌ 3-2(AGG:3-5) ミラン フライブルク 3-2(AGG:3-2) RCランス トゥールーズ 0-0(AGG:1-2) ベンフィカ カラバフ 2-3(AGG:6-5) ブラガ ローマ 1-1(AGG:2-2[PK:4-2]) フェイエノールト スポルティングCP 1-1(AGG:4-2) ヤング・ボーイズ スパルタ・プラハ 4-1(AGG:6-4) ガラタサライ マルセイユ 3-1(AGG:5-3) シャフタール ◆ELラウンド16進出チーム ▽プレーオフ突破 ミラン(イタリア) フライブルク(ドイツ) ベンフィカ(ポルトガル) カラバフ(アゼルバイジャン) ローマ(イタリア) スポルティングCP(ポルトガル) スパルタ・プラハ(チェコ) マルセイユ(フランス) ▽ストレートイン[グループ首位] ウェストハム(イングランド) ブライトン(イングランド) レンジャーズ(スコットランド) アタランタ(イタリア) リバプール(イングランド) ビジャレアル(スペイン) スラビア・プラハ(チェコ) レバークーゼン(ドイツ) 2024.02.23 08:13 Fri

ミランがベスト16進出…ブリジョーにハット許して敗戦も初戦のアドバンテージ活かす【EL】

ヨーロッパリーグ(EL)のプレーオフ2ndレグ、スタッド・レンヌvsミランが22日にロアゾン・パルクで行われ、ホームのレンヌが3-2で勝利した。だが、2戦合計3-5のミランがラウンド16進出を決めた。 チャンピオンズリーグ(CL)のグループステージ3位敗退に伴い、プレーオフからのEL参戦となったミラン。リーグ・アンの強豪レンヌとのホーム開催の初戦ではロフタス=チークのドッピエッタにレオンのゴールによって3-0の先勝。優勝候補に相応しいパフォーマンスを見せた。 ただ、直近のセリエAでは格下モンツァに2-4で敗れる失態を演じ、敵地で行われる今回の2ndレグへ若干の不安を抱えて臨む形となった。ピオリ監督はリーグ戦のバウンスバックと共にベスト16進出を懸けた一戦に向けて先発5人を変更。ロフタス=チーク、チャウに代えてラインデルスやケアーが起用され、チュクウェゼとオカフォーに代わってプリシック、レオンが復帰した。 試合は開始早々にミランに決定機。2分、ベナセルのスルーパスに抜け出したレオンがスピードに乗ってボックス左に持ち込んで左足シュートを枠に飛ばすが、ここはGKマンダンダの好守に阻まれる。 一方、冷や汗をかく立ち上がりのピンチを凌いだレンヌは早い時間帯のゴールを目指して攻勢を仕掛けていく。そして、幾つか際どいシーンを作って押し込むと、11分にはペナルティアーク右でサンタマリアの横パスを受けたブリジョーが見事な右足の低弾道シュートをゴール左隅に突き刺し、先制点を挙げた。 このファインゴールによってスタジアムのボルテージが一気に高まってホームチーム優勢の時間帯が続く。だが、我慢の戦いで追加点を許さないミランが、見事な崩しから同点ゴールを奪う。 22分、ラインデルスが複数DFを引き寄せる中央突破から左サイドの高い位置に侵入したテオ・エルナンデスに展開。テオから高精度の左足ダイレクトクロスが供給されると、ファーでドフリーのヨビッチがヘディングで合わせた。 モンツァ戦愚行退場のヨビッチの禊のゴールで1-1のスコアとなったが、レンヌも気落ちすることなくアグレッシブにゴールを目指す。失点直後にはブリジョーの強烈な直接FK、ゴール前の混戦からのカリムエンドのボレーシュートでGKメニャンにファインセーブを強いる。 前半半ばから終盤にかけては一進一退の攻防に。レンヌがより相手陣内深くでプレーしたが、ミランの集中した守備を前に2点目が遠かった。 1-1のイーブンで折り返した後半は前半の流れを完全に踏襲する展開に。立ち上がりにレオンの決定機をGKマンダンダの好守で凌いだレンヌは、52分にテリエとDFケアーの微妙な接触からPKを獲得。これをキッカーのブリジョーが冷静に決めてレンヌが勝ち越しに成功する。 だが、ミランも58分に相手ディフェンスラインの連携ミスからボールを奪ったレオンが左サイドを持ち上がってボックス内に侵入。GKと交錯しながらもこぼれ球を足元に収めて無人のゴールへ流し込み、瞬く間に追いついた。 この直後にミランはレオン、ベナセル、プリシックを下げてロフタス=チーク、オカフォー、チュクウェゼを一気に投入。フレッシュな選手の投入で試合を落ち着かせにかかる。 一方、同じくフレッシュな選手の投入で前がかるレンヌは68分、ボックス内でのヨビッチのハンドによってこの試合2つ目のPKを獲得。これをキッカーのブリジョーが右隅に決めてハットトリックと共に3度目のリードを手にした。 ここから畳みかけたいレンヌだったが、守備的な交代カードを切ってうまく試合をコントロールするミランを前になかなか決定機まで持ち込めない。 そして、試合はこのまま3-2でタイムアップを迎え、ブリジョーのハットトリックでレンヌが意地を見せたものの、初戦の大きなアドバンテージを活かして逃げ切ったミランが順当にベスト16進出を決めた。 2024.02.23 04:49 Fri

【ELプレーオフ プレビュー】上田&堂安は突破へ勝利必須! 日本人4選手参戦のPO第2戦

ヨーロッパリーグ(EL)決勝トーナメントのプレーオフ2ndレグが22日に開催される。ELグループステージ2位通過8チームと、チャンピオンズリーグ(CL)の3位敗退8チームで争われるプレーオフ第2戦の展望を、注目カードを中心に紹介。 ◆ELプレーオフ2ndレグ ▽2/22(木) 《26:45》 スタッド・レンヌ vs(AGG:0-3) ミラン フライブルク vs(AGG:0-0) RCランス トゥールーズ vs(AGG:1-2) ベンフィカ カラバフ vs(AGG:4-2) ブラガ 《29:00》 ローマ vs(AGG:1-1) フェイエノールト スポルティングCP vs(AGG:3-1) ヤング・ボーイズ スパルタ・プラハ vs(AGG:2-3) ガラタサライ マルセイユ vs(AGG:2-2) シャフタール ◆上田&堂安は大一番に挑む <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2023/get20240221_100_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 今回のプレーオフにはFW上田綺世、MF守田英正、MF堂安律、GK小久保玲央ブライアンの日本人4選手が参戦している。 フェイエノールトの上田は難所スタディオ・オリンピコで行われる2ndレグでベスト16進出を目指す。 デ・カイプでの1stレグは1-1のドロー決着。3シーズン連続の対戦となったなか、ホームのフェイエノールトがやや優勢に進めて前半終了間際の最高の時間帯にFWパイシャオンのヘディングシュートで先制に成功。後半も入りは悪くなかったものの、“EL男”の異名を持つFWルカクに一瞬の隙を突かれて失点。その後、一進一退の攻防となったが、より多くの決定機を作り出したホームチームは最後で仕留め切れなかった。なお、同試合でスタメンのチャンスを与えられた上田だったが、なかなか効果的にボールに絡めず、後半序盤でピッチを退いた。 難所攻略を目指すスロットのチームは直近のRKCヴァールヴァイクに1-0の勝利。前半に退場者を出した格下に苦戦を強いられたが、主砲ヒメネスに加え、1stレグを欠場したDFヘールトライダ、MFティンバーの主力が復帰しており、その点はローマ戦に向けてプラス材料だ。ただ、同試合で途中出場の上田に関してはベンチスタートが濃厚だ。 対するローマは直近のフロジノーネ戦を3-0で勝利し、3戦ぶりの白星を奪取。[4-2-3-1]への布陣変更は嵌らず、前半は低調なパフォーマンスに終始したが、本来の[4-3-3]に戻した後半は安定。FWディバラを完全休養させるなど主力のプレータイムをコントロールしつつ、デ・ロッシ監督が正GKに任命したスヴィラールの状態もさらに上がってきており、熱狂的なロマニスタが集うオリンピコでの一戦に良い形で臨めるはずだ。 堂安のフライブルクはイーブンの状況でRCランスとのホームゲームに臨む。堂安もスタメン出場した敵地での1stレグは、右ウイングに入った日本代表MFが幾つか決定機を演出したものの、チーム全体で最後の精度を欠いて0-0のドローに終わった。 直近のブンデスリーガではフランクフルト相手に[3-5-2]の布陣で臨み、3-3のドロー。右ウイングバックでの起用となった堂安は、味方のミドルシュートを抜け目なく押し込んで今季2点目を記録するなど好調を維持。チームとして勝ち切れなかった部分は痛かったものの、勝ち抜けへゴールが必要な2ndレグに向けて3ゴールを奪えたことはポジティブな要素だ。 上田、堂安と異なり守田のスポルティングCPは初戦の3-1の勝利によって余裕を持ってヤング・ボーイズとのホームゲームを戦える。守田が60分から途中出場となった1stレグはエースFWギョケレシュのPK弾など効率よくゴールを奪い、後半最終盤に退場者を出した相手に危なげなく勝ち切った。 また、直近のモレイレンセ戦ではスタメン起用の守田がセットプレーの流れから今季2点目を記録するなど2-0の快勝。チーム、守田ともに良い形で今回のリターンレグに臨めるはずだ。 ◆ミランは逃げ切り図る、マルセイユは新体制初陣 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2023/get20240221_100_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 優勝候補の一角を担うミランはその下馬評通り、スタッド・レンヌとのホーム初戦で3-0の完勝。敵地での2ndレグでは余裕を持って逃げ切りを図る。 戦前は復調レンヌ相手に苦戦も予想されたが、蓋を開けてみれば、MFロフタス=チークのドッピエッタに、FWレオンにもゴールが生まれる好内容で完勝を収めた。1stレグでのパフォーマンスの差を鑑みれば、敵地と言えども問題なく逃げ切れるかに思われる。ただ、直近のモンツァ戦では幾つかのポジションでターンオーバーを行った結果、格下にまさかの2-4の敗戦。公式戦7試合ぶりの黒星を喫した。また、今週末にアタランタとの上位対決を控えており、その一戦に気を取られるようなことがあれば、再び痛い目をみる可能性も十分にあり、気を引き締めて臨みたいところだ。 イーブンの状況でシャフタール・ドネツクとのホームでの2ndレグに臨むマルセイユは、ジャン=ルイ・ガセ新体制での初陣となる。敵地での1stレグでは2度のリードを追いつかれる拙い試合運びによって2-2のドロー。さらに、直近のスタッド・ブレスト戦で0-1の敗戦を喫した結果、今季途中就任のガットゥーゾ監督が解任。開幕から不甲斐ない戦いが続きフラストレーションを募らすホームサポーターの前で戦う今回の一戦はより重圧を感じるなかでの難しい戦いとなる。 また、初戦で思わぬ苦戦を強いられながらも後半アディショナルタイムにMFディ・マリア、FWイカルディと百戦錬磨のアルゼンチン人アタッカーの決勝点で勝ち切ったベンフィカ、ガラタサライはいずれもタフなアウェイゲームで逃げ切り突破を図る。 2024.02.22 18:00 Thu
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly