レアル・マドリー、ケパがグラナダ戦メンバー入り

2023.12.02 01:00 Sat
Getty Images
レアル・マドリーのスペイン代表GKケパ・アリサバラガが2日に行われるラ・リーガ第15節グラナダ戦の招集メンバーに入った。
PR
ケパは11月8日のチャンピオンズリーグ、ブラガ戦前のウォーミングアップ中に右足外転筋を負傷。公式戦ここ4試合を欠場していた。その間、第3GKのアンドリー・ルニンが活躍し、マドリーはCLでグループステージを首位で通過、ラ・リーガで首位に浮上していた。
カルロ・アンチェロッティ監督としてはグラナダ戦、ルニンを起用するのか、復帰したケパを起用するのか、嬉しい悩みとなりそうだ。

PR
関連ニュース

欠場続くベリンガムがCLでの復帰目指す 回復プロセスは計画どおり

レアル・マドリーのイングランド代表MFジュード・ベリンガムはチャンピオンズリーグ(CL)での復帰を目指しているようだ。スペイン『マルカ』が報じた。 レアル・マドリー1年目から公式戦29試合で20得点8アシストの好成績をもってして、輝きを放つ20歳MFだが、先月10日に行われたラ・リーガ第24節のジローナ戦で足首を負傷してから欠場を強いられている。 ベリンガムの回復プロセスは計画どおりに進んでいるが、グループ合流はまだ。2日に行われるラ・リーガ第27節のバレンシア戦も欠場の様相だが、5日に行われるCLラウンド16・2ndレグのRBライプツィヒ戦に100%の状態で復帰できるよう集中しているという。 一方で、エドゥアルド・カマヴィンガとダニエル・カルバハルに復帰の見通しで、レアル・マドリーが抱える離脱者はティボー・クルトワ、ダビド・アラバ、エデル・ミリトン、ホセル、そしてベリンガムの5選手に減るそうだ。 そのほかのメンバーは万全のコンディションで、戦術的なものを中心としたトレーニングセッションでバレンシア戦に向けて準備しているとのことだ。 2024.03.01 11:25 Fri

「クラシックで完璧」「変わり映えしない」レアル・マドリーの新ユニフォームがリークされ賛否、白黒2色だけのデザインか「銀河系軍団を思い出す」

レアル・マドリーの2024-25シーズンのホームユニフォームデザインがリークされている。『FOOTY HEADLINES』が伝えている。 そのデザインは、伝統的なホワイトカラーをベースに、サプライヤーであるアディダスのスリーストライプが黒で施されており、シャツ全体に微妙な千鳥格子の柄がデザインされている。 白と黒の2色で完結するシンプルなデザインで、アディダスのロゴや胸スポンサーの『エミレーツ航空』のロゴも黒。また、2023-24シーズンから入っている袖スポンサー『HP』のロゴも黒で統一されている。 リークされたデザインに、ファンは「クラシックで完璧だ」、「変わり映えしない」、「色を変えただけですか?」、「めちゃくちゃかっこいい」、「銀河系軍団を思い出す」とコメントしている。 なお、『FOOTY HEADLINES』によると、マドリーの1stユニフォームに白と黒以外の色が使われなければ、それは2018-19シーズン以来6年ぶりになるということだ。 <span class="paragraph-title">【写真】リークされたレアル・マドリーの来季ユニフォームデザイン</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet" data-media-max-width="560"><p lang="qme" dir="ltr"> <a href="https://t.co/feucY3qDcC">pic.twitter.com/feucY3qDcC</a></p>&mdash; Footy Headlines (@Footy_Headlines) <a href="https://twitter.com/Footy_Headlines/status/1762837322960171233?ref_src=twsrc%5Etfw">February 28, 2024</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2024.02.29 19:45 Thu

「サッカー選手だよね?」「国を動かした」PSG退団濃厚のムバッペが仏大統領やカタール首長らとの会食に参加、直々に歓迎され話題に「25歳がすることじゃない」

パリ・サンジェルマン(PSG)のフランス代表FWキリアン・ムバッペの影響力が凄まじい。 今シーズン限りでPSGとの契約が満了するムバッペ。1年間の延長オプションがついているもののこれを行使するつもりはなく、かねてからの念願だったレアル・マドリーへの加入を目指していると伝えられている。 そのムバッペの周りで動きがあった。 27日、ムバッペはフランスのエマニュエル・マクロン大統領と大統領夫人、そしてカタールのタミーム・ビン・ハマド・アール=サーニー首長、そしてPSGのナセル・アル=ケライフィ会長との会食にゲストの1人として参加したという。 フランス『ル・パリジャン』によると、元々はイスラエルとハマスの紛争を巡る協議の一環としてカタールの首長を迎えることになっていたなか、それ以外の会談の一部にムバッペとナセル・アル=ケライフィ会長が参加するようにマクロン大統領が招待したということだ。 1人のサッカー選手でありながらこうした場にも招待されるムバッペ。その影響力にはファンからも「25歳がすることじゃない」、「サッカー選手だよね?」、「本物のスーパースターだ」、「すごすぎる」、「この男は国を動かした、と驚きの声が寄せられている。 過去にムバッペがPSG退団に近づいた際には、マクロン大統領自ら説得したこともあるなか、今回はどんな話があったのだろうか。 <span class="paragraph-title">【写真】マクロン大統領やカタールの首長から歓迎されるムバッペ</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet" data-media-max-width="560"><p lang="fr" dir="ltr">Emmanuel Macron à l&#39;émir du Qatar : &quot;Vous avez réussi une formidable compétition avec je crois la plus spectaculaire finale de l&#39;histoire.&quot;<a href="https://t.co/SUT2Ny0Sy9">https://t.co/SUT2Ny0Sy9</a> <a href="https://t.co/DpmICry1KZ">pic.twitter.com/DpmICry1KZ</a></p>&mdash; RMC Sport (@RMCsport) <a href="https://twitter.com/RMCsport/status/1762575743098220803?ref_src=twsrc%5Etfw">February 27, 2024</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2024.02.28 15:40 Wed

グリーンウッドが自身への侮辱発言疑惑のベリンガムを擁護姿勢…処分望まずも発言そのものは事実か

ヘタフェの元イングランド代表FWメイソン・グリーンウッドは、同胞ジュード・ベリンガムへの処分を望んでいないという。 パートナーに対する性的暴行容疑などでキャリアが一時中断したグリーンウッド。イングランド代表からフェードアウトし、マンチェスター・ユナイテッドにも居場所がなくなり、今季は1年レンタルでヘタフェに所属する。 ことの発端となった件については不起訴が決まり、最近は新生ユナイテッドへの復帰も取り沙汰されるなど、公私ともども”やり直し”に精進中。そんななか、ある出来事に見舞われた。 それは、今月1日のレアル・マドリー戦に出場した際、対戦相手の同胞ベリンガムから「レイプ犯」などと呼ばれたのではないかというものだ。 グリーンウッドの経歴はともかく、事実ならベリンガムの行いが放っておかれるはずもなく、ヘタフェの問題提起を受けたラ・リーガ側が調査を開始。ベリンガムは最大20試合の出場停止処分もあり得る状況だ。 ただ、イギリス『サン』の取材に応じた関係筋によると、グリーンウッドはベリンガムへの調査を取り下げるよう求めているという。 「グリーンウッドは自らがそういった標的であり続けることを受け入れている。自分自身で処理すべきことと割り切っているようだ」 この関係筋いわく、ベリンガムが侮辱発言に及んだことはどうやら事実。グリーンウッドは当初、同胞の行いに動揺を隠せなかったというが、何らかの処分が下るのは望んでいないとのことだ。 2024.02.27 17:20 Tue

バレンシアがNetflix制作陣の本拠地入場をお断り…理由は“ヴィニシウスのドキュメンタリー撮影”

バレンシアがNetflix制作陣の本拠地来場を拒否したという。 ご存知、「Netflix」は米国に本社を置く巨大プラットフォームで、コンテンツ配信などで全世界に加入者を持つ、言わば“サブスク”の代表格だ。 スペイン『マルカ』によると、そんなNetflixはレアル・マドリー所属のブラジル代表FWヴィニシウス・ジュニオールに密着したドキュメンタリーシリーズを、ブラジルの名高い映像制作会社と共同で制作中だそうだ。 マドリーは3月2日にラ・リーガ第27節で敵地メスタージャにてバレンシアと激突するが、どうやらホームチームはNetflixのカメラが入る“入場申請”を受理しなかったようだ。 ご存知のマドリディスタが大半かと思うが、ヴィニシウスにとってメスタージャは因縁の地。同選手は昨年ここで一部のバレンシアサポーターから人種差別発言を浴びせられ、スペインとブラジルの外交問題、大きな国際問題へと発展している。 すなわちバレンシア視点では、「ヴィニシウスの半生を追いかけるドキュメンタリー」と聞かされればセンシティブにならざるを得ないもの。ヴィニシウスに心ない言葉を浴びせた”元”サポーターの裁判もまだ終わっていない。 また、NetflixはバレンシアFWウーゴ・ドゥロ・ペラレスに、ヴィニシウスの人柄などについて語ってもらう内容の取材申請も出していたようだが、バレンシアはこちらもブロック。『マルカ』を通じ、一連のNetflixブロックについて「クラブとして決定済み」との談話を発表している。 2024.02.27 16:25 Tue
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly