ターンオーバー敢行のソシエダがザルツブルクとゴールレスドロー…途中出場の久保は直接FKでゴールを脅かす【CL】

2023.11.30 07:07 Thu
Getty Images
久保建英の所属するレアル・ソシエダは29日、チャンピオンズリーグ(CL)グループD第5節でレッドブル・ザルツブルクとホームで対戦し0-0の引き分けに終わった。久保は74分からプレーしている。
PR
前節終了時点でグループステージ突破を決めた首位のソシエダは、直近のセビージャ戦からスタメンを6人変更。久保やバレネチェア、メリーノ、アマリ・トラオレらに代えてオヤルサバルやチョ、ザハリャン、オドリオソラらをスタメンで起用した。
ヨーロッパリーグ(EL)決勝プレーオフ進出の3位を死守したいザルツブルクに対し、ターンオーバーしたメンバーで臨んだソシエダは15分にピンチ。敵陣でボールを奪われロングカウンターを浴びると、最前線のラトコフが供給したラストパスから駆け上がったネネに決定機を許したが、このシュートはゴール左に逸れて難を逃れた。

一進一退の攻防が続く中、ソシエダは34分にボックス右深くまで切り込んだチョの折り返しからトゥリエンテスにチャンスが訪れたが、シュートは相手DFに当たり枠を外れた。

ソシエダは前半終了間際の44分にも、トゥリエンテスがボックス外からゴールを狙ったが、シュートはゴール左に外れ、前半はゴールレスで終了した。
互いに選手を入れ替えて迎えた後半も膠着状態が続いたが、ソシエダは61分にペナルティアーク手前でパスを受けたブライス・メンデスがコントロールショットでゴールに迫ったが、これはGKシュラガーの横っ飛びセーブに阻まれた。

1点が遠いソシエダは、74分にチョとオドリオソラを下げて久保とアマリ・トラオレを、80分にオヤルサバルを下げてサディクを投入。すると85分、右サイドから仕掛けた久保のパスからボックス右深くまで侵入したバレネチェアの折り返しをスビメンディが右足で合わせたが、これは枠の上に外れた。

さらに後半追加タイムには、バイタルエリア中央で獲得したFKから久保が直接ゴールを脅かしたが、枠を捉えたシュートはGKシュラガーの好セーブに防がれた。

結局、試合はそのままゴールレスドローで勝ち点1を分け合う結果となった。

PR
関連ニュース

久保のソシエダをPK戦の末に下したマジョルカが21年ぶりの決勝へ駒を進める!【コパ・デル・レイ】

コパ・デル・レイ準決勝2ndレグのレアル・ソシエダvsマジョルカが27日に行われ、1-1で120分が終了。その後、PK戦を4-5で制したマジョルカが決勝進出を決めた。ソシエダの久保建英は104分までプレーしている。 6日に行われた敵地での1stレグをゴールレスドローで終えたソシエダは、直近のビジャレアル戦のスタメンからバレネチェアとパチェコに変えてメリーノとスベルディアを起用した以外は同じスタメンを採用。久保は3トップの右ウイングで先発した。 決勝進出を懸けた一戦は立ち上がりから一進一退の展開が続き、互いになかなかシュートまでボールを運ぶことができず時間が経過。ソシエダは29分にザハリャンのミドルシュートで最初の枠内シュートを放ったが、これはGKグライフに正面でキャッチされた。 ゴールレスのまま前半終了かと思われたが、ソシエダは45分に最大のチャンスを迎える。久保のスルーパスでボックス右侵入したスビメンディのダイレクトクロスがライージョの腕に当たると、主審はPKを宣告。しかし、ブライス・メンデスのPKはGKグライフの残した足に弾かれ、前半は0-0で終了した。 後半開始からアンドレ・シウバに代えてベッカーを投入したソシエダだが、立ち上がりの50分に失点する。ボックス左横でボールを受けたハウメ・コスタがクロスを供給すると、逆サイドから走り込んだG・ゴンサレスがヘディングシュートをゴール左隅に叩き込んだ。 先制を許したソシエダは、63分にザハリャンを下げてオヤルサバルを投入。すると71分、ブライス・メンデスのスルーパスでボックス中央右に抜け出したオヤルサバルがダイレクトシュートをゴール左隅に流し込んだ。 試合を振り出しに戻したソシエダは、79分にもドリブルで仕掛けたベッカーがボックス左手前からコントロールショットを放ったが、これはGKグライフの好セーブに阻まれた。 その後は互いに選手を入れ替えながらゴールを目指したが、1-1のまま90分が終了。延長戦でも決着が付かずに迎えたPK戦では、5人全員が成功したマジョルカに対し、ソシエダが1人目のオヤルサバルが失敗。この結果、マジョルカが21年ぶりの決勝へ駒を進めた。 2024.02.28 08:26 Wed

ホームで3失点敗北のソシエダ…指揮官は「コパ・デル・レイ準決勝で別の姿を見せられるはず」

レアル・ソシエダのイマノル・アルグアシル監督が、ラ・リーガでの敗戦についてコメントした。スペイン『マルカ』が伝えている。 23日、ビジャレアルとのラ・リーガ第26節に臨んだ6位のソシエダ。日本代表MF久保建英も先発した試合は、前半に先制点を許すとその後はチャンスを作りながら得点は生まれずハーフタイムへ。後半早々に追加点を奪われる苦しい展開になると、終盤にMFミケル・メリーノのゴールで1点を返すもアディショナルタイムに再び失点し、1-3で敗れた。 ラ・リーガ連勝とはならずライバルで5位のアスレティック・ビルバオとの差を詰めることに失敗したアルグアシル監督は対戦相手を称えつつ、27日に予定されるコパ・デル・レイ準決勝では別の姿を見せたいと意気込んだ。 「ビジャレアルは以前より改善されており、よりうまくやるべきペナルティエリア内でしっかりとプレーした。それが彼らの勝因だろう。私はビジャレアルが見せた素晴らしい守備とゴール前での成功を称えたい」 「今日は私が選手たちのため立ち上がる瞬間だと思う。というのも、彼らが見せる態度は本当に素晴らしいからだ。そしてこれ以上、我々にとって悪い出来事が起こるかどうかはわからない」 「(火曜日のコパ・デル・レイ準決勝では)うまくいけば違う姿が見られるはずだ。今日、チームは期待に応えられなかったが、ファンは期待を裏切らなかった。火曜日のスタジアムは満席だろうし、素晴らしい雰囲気になると確信している」 「我々は決勝まであと一歩なのだ。チームとして良いプレーができない日もあるが、彼らの姿勢は責められない。火曜日は、ファンに拍手喝采してもらえるような何かを示し、チームを誇りに思ってもらえる試合ができると期待している」 2024.02.24 10:20 Sat

久保フル出場のソシエダ、セルロートの恩返し被弾などでビジャレアルに敗戦【ラ・リーガ】

レアル・ソシエダは23日、ラ・リーガ第26節でビジャレアルをホームに迎え、1-3で敗れた。ソシエダのMF久保建英はフル出場している。 前節マジョルカ戦を久保の恩返し弾などで2-tと逆転勝利した6位ソシエダ(勝ち点40)は、2戦連続古巣対決となる久保が[4-3-3]の右ウイングでスタメンとなった。 13位ビジャレアル(勝ち点26)に対し、ソシエダはバレネチェアが負傷し、7分に交代を強いられる。アクシデントに見舞われた中、16分に先制された。 自陣でボールを失った流れからボックス内のゲデスにGK強襲のシュートを打たれると、直後の左CKから失点。ファーサイド、アルビオルのヘッドでの折り返しをサンティに頭で押し込まれた。 追う展開となったソシエダは22分、ボックス右の久保がカットインシュートでGKを強襲すると、前半半ば以降も前がかり、ハーフコートゲームとしていく。 なかなか好機を作れずにいた中、追加タイム3分、左サイド低い位置からのザハリャンのFKが直接ゴールに向かってバーに直撃し、1点ビハインドのまま後半へ折り返した。 迎えた後半、開始2分にソシエダは追加点を献上してしまう。パチェコの自陣でのサイドチェンジミスから最後はサンティにボレーを決められた。 サンティにドブレーテを許したソシエダは50分、FKのルーズボールを久保がボレーでGKを強襲するも、58分には決定機を許す。イリアスにボックス右から際どいシュートを打たれた。 その後、メリーノやサディクを投入して反撃を狙うソシエダだったが、守備に徹するビジャレアルを崩せない状況が続く。 そんな中、終盤の86分に1点差に詰め寄る。久保が右サイドを突破した流れからスビメンディのボレー、ベッカーのシュートでGKを立て続けに強襲すると、ルーズボールをメリーノが押し込んだ。 しかし追加タイム5分、セルロートに恩返し弾を浴びて終戦。1-3で敗れた。 2024.02.24 07:02 Sat

【ラ・リーガ第26節プレビュー】首位マドリーはS・ラモス帰還のセビージャ戦! 久保は2戦連続恩返し弾狙う

先週末に行われた第25節では首位のレアル・マドリーがドロー、2位のジローナが敗戦と上位2チームが取りこぼす波乱が起きた一方、3位のバルセロナ以下の上位陣が勝ち点3を積み上げて第1グループと第2グループの勝ち点差が縮まっている。 上位陣がボトムハーフと対峙する第26節では、DFセルヒオ・ラモスのサンティアゴ・ベルナベウ帰還に注目集まる首位のマドリーと15位のセビージャの名門対決が最注目カードだ。 マドリーは前節、ラージョとのマドリード自治州ダービーに臨み1-1のドローに終わった。FWホセルが開始早々に先制点を挙げたものの、FWデ・トーマスに恩返し弾となるPKのゴールを決められると、以降は連戦による勤続疲労によって攻撃のギアが上がらず。試合終了間際には途中出場のDFカルバハルが退場となるアクシデントにも見舞われ、イニゴ・ペレス新監督率いるラージョと前回対戦に続くドロー決着となった。 ただ、今回の一戦に向けては中6日と十分な休養期間もあり、本来のパフォーマンスを見せられるはずだ。ただ、セビージャとはラージョ同様に前回対戦で1-1で引き分けており、ホームゲームとは言えども気を引き締めて臨みたい。なお、同試合ではカルバハルと共にMFカマヴィンガが累積警告で不在となる。 対するセビージャは前節のバレンシア戦を0-0のドローで終えて今季初の3連勝を逃したが、直近2勝2分けの4戦無敗とキケ・フローレス体制でようやく復調の気配を見せる。得点力は引き続き課題も、この4試合ではわずかに2失点と守備に安定感が出てきている。首位チームとのタフな一戦ではベルナベウ初帰還のセルヒオ・ラモスを中心に粘り強い守備で勝ち点を持ち帰りたい。 前節、アスレティック・ビルバオとの上位対決に敗れて今季初の連敗を喫した2位のジローナは、マドリー相手のドローで勢いに乗る14位のラージョ相手に連敗ストップを狙う。前々節の首位攻防戦での惨敗を引きずったか、アスレティック戦では2つのミスからMFベレンゲルにドブレーテを献上するなど、らしくない戦いとなった。それでも、堅守を誇る難敵相手に2点を奪い、後半最終盤にはあわや同点という場面を作り出した点はポジティブに捉えたいところ。今回の試合では守備面での軽率なミスを減らすと共に、ここにきてやや調子を落とす主砲ドフビクら攻撃陣の奮起に期待したい。 3位のバルセロナは10位のヘタフェ相手に連勝を狙う。前節、下位のセルタとのアウェイゲームで苦戦を強いられたが、FWレヴァンドフスキの蹴り直しとなった痺れる最終盤のPKによるゴールで2-1と競り勝った。ただ、ミッドウィーク開催のチャンピオンズリーグ(CL)では新生ナポリとのアウェイゲームで試合を支配しながらも、後半終盤に巻き返された結果、1-1のドローで初戦を終えた。 ここにきてレヴァンドフスキが公式戦4試合連続ゴールと本来の決定力を取り戻したところはプラス材料だが、守護神テア・シュテーゲン復帰後も失点が続く守備面の立て直しは急務だ。とりわけ、ヘタフェはファウルを辞さないタフな球際、前線にFWマジョラル、FWグリーンウッドと強力なタレントを擁しており、簡単には勝ち点3を取らせてくれない相手だ。 4位のアトレティコ・マドリーは最下位のアルメリアとのアウェイゲームでリーグ連勝を狙う。前節は堅守を誇るラス・パルマス相手に2トップで起用されたMFジョレンテ、FWアンヘル・コレアの2人がいずれもドブレーテを達成する見事な戦いぶりでマニータの大勝を収めた。しかし、直近のCLではインテルとのアウェイゲームで0-1と競り負けて先勝を許した。同試合ではDFヒメネス、FWグリーズマンと負傷者も出ており、週明けに逆転での決勝進出を目指すアスレティックとのコパ・デル・レイ準決勝2ndレグを控えるなか、再びのターンオーバーを敢行して勝利を目指すことになる。 アルメリアは前節のグラナダ戦のドローによって昨季から数えてリーグ28試合連続未勝利というワースト記録を樹立したが、上位陣相手には接戦を演じる侮れない相手だ。そのため、ラス・パルマス戦同様に対戦相手攻略に適した用兵を選択しつつ、起用された選手たちの躍動が求められる。 MF久保建英を擁する6位のソシエダは週明けにマジョルカとのコパ準決勝第2戦を控えるなか、13位のビジャレアルと対戦する。前節のマジョルカ戦ではカードで試合をコントロールする愚行を働いた主審が主役を演じる、後味が悪い内容ながらも久保の見事な同点ゴールに、MFメリーノの後半アディショナルタイムのゴールによって2-1の逆転勝利を収めた。イマノル監督がコパに向けてターンオーバーを行う可能性も考えられるが、前節も攻撃面で違いを生んだ久保にはビジャレアル相手に2試合連続の古巣恩返しゴールを期待したい。 その他では7位のベティスと5位のアスレティックが対峙する上位対決、18位のカディスと17位のセルタが3ポイント差で対峙する、残留争い直接対決にも注目だ。 《ラ・リーガ第26節》 ▽2/23(金) 《29:00》 レアル・ソシエダ vs ビジャレアル ▽2/24(土) 《22:00》 グラナダ vs バレンシア 《24:15》 バルセロナ vs ヘタフェ 《26:30》 アラベス vs マジョルカ 《29:00》 アルメリア vs アトレティコ ▽2/25(日) 《22:00》 カディス vs セルタ 《24:15》 ベティス vs アスレティック・ビルバオ 《26:30》 ラス・パルマス vs オサスナ 《29:00》 レアル・マドリー vs セビージャ ▽2/26(月) 《29:00》 ジローナ vs ラージョ 2024.02.23 19:00 Fri

「何かへの準備かな」久保建英がCLでのムバッペとの会話でスペイン語上達に気がつく? 自身が愛される理由は「僕が良い人だから」

レアル・ソシエダの日本代表MF久保建英が珍しく記者会見に出席。契約延長やチャンピオンズリーグ(CL)での戦いについて言及した。スペイン『ElDesmarque』が伝えた。 今シーズンもソシエダのエースとして活躍する久保。ここまでラ・リーガで20試合7ゴール3アシスト、コパ・デル・レイで2試合、CLで7試合1アシストを記録している。 その久保は12日にソシエダとの契約を2029年まで延長。大きな注目を集めた中、21日に記者会見に出席した。 ソシエダはラ・リーガでは6位につけている中、CLではラウンド16でパリ・サンジェルマン(PSG)と対戦し、アウェイでの1stレグを2-0で落としている。 また、コパ・デル・レイも勝ち上がっており、準決勝でマジョルカと対戦。アウェイでの1stレグはゴールレスドローに終わっており、27日に2ndレグを迎える。 タイトル獲得の可能性がある中、最も近づいているコパ・デル・レイについて久保は「ホームで決まるということは常にプラスだと思います。僕たちはそれを考慮する必要がありますし、大事な瞬間なので、ファンが一緒にいてくれることを願っています」とコメント。「0-0のカップ戦は、1stレグで2-0とリードされているチャンピオンズリーグ試合とは同じではありません。それぞれの試合で求められるものは違います」と、2つのカップ戦の位置付けが違うとコメント。古巣・マジョルカとのコパ・デル・レイへ意気込みを語った。 その久保はクラブと2029年までの長期契約を締結。ファンからも多くの愛情を受けている点については「なんでかは分かりませんが、多分僕が良い人だからでしょう。それについて僕が言えることはありません」と、冗談を交えながらも、愛されていることに感謝した。 また契約延長について「双方が幸せであることを意味します。契約の内容は機密事項です」とし、「僕がコメントできるのは、全員が幸せだということ。タイトルを獲得したいと思っています。プロとしてまだタイトルを獲得していないんです」と、ソシエダでプロ初となるタイトル獲得へ意気込んでいる。 一方で、他クラブからの関心は熱を帯びている。しかし「僕はいつも長期的な目標を立てるのが好きではないと言ってきました。ここで満足していますし、離れる必要はないです」と語り、「ここで集中していますし、この先の3カ月はとても激しい戦いが待っています。他のことを考えている暇などないです」と、シーズン終盤の難しい時期に、余計なことを考えてはいられないとした。 その久保はCLでPSGのフランス代表FWキリアン・ムバッペと会話を交わした姿が話題となっていた。ライバルであり、自身の古巣でもあるレアル・マドリーに加入する可能性が高まっていることについて問われると、ユーモアを交えて回答し、らしさを見せた。 「彼と話をした時、彼はスペイン語をとても常に話せていました。上達していることがわかりました。何かに向けた準備なんだと思います」 <span class="paragraph-title">【動画】久保建英とムバッペが笑顔で談笑する姿が話題! スペイン語が上達していた?</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet" data-media-max-width="560"><p lang="ja" dir="ltr"> ふたつの才能の競演 <a href="https://t.co/LaqvNx4eyP">pic.twitter.com/LaqvNx4eyP</a></p>&mdash; レアル・ソシエダ (@RealSociedad_JP) <a href="https://twitter.com/RealSociedad_JP/status/1759012351842349110?ref_src=twsrc%5Etfw">February 18, 2024</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2024.02.22 23:35 Thu
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly