守田在籍のスポルティング、主力エドワーズが交通事故に遭う…双方ケガなしもELアタランタ戦出場は困難か

2023.11.30 00:11 Thu
交通事故に巻き込まれたエドワーズ
Getty Images
交通事故に巻き込まれたエドワーズ
スポルティングCPに所属するイングランド人FWマーカス・エドワーズが、29日に大きな交通事故に巻き込まれた。ポルトガル『A Bola』など複数メディアが伝えている。
PR
日本代表MF守田英正も在籍するスポルティングは、30日にヨーロッパリーグ(EL)のグループD第5節、アタランタとのアウェイゲームを控える。
そういったなか、チームで前線の主軸を担うエドワーズは29日朝にチームのトレーニング施設に向かう道中で大きな交通事故に巻き込まれたという。

事故後の現場の様子を映した動画ではエドワーズが運転していたレンジローバーが完全に横倒しになっており、衝撃の大きさが窺い知れたが、幸いにもエドワーズと相手の運転手にも今回の事故で大きなケガは確認されていないという。

ただ、クラブは事故による精神的な動揺や接触による衝撃の影響などを確認するため、メディカルスタッフが慎重に同選手の経過を見守ることになるという。
現在、スポルティングは首位のアタランタと3ポイント差のグループ2位に付けており、今回の直接対決は首位通過に向けて重要な一戦となるが、現状では前線で違いを生む左利きのアタッカーの起用は難しいかもしれない。



PR
1 2
関連ニュース

「ナイスアシスト」「よく上げた」守田英正がノールッククロスで貴重な同点ゴールをアシスト!敗戦からチームを救う活着

スポルティングCPの日本代表MF守田英正が2試合連続でゴールに絡んだ。 25日、スポルティングはプリメイラリーガ第23節でリオ・アヴェとアウェイで対戦した。 前節のもモレイレンセ戦では今シーズン2ゴール目を記録した守田。この試合も先発出場するが、試合は点の取り合いとなる。 先行を許す展開となる中、3-2で迎えた73分に守田が見せる。 左サイドでスローインを得ると、ボックス内左に抜け出た守田がボールのバウンドに合わせて、ダイレクトでクロス。これをボックス内でセバスティアン・コアテスがヘディングで叩き込み、3-3の同点に追いついた。 技ありのアシストを記録した守田には「ナイスアシスト」、「うまいアシストだな」、「よくあそこでクロスあげたな」、「アジアカップ後は調子良いね」、「コアテスもよく合わせてくれた」とコメントが集まっている。 <span class="paragraph-title">【動画】守田英正がノールックアシスト!貴重な同点ゴールを生み出す</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="nVeMXRaEiuM";var video_start = 267;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.02.26 17:50 Mon

シャビ・アロンソ監督の代案にナーゲルスマン監督も浮上…アモリム監督と共にリバプール次期指揮官候補に

リバプールのユルゲン・クロップ監督の後任候補に新たな名前が浮かび上がっている。 2015年10月からリバプールを率い、チャンピオンズリーグ(CL)やプレミアリーグなどさまざまなタイトルを獲得してきたクロップ監督。しかし、1月下旬に今シーズン限りでの退任を表明し、後任が誰になるのか注目が集まっている。 夏の最大のターゲットと目されているのは、今シーズン公式戦33試合無敗のレバークーゼンを率いるシャビ・アロンソ監督(42)。しかし、この新進気鋭の監督に対しては今シーズン限りでのトーマス・トゥヘル監督退任が決まったバイエルンからの関心も取り沙汰されており、縁あるクラブ同士の争奪戦が予想される。 一方、リバプールはシャビ・アロンソ監督の招へい失敗に備え、スポルティングCPのルベン・アモリム監督(39)を第2候補に挙げているという報道も。また、イギリス『テレグラフ』によると、アモリム監督に加え、ドイツ代表のユリアン・ナーゲルスマン監督(36)が候補に浮上しているという。 カーザ・ピアで監督キャリアを開始したアモリム監督は、2020年3月からスポルティングCPを率いており、就任2年目にはクラブにとって19年ぶりのリーグ優勝を経験。今シーズンもベンフィカと首位争いを繰り広げており、契約は2026年6月まで残っている。 ホッフェンハイムやライプツィヒで実績をあげたナーゲルスマン監督は、2021年夏にバイエルン指揮官に就任。1年目はブンデスリーガ制覇を達成したが、2年目は連覇が危ぶまれた中でシーズン途中に解任となり、その後、2023年9月にハンジ・フリック監督の後釜としてドイツ代表指揮官に就任した。 ナーゲルスマン監督はドイツサッカー連盟(DFB)との契約が2024年7月までで、ユーロ2024後の去就は不透明。バイエルン指揮官の座を追われた後も、チームレベルや資金を考慮した上でのパフォーマンスは依然として高く評価されているようで、その点がクロップ監督と重なって見える部分もある模様だ。 2024.02.25 22:54 Sun

日本人5人出場のELラウンド16組み合わせ決定! 三笘ブライトンはローマ、堂安フライブルクはウェストハム、遠藤リバプールはスパルタ・プラハと対戦

23日、UEFAヨーロッパリーグ(EL)のラウンド16組み合わせ抽選会がスイスのニヨンで行われた。 22日にプレーオフが終了し、ベスト16のチームが決定。日本人所属クラブでは、日本代表MF遠藤航のリバプール、MF三笘薫のブライトン&ホーブ・アルビオンが1位通過。プレーオフでは、MF堂安律のフライブルク、MF守田英正のスポルティングCP、GK小久保玲央ブライアンのベンフィカが勝ち上がり、5名が出場する。 遠藤のリバプールはスパルタ・プラハと、三笘のブライトンはFW上田綺世が所属するフェイエノールトをプレーオフで下した強豪・ローマと対戦が決定。堂安のフライブルクは、昨シーズンのヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)王者のウェストハムと、守田のスポルティングはアタランタ、小久保のベンフィカはレンジャーズと強豪との組み合わせが決まった。 また、優勝候補のミランはスラビア・プラハと対戦する。 1stレグは3月7日、2ndレグは3月14日にt開催される予定となっている。なお、スポルティングの1stレグは、ベンフィカと同じ街での開催となるため、3月5日に1試合だけ前倒してやられる。 スパルタ・プラハ vs リバプール(遠藤航) ローマ vs ブライトン&ホーヴ・アルビオン(三笘薫) フライブルク(堂安律) vs ウェストハム ミラン vs スラビア・プラハ マルセイユ vs ビジャレアル ベンフィカ(小久保玲央ブライアン) vs レンジャーズ スポルティングCP(守田英正) vs アタランタ カラバフ vs レバークーゼン 2024.02.23 20:35 Fri

本命はシャビ・アロンソだが…リバプールのクロップ後継者探し、スポルティングCP指揮官が第2候補か

リバプールの新監督候補にスポルティングCPのルベン・アモリム監督(39)が浮上している。 2015年10月に指揮を託されてからというもの、プレミアリーグにチャンピオンズリーグ(CL)と複数のタイトルに導き、今季は2度目のリーグ制覇に突き進むクロップ監督だが、今年1月下旬に今季限りでの退任を表明。ドイツ人指揮官の後継ぎが誰になるのかが注目どころとなっている。 そんな候補の筆頭に挙がるのは今季のレバークーゼンで公式戦32戦負け知らずな上、ブンデスリーガでもバイエルンを抑えて首位を走るシャビ・アロンソ監督。だが、こちらはバイエルンがトーマス・トゥヘル監督と今季で袂を分つとなってから、関心が取り沙汰され、争奪戦の様相だ。 となると、リバプールが用意する次の手が注目どころだが、イギリス『インデペンデント』によると、スポルティングCPの指揮官が候補に挙がっているという。以前から候補の1人に挙がるブライトン&ホーヴ・アルビオンのロベルト・デ・ゼルビ監督よりも有力な選択肢だそうだ。 39歳の青年指揮官であるアモリム氏は2017年に32歳でスパイクを脱いでから、カーザ・ピアで監督キャリアを開始。ブラガを挟み、2020年3月からスポルティングCPを率いると、指揮2年目のリーグ戦で19年ぶりの優勝に導いた。 今季のスポルティングCPでも2度目のリーグ制覇をベンフィカと争い、最近ではマンチェスター・ユナイテッドのエリク・テン・ハグ監督が解任時の後任に浮かぶなど、主要クラブから人気を博す。あくまでシャビ・アロンソ監督が第1候補のリバプールだが、アモリム氏にも目を光らすようだ。 2024.02.23 14:30 Fri

ELベスト16が決定! 堂安らPO突破で日本人5選手が参戦

ヨーロッパリーグ(EL)決勝トーナメントのプレーオフが23日に終了。この結果、ラウンド16に進出する16チームが決定した。 ELグループステージ2位通過8チームと、チャンピオンズリーグ(CL)の3位敗退8チームによって争われたプレーオフ。 3シーズン連続の対戦で注目を集めたFW上田綺世を擁するフェイエノールトと昨季準優勝チームのローマの対戦は、PK戦を制したローマが三度フェイエノールト撃破に成功した。 また、2ndレグで大逆転勝利を挙げたMF堂安律のフライブルク、MF守田英正のスポルティングCP、GK小久保玲央ブライアンのベンフィカ、優勝候補のミランといった強豪が順当にラウンド16進出を決めた。 この8チームに加え、MF三笘薫を擁するブライトン、MF遠藤航を擁するリバプール、レバークーゼン、アタランタら各グループ首位チームが次ラウンドから参戦する。 なお、ラウンド16の組み合わせ抽選会は23日にスイスのニヨンで開催され、各グループの首位通過チームとプレーオフ通過チームが対戦する形となるが、今ラウンドでは同一サッカー協会に所属するチーム同士の対戦はない。そして、ラウンド16は2024年3月上旬以降の開催となる。 ◆ELプレーオフ結果 スタッド・レンヌ 3-2(AGG:3-5) ミラン フライブルク 3-2(AGG:3-2) RCランス トゥールーズ 0-0(AGG:1-2) ベンフィカ カラバフ 2-3(AGG:6-5) ブラガ ローマ 1-1(AGG:2-2[PK:4-2]) フェイエノールト スポルティングCP 1-1(AGG:4-2) ヤング・ボーイズ スパルタ・プラハ 4-1(AGG:6-4) ガラタサライ マルセイユ 3-1(AGG:5-3) シャフタール ◆ELラウンド16進出チーム ▽プレーオフ突破 ミラン(イタリア) フライブルク(ドイツ) ベンフィカ(ポルトガル) カラバフ(アゼルバイジャン) ローマ(イタリア) スポルティングCP(ポルトガル) スパルタ・プラハ(チェコ) マルセイユ(フランス) ▽ストレートイン[グループ首位] ウェストハム(イングランド) ブライトン(イングランド) レンジャーズ(スコットランド) アタランタ(イタリア) リバプール(イングランド) ビジャレアル(スペイン) スラビア・プラハ(チェコ) レバークーゼン(ドイツ) 2024.02.23 08:13 Fri
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly