途中出場インモービレ2発のラツィオに今節突破の可能性! 古橋不発のセルティックは最下位での敗退決定…【CL】

2023.11.29 04:51 Wed
Getty Images
チャンピオンズリーグ(CL)グループE第5節、ラツィオvsセルティックが28日にスタディオ・オリンピコで行われ、ホームのラツィオが2-0で勝利した。
PR
前節、フェイエノールト(勝ち点6)とのホームゲームを1-0で競り勝ち、グループ2位に浮上したラツィオ(勝ち点7)。今節の勝利且つ、数時間後に行われるフェイエノールトとアトレティコ・マドリー(勝ち点8)で首位のアトレティコの勝利で決勝トーナメント進出が決まるなか、グループ最下位チームをホームで迎え撃った。直近のセリエAで格下サレルニターナに1-2で敗れる失態を演じたサッリのチームは、その試合から先発4人を変更。MF鎌田大地に代わってルイス・アルベルト、カタルディとインモービレ、ザッカーニに代えてロベッラ、イサクセン、カステジャノスを起用した。
一方、奇跡の逆転突破へこの試合の勝利が絶対条件となるセルティック(勝ち点1)。だが、直近のマザーウェルとのホームゲームでは土壇場の失点で1-1のドローに終わり、難敵相手のアウェイゲームに弾みを付けられず。なお、この試合ではFW古橋亨梧がスタメン。負傷のDF岩田智輝、FW前田大然とMF旗手怜央は登録外のDF小林友希と共にメンバー外となった。

互いに前から圧力をかけ合うアグレッシブな入りを見せると、開始5分にはペナルティアーク付近でボールを受けた古橋が左足のシュートで最初の枠内シュートを記録。

一方、ラツィオも徐々に中盤でプレス回避を見せると、10分にはボックス手前右でゲンドゥージが上げたクロスをファーに走り込んだフェリペ・アンデルソンがフリーでダイビングヘッド。だが、このシュートを枠に飛ばせない。
互いにプレスの勢いが落ち着き始めると、以降は共に後方からボールを動かしながら相手の守備ブロック攻略を図る。ボール支配率はほぼ五分五分も、ルイス・アルベルトを起点によりスムーズに前進するラツィオが多くのフィニッシュに繋げていく。

ただ、アタッキングサードでは相手の集中した守備を崩し切れず、中盤の選手がミドルシュートを打たされる場面が目立った。そして、ややクローズな展開が続いた試合はゴールレスでの折り返しとなった。

互いに選手交代なしで臨んだ後半、前半同様に古橋に見せ場。48分、高い位置でのオライリーのボール奪取からボックス右でボールを受けた古橋が相手DFの股間を抜く右足のシュートを放つが、これは惜しくも枠の左に外れる。

以降は再びラツィオペースで試合が進むと、ボックス内でカステジャノス、イサクセンと続けて際どいシュートを放つが、いずれも枠を捉え切れない。

60分過ぎには両ベンチが動く。セルティックはフォレスト、ベルナルドを下げてマイキー・ジョンストン、オ・ヒョンギュを、ラツィオはカステジャノスとフェリペ・アンデルソンに代えて切り札のインモービレとペドロのベテランアタッカー2人をピッチに送り出す。

後半半ばから終盤にかけて試合は一進一退の攻防に。互いに前半に比べてフィニッシュの回数を増やしていくが、ゴール前あと一歩という場面が目立つ。だが、その焦れる展開のなかでホームチームの頼れる主砲が見事な決定力を発揮する。

82分、ボックス手前右でイサクセンが強引に放った左足シュートが相手DFにディフレクトしてボックス左に流れると、これに反応したインモービレが左足で押し込んだ。

前節のフェイエノールト戦に続きインモービレのゴールで先手を奪ったラツィオは直後にルイス・アルベルトを下げて鎌田を投入。すると、この直後の85分にはイサクセンの浮き球パスにボックス内で反応したインモービレがDFスケールズに競り勝って足元にボールを収めると、最後は巧みなシュートフェイントでカバーに入ったDFを外してゴール右隅へ左足のシュートを流し込んだ。

このエースの2ゴールによって大勢が決したなか、何とか一矢報いたいセルティックだったが、終盤の攻勢も実らず。試合はこのままタイムアップを迎えた。

この結果、2連勝で暫定首位に立ったラツィオは自力突破に王手をかけると共に、今節での突破の可能性を残した。一方、敗れたセルティックは最終節を前に最下位での敗退が確定した。

PR
関連ニュース

「目標はユーロ連覇」イタリア代表指揮官、若手の名前列挙し本大会選出へアピール要求! 19歳のサプライズ招集も示唆

イタリア代表のルチアーノ・スパレッティ監督が、イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』のインタビューでユーロ2024への意気込みを語った。 昨年9月にスクデット指揮官としてアッズーリを託されたスパレッティ監督。ユーロ予選途中からの指揮という、決して簡単ではない状況からの船出となったが、無事に予選突破を決めた。 全世界が注目する、“競技レベルはワールドカップ(W杯)よりも高い”と言われるユーロ本大会まで残り3カ月と少し。前回王者イタリア代表を率いる老将は、王座防衛を宣言する。 「我々は予選通過に値するプレーを見せ、見事にその資格を得た。強調されるべきは、各々が常に自らの仕事を放棄せず、積極的なサッカーを貫いている点だ。この集中力をもっともっと改善したい。チームはまだまだ発展途上だ」 「私にはイタリア代表を強くする責任があり、現状、満足できるものなどほとんどない。それはなぜか? 目標がユーロ連覇とW杯優勝だからだ。これは全イタリア国民の期待であり、過去の偉大な歴史がそれを欲しているのだ」 「イングランド、フランス、スペイン、ドイツ…強敵だらけだが、我々だって彼らのレベルに劣っているわけではない。しかし、イングランドを20分間凌駕するだけでは駄目だ。90分間良いプレーをして初めて勝るのだ」 欧州制覇への覚悟を滲ませるスパレッティ監督。その一方、一部の主力選手が所属クラブで不振に喘いでいる現状を危惧している。 「フェデリコ・キエーザ(ユベントス)にニコロ・ザニオーロ(アストン・ビラ)…私は彼らの困難な状況を注視しているよ。万が一に備え、方向転換して別の解決策を準備しておく必要があるだろう。具体的なことを1つ挙げると、[3-4-2-1]を検討している」 「これは守備的な考え方ではなく、そこにいるプレーヤーの快適さを考慮したシステム案だ。間違ってもボール非保持のときに5バックにする、というものではない。攻撃性を維持しつつ、バランスも必要なのだ」 キエーザらのユーロ本大会落選をちらつかせた一方、現時点では当落選上にいると考えられる、A代表未経験の若手を含む選手たちの名前を掲げ、シーズン後半戦でのアピールを期待していると、遠回しながらもハッパをかけた。 「アレッサンドロ・ボンジョルノ(トリノ/24歳)は本当に頑丈なセンターバックだ。ラウル・ベッラノーバ(トリノ/23歳)とリッカルド・カラフィオーリ(ボローニャ/21歳)も準備ができている。ジオバンニ・ファビアン(ボローニャ/19歳)を選んだらサプライズか?」 「ガエターノ・カストロヴィッリ(フィオレンティーナ/27歳)も最近は再びプレーし始めた。他にもアンドレア・カンビアーゾ(ユベントス/24歳)、トンマーゾ・バルダンツィ(ローマ/20歳)、ロレンツォ・ルッカ(アヤックス/23歳)、マルコ・カルネセッキ(アタランタ/23歳)、ミケーレ・ディ・グレゴリオ(モンツァ/26歳)、イバン・プロベデル(ラツィオ/29歳)…」 「リストに載るのは23名(正しくは26名)だが、大会前のトレーニングはさらに4〜6人を帯同させて少しでも経験を積ませたい。新たな花びらを加える可能性は十分にある」 かなり踏み込んだ内容まで語り、ユーロへのアツい意気込みをのぞかせたスパレッティ監督。これに奮起しない若手はA代表には不要だ。 2024.02.24 21:21 Sat

ラツィオが守護神プロベデルと契約更新、今季公式戦34試合に出場

ラツィオは23日、イタリア代表GKイバン・プロベデル(29)との契約更新を発表した。 2021年に解散・消滅したキエーヴォ・ヴェローナの下部組織出身であるプロベデルは、ファーストチーム昇格後にペルージャ、モデナ、エンポリ、スペツィアといった数多のクラブをわたり歩き、2022年夏にラツィオ入り。加入1年目からリーグ戦全38試合出場にすると、セリエAでの2位フィニッシュとチャンピオンズリーグ(CL)出場権獲得に大きく貢献した。 今シーズンも守護神として公式戦34試合に出場。チームはセリエAでこそ現在7位と苦戦するが、コッパ・イタリアは準決勝進出、チャンピオンズリーグ(CL)ではラウンド16に進出するなど好調ぶりを披露している。 今回の新契約では、2027年6月までだった現行契約から契約期間自体は変わらなかった模様。一方で、年俸120万ユーロ(約1億9000万円)からの昇給が実現したと報じられており、イタリア『カルチョメルカート』などでは守護神が200万ユーロ(3億2000万円)の年俸を受け取る予定と伝えていた。 2024.02.24 11:20 Sat

3選手の連れ戻しをレアルが検討中…レンタル先で活躍のラファ・マリンら

レアル・マドリーが他クラブへ放出した選手の再加入を選択肢に考えているようだ。 現在ラ・リーガで首位を走り、チャンピオンズリーグ(CL)でも準々決勝進出が見えているマドリー。新戦力ではドルトムントから大金をはたいて獲得したイングランド代表MFジュード・ベリンガムが驚異的な活躍を見せている他、ミランからレンタルバックしたスペイン代表MFブラヒム・ディアスや、ラージョ・バジェカーノから買い戻したスペイン代表DFフラン・ガルシアなども戦力としてチームに貢献している。 周知の通り、マドリーは他クラブへ放出した選手でも手の届く範囲にとどめていることが多く、レアル・ソシエダで活躍する日本代表MF久保建英もその1人。50%の保有権があることから、今夏の買い戻しがにわかに囁かれていたが、最近2029年までの契約延長にサインしたこともあり、可能性はかなり低くなると考えられている。 しかし、スペイン『マルカ』によると、マドリーが今夏の再加入を検討しているのは久保ではなく、カンテラ出身の3選手とのこと。アラベスにレンタル移籍中のU-21スペイン代表DFラファ・マリン(21)、ラツィオのU-21スペイン代表DFマリオ・ヒラ(23)、ジローナのU-21スペイン代表DFミゲル・グティエレス(22)のようだ。 マリンは191cmのセンターバックで、昨夏アラベスへ武者修行。ここまで主力としてラ・リーガの21試合に出場し、来シーズンの復帰は確実とみられている。 同じくセンターバックのヒラは2022年夏にラツィオへ完全移籍したが、久保と同様にマドリーが保有権を50%残している形。昨年11月下旬あたりからレギュラーの座を勝ち取った今シーズンは、ここまでセリエAで11試合に出場している。 リーグ首位を争うジローナのグティエレスも2022年夏にマドリーから完全移籍。左サイドバックや左ウイングバックとしてチームの躍進を支えており、マドリーは安価での買い戻しが可能と言われている。 また、昨夏買い取りオプション付きのレンタルでミランへと移籍したスペイン人DFアレックス・ヒメネス(18)の動向も注視している模様。他にも多くの選手がマドリーの支配下にあり、さらなる成長が期待されている。 2024.02.18 23:00 Sun

鎌田終盤出場のラツィオ、ザークツィーの一撃に沈みボローニャに逆転負け【セリエA】

ラツィオは18日、セリエA第25節でボローニャをホームに迎え、1-2で逆転負けした。ラツィオのMF鎌田大地は77分からプレーしている。 前節カリアリに3発快勝とした8位ラツィオ(勝ち点37)は、4日前に行われたチャンピオンズリーグ(CL)ではバイエルンにウノゼロ先勝。公式戦連勝とした良い流れの中、出場停止のロマニョーリの欠場を受けてマリオ・ヒラとコンビを組むのはパトリックとなった。 CL出場権を争う4位ボローニャ(勝ち点42)に対し、ポゼッションを譲る入りとしたラツィオは7分、敵陣高い位置でボールを奪ったイサクセンのパスを受けたボックス内のインモービレがシュートに持ち込む好機を演出。 ここはGKスコルプスキに阻まれた中、アクシデントが発生。パトリックが負傷しカザーレが投入された。 その後、13分にフェリペ・アンデルソンのスルーパスを受けたインモービレがネットを揺らしたもののオフサイドに阻まれたラツィオだったが、18分に先制点を奪いきる。イサクセンが敵陣でボールを奪ってショートカウンターに転じると、インモービレのリターンパスを受けたイサクセンがシュートを流し込んだ。 さらに31分、イサクセンのカットインシュートで追加点に迫ったが、GKスコルプスキにセーブされてボールはポストを掠めた。 すると39分、痛いミスで同点に追いつかれる。GKプロベデルのミスパスからエル・アズジにネットを揺らされると、直後はオフサイド判定だったものの、VARでゴールが認められた。 追いつかれたラツィオは44分、CKの流れからゲンドゥージがボレーでゴールに迫るも、ゴールライン前のルクミの好ブロックに阻まれ、1-1で前半を終えた。 迎えた後半もボローニャがボールを持つ流れとなった中、膠着状態で試合は推移。そこで65分、ラツィオはカステジャノスとペドロを投入。さらに77分、鎌田がピッチに投入された。 しかし直後の78分、ボローニャに逆転弾。遅攻の流れからザークツィーが左サイドに展開。クリスティアンセンのリターンクロスをザークツィーがボレーで蹴り込んだ。 ザークツィーの一撃で追う展開となったラツィオは終盤にかけて前がかるも好機を作れず1-2で逆転負け。バイエルン戦勝利の勢いを削がれてしまった。 2024.02.18 22:32 Sun

バイエルンが人種差別的発言を非難、CLでPK献上&退場のウパメカノが被害に「このような人は私たちのファンではない」

バイエルンは15日、フランス代表DFダヨ・ウパメカノに対する人種差別的発言を受けての声明を発表した。 14日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16の1stレグで、バイエルンはラツィオとアウェイで対戦。67分、グスタフ・イサクセンに対するボックス内でのウパメカノのチャレンジがファウルとなり、PKを献上するとともに、ウパメカノにはレッドカードが提示された。 このPKが決勝点となり、バイエルンは敵地で0-1と敗戦。ウパメカノへは厳しい声が寄せられただけでなく、SNS上では人種差別的な発言までも受けることとなった。 ただし、批判と差別的発言は明らかに異なる。クラブは毅然とした態度を取り、試合の翌日に公式SNSで声明を発表。コメントを非難するとともに、ウパメカノに寄り添う姿勢を改めて示している。 「FCバイエルンは、ソーシャルメディア上でダヨ・ウパメカノに向けられた人種差別的なコメントを強く非難します。このような憎しみに満ちた言葉をコメントする人は、私たちのクラブのファンではありません。ウパ、私たちは皆、あなたとともにあります!」 2024.02.15 16:50 Thu
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly