FC大阪一筋12年、関西2部からJ3まで経験したDF岩本知幸が現役引退「悔いが少しもないかといえば…」

2023.11.29 15:55 Wed
関西2部からFC大阪でプレーした岩本知幸
©︎J.LEAGUE
関西2部からFC大阪でプレーした岩本知幸
FC大阪は29日、DF岩本知幸(34)の現役引退を発表した。

岩本は東海学園高校から阪南大学へと進学。2012年からFC大阪に加入した。
当時関西サッカーリーグ2部に所属していたチームに加わると、1年目で優勝し1部に昇格。2013年に関西サッカーリーグ1部で優勝、2014年にはJFLへの昇格を決めた。

2015年からはJFLでプレー。2022年にはJ3昇格を決めると、今シーズンはJ3でプレーした。

今シーズンは明治安田生命J3リーグで1試合に出場。通算ではJFLで171試合16得点、関西1部で39試合4得点、関西2部で14試合1得点、天皇杯で11試合に出場していた。
現役を引退する岩本はクラブを通じてコメントしている。

「今シーズンをもって現役生活を引退することを決断しました。FC大阪というクラブで12年間もの長い間プレーすることができ本当に幸せでした」

「大学卒業後、一度はプロサッカー選手の道を諦めた私を誘ってくれたのが、当時大阪府リーグに所属していたFC大阪でした。そこから関西リーグ、JFLを経て今年ようやく悲願のJリーグの舞台に立つことができました」

「その戦いの日々をずっと近くで励まし続けてくれたサポーター、支えてくれたパートナーの皆様、共に戦ってくれたクラブスタッフ、コーチや監督、チームメイト、そしてどんな時も暖かく見守ってくれた家族、本当にありがとうございました」

「6歳から三里小学校スポーツ少年団でサッカーを習い始め、そこからセイカJFC、岐阜VAMOS、東海学園高校、阪南大学と私のサッカー人生に関わってくれたすべての皆様に感謝します」

「正直なところ現役生活に悔いが少しもないかといえば、残念ながらそうではありません。特に今年はクラブとして初めてのJリーグ挑戦の大事な年でありながら、全くチームの勝利に貢献することができませんでした」

「試合に出られない辛さや、怪我で思ったようにプレーできないストレスにとても苦しみました。それでも必死にプレーし続けられたのは、応援してくれる1人1人の存在に勇気づけられたからでした。応援してくれる人がいるということが、選手にとって大きな意味を持つことを深く知ることができた一年でした。サッカーは本当にいろいろなことを学ばせてくれます」

「このタイミングでの引退という選択が、正解か間違いなのかはわかりません。ただ、これまで自分が選択してきた道で必死でもがいて生きてきたからこそ、満足した現役生活を送ることができたのは確かです。
したがってこの先も自分が選択した道を信じて、必死でもがきながら楽しんで生きていこうと思います!楽しみにしていてください!」

「長い間ありがとうございました。そしてこれからもFC大阪を支え続けてください。よろしくお願いします」
関連ニュース

FC大阪退団の松浦拓弥、槙野智章監督率いる品川CCが新天地に

FC大阪は2日、MF松浦拓弥(35)の新天地が神奈川県社会人サッカーリーグ1部の品川CCに決まったと発表した。 かつてジュビロ磐田やアビスパ福岡、横浜FCでもプレーし、J1リーグでは通算244試合20得点の成績を残す松浦。2022年限りで横浜FCを退団し、その半年後の8月にFC大阪入りした。 そのFC大阪ではJ3リーグ11試合に出場。だが、シーズン終了後に契約満了で退団した。 元日本代表DFの槙野智章氏が監督を務める品川CCの公式サイトを通じては「品川CCに加入することになりました松浦拓弥です」と挨拶の言葉とともに、意気込みを語っている。 「チームの力になれるように精一杯頑張ります。また、このチームに加入するにあたって仕事をしながらサッカーをやるという自分としては初めてのことを経験させていただきます。初めてビジネスマンとして働くにあたり機会を与えてくださった株式会社START WITH WHYの中村社長にはこの場を借りて改めて感謝申し上げます。どちらも全力で頑張ります。応援よろしくお願いします」 2024.03.02 18:50 Sat
thumb

J3降格の金沢は黒星スタート…3位で昇格逃した富山は1-1のドロー発進に【明治安田J3開幕節】

25日、明治安田J3リーグの6試合が各地で行われた。 昨シーズンJ2最下位で降格となったツエーゲン金沢は、J3を13位で終えていたアスルクラロ沼津とアウェイで対戦。前半をゴールレスで終えると、後半に先手を取ったのは沼津。55分、ハーフウェーライン付近から持ち上がった森夢真が自らシュートに持ち込み、ゴール左隅へ決めた。 さらに74分に安在達弥のミドルシュートが決まると、後半アディショナルタイムには再び安在。計3得点を奪ったホームの沼津が白星発進し、金沢はいきなりJ3の洗礼を受けた。 昨シーズン3位で惜しくもJ2昇格を逃したカターレ富山は、Y.S.C.C.横浜とのアウェイゲーム。富山は16分、碓井聖生が落ち着いて決め、先制に成功する。 しかし、29分にはYS横浜の萱沼優聖がクロスに合わせて同点。スコアはそこから動かず1-1で終了し、勝ち点「1」を分け合う結果となった。 その他、昨シーズン4位のFC今治は6位フィニッシュのガイナーレ鳥取をホームに迎え、マルクス・ヴィニシウスの決勝点で1-0の勝利。昨シーズンの中位チームでは、松本山雅FCが2-1で逃げ切りに成功し、いわてグルージャ盛岡は追いつかれて1-1のドロー、FC大阪は反撃を許しながら2-1で白星を手にしている。 ◆明治安田J3リーグ開幕節 ▽2月25日(日) FC今治 1-0 ガイナーレ鳥取 アスルクラロ沼津 3-0 ツエーゲン金沢 テゲバジャーロ宮崎 1-2 松本山雅FC Y.S.C.C.横浜 1-1 カターレ富山 カマタマーレ讃岐 1-1 いわてグルージャ盛岡 FC大阪 2-1 AC長野パルセイロ ▽2月24日(土) 大宮アルディージャ 4-1 ヴァンラーレ八戸 奈良クラブ 1-2 FC琉球 ギラヴァンツ北九州 0-1 SC相模原 FC岐阜 4-1 福島ユナイテッドFC 2024.02.25 21:23 Sun

FC大阪を退団した50歳DF村木伸二が奈良県リーグのBANDITO生駒に加入し現役続行「日々全力でプレーします」

FC大阪は11日、2023シーズン限りで退団していたDF村木伸二(50)が奈良県社会人サッカーリーグのBANDITO生駒へ加入することを発表した。 村木はブラジルやアルゼンチンで長らくプレー。2007年に日本に帰国し、アルテ高崎、デッツォーラ島根ECでプレーした後、2011年に当時大阪府1部リーグのFC大阪に加入した。 FC大阪の生き字引とも言える村木は、選手でありながら、トップチーム アシスタントコーチ兼通訳も務める中、2023シーズンは自身初のJリーグ挑戦となったが、出番がないまま契約満了となっていた。 村木は13年間過ごしたクラブへ別れを告げたが、51歳になるシーズンも現役を続行することが決定。BANDITO生駒を通じてコメントしている。 「2024年シーズンからBANDITO生駒に加入することになりました村木伸二です。サッカーを続ける為、チームの勝利の為に日々全力でプレーします。応援よろしくお願いします!」 2024.02.13 09:05 Tue

FC大阪がDF伊東稜晟を獲得!昨季まで北信越1部の福井に所属「絶対にJ2昇格しましょう!」

FC大阪は7日、福井ユナイテッドFCに所属していたDF伊東稜晟(22)が完全移籍で加入すると発表した。 三重県出身の伊東は、レノファ山口FCの下部組織出身。2020年にトップチーム昇格を果たすも出場機会はなく、松江シティFC、福井への期限付き移籍を経て2023シーズンから福井に完全移籍した。 2023シーズンは北信越1部リーグで3試合出場にとどまるなど、出場機会を得られず。シーズン終了後に退団が発表されていた。 FC大阪への加入が決まった伊東は、クラブを通じて意気込みを述べている。 「FC大阪に関わる全ての皆様、はじめまして、伊東稜晟です。FC大阪という素晴らしいクラブの一員として戦えることを心から嬉しく思います。常に感謝の気持ちを持ちながら、クラブ目標である『J2昇格』のために日々精進します。クラブと地域が一つになり絶対にJ2昇格しましょう!FC大阪の関係者の皆様、ファン・サポーターの皆様、応援のほどよろしくお願いします」 2024.02.07 11:50 Wed

「サッカー人生に後悔はありません」FC大阪退団のGK服部一輝が28歳で現役引退、最後に秘密を告白

FC大阪は5日、GK服部一輝(28)が現役を引退することを発表した。 FC東京のアカデミーにも在籍した服部は、札幌大谷高校、明治大学と進学。2017年にカターレ富山へと入団した。 その後、カマタマーレ讃岐、福島ユナイテッドFCを経て、2022年にヴァンラーレ八戸へ入団。明治安田生命J3リーグの25試合でプレーしたが、1年で退団となった。 2023年にFC大阪に完全移籍で加入。しかし、出番がないまま契約満了となり、そのまま引退を決断。プロ通算ではJ3で34試合、天皇杯で1試合の出場となった。 服部はクラブを通じてコメント。最後に大きな秘密を告白している。 ーーーーーー 現役を引退することに決めました。 富士見ヶ丘少年蹴球団でサッカーを始め、FC東京むさし、札幌大谷高校、明治大学という素晴らしい学校・チームでサッカーができたことを誇りに思います。 そして2017シーズンから7年間プロサッカー選手を経験し5クラブを渡り歩きました。 カターレ富山・カマタマーレ讃岐・福島ユナイテッドFC・ヴァンラーレ八戸・FC大阪 全ての関わる方々、本当にありがとうございました! 度重なる怪我で自分自身がもう100%でプレーできないと感じました。 サッカーを始めた頃から常に全力でプレーすることが自分のポリシーであり、このままサッカーを続けるのが自分の中ではできないと答えが出ました。 サッカー人生に後悔はありません。 プロとしての7年間は本当に悔しくて耐え難いものでしたがピッチに立って勝利した時、その一瞬の幸せが全てを忘れさせてくれる、それがサッカーでした。 サッカー人生では自分の想い描いていたステージに立てなかったけれど、未来は明るいし歩みを止めず突き進みたいと思います。 これからも素晴らしい人生が続きます。 悔しいことや苦しいことも今後あるだろうけど後悔だけはしない人生を歩んで行きます! そして僕たち子供のために身を削り、やりたいことを好きなだけやらせてくれた母、本当にありがとう。 世界で1番かっこいい母の姿を見て、折れそうになった心を何度も繋ぎ止めてくれました。 誰よりも自慢に思ってくれている姉。 近くで支えてくれた妻、息子。 もっとプロサッカー選手として試合に出ている姿を見たかったと思うし、見せたかった気持ちは山々だけど、この決断を尊重してくれてありがとう。 最後にサッカーというものが本当に多くの人との出会いをくれました。 ありがとう、サッカー! 一つだけ言い忘れていました。 身長を182cmとずっと記載していましたが本当は178cmです ーーーーーー 2024.02.05 11:20 Mon
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly