川崎Fの鬼木達監督が来季の契約合意で8シーズン目の指揮へ! 今季は9個目のタイトルにあと1つ

2023.11.29 09:19 Wed
川崎Fを2017年から指揮する鬼木達監督
©超ワールドサッカー
川崎Fを2017年から指揮する鬼木達監督
川崎フロンターレは29日、鬼木達監督(49)との契約合意を発表した。

現役時代は鹿島アントラーズ、川崎Fでプレーした鬼木監督。引退後は川崎Fの育成・普及部コーチ 兼 U-12コーチとして指導者のキャリアをスタートさせる。
その後、U-18コーチ、トップチームのコーチを務め、2017年から監督に就任した。

就任1年目の2017年は悲願のJ1初優勝を果たし、“シルバーコレクター”という不名誉な状況から脱却。すると2018年に連覇を達成。2019年はJ1で4位もYBCルヴァンカップで初優勝。2020年はJ1と天皇杯、2021年は2度目のリーグ連覇を達成していた。

今シーズンは開幕からチームは苦しみ、最終節を残してリーグ戦は9位に位置。それでも、天皇杯では決勝に駒を進めてタイトルの可能性を残している状況。また、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)では、最終節を残してグループの首位通過が決定。シーズン終盤に調子を上げ、公式戦9戦無敗中となっている。
関連ニュース

エースのカッコいい一撃で首位浮上! C大阪がレオ・セアラの3戦連発ダイビングヘッド弾で川崎Fを撃破【明治安田J1第8節】

13日、明治安田J1リーグ第8節のセレッソ大阪vs川崎フロンターレがヨドコウ桜スタジアムで行われ、ホームの大声援に後押しされたC大阪が1-0で勝ち切った。また他会場の結果、首位浮上だ。 今節首位浮上もあり得るC大阪(3位)はレオ・セアラ、カピシャーバ、ルーカス・フェルナンデスのブラジリアン3トップが揃い踏み。U-23日本代表に招集された西尾隆矢、また香川真司が不在で、今季加入の登里亨平は古巣対戦となる。 2試合未勝利無得点の川崎F(15位)は最終ラインが“超”急造。左サイドバックは瀬川祐輔が入り、センターバックは高井幸大が不在で大南拓磨&佐々木旭、右サイドバックには橘田健人だ。 川崎Fは5分、左サイドを運んだマルシーニョが中央のエリソンへラストパス。新エースはボックス左の角度がない位置から左足を振るが、C大阪一筋の36歳GKキム・ジンヒョンにセーブされる。 今度はC大阪。8分、敵陣でのボール奪取からレオ・セアラが中央を持ち運び、最後はボックス内ゴール正面から左足シュート。こちらのエースのシュートは、ギリギリで足を伸ばした川崎Fの佐々木にブロックされてCKに逃げられる。 25分、勢いで川崎Fを凌駕するC大阪は、バイタルエリアでのパス交換からルーカス・フェルナンデスがボックス右より右足シュート。低い弾道の一撃はGKチョン・ソンリョンに足でセーブされる。 押され気味の川崎Fも27分、ボックス手前で横パスを受けた大南が、ワントラップから鋭い右足ミドル。威力十分もGKキム・ジンヒョンの正面へ。 31分には、エリソンがボックス内でポストプレーし、こぼれ球を拾った山本悠樹がすかさず右足ダイレクトシュート。元ガンバ大阪の山本がC大阪相手に先制点を狙うが、枠へは飛ばせない。 34分はC大阪。ルーカス・フェルナンデスのピンポイントクロスにレオ・セアラが飛び込むが、競り合いで体勢を少し崩され、ゴール正面からのヘディングを枠へ飛ばせず。 レオ・セアラはさらに45+2分、GKキム・ジンヒョンのゴールキックの流れから素早く敵陣で繋ぐと、味方の落としを受け、ゴールまで約25mの距離から内巻きの右足ミドル。ほぼ完璧なショットだったが、GKチョン・ソンリョンに阻まれた。 70分にC大阪が先制。左サイドに流れたルーカス・フェルナンデスが外側をランしたカピシャーバへ預けると、左足クロスにファーへ流れたレオ・セアラがダイビングヘッドを叩き込んだ。これぞエース!と言いたくなる、強烈な、カッコいい、3戦連発弾だ。 ホームの大歓声に後押しされたC大阪が先手を取った一方、追いかける立場となった川崎Fは73分に3枚替え。家長昭博にエリソン、山本を下げ、小林悠に山田新、ゼ・ヒカルドを投入する。 さらに79分、脇坂泰斗を下げてパトリッキ・ヴェロンがピッチへ。今季加入でリーグ戦初出場の19歳ヴェロンは83分、ボックス手前でこぼれ球にすかさず右足シュート。GKキム・ジンヒョンに弾かれたボールへ小林が詰めるが、あと一歩届かず。 残り時間も少なくなるなか、C大阪は88分にルーカス・フェルナンデスを下げ、センターバックのジャスティン・ハブナーを投入。[5-4-1]に変更し、逃げ切りの意図を明確にする。 川崎Fは90+3分、左サイドからのクロスをヴェロンが収め、ボックス外へ走ったゼ・ヒカルドに落とす。ゼ・ヒカルドは右足ダイレクトで打ち返すが、ほんのわずかに枠上へ。1点が遠い。 結局、ホームの大声援に後押しされたC大阪が、エースの一発で勝ち切って勝ち点「3」。同時刻キックオフのFC町田ゼルビアが敗れたため、とうとう首位浮上だ。またクラブレコードを更新する開幕8試合無敗だ。 セレッソ大阪 1-0 川崎フロンターレ 【C大阪】 レオ・セアラ(後25) 2024.04.13 17:03 Sat

【J1注目プレビュー|第8節:C大阪vs川﨑F】C大阪は首位を追いかけ無敗キープなるか? 川﨑Fは3試合ぶりゴールが欲しい

【明治安田J1リーグ第8節】 2024年4月13日(土) 15:00キックオフ セレッソ大阪(3位/15pt) vs 川崎フロンターレ(15位/7pt) [ヨドコウ桜スタジアム] <span class="paragraph-subtitle">◆首位を追いかけ無敗継続へ【セレッソ大阪】</span> 前節はアウェイでアルビレックス新潟と対戦したC大阪。しっかりと0-1で勝利を収め、開幕7試合で無敗を継続した。 首位との勝ち点差は「1」。いつでも追い越せる状況であるが、今節はホームに川﨑Fを迎える中、決して苦手とはしていない。 ホームでは直近7試合で5勝2敗。昨シーズンは3-0で勝利した相手でもあり、今のチーム状態を考えれば勝利が求められるだろう。 今シーズンのC大阪はここまで全試合で先制点を奪っており、リードした状態で試合を進められていることも好調に繋がっているだろう。今節もしっかりと先制点を奪えるかに注目。そして初の古巣対決となる登里享平にも注目だ。 ★予想スタメン[4-3-3] GK:キム・ジンヒョン DF:毎熊晟矢、鳥海晃司、舩木翔、登里享平 MF:ヴィトール・ブエノ、田中駿汰、奥埜博亮 FW:ルーカス・フェルナンデス、レオ・セアラ、カピシャーバ 監督:小菊昭雄 U-23日本代表活動参加:西尾隆矢 <span class="paragraph-subtitle">◆【川崎フロンターレ】</span> 前節は首位のFC町田ゼルビアをホームに迎えた中、0-1で敗戦。やはりチームとしてどこか乗り切れない部分が見え隠れする。 今の川﨑Fは攻守に問題を抱えており、攻撃陣は2試合連続ノーゴール。試合によって波があるのが現状で、得点源として期待されるFWエリソンは3試合不発。決定機を作る回数も少ない。 さらに深刻なのは守備陣。ジェジエウ、三浦颯太が負傷離脱、高井幸大がU-23日本代表としてパリ五輪アジア最終予選に参加している状況。例年のことではあるが、センターバック陣の選択肢が限られている。 アウェイでは分が悪い相手。それでも浮上するためには勝利が必要になるが、どう乗り越えるのか注目だ。 ★予想スタメン[4-2-3-1] GK:チョン・ソンリョン DF:瀬川祐輔、大南拓磨、田邉秀斗、佐々木旭 MF:橘田健人、瀬古樹 MF:家長昭博、脇坂泰斗、マルシーニョ FW:エリソン 監督:鬼木達 U-23日本代表活動参加:高井幸大 2024.04.13 11:05 Sat

町田が10人で川崎F下して首位守る! 藤尾翔太がU-23代表に弾みの決勝ゴール【明治安田J1第7節】

明治安田J1リーグ第7節の1試合が7日にUvanceとどろきスタジアム by Fujitsuで行われ、アウェイのFC町田ゼルビアが川崎フロンターレを1-0で下した。 13位の川崎Fは前節の先発から4選手が入れ替わり、山本らが復帰した一方で、首位の町田は4バックに戻し、鈴木が2試合ぶりにスタートから出場。両軍のU-23日本代表勢では高井、平河、藤尾も揃ってピッチに立った。 前半は川崎Fがボールを握る予想通りの展開になるが、町田の守りが上回り、チャンスを作らせず。そんな町田は先にチャンスも作り出し、9分に相手バックラインからの縦パスを柴戸が引っかけ、藤尾がカウンター。ボックス右に差しかかったところから左足で流し込みにかかるが、GKチョン・ソンリョンの右足ブロックに遭う。 続く15分にも町田がゴールに近づき、左CKをショートコーナーにした流れから鈴木が折り返すと、大外のオ・セフンが長身を生かしてヘッド。これがゴール前でルーズボールを誘ってオ・セフンがボックス左深くから折り返し、チャン・ミンギュが押し込みにかかるが、川崎Fのディフェンス陣が一丸となって身体を投げ出した。 だが、32分に自陣左サイドの仙頭が相手守備陣の背後に縦パスを出すと、藤本が反応。そのボールに追いつき、ボックス中央に左足でグラウンダーのクロスを出すと、並走する藤尾が右足で合わせ、3戦ぶりの一発。町田が一歩前に出る。 追いかける川崎Fは35分にジェジエウの負傷交代にも見舞われるなか、39分に山内がバイタルエリア左から中に切り込み、右足ミドル。これがチームの1stシュートになるなか、45分にもバイタルエリア左での競り合いから強引に抜け出したエリソンがフィニッシュに持ち込むが、利き足ではない右足とあって精度を欠く。 ハーフタイム明けに遠野と瀬古を送り込み、リスタートした川崎Fだが、町田が再び牙をむく。50分、藤尾のスルーパスで左サイドの裏を抜け出した藤本がボックス左でボールを失うが、拾い直した仙頭が左足で折り返すと、相手DFのクリアがファーに流れたところを藤尾が頭で押し込みんだ。 だが、藤尾が藤本にパスを出して段階でオフサイドとされ、町田は追加点ならず。すると、命拾いの川崎Fは71分、途中出場した小林が縦パスで裏を抜け、バイタルエリア中央のところで飛び出して止めようとしたGK谷と交錯。谷に一発退場が命じられ、川崎Fに数的優位のチャンスが巡ってくる。 その後は川崎Fが一方的に攻め立てる展開になるが、数的不利に陥った直後にGK福井、奥山、昌子の交代カードを切った町田が5バックにして逃げ切り態勢に。そんな割り切った戦いにシフトした相手に猛攻の川崎Fだが、最後のところで合わせ切れなかったりとなかなかゴールを割れず。 10人の戦いになってから川崎Fに押し込まれた町田だが、冷静に守り抜き、2戦ぶり白星。初黒星を喫した前節からのバウンスバックに成功し、首位をキープした。一方の川崎Fは3戦ぶりの黒星で3試合勝利なしとなっている。 川崎フロンターレ 0-1 FC町田ゼルビア 【町田】 藤尾翔太(前32) <span class="paragraph-title">【動画】藤尾翔太がU-23日本代表にも弾みの今季3ゴール目</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">/<br>らしさ満点の攻撃<br>\<br><br>町田らしい速い攻撃が炸裂<br>縦パスに抜け出した藤本一輝のクロスを<br>藤尾翔太が右足で合わせる<br><br>明治安田J1第7節<br>川崎F×町田<br>Live on <a href="https://twitter.com/hashtag/DAZN?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#DAZN</a> <a href="https://t.co/FZ40tYN7nE">pic.twitter.com/FZ40tYN7nE</a></p>&mdash; DAZN Japan (@DAZN_JPN) <a href="https://twitter.com/DAZN_JPN/status/1776866161734414684?ref_src=twsrc%5Etfw">April 7, 2024</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2024.04.07 17:35 Sun

【J1注目プレビュー|第7節:川崎Fvs町田】川崎FがJ1の強さを見せつけるか、初黒星の町田が立ち直るか

【明治安田J1リーグ第7節】 2024年4月7日(日) 15:00キックオフ 川崎フロンターレ(13位/7pt) vs FC町田ゼルビア(1位/13pt) [Uvanceとどろきスタジアム by Fujitsu] <span class="paragraph-subtitle">◆見せたいJ1の意地【川崎フロンターレ】</span> 前節は横浜F・マリノスとの“神奈川ダービー”でゴールレスドロー。横浜FMに前半はかなり押し込まれ、マルシーニョの退場というアクシデントもありながら、無失点に抑えた。 多摩川クラシコ、神奈川ダービー、そして3連戦を占めるのは首位の町田戦。初のJ1を戦う相手との差は「6」ポイントだ。 離れているようで、ここで勝てば手が届く位置に。近年のJ1を牽引してきた川崎Fとしては、こんなところで負けるわけにはいかない。圧倒して勝利を収めたいところだろう。 加えて高強度、ロングボールとポゼッションと地上戦で戦いたい川崎Fにとっては嫌な相手。守備陣の奮起にも期待したいところ。中盤で上回ることができれば、ショートカウンターで仕留める力は何枚も上手のはず。強さを見せつけたい。 ★予想スタメン[4-2-3-1] GK:チョン・ソンリョン DF:佐々木旭、ジェジエウ、高井幸大、瀬川祐輔 MF:橘田健人、瀬古樹 MF:家長昭博、脇坂泰斗、遠野大弥 FW:エリソン 監督:鬼木達 出場停止:マルシーニョ <span class=“paragraph-subtitle">◆厳しさを知った初黒星、連敗は避けたい【FC町田ゼルビア】</span> 前節は無敗同士の一戦となった中、サンフレッチェ広島相手に1-2で敗戦。J1での初黒星を喫することとなった。 これまで全ての試合で先手を奪っていた中で、初めて相手に先行される展開に。そして、初めて2点目も奪われた。一気に2つの初体験を済ませた。 近年結果を残していた広島相手に苦杯を舐めた町田だが、今回の相手は優勝を4度も経験している川崎F。今シーズンはまだエンジンがかかっていない状態だが、相手のクオリティは百も承知。連敗をするわけにはいかない。 J2を制した2023シーズンは一度も連敗はなし。ズルズルと落ちていかないためにも、ここでしっかり勝利したいところ。キャンプ中の練習試合では3-0で勝利した相手だけに、しっかりと勝利を取り戻したい。 ★予想スタメン[4-4-1-1] GK:谷晃生 DF:鈴木準弥、ドレシェヴィッチ、チャン・ミンギュ、林幸多郎 MF:平河悠、柴戸海、仙頭啓矢、ナ・サンホ FW:オ・セフン、藤尾翔太 監督:黒田剛 2024.04.07 12:30 Sun

横浜FMのスタグルで問題発生…一部店舗の言動に声明「深い反省および再発防止の対策を講じるまで、出店停止」、アウェイサポーターへの言動が話題に

横浜F・マリノスのホームゲームでスタジアムグルメを手掛けるCDAが、マリノススタグルでの問題について声明を発表した。 横浜FMの試合では、多くのケータリングカーが出店し、豊富なスタジアムグルメを提供。ホームのファン・サポーターのみならず、アウェイチームのファン・サポーターも楽しめるサービスとなっている。 豊富なジャンルのキッチンカーが出店することでも話題となっている中、3日に行われた明治安田J1リーグ第6節の川崎フロンターレ戦で問題が発生。あるキッチンカーが川崎Fのファン・サポーターが訪れた際に失礼な対応をしたとX(旧ツイッター)上で話題となっていた。 誰でも楽しめるはずのスタジアムグルメであるものの、店員の問題ある対応が話題に。一夜明け、スタジアムグルメを手掛けるCDAが公式X(@cda_catering)を通じて謝罪するとともに、当該キッチンカーの出店停止を発表した。 「昨日は雨の中、マリノススタグルをご利用いただきありがとうございました」 「マリノススタグルのコンセプトは、ホームアウェイどちらのサポーターも問わず、試合前のひとときを、その日の試合について語り合いながら、楽しく美味しく快適に過ごしていただけるよう弊社としては取り組んできております」 「Xで発信されている一部店舗の言動は、マリノススタグルの上記コンセプトから大きく外れており、弊社として看過することはできません」 「当該店舗につきましては、今回の事案に対する深い反省および再発防止の対策を講じるまで、出店停止の措置を取らせていただきます」 「現状すでに4/10のホームゲームの出店がチームHPで案内されておりますが、こちらの出店もキャンセルとさせていただきます」 「このたびは多くの方々にご不快な思いをさせてしまい、大変申し訳ありませんでした」 「ちなみに当事者の方とは個別にご連絡をさせていただいており、弊社において最後まで丁寧にフォローしていきたいと思います」 「スタグルにホームもアウェイもありません。戦いは試合の中で行われるものであり、それ以外はサッカーを愛するもの同士が笑顔で過ごせる空間を作っていけるように、キッチンカーの皆様と共にさらに精進してまいりますので、今後ともマリノススタグルをよろしくお願いします」 <span class="paragraph-title">【動画】今季最初の“ビッグ神奈川ダービー”</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="REXaJYpG9lg";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.04.04 11:20 Thu
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly