ポルト戦で負傷交代カンセロは大事に至らず…「アトレティ戦でプレーするのに問題ない」

2023.11.29 23:01 Wed
ポルト戦で1G1Aの活躍見せたカンセロ
Getty Images
ポルト戦で1G1Aの活躍見せたカンセロ
ポルト戦で負傷交代したバルセロナのポルトガル代表DFジョアン・カンセロだが、大事には至らなかったようだ。スペイン『ムンド・デポルティボ』が報じている。
PR
カンセロは28日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)グループH第5節のポルト戦に先発出場。左サイドバックのポジションで攻撃の起点を担い、1ゴール1アシストを記録。チームの2-1の逆転勝利、3シーズンぶりの決勝トーナメント進出に大きく貢献した。
ただ、同試合の後半終盤にはふくらはぎを痛めてスペイン代表DFアレハンドロ・バルデとの交代でピッチを後にしていた。

バルセロナは次節にアトレティコ・マドリー戦、その次にジローナ戦とラ・リーガでの上位連戦を控えており、右サイドバックの主力の状態が懸念されるところ。

しかし、今回の負傷に関しては深刻なものではなく、違和感や過負荷といった類のものであったという。カンセロ自身も試合後のフラッシュインタビューで「僕のケガは深刻なものではなく、多少の痛みは感じたけど、アトレティ戦でプレーするのに問題ないはずだ」と、自身の状態を説明している。
カンセロは今シーズンここまで公式戦16試合に出場し、3ゴール2アシストの数字を残している。

PR
関連ニュース

ヤマルがアディダスと正式契約…メッシに倣う形での変更に

バルセロナのスペイン代表FWラミン・ヤマルが、『アディダス』とスポンサー契約を締結した。 昨年4月末のベティス戦で15歳9カ月16日でのバルセロナ最年少デビューを飾った、ラ・マシア産の新たな超新星ヤマル。以降はラ・リーガ最年少得点記録など、多くの最年少記録を更新し続けるライジングスターは、今年に入ってパフォーマンスレベルをさらに向上させ、早くもワールドクラスの域に到達しつつある。 その16歳FWはこれまでアメリカのスポーツブランド『ナイキ』と契約していたが、先日にドイツ発祥の老舗ブランド『アディダス』のシューズを履いて練習場へ到着。これにより、同社が次代のスーパースターの争奪戦を制したと報じられていた。 なお、以前からラ・マシアの偉大なる先達であるアルゼンチン代表FWリオネル・メッシと比較されてきたヤマルは、その先達に倣う形で『ナイキ』から『アディダス』への変更を決断した。 なお、スペイン『レレボ』によると、ヤマルは今後。自身のブーツラインを含むいくつかのキャンペーンの顔になるという。 <span class="paragraph-title">【写真】ラミン・ヤマルとアディダスが正式契約</span> <span data-other-div="movie"></span> <div id="cws_ad"><blockquote class="twitter-tweet"><p lang="es" dir="ltr">bienvenido Lamine <a href="https://t.co/NaCdmpEpHN">pic.twitter.com/NaCdmpEpHN</a></p>&mdash; adidas Football (@adidasfootball) <a href="https://twitter.com/adidasfootball/status/1762032512392380736?ref_src=twsrc%5Etfw">February 26, 2024</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2024.02.26 23:06 Mon

応急処置の“ピボーテ”クリステンセン、本職CBがもたらした効果とは?

“ピボーテ”アンドレアス・クリステンセンの是非やいかに。 バルセロナ加入2年目のデンマーク代表DFクリステンセン。10代の頃からフィジカル要素よりも足元の技術・インテリジェンスを高く評価されてきた27歳は、ここ5試合、バルサ伝統の[4-3-3]で中盤の底=ピボーテとして先発出場を続けている。 24日に行われたラ・リーガ第26節ヘタフェ戦(4◯0)では、53分に右サイドを駆け上がり、ジョアン・フェリックスの追加点へラストパス。自らの果敢なランニングでヘタフェを崩し、今季2つ目のアシストをマークした。 ピボーテ起用の背景には、オリオル・ロメウの信頼欠如、ひいてはガビなどのケガ人頻出があるわけだが、スペイン『Relevo』は、チャビ・エルナンデス監督によるクリステンセンのピポーテ補填起用に及第点を与える。 「来シーズンを考えれば、クリステンセンのピボーテ起用は彼にとっての最終形態ではない。しかし、現状の選択肢では“最良”。まだ5試合しかデータサンプルがないが、その影響力は決して小さくない」 「今のバルサは守備が安定せず、構造的な欠陥を抱える。そんななか、ピボーテとしてのクリステンセンはイルカイ・ギュンドアンよりスピードがあり、セカンドボールの予測、空中戦にも長けた存在となる。応急処置だが、それなりに自律している」 データ上では、クリステンセンのピボーテ起用が始まったアラベス戦から、バルセロナは相手のパスへの初動守備が高まっているといい、守備アクションの成功が増えた結果、カウンターも微増。クリステンセンの守備者としてのポジショニングが一定の効果をもたらしているようだ。 ボール供給能力ではピボーテを本職とする選手、またはかつてのセルヒオ・ブスケッツに及ばないクリステンセンだが、このようにある側面では好循環をもたらしている、ということだ。 2024.02.26 16:50 Mon

暫定2位浮上のバルサ、チャビ監督は逆転優勝諦めず 「タオルを投げるつもりはない」

バルセロナのチャビ・エルナンデス監督が満足げに振り返った。 バルセロナは24日のラ・リーガ第26節でヘタフェをホームに迎え撃ち、4-0と快勝。リーガ2連勝でジローナを抜いて暫定2位に浮上した。 守りも公式戦5試合ぶりのクリーンシートとなり、スペイン『マルカ』によると、チャビ監督も満足感を示したようだ。 「守りも攻めも、とても完璧な試合だった。アグレッシブで激しいチームとの試合だったが、何度もスペースを突いていけたし、ゴールも生まれた。チームはフィジカル的にも戦術的にも非常に良かったし、クリーンシートも記録して、納得のいく試合だった」 「非常に完璧な試合だったし、激しさでは彼らと互角だった。何度もスペースを突いていけたし、ゴールも生まれた。相手のハイプレッシャーをかい潜って後ろで違いを作れた。納得のいく試合だった。とても満足だ。この勝利のおかげで少し落ち着いて、次のアスレティック戦を考えられる」 首位レアル・マドリーとは1つの消化試合が多いものの、勝ち点5差に。逆転での連覇に可能性を残し、諦めるつもりはないと語っている。 「時期尚早だと思うが、可能性はある。我々はタオルを投げるつもりなんてない。今は良い時期だし、信じるしかない。ジローナにもレアル・マドリーにもプレッシャーをかけている」 2024.02.25 11:30 Sun

バルセロナがヘタフェに4発完勝! 公式戦5戦ぶりクリーンシートで連勝【ラ・リーガ】

ラ・リーガ第26節、バルセロナvsヘタフェが24日にエスタディ・オリンピック・リュイス・コンパニスで行われ、ホームのバルセロナが4-0で圧勝した。 3位のバルセロナは前節、下位セルタとのアウェイゲームで苦戦を強いられたが、レヴァンドフスキの最終盤のPKによるゴールで2-1と競り勝った。ただ、ミッドウィーク開催のチャンピオンズリーグ(CL)では新生ナポリとのアウェイゲームで試合を支配しながらも、後半終盤に巻き返された結果、1-1のドローで初戦を終えた。 10位のヘタフェ相手にリーグ連勝を狙った一戦ではナポリ戦から先発3人を変更。イニゴ・マルティネス、ラミン・ヤマル、ペドリに代えてパウ・クバルシ、ハフィーニャ、フェリックスを起用した。 [4-5-1]の布陣で入ったヘタフェに対して、立ち上がりからボールを握って試合を進めるバルセロナ。立ち上がりは相手の強度の高いハイプレスに手を焼き、スムーズにボールを前進させられない。そういったなか、3列目からの飛び出しや両ウイングのダイアゴナルランで幾度となくハイラインの背後を取ってチャンスに繋げていく。 すると20分、後方からの繋ぎで右のクンデが背後に入れた縦パスに反応したハフィーニャが完全に抜け出すと、ボックス内でのGKソリアとの一対一を制した。 一方、先に失点を喫したヘタフェは両サイドの立ち位置を変更。ジェネを右サイドバック、ディエゴ・リコを左サイドバックに落としてサイドハーフは右にイグレシアス、左にグリーンウッドの形に。そして、前半半ばを過ぎて攻勢を強めると、グリーンウッドやマジョラルと好調なアタッカー陣が幾度か良い形でフィニッシュに持ち込んでいく。 前半終盤にかけては球際のバトルの激化に加え、ヘタフェ悪癖のラフプレーが目立って試合は荒れ模様の展開に。それでも、攻撃では引き続き効果的に背後を取って一気にチャンスまで持ち込むバルセロナ。だが、その形から迎えたビッグチャンスでハフィーニャのシュートミスや判断ミスが重なり、前半の内に追加点を挙げることはできなかった。 迎えた後半、立ち上がりの49分にミジャの鋭いミドルシュートでいきなりゴールを脅かされる嫌な入りとなったが、後半ファーストチャンスをゴールに繋げる。 53分、自陣からクバルシ、ギュンドアン、クリステンセンと鮮やかなパス交換で右サイドを攻略すると、ボックス付近まで抜け出したクリステンセンからの完璧な折り返しをファーでフリーのフェリックスが難なくワンタッチで流し込んだ。 さらに、畳みかけるホームチームは61分、自陣中央からドリブルで運んだフレンキー・デ・ヨングがギュンドアンに繋ぐと、ギュンドアンのスルーパスがDFにディフレクトしてボックス付近にこぼれる。これをGKよりも先に回収したハフィーニャがフリーのデ・ヨングに短く落とすと、オランダ代表MFはDFのゴールカバーが届かないコースに右足シュートを突き刺した。 この3点目で勝利を決定付けたバルセロナは、ここからゲームコントロール優先の戦い方にシフト。さらに、フェリックス、ハフィーニャの両ウイングやギュンドアンら主力を早いタイミングで下げて控え選手や若手をピッチに送り出す。 その後、一矢報いたいアウェイチームの攻撃を冷静に撥ね返していくと、試合終了間際の91分にはデ・ヨングの絶妙スルーパスに抜け出したヴィトール・ロッキのシュートのこぼれ球をフェルミン・ロペスが抑えの利いた右足ボレーシュートで決め切り、トドメの4点目とした。 そして、公式戦5戦ぶりのクリーンシートを含め難敵ヘタフェに完勝を収めたバルセロナがリーグ連勝で暫定2位に浮上した。 2024.02.25 02:35 Sun

ミランが若き才能の宝庫・ボローニャから“看板3枚抜き”?

ボローニャは、言わば若き才能の宝庫だ。 24日現在、セリエAでチャンピオンズリーグ(CL)圏内の暫定4位につけるボローニャ。資金力に乏しいプロヴィンチャだが、その安定感はインテルら強豪に勝るとも劣らない。 率いるは就任2年目のチアゴ・モッタ監督(41)。現役時代にバルセロナとインテルでCL制覇を経験し、キャリア晩年はパリ・サンジェルマン(PSG)でプレー。地味ながらもチームに欠かせぬリンクマンだった名役者だ。 そんな男はボローニャでの舵取りも高く評価され、古巣バルセロナが次期指揮官にリストアップしているとも。また、それ以上に有力視されているのは、古巣インテルの宿敵・ミランの次期指揮官職だ。 モッタ監督の下で大きく成長した選手も多数。 バイエルンでの伸び悩みはもはや過去、U-21オランダ代表FWジョシュア・ザークツィー(22)。自国の偉大な指揮官と同じ姓を持つスコットランド代表MFルイス・ファーガソン(24)。2人は揃ってモッタ監督と共にミラン行きが噂されている人気銘柄だ。 イタリア『カルチョメルカート』によると、ザークツィーは前所属バイエルンが4000万ユーロ(約65億2000万円)の買い戻しオプションを保有。ファーガソンも2027年6月までの契約+1年延長オプションがあり、2500万ユーロ(約40億7000万円)程度で獲得できる選手ではない。 ミランとしては、モッタ監督をポスト・ピオリの筆頭に据えるなか、カギを握りそうなのがボローニャへ貸し出し中のベルギー代表MFアレクシス・サーレマーケルス(24)。この男を交渉に含めることにより、“最大操作”=モッタ+ザークツィー+ファーガソンの3者同時獲得へ、というプランがあるとみられている。 3者同時獲得…もちろん現段階ではミランにとってアイデアのひとつに過ぎないようだが、実現なら素晴らしい補強に。優秀な青年指揮官、若き攻撃的タレント2枚…その腕に疑いの余地はない。 2024.02.24 17:50 Sat
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly