「めちゃんこ可愛い」「1枚目にやられた」浦和の塩越柚歩がカチューシャ付けクリスマス仕様のディズニーを満喫する姿にファン歓喜!「モデルさんがcute過ぎ」

2023.12.03 23:30 Sun
オフを楽しむ姿が話題の塩越柚歩
©WE LEAGUE
オフを楽しむ姿が話題の塩越柚歩
三菱重工浦和レッズレディースのMF塩越柚歩のオフショットが話題となっている。日本女子代表の一員として、アジア競技大会での優勝に大きく貢献した塩越。2023-24シーズンのWEリーグではここまで3試合に出場し1得点を記録している。
現在はなでしこジャパンが活動中であり、WEリーグは中断中。塩越はオフを利用して、ディズニーランドを訪れたようだ。

自身のインスタグラムを更新した塩越は、クリスマス仕様のディズニーを楽しんだようで、ミニーのカチューシャをつけて楽しんだ様子をアップした。

ーーーーー
クリスマスディズニーさいっこうだったーーー
どこもかしこも可愛くて、1年中クリスマスモードでもいいくらいに可愛かった

久しぶりに朝から晩まで(私にしては)楽しみました
来年も絶対いきたい

信じられないくらいに混んでたから
クリスマスシーズン行く方は覚悟してください
ーーーーー
クリスマスシーズンを迎え、とても混んでいたというディズニーランド。塩越はしっかりと情報提供をしている。

ファンからは「柚歩さんの方が可愛いです」、「めちゃんこ可愛い」、
「可愛すぎるやろー」、「かわいい&綺麗」、「クリスマスディズニーが似合う」、「モデルさんがcute過ぎ」、「1枚目にやられた」と絶賛のコメントが相次いだ。

1 2
関連ニュース

猶本光に安藤梢、先制ゴールの高橋はなが左の手首に記した想い「今日も一緒に戦っていた」

殊勲の先制ゴールを挙げたなでしこジャパンのDF高橋はなが、試合を終えての想いを口にした。 なでしこジャパン(サッカー日本女子代表)は28日、パリ・オリンピックアジア最終予選第2戦となる北朝鮮女子代表戦を国立競技場で行い、2-1で勝利。2戦合計スコアを2-1とし、2大会連続6度目のオリンピック出場権を獲得した。 3バックの一角で先発フル出場した高橋は、26分にセットプレーから先制点をマーク。敵陣中央でのFKを北川ひかるが対角へ放り込むと、クリアされたボールを左ポケットから上野真実が頭で押し返し、ニアで田中美南がフリック。ヘディングシュートがクロスバーを叩き、こぼれ球をプッシュしてチームに勢いを与えた。 試合後のフラッシュインタビューに応じた高橋は、チームメイトや応援してくれたファンへの感謝を述べた。 「本当にこのチームのみんなのおかげで、会場に駆けつけてくださったみなさん、テレビで応援してくださったみなさんのおかげなので、感謝の気持ちでいっぱいです、ありがとうございます!」 得点シーンは「いいところにこぼれてきただけなので押し込むだけでした」と謙遜するも、FWの経験も生かした嗅覚を発揮し、誰よりも早く左足を伸ばした。 1月の皇后杯準決勝では、浦和のチームメイトである安藤梢や猶本光が負傷。さらに、メンバー発表直前には、これまでなでしこで戦ってきた遠藤純(エンジェル・シティFC)も離脱を余儀なくされた。 皇后杯決勝でも左手首のテーピングに猶本、安藤の名前を記してピッチに立つことを決めた高橋は、この日も様々な想いを背負って試合に臨み、得点、オリンピック出場権獲得という最高の結果で応えて見せた。 「今日もここに(手首のテーピングを示して)梢さんと光さんの名前を書いて試合に臨んだので、一緒に戦っていました。光さんも頑張っているので、私たちも負けられないですし、遠藤純も今回ケガで来られなくなってしまったので、いろいろな人の想いを背負ってチーム全員で戦いました」 「感謝の気持ちを忘れずに、パリに向かって成長していくだけなのでもっともっと頑張りますこれからもよろしくお願いします」 <span class="paragraph-title">【動画】セットプレーからなでしこDF高橋はなが先制点を奪う!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">/<br>日本に待望の先制点<br>\<br><br>セットプレーの流れから大きなゴール!<br><br>田中美南のヘッドはGKに防がれたが<br>いち早く反応した高橋はなが押し込んだ<br><br>AFC女子サッカー パリ五輪最終予選<br>日本×北朝鮮<br><a href="https://twitter.com/hashtag/DAZN?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#DAZN</a> ライブ配信中 <a href="https://t.co/LjZf7wKOnQ">pic.twitter.com/LjZf7wKOnQ</a></p>&mdash; DAZN Japan (@DAZN_JPN) <a href="https://twitter.com/DAZN_JPN/status/1762781478021124216?ref_src=twsrc%5Etfw">February 28, 2024</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2024.02.29 08:30 Thu

「怖さももちろんある」負ければ終わり、北朝鮮との決戦へ清家貴子「活躍して、日本を勝利に導く」

なでしこジャパンのMF清家貴子(三菱重工浦和レッズレディース)が、北朝鮮女子代表との決戦に向けて意気込んだ。 なでしこジャパンは24日、パリ・オリンピックアジア最終予選第1戦となる北朝鮮戦をサウジアラビアで行い、ゴールレスドローで終えた。翌日に現地でのトレーニングを挟み、26日に帰国。そのまま、コンディション調整に重きをおいた軽めのトレーニングを行った。 清家は第1戦を受けての修正点について「ワンタッチのプレーを増やしていくところは大事だと思いますし、味方との共通認識は増やしていかないといけないと思います」とコメント。よりスピードとテンポを持ったプレーをしたいとした。 北朝鮮は5バックでブロックを深い位置に設定。あまりプレスをかけてくることはなかった。 清家は「もっとハイプレッシャーで前から食いついてくると思っていたので、想定外ではありました」と、スカウティングしていたのとは違ったとコメント。「その中でも5枚いてももっとサイドが来ると思っていたんですが、来なかったです。自分たちのポジショニング含めて、相手のDFがなかなか動かなかったので、立ち位置は直していきたいです」と、相手の出方に対して上手く対応できなかったとした。 そんな中で、28日の試合では勝った方が五輪への切符を獲得する状況。「もちろんチームとして修正もしていきますし、ホームで戦えることは自分たちにとっては凄く力になります」と、国立競技場で戦えることはプラスだとし、「個々の良さ、強さがもっと出てくると思います」と初戦とは違う形になるだろうと予想した。 改めて、大一番に臨む心境については「日本の女子サッカーの未来を背負っているので怖さももちろんありますが、そういう舞台で戦えるチャンスを得ているワクワク感だったり、チームで勝ってみんなで一緒に喜び合えることを想像するとありがたいです」とし、しっかりと勝っていきたいと意気込んだ。 また、この試合に向けてはケガ人も多く抱え、プレーできない主力選手もいる。清家のチームメイトであるMF猶本光も重傷を負い、五輪に出場したとしても危うい状況だ。 清家は「自分が活躍して、日本を勝利に導くというのが、そういう人たちのためだと思いますし、喜んでくれると思います」とコメント。「どうしても忘れられないというか、頭の片隅にはあるので、頑張りたいなと思います」と、彼女たちの想いも背負って、切符を掴みにいくとした。 2024.02.26 23:53 Mon

遠藤純以外にも…各国代表クラス含め10日で6人が前十字じん帯断裂、直近18カ月間では約200人以上とも

片手では数えきれないほどの選手が、この数週間でヒザの前十字じん帯(ACL)断裂で離脱を余儀なくされた。 14日、なでしこジャパンのメンバーに招集されていたFW遠藤純(エンジェル・シティFC)が、ヒザの前十字靭帯損傷で離脱することが発表された。パリ・オリンピックアジア最終予選に臨むなでしこにとっては痛手となった。 トップの選手では遠藤以外にも、13日にパラグアイ女子代表のカメリア・アリエッタ(クルゼイロ)、17日には元U-20女子代表MFリナ・ハウシッケ(ブレーメン)、19日にはスイスのマラウリー・グランジェス(ヤング・ボーイズ)と、相次いで選手の大ケガが発表されることに。 代表活動中の選手らも、20日にはCONCACAF 女子ゴールドカップ中のアメリカ女子代表ミア・フィシェル(チェルシー)、22日にはアイルランド女子代表ジェイミー・フィン(バーミンガム・シティ)と、負の連鎖が続いている。 先月までさかのぼれば、オーストラリア女子代表サマンサ・カー(チェルシー)に、オランダ女子代表ジル・ルード(マンチェスター・シティ)、日本でも猶本光、安藤梢(ともに三菱重工浦和レッズレディース)が負傷。イギリス『ガーディアン』では、「直近18カ月間で195人以上の女子エリート選手が前十字じん帯損傷で戦列を離れた」と述べている。 統計上、これが多いのか少ないのかとは触れていないが、肌感覚としては「圧倒的に多い」と感じるのではないだろうか。 アメリカ『ロサンゼルス・タイムス』では「ACL断裂経験のないエリート選手は、切ったことのある選手よりも少ないだろう」と述べ、同国選手の離脱を踏まえて「フィシェルの負傷は女子サッカーにおける最近の不穏な傾向そのもの」との見出しを付けている。 イギリス『BBC』では以前、男女の身体的特徴の違いやホルモンの差、発展に伴った急激な負荷量増加といった原因の可能性を考察していたが、内的・外的要因は多岐に渡り、これという要因を1つ挙げるのは難しい。 その中で、ACL損傷によりオーストラリア&ニュージーランド女子ワールドカップ(W杯)の欠場を余儀なくされたイングランド女子代表FWベス・ミード(アーセナル)は、復帰までのドキュメンタリーを公開。同時に、国際サッカー連盟(FIFA)などとも協力し、ケガのデータ収集や研究支援にも努めている。 「阻止する方法についての決定的な答えはなく、それがもどかしい部分」とミードは語るが、少なくとも選手の福祉のために「FIFAやUEFAがスケジュールに関して、もう少し現実的になる必要がある」と、日程面や試合数については話し合いを続けていくとしている。 サッカーが接触のある競技という特性上、ケガのリスクを完全になくすことはできないだろう。それでも、早期の原因解明が望まれるほか、回復のためのスケジューリングなど、可能な部分で選手を守る手段が構築されることを願うしかない。 <span class="paragraph-title">【動画】アーセナルのミードとミーデマ、ACL損傷から復帰までのドキュメンタリー</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="vxHrH2nCqR8";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.02.23 22:10 Fri

WEリーグ所属3選手が早稲田大特別選抜入試合格、U-20日本女子代表GK岩崎有波ら

WEリーグは20日、リーグ所属および内定の3選手が、早稲田大学人間科学部eスクール(通信教育課程)の特別選抜入試に合格したことを発表した。 合格したのはMF竹内愛未(三菱重工浦和レッズレディース)、GK岩崎有波(ノジマステラ神奈川相模原)、MF早間美空(サンフレッチェ広島レジーナ)の3名。今後WEリーグの選手としてプレーを続けながら、通信課程で単位を取得していく。 竹内は豊富な運動量と攻撃センスに長けた中盤のプレーヤーで、岩崎はショットストップ力とビルドアップ力を持ち合わせたU-20日本女子代表メンバーの1人。早間は強豪・十文字高校で10番を背負い、地元広島でプロ生活をスタートさせる。 早稲田大学人間科学部eスクール(通信教育課程)特別選抜入試」とは、早稲田大学人間科学部が指定する団体に所属し、競技を通じて社会貢献を意識しながら、学びに意欲を持つ人を対象とした入学試験制度。2007年度からスタートし、Jリーグをはじめとする様々な団体から入学者を受け入れている。昨年は浦和の角田楓佳らが合格していた。 2024.02.20 15:20 Tue

「最終予選に向けて整えてきた」なでしこ石川璃音は準備万端、北朝鮮の強度にも臆せず「そこは絶対に負けたくない」

パリ・オリンピックアジア最終予選の北朝鮮女子代表戦へ向け、なでしこジャパンが始動。13日に国内合宿がスタートし、初日のトレーニングを終えてDF石川璃音(三菱重工浦和レッズレディース)がメディアの取材に応じた。 国内組を中心に、合宿は11名で開始。WEリーグのウインターブレイクや皇后杯などにより、選手によってオフ期間に差異のある状況で迎えた初日だが、20歳のセンターバックは「この最終予選に向けてコンディションを整えてきたので、体は動く状態」と、早くも臨戦態勢だ。 オフ期間には筋力トレーニングをメインに、スプリントの強化にも取り組んだとのこと。フィジカルを売りにする北朝鮮相手にも、怯む様子は微塵もない。 「(相手は)球際が強いとは思いますが、自分もそこは良さだと思っているので、絶対に負けたくない。自分から吹き飛ばしていけるように、頑張りたい」 「どちらかというと、自分はそういう相手の方がやりやすいので、すごく楽しみです。けど、まずは勝つということをメインに考えたい」 また、ビルドアップ力の向上を、個人として目標の1つに挙げている。とらわれ過ぎてうまくいかないこともあったようだが、所属チームでも代表活動でも、アドバイスをもらいながら成長中。 ちょうど合宿初日、池田太監督と宮本ともみコーチが相手2トップを模し、プレス回避をイメージしての最終ラインからボールを運び出すパストレーニングも行われた。立ち位置、パス出しのタイミング、1つ飛ばしの意識などを吸収しつつ、培ったものを試合でも発揮できるようにと石川は意気込みを語った。 「どれだけ自分にFWを引きつけてからパスを出せるかが、あの練習には込められていると思いました。自分はビルドアップの部分が足りないと思っているので、アドバイスを受けながら今日練習に臨みましたが、自分のところへ引きつけたら、周りも楽になると思うので、そういう部分も今回の最終予選で出せたらなと思います」 なでしこジャパンは2大会連続6度目のオリンピック出場を懸け、24日に最終予選の第1戦(開催地未定)を戦い、28日に国立競技場で運命の第2戦を迎える。 2024.02.14 21:40 Wed
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly