「胸熱」「至極の動画」J1復帰目指す清水の煽り動画が話題!東京Ⅴとのオリジナル10決戦へ「絶対勝利!」

2023.12.01 12:10 Fri
清水エスパルスはモンテディオ山形と引き分け決勝に進出
©︎J.LEAGUE
清水エスパルスはモンテディオ山形と引き分け決勝に進出
2023J1昇格プレーオフ決勝に向けた清水エスパルスの煽り動画が話題だ。2日、2023J1昇格プレーオフ決勝が開催。J1に昇格する最後のチームが決まる。
対戦カードは、2023シーズンの明治安田生命J2リーグで3位の東京ヴェルディと4位の清水エスパルス。東京Vは準決勝でジェフユナイテッド千葉に勝利、清水はモンテディオ山形に引き分けて決勝に勝ち進んだ。

“オリジナル10"同士の対決となる運命の試合を前に、清水は決勝に向けた煽り動画を公開。これが話題となっている。

守護神の権田修一に代わって出場したGK大久保択生の活躍もあり、山形を無失点に抑え込んだ準決勝の試合をベースに作られた映像では、IAIスタジアム日本平に集まったサポーターたちの声援の大きさやベンチのメンバーも総出で戦っていることが伝わってくる。
その映像には、ファンも「胸熱」、「絶対勝利!」、「カッコ良すぎる」、「至極の動画」とコメントし、決勝に向けて気持ちを高めている。

準決勝とは違い、昇格のためには勝利しかない清水。決勝は2日に国立競技場で行われ、14時5分からキックオフとなる。


1 2
関連ニュース

2015年広島で21発のドウグラスが現役引退…計6つのJクラブでプレー、昨季限りで柏退団

昨季まで柏レイソルでプレーしたブラジル人FWドウグラス(36)が現役引退を表明した。 Jリーグでは柏のほか、徳島ヴォルティス、京都サンガF.C.、サンフレッチェ広島、清水エスパルス、ヴィッセル神戸でもプレーしたドウグラス。Jリーグ通算261試合の出場数を誇り、ゴール数は93得点を積み上げた。 J1リーグでは広島時代の2015年に21ゴールを決め、チームの優勝に貢献。柏では2022年に加入したが、ケガに苦しみ、1年目が10試合で4ゴール、2年目が7試合で0ゴールと振るわず。昨年をもって退団が決まった。 それからフリーが続いたドウグラスは15日に自身のインスタグラムにポルトガル語、英語、そして日本語で引退意向とともに、感謝の意を述べた。 「今日を持ってはプロサッカー選手として引退することになります。プロ選手として常に高い意識を持ちながら全ての可能な目標を達成できるように努力をしてきました。 「プロの選手になるという夢を叶えるためには、可能な事だけでなく、不可能と思われる事も追求しなければなりません。子どもの頃の夢で人生が変わっていきます。時には子供であっても大人のような対応を求められることもあり適応能力を養わなければならない」 「不利な状況の中、他人から否定される事があったり、運がついていないと思う様な状態であったとしても、夢の実現への執念をもって日々過ごしてきました」 「自分自身、出来る努力は全てしながらいつか必ず努力は報われ、夢は叶うと信じ、神様への感謝を持ちながら祈り続けました。そして幼い頃からの夢を叶える事が出来たのです」 「しかし、神様無しではどれだけ努力しようとも、自分自身だけの力ではこの夢は叶えられなかったと思います。神様への感謝、そして、私の夢を応援し信じてくれた周りの人達にも心から感謝の気持ちでいっぱいです。今でも日々感謝の祈りを捧げています」 「サッカー選手になれた事はまさしく私の人生のターニングポイントであり、私や家族の人生をも変えてくれました。世界中で愛されているスポーツがこの様に私の人生において変化をもたらしてくれ、多くの意味で私を成長させてくれたと思います」 「引退は間近であると感じていました。その事実を自覚しながら、プロサッカー選手になる為に必死に努力してきた様に、今度は現役続行出来る様にと必死でした。ここ2年間は身体の調子が良くなくて怪我(膝)との戦いを強いられました」 「あらゆる手段を使いながら毎日練習出来る喜びを感じました。そして、サッカー選手として味わう事の出来る試合前の緊張感こそ特権であると感じました。これまで私と共に歩み、私の人生に価値を与えてくれた人々のお陰で私は目標を達成する事が出来、勝者になれました」 「今の自分の気持ちを一言で言うならば”感謝”です。私の人生に多くの恵みを与えて頂いた神様に感謝します。妻のジゼッレや娘達のタイケとドゥアちゃんは私が喜びや成功した時、また、苦しみや悲しみの中力が尽きそうな時も常に支えてくれました」 「もうここにはいない母親のジェザは昼夜にも関わらず、いつも跪き神様に私の命のために熱心に祈ってくれてました。母はずっと私の心の中にいます」 「私の6人の兄弟姉妹のエヴァ、エリザマ、ダリラ、ランフィロ、ラヤンとマテウスが一緒に苦労し私を支えてくれました。いつも私を応援してくれた親戚や真の友人。そしてサッカーで出会った親友や17年間共にプレーした各クラブのチームメイト、コーチングスタッフと監督に心から感謝してます」 「最後に私を応援し、支えてくれたファンの皆様、プレーひとつひとつに対して喜び、私を後押しし名前を叫んでくれてゴールの瞬間にその感情を爆発させました。17年間本当にありがとうございました!」 2024.02.16 09:25 Fri

清水がストライカー補強! 群馬や新潟でもプレー経験あるFWドウグラス・タンキを完全移籍で獲得…背番号「99」

清水エスパルスは12日、ブラジル人FWドウグラス・タンキ(30)がTFF1.リグ(トルコ2部)のコジャエリスポルから完全移籍で加入することを発表した。背番号は「99」をつける。 ドウグラス・タンキは来日後にメディカルチェックを経て正式契約となる。 グアラニやポンチ・プレッタなど母国のクラブを渡り歩いていたドウグラス・タンキは、2015シーズンにザスパクサツ群馬(現:ザスパ群馬)に加入。その後、2017シーズンにアルビレックス新潟でもプレーウィた 188cmの左利きのストライカー。群馬時代にはJ2で4試合1得点、新潟時代にはJ1で10試合2得点を記録。その後、タイのポリス・テロやポルトガルのパソス・デ・フェレイラ、UAEのホール・ファカンでプレー。近年はトルコでプレーしていた。 2023年8月からコジャエリスポルでプレー。今シーズンはリーグ戦19試合10ゴールの数字を残していた中、再び来日することが決まった。 パソス・デ・フェレイラ時代にはヨーロッパ・カンファレンスリーグ出場も経験しているドウグラス・タンキはクラブを通じてコメントしている。 「こんにちは、ドウグラス タンキです。エスパルスファミリーの一員になれることが嬉しいだけでなく、モチベーションもすごく高いです」 「そしてチームメイトと共にクラブの目標を達成できるように、神のご加護を信じて、リーグの最後は共に笑い、祝福を分かち合いましょう。よろしくお願いします」 J1昇格を目指す清水は、FWチアゴ・サンタナが浦和レッズへと移籍しており、ストライカー獲得に動いていた。 2024.02.12 14:10 Mon

清水のFWドウグラス・タンキ獲得が決定! コジャエリスポルが移籍を発表

清水エスパルスが、TFF1.リグ(トルコ2部)のコジャエリスポルからブラジル人FWドウグラス・タンキ(30)を獲得することになった。コジャエリスポルは8日、同選手の移籍を発表した。 2015シーズンにザスパクサツ群馬、2017シーズンにアルビレックス新潟でプレー経験のあるタンキは、188cmの左利きのストライカー。その新潟時代にはJ1リーグで10試合2ゴールの数字を残した。 2018年の新潟退団後はタイのポリス・テロ、ポルトガルのパソス・デ・フェレイラなどを渡り歩き、2023年8月からコジャエリスポルでプレー。今シーズンはリーグ戦19試合10ゴールの数字を残していた。 <span class="paragraph-title">コジャエリスポルが移籍を発表</span> <span data-other-div="movie"></span> <div id="cws_ad"><blockquote class="twitter-tweet"><p lang="tr" dir="ltr"> Açıklama <a href="https://t.co/mAQEw1VNTx">pic.twitter.com/mAQEw1VNTx</a></p>&mdash; Kocaelispor (@Kocaelispor) <a href="https://twitter.com/Kocaelispor/status/1755608542676201712?ref_src=twsrc%5Etfw">February 8, 2024</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2024.02.09 01:06 Fri

J1昇格を目指す清水の新キャプテンはFW北川航也、副キャプテンは4人に…北川「自分なりにやっていきたい」

清水エルパルスは8日、2024シーズンのキャプテンと副キャプテンを発表した。 2023シーズンは1年でのJ1復帰を目指した中、J2の最終節で敗れ4位に転落。昇格プレーオフでは決勝で東京ヴェルディと引き分けて、J2残留が決定した。 改めてJ1昇格を目指す中で、新たなキャプテンにはFW北川航也、副キャプテンにはFWカルリーニョス・ジュニオ、MF原輝綺、DF山原怜音、GK沖悠哉が就任した。 4選手はクラブを通じてコメントしている。 ◆FW北川航也 「キャプテンに任命されたことは光栄なことですし、それと同時に責任が付いてくると思っています。同い年の選手や先輩、頼りになる選手もいるので、スタッフやクラブの人達みんなの力を借りながら、チームの目標が達成できるように、自分なりにやっていきたいと思います」 ◆FWカルリーニョス・ジュニオ 「副キャプテンに選んでもらったことは嬉しいですし、誇りに思います。残念ながら昨シーズン勝ち取れなかったJ1への昇格は、今シーズンみんなが必死になってやってくれると思いますし、その力になるために私も一生懸命やります。まずはチームの結束力で戦っていきたいと思います」 ◆MF原輝綺 「監督から声を掛けられていたので心の準備はしていましたが、僕一人では何もできないと思っています。副キャプテンは4人いますので、みんなで助け合いながら、北川選手が背負い込み過ぎないようにサポートしていきたいと思います」 ◆DF山原怜音 「個人的にも3年目、特別指定からは4年目となり、チームの先頭に立っていかなくてはいけないという気持ちでもいましたし、実際にこの役割を与えていただいたことにより覚悟を持ってやりたいと思います。副キャプテンの形になってというよりも、今、自分がやっていることがチームに良い影響として還元できればいいと思っていますので、自分を見失わずにチームを引っ張っていきたいと思います」 ◆GK沖悠哉 「まずはしっかりキャプテンを支えながら、チーム全体を見ていきたいと思っています。エスパルスには経験のある選手もいるので、意見を聞きながら、チームにとってこの1年がこれからの土台になるように、自分ができることをやっていきたいと思います」 ◆清水エスパルス 歴代キャプテンおよび副キャプテン [1992年]三浦泰年 [1993年]三浦泰年 [1994年]三浦泰年 [1995年]長谷川健太 [1996年]澤登正朗 [1997年]澤登正朗 [1998年]澤登正朗 [1999年]澤登正朗 [2000年]澤登正朗 [2001年]伊東輝悦 [2002年]伊東輝悦(副キャプテン=森岡隆三) [2003年]三都主アレサンドロ(副キャプテン=森岡隆三・市川大祐) [2004年]森岡隆三 [2005年]森岡隆三 [2006年]山西尊裕(副キャプテン=高木和道) [2007年]山西尊裕(副キャプテン=高木和道・兵働昭弘) [2008年]高木和道(副キャプテン=西部洋平・兵働昭弘) [2009年]兵働昭弘(副キャプテン=児玉新・岡崎慎司) [2010年]兵働昭弘(副キャプテン=児玉新・岩下敬輔) [2011年]小野伸二(副キャプテン=高原直泰・ボスナー) [2012年]小野伸二 [2013年]杉山浩太 [2014年]杉山浩太(10月〜副キャプテン=本田拓也) [2015年]本田拓也(副キャプテン=長沢駿・大前元紀) [2016年]大前元紀(副キャプテン=西部洋平・犬飼智也) [2017年]鄭大世(副キャプテン=西部洋平・河井陽介・犬飼智也) [2018年]竹内涼(副キャプテン=鄭大世・六反勇治・河井陽介) [2019年]竹内涼(副キャプテン=河井陽介・立田悠悟) [2020年]竹内涼・金子翔太・立田悠悟 [2021年]権田修一・竹内涼・鈴木義宜 [2022年]権田修一 [2023年]鈴木義宜 [2024年]北川航也(副キャプテン=カルリーニョス ジュニオ・原輝綺・山原怜音・沖悠哉) 2024.02.08 17:55 Thu

甲府がMFヘナト・アウグストを獲得! 昨季まで清水に所属「チャンスを頂き、とても幸せな気持ち」

ヴァンフォーレ甲府は6日、昨シーズンまで清水エスパルスに所属していたブラジル人MFヘナト・アウグスト(32)の加入を発表した。 母国リーグやポルトガルでキャリアを積んでいたヘナト・アウグストは、2019年にパウメイラスから完全移籍で清水に加入。加入当初は中盤のゲームメーカーとして活躍したが、2021年4月に左ヒザ関節軟骨損傷の重傷を負い長期離脱となった。 2022シーズンは7月に手術を受けた影響もありシーズン全休に。2023シーズンにようやく復帰を果たしたが、J2で2試合、ルヴァンカップで1試合の出場に終わるなど出場機会を得られず、シーズン終了後に契約満了が発表されていた。 再びJの舞台で戦うことが決まったヘナト・アウグストは、クラブを通じて意気込みを述べている。 「初めまして、ヘナト・アウグストです。ヴァンフォーレ甲府のユニフォームを着るチャンスを頂き、とても幸せな気持ちです。また、佐久間社長と篠田監督からこのチャンスを頂けたことにも感謝いたします」 「必ず期待に応えられる様に、サポーターの皆様と一丸となり沢山の喜びを分かち合いたいです。クラブの全ての目標に貢献出来る様に頑張ります。よろしくお願いいたします」 2024.02.06 10:45 Tue
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly