バイエルン、今季ラ・リーガ席捲の逸材FWブライアン・サラゴサを獲得! 加入は来季からに

2023.12.06 22:34 Wed
ラ・リーガ席捲の逸材サラゴサが来季バイエルンに加入
Getty Images
ラ・リーガ席捲の逸材サラゴサが来季バイエルンに加入
バイエルンは6日、スペイン代表FWブライアン・サラゴサ(22)の完全移籍に関してグラナダと合意に至ったことを発表した。
PR
バイエルンと2029年6月30日までの5年契約にサインしたサラゴサは、今シーズン終了まではレンタルの形でグラナダに残留し、2024-25シーズンから正式に加入する予定だ。
なお、移籍市場に精通するジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏によると、移籍金は1500万ユーロ(約23億8000万円)となったようだ。

バイエルンでスポーツディレクターを務めるクリストフ・フロイント氏は、今季に入ってブレイクを果たした有望株の獲得に満足感を示している。

ブライアン・サラゴサは爆発力があり、非常に速く、非常に機敏なウインガーで、どちらのサイドでもプレーできる。彼は予測不可能で、得点力があり、1対1でも非常に優れている。彼は今年すでにスペイン代表デビューを果たしており、大きな可能性を秘めている。ブライアンはスペインの新進気鋭のプレーヤーの一人であり、しばらくの間我々の注目を集めてきた。彼は我々の攻撃の選択肢を増やしてくれるだろう。我々は彼のグラナダでの残りシーズンの幸運を祈り、夏に彼が我々に加わることを楽しみにしている」
サラゴサは2019年にグラナダの下部組織に加入。エル・エヒドへの武者修行、グラナダのリザーブチームでのプレーを経て、昨シーズンからファーストチームに定着。これまでグラナダで公式戦51試合に出場し、10ゴール3アシストを記録している。

昨シーズンのセグンダ・ディビシオン(スペイン2部)優勝に貢献を果たしたなか、今シーズンはプリメーラに初参戦。ここまで14試合5ゴール2アシストを記録し、バルセロナ戦では圧巻のドブレーテを記録し2-2のドローの立役者となっていた。

さらに、10月に行われたユーロ2024予選のスコットランド代表戦でスペイン代表デビューも飾っている。

164cmとサイズには恵まれていないが、フロイント氏の前述のコメントのように左右のウイングを主戦場に爆発的なスピードとテクニックを活かした勝負度胸に優れるドリブル突破が最大の魅力。また、シュート感覚やボックス内での冷静さを併せ持っており、得点力に優れるアタッカーとしてのさらなる飛躍が期待されている。

PR
関連ニュース

アジア競技大会の北朝鮮戦でもゴール、なでしこの新鋭・谷川萌々子は再現なるか「チャンスがあれば狙っていきたい」

なでしこジャパンのMF谷川萌々子(FCローゼンゴード)が、パリ・オリンピックアジア最終予選第2戦の北朝鮮女子代表戦へ向け、公開トレーニング後にメディアの取材に応じた。 なでしこジャパンは北朝鮮との第1戦を24日に中立地のサウジアラビアで行い、ゴールレスドローで終えた。第2戦は28日に国立競技場で行われ、勝った方がパリ行きの切符を手にするという、シンプルな構図で迎える。 今春にJFAアカデミーを卒業する18歳にとって、トップカテゴリーの選手と戦う機会はこれまで多くはなかったが、「(当たりが)強いなっていうのは感じますけど、やっていける気持ちもあるので、積極的に球際も負けずにやっていきたい」と、力強く語る。 ジッダでの第1戦にも69分から途中出場。アジア競技大会決勝でも相まみえている相手に対して「(北朝鮮戦の)雰囲気を一度味わっているので、途中出場の時もビビることなくプレーできたと思います」と頼もしい言葉を残す。 第1戦でのチームとしての課題にはこぼれ球の対応を挙げ、自身としても不完全燃焼気味。先述のアジア競技大会北朝鮮戦では得点も決めており、国立競技場での第2戦でもレンジの長い一撃に期待が高まる。 「(第1戦では)ロングホールからのセカンドボールやサードボールを相手に拾われて、二次攻撃をされていたので、ポジショニングについてはチームでも改善できています」 「(途中出場時は池田太監督から)しっかりハードワークして、チャンスがあればシュートを打ってこいと言われてピッチに入ったんですけど、1本も打てずに終わってしまったので、次にチャンスがあれば狙っていきたいです」 2024.02.27 23:20 Tue

「バイエルンのことを考えたら頭が…」国内で苦悩続くラツィオ、L・アルベルトも苦心「一歩前進して二歩後退の繰り返し」

ラツィオの元スペイン代表MFルイス・アルベルトが苦しい胸中を明かしている。 昨季のセリエAで2位となり、今季のチャンピオンズリーグ(CL)に出場するラツィオ。そのCLで見事にラウンド16進出を掴み、バイエルン相手に1stレグで勝利した一方、今季はセリエAでここまで8位と苦しい戦いが続く。 L・アルベルトはチーロ・インモービレと並ぶ古参組にして、紛うことなきチームのリーダー格。前半に自身の一撃で先制しながらも後半2発で逆転負けを喫した26日のフィオレンティーナ戦後、イタリア『スカイ』で不甲斐ない戦績を嘆いている。 「なんと言っていいかわからない…ハーフタイムの時点でリードするに値しないゲームだった。幸運の女神は当初、ラツィオに微笑んでいたと思う。けど、2-0にするチャンスを手放し、その後すぐに失点してしまった」 ラツィオはこの敗戦で8位転落。CL圏はおろか、欧州カップ戦に一切手が届かない位置まで落ちている。 「あまりに多くのゲームで負けている。欧州の大会に出ているチームがこの順位なんて、このうえなく厳しい事実だ。口を開くのはほどほどに、しっかりトレーニングしないといけない…まだ諦めるわけにはいかないんだ」 3月1日の次節はホームでミラン、さらにミッドウィークの5日は敵地でCLバイエルンと、ビッグマッチ2連戦が控えるラツィオ。 「今ここでバイエルンのことを考えると、本当に頭がおかしくなってしまう。自信を持ってバイエルン戦へ向かうには、ミランに勝つしかない…今季は奇妙すぎる。一歩前進するたびに、二歩後退している感じがする…」 バイエルンとの1stレグは本拠地オリンピコで1-0と辛くも勝利。敵地ミュンヘンに乗り込む2ndレグはスタジアム全体から圧力にさらされることとなるが、果たして。 2024.02.27 14:05 Tue

マドリーとの個人合意報じられるA・デイビスにバイエルンOBが苦言…「マドリーのことを考えているならば、手放すべき」

レアル・マドリー移籍に向けた個人合意が報じられるカナダ代表DFアルフォンソ・デイビス(23)に対して、バイエルンOBのシュテファン・エッフェンベルク氏が苦言を呈している。 2019年1月にバイエルンへ加入して以来、左サイドバックの主力としてチームに貢献してきたデイビス。バイエルンはデイビスとの契約延長を望むも、選手側が要求する大幅な昇給に応じるつもりはなし。今夏に契約が残り1年となるカナダ代表DFに対しては、かねてより関心を示してきたマドリー行きが有力とみられ、すでに個人間で合意に達したとの報道も出ている。 今シーズン限りでの退団がすでに決定したトーマス・トゥヘル監督の下、苦しい戦いが続くバイエルンにおいてはそういった忠誠心を欠く一部選手の振る舞いが不振の要因とも伝えられており、クラブアンバサダーも務めるエッフェンベルク氏はドイツ『シュポルト1』でデイビスを強く批判している。 「もしアルフォンソ・デイビスがレアル・マドリーのことを考えているならば、彼を手放すべきだ」 「彼はもう心も情熱も魂もバイエルンにいない。プレーヤーは模範を示さなければならず、『ここに残りたい、新しい監督が誰になるのか知りたい、バイエルンのために全力を尽くしたい』と言うべきだ」 「私はプレーヤーたちのところへ行き、率直に話し合うつもりだ。もし彼らに残留する気がなければ、彼らを売りに出すだろう。バイエルンには財政的に彼らを翌年にフリー移籍させる余裕はない」 2024.02.27 07:30 Tue

バイエルンがエバール氏招へいを発表…スポーツ部門の取締役に就任

バイエルンは26日、マックス・エバール氏(50)の招へいを発表した。 昨年9月までRBライプツィヒでスポーツディレクター(SD)を務めていたエバール氏は、スポーツ部門の取締役に就任すると共に3名で構成される監査委員会のメンバーを務めることになる。 現役時代にプレーした古巣への帰還を果たしたエバール氏は、取締役就任に際して以下のコメントを残している。 「私は幼少期から青年期までをFCバイエルンとミュンヘンで過ごし、すべてが始まったクラブに新たな役割で戻ることは私にとって特別なことだ。スポーツ部門の取締役としての仕事は大きな挑戦であり、私は多大な敬意と謙虚さを持ちながらも、それ以上の期待を持って取り組んでいく。ここにいるみんなと一緒に、FCバイエルンが今後も成功を収め、ファンに喜びをもたらすためにできる限りのことをしたいと思っている」 3月1日付けで仕事をスタートするバイエルンでは、クリストフ・フロイントSDと協力してリクルート部門にも携わる見込みだ。 現役時代に右サイドバックとしてバイエルンやボーフム、グロイター・フュルト、ボルシアMGでプレーしたエバール氏。現役引退後は古巣ボルシアMGで育成部門の責任者を務めた後、2008年からSDに就任した。 以降は古豪として知られるクラブで、10年以上に渡って補強部門の責任者を担い、監督人事、新戦力補強を主導。この間にタイトルこそ獲得できていないものの、チャンピオンズリーグ(CL)出場権獲得など、安定してヨーロッパのコンペティションに参戦できる競争力をもたらしてきた。 2022年12月から2023年9月までSDを務めたライプツィヒではバイエルンへの引き抜きの噂が取り沙汰された際の振る舞いを巡り、「クラブに対する責任の欠如」を理由に解任されていた。 2024.02.27 07:00 Tue

ようやくの連敗ストップにトゥヘル監督が安堵… ミュラーも勝利の重要性を強調 「このような試合をものにできたのは大きい」

バイエルンの久々の勝利をトーマス・トゥヘル監督らが振り返った。クラブ公式サイトが伝えた。 ブンデスリーガ前節のボーフム戦で逆転負けし、公式戦3連敗中のバイエルン。トゥヘル監督の今シーズン限りでの退任が決まった中、立て直しに向け、24日の第23節ライプツィヒ戦に臨んだ。 前半はゴールレスで終えるも、56分にイングランド代表FWハリー・ケインが左足でシュートを決めきり、バイエルンが先制。その後は一度追いつかれたが、80分に今度はケインがボレーシュートを叩き込み、公式戦の連敗をストップした。 トゥヘル監督は内容を振り返り、接戦ながらも勝ちきれたことが大きいとコメント。次節のフライブルク戦に繋がると語った。 「前半は非常に良いプレーをしたが、2点のリードを奪い損ねた。後半はライプツィヒのプレー強度が上がり、前半のようにスペースを埋めることができなくなり、状況が複雑になった」 「ライプツィヒがプレッシャーを強めた時にゴールを決めた。そして1-1になってからも良い反応を見せた。強い相手との接戦だったが、最終的には勝利に値した」 「互角の状況もあったが、全体的には非常に集中していた。良いパフォーマンスだった。この勝利は我々にとって良いことだし、フライブルク戦に向けた土台となるはずだ。我々は今、さらに上を目指さなければならない」 また、この試合で先発し、65分までプレーしたドイツ代表MFトーマス・ミュラーも勝利に言及。このタイミングでの白星の重要性を説いている。 「僕らは皆同じ船に乗っている。3連敗したし、簡単な週ではなかった。だから、ライプツィヒという手強い相手に勝てたことに満足している。このような試合をものにできたのは大きい」 2024.02.25 17:54 Sun
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly