途中出場インモービレ2発のラツィオに今節突破の可能性! 古橋不発のセルティックは最下位での敗退決定…【CL】

2023.11.29 04:51 Wed
Getty Images
チャンピオンズリーグ(CL)グループE第5節、ラツィオvsセルティックが28日にスタディオ・オリンピコで行われ、ホームのラツィオが2-0で勝利した。
PR
前節、フェイエノールト(勝ち点6)とのホームゲームを1-0で競り勝ち、グループ2位に浮上したラツィオ(勝ち点7)。今節の勝利且つ、数時間後に行われるフェイエノールトとアトレティコ・マドリー(勝ち点8)で首位のアトレティコの勝利で決勝トーナメント進出が決まるなか、グループ最下位チームをホームで迎え撃った。直近のセリエAで格下サレルニターナに1-2で敗れる失態を演じたサッリのチームは、その試合から先発4人を変更。MF鎌田大地に代わってルイス・アルベルト、カタルディとインモービレ、ザッカーニに代えてロベッラ、イサクセン、カステジャノスを起用した。
一方、奇跡の逆転突破へこの試合の勝利が絶対条件となるセルティック(勝ち点1)。だが、直近のマザーウェルとのホームゲームでは土壇場の失点で1-1のドローに終わり、難敵相手のアウェイゲームに弾みを付けられず。なお、この試合ではFW古橋亨梧がスタメン。負傷のDF岩田智輝、FW前田大然とMF旗手怜央は登録外のDF小林友希と共にメンバー外となった。

互いに前から圧力をかけ合うアグレッシブな入りを見せると、開始5分にはペナルティアーク付近でボールを受けた古橋が左足のシュートで最初の枠内シュートを記録。

一方、ラツィオも徐々に中盤でプレス回避を見せると、10分にはボックス手前右でゲンドゥージが上げたクロスをファーに走り込んだフェリペ・アンデルソンがフリーでダイビングヘッド。だが、このシュートを枠に飛ばせない。
互いにプレスの勢いが落ち着き始めると、以降は共に後方からボールを動かしながら相手の守備ブロック攻略を図る。ボール支配率はほぼ五分五分も、ルイス・アルベルトを起点によりスムーズに前進するラツィオが多くのフィニッシュに繋げていく。

ただ、アタッキングサードでは相手の集中した守備を崩し切れず、中盤の選手がミドルシュートを打たされる場面が目立った。そして、ややクローズな展開が続いた試合はゴールレスでの折り返しとなった。

互いに選手交代なしで臨んだ後半、前半同様に古橋に見せ場。48分、高い位置でのオライリーのボール奪取からボックス右でボールを受けた古橋が相手DFの股間を抜く右足のシュートを放つが、これは惜しくも枠の左に外れる。

以降は再びラツィオペースで試合が進むと、ボックス内でカステジャノス、イサクセンと続けて際どいシュートを放つが、いずれも枠を捉え切れない。

60分過ぎには両ベンチが動く。セルティックはフォレスト、ベルナルドを下げてマイキー・ジョンストン、オ・ヒョンギュを、ラツィオはカステジャノスとフェリペ・アンデルソンに代えて切り札のインモービレとペドロのベテランアタッカー2人をピッチに送り出す。

後半半ばから終盤にかけて試合は一進一退の攻防に。互いに前半に比べてフィニッシュの回数を増やしていくが、ゴール前あと一歩という場面が目立つ。だが、その焦れる展開のなかでホームチームの頼れる主砲が見事な決定力を発揮する。

82分、ボックス手前右でイサクセンが強引に放った左足シュートが相手DFにディフレクトしてボックス左に流れると、これに反応したインモービレが左足で押し込んだ。

前節のフェイエノールト戦に続きインモービレのゴールで先手を奪ったラツィオは直後にルイス・アルベルトを下げて鎌田を投入。すると、この直後の85分にはイサクセンの浮き球パスにボックス内で反応したインモービレがDFスケールズに競り勝って足元にボールを収めると、最後は巧みなシュートフェイントでカバーに入ったDFを外してゴール右隅へ左足のシュートを流し込んだ。

このエースの2ゴールによって大勢が決したなか、何とか一矢報いたいセルティックだったが、終盤の攻勢も実らず。試合はこのままタイムアップを迎えた。

この結果、2連勝で暫定首位に立ったラツィオは自力突破に王手をかけると共に、今節での突破の可能性を残した。一方、敗れたセルティックは最終節を前に最下位での敗退が確定した。

PR
関連ニュース

オカフォーが終盤に決勝弾、ミランが最終的に8人となったラツィオに競り勝つ【セリエA】

セリエA第27節、ラツィオvsミランが1日に行われ、0-1でミランが勝利した。ラツィオのMF鎌田大地はベンチ入りも出場しなかった。 前節フィオレンティーナに逆転負けした8位ラツィオ(勝ち点40)は、4日後にチャンピオンズリーグのバイエルン戦を控える中、インモービレやイサクセンをベンチスタートとし、3トップはカステジャノス、フェリペ・アンデルソン、ザッカーニで形成した。 対する3位ミラン(勝ち点53)は前節アタランタにドローに持ち込まれた。そのミランは翌週にヨーロッパリーグのスラビア・プラハとの初戦を控える中、トモリ、カラブリア、ラインデルスをベンチスタートとした以外は主力を投入した。 互角の攻防を経て8分、ラツイオはベシーノのボレーでゴールに迫るもわずかに枠外へ。 その後は膠着状態が続いた中、ミランがややボールを持つ時間を長くしていくと、ハーフタイム間際の追加タイムにプリシックのカットインシュートでGKを強襲するも、ゴールレスで前半を終えた。 迎えた後半もミランが押し込む流れで立ち上がった中、57分に数的優位となる。ルカ・ペッレグリーニがセルフジャッジでプレーを切りにかかってプリシックを倒すと、2枚目のイエローカードを貰ってしまった。 するとミランに75分、決定機。カラブリアの右クロスに合わせたロフタス=チークのボレーが枠を捉えたが、GKプロベデルのファインセーブに阻まれた。 直後、イサクセンのチャンスメークからインモービレに決定機があったラツィオに対し、助かったミランは直後にラインデルスの絶妙スルーパスからレオンがネットを揺らしたが、VARでオフサイドとなりノーゴールに。 このまま引き分けやむなしかと思われた終盤の88分、ミランに決勝弾。レオンの左クロスからオカフォーがシュート。これはGKプロベデルにセーブされると、ルーズボールをジルーがプッシュ。DFにブロックされたルーズボールをオカフォーが押し込んだ。 結局、大荒れの試合は追加タイムにマルシッチとゲンドゥージが退場となって8人となったラツィオにミランが競り勝ち勝利。 ラツィオはバイエルン戦を前に後味の悪い一戦となってしまった。 2024.03.02 06:56 Sat

【セリエA第27節プレビュー】ラツィオvsミラン、ナポリvsユーベのCL出場権争い

前節はミランとアタランタの上位対決が行われ、ミランが優勢としながらもPKによる被弾で引き分け決着となった。そしてインテルが水曜に行われた延期分のアタランタ戦を4-0と快勝して2位ユベントスとの勝ち点差を12に広げている。迎える第27節、8位ラツィオ(勝ち点40)vs3位ミラン(勝ち点53)、9位ナポリ(勝ち点40)vs2位ユベントス(勝ち点57)によるチャンピオンズリーグ(CL)出場権争い直接対決が行われる。 まずは金曜開催のラツィオvsミラン。ラツィオは前節、フィオレンティーナに1-2で逆転負け。守勢の展開ながらハーフタイム間際に先制に成功したが、後半に2失点し力尽きた。そのラツィオは翌火曜にバイエルンとのCLを控えるため、ミラン戦だけに集中しきれない状況だが、来季のCL出場権獲得のためにも負けられない一戦となる。 対するミランは前節アタランタに優勢のドロー。勝ち切りたい試合内容だったが、引き分けに終わってしまった。そのミランは翌木曜にヨーロッパリーグでスラビア・プラハとの初戦を控えるが、こちらはラツィオ戦に戦力を傾けてくる可能性が高い。3位の座を堅守し、ラツィオを蹴落としたい。 続いて日曜開催のナポリvsユベントス。ナポリは前節カリアリ相手にラストプレー被弾を浴びて低調ドロー。しかし水曜に行われた延期分のサッスオーロ戦ではFWオシムヘンがトリプレッタ、FWクワラツヘリアがドッピエッタと両主軸が大暴れした。昨季のナポリを思わせるような躍動感溢れるプレーでカルツォーナ体制初勝利を飾った中、ユベントス相手にも攻撃が通用するか、真価が問われる。 対するユベントスは前節、フロジノーネ相手にDFルガーニのラストプレー弾で劇的勝利。苦しい状況が続いていたが、5戦ぶりの勝利を手にして悪い流れを断ち切った。中盤の主軸であるMFラビオとMFマッケニーが負傷欠場するのは痛いが、新戦力のMFアルカラスは能力の高さを早くも示しておりスタメン起用でどれだけできるのか注目される。また、ここ7戦で9発と絶好調を維持するヴラホビッチにも引き続き期待が懸かる。 4戦連続4ゴールと無双状態の首位インテル(勝ち点69)は、月曜に12位ジェノア(勝ち点33)と対戦。インテルは前節レッチェ戦をターンオーバーしつう快勝し、水曜に行われたアタランタ戦を主力を投入して4-0と圧勝した。もはや止められる相手が居ない状況の中、5戦連続4ゴールを達成できるかに注目だ。 前節トリノ戦ではDFスモーリングが復帰し、デ・ロッシ体制では初となる3バックでスタートした6位ローマ(勝ち点44)は、11位モンツァ(勝ち点36)と対戦。トリノ戦ではFWディバラのトリプレッタで勝利したローマ。デ・ロッシ体制となって良い流れが続く中、曲者モンツァも退けて5位にまで与えられることが濃厚なCL圏内浮上となるか。 ◆セリエA第27節 ▽3/1(金) 《28:45》 ラツィオvsミラン ▽3/2(土) 《23:00》 ウディネーゼvsサレルニターナ 《26:00》 モンツァvsローマ 《28:45》 トリノvsフィオレンティーナ ▽3/3(日) 《20:30》 ヴェローナvsサッスオーロ 《23:00》 フロジノーネvsレッチェ エンポリvsカリアリ 《26:00》 アタランタvsボローニャ 《28:45》 ナポリvsユベントス ▽3/4(月) 《28:45》 インテルvsジェノア 2024.03.01 18:00 Fri

ウパメカノが1試合の出場停止処分でラツィオとのCL2ndレグを欠場

バイエルンは2月29日、フランス代表DFダヨ・ウパメカノが欧州サッカー連盟(UEFA)から1試合の出場停止処分を受けたことを発表した。 ウパメカノは、2月14日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16・1stレグのラツィオ戦に先発出場したが、67分にボックス内でシュートを放ったFWグスタフ・イサクセンの足首を踏みつけてしまい、PKを与えるとともにレッドカードを受け、退場処分となった。 そして、UEFA規律委員会はウパメカノの行為をラフプレーと認定し、29日に1試合の出場停止処分を言い渡した。 今回の処分により、ウパメカノは3月5日にホームで行われるCLラウンド16・2ndレグを欠場することが確定した。 2024.03.01 00:50 Fri

セリエA帰還の可能性もあるジョルジーニョ、代理人は「ラツィオやユベントスが彼に合うと思うが…」

アーセナルのイタリア代表MFジョルジーニョ(32)の代理人であるジョアン・サントス氏は、選手がセリエA復帰に向かっていることを示唆した。『フットボール・イタリア』が伝えている。 ナポリやチェルシーで活躍してきたジョルジーニョは、2023年1月にアーセナルへ完全移籍で加入。チームの絶対的な主軸とまではならずとも、要所要所で存在感を示しており、今シーズンも公式戦25試合に出場している。 一方で、アーセナルとの契約は2024年6月で満了となり、クラブは延長オプションを保有するも行使するかは不透明に。こうした事情もあり、セリエA復帰の可能性もあるとこれまで複数メディアで報じられてきた。 そんな中で、『TvPlay』のインタビューに応じたジョアン・サントス氏は、セリエAのローマを除くビッグクラブに移籍する可能性はあると明言しており、今後そのいずれかと交渉を進めることを示唆している。 「彼の特徴を熟知しているサッリ監督の存在を考えると、ラツィオはより合うクラブになるだろう。だが、ナポリで何年も一緒に過ごしたクリスティアーノ・ジュントーリのような偉大なディレクターがいるユベントスも合うと思う」 「私としては、以前サッリ監督の下で働いていたカルツォーナ新監督のいるナポリに戻る選択肢も排除したくない。一方で、ローマはないと思う。彼らとこれまで接触したことはないからね。そして彼らの強さや伝統を考えれば、ミランやインテルでプレーしたくない人はいないだろう」 2024.02.29 12:40 Thu

鎌田ラツィオの“サッリvsロティート”再び…今回は会長も言い返して緊張高まる「言い訳をやめて責任を負え」

ラツィオで「マウリツィオ・サッリ監督vsクラウディオ・ロティート会長」の対立軸が再び浮かび上がってきた。『フットボール・イタリア』が伝えている。 ラツィオは26日、セリエA第26節でフィオレンティーナに逆転負け。先制点のMFルイス・アルベルトが「1-0リードのハーフタイムの時点でさえ、勝利に値しなかった」と振り返ったほど、攻守にバランスを欠いた黒星だった。 そんなラツィオで2022年夏以降、たびたび繰り返されてきたのが、100%満足いく補強を求めるサッリ会長が、財布のヒモが堅いロティート会長への不満を報道陣の前でぶちまける、というもの。 序盤戦から苦しい戦いが続いてフィオレンティーナにも敗れた直後、「鎌田大地などをなかなか起用しないですが...」と問われ、サッリ監督が再び遠回しにロティート会長を攻撃。自らの責任を回避した。 「私が移籍市場をコントロールしているわけじゃない」 ここまではいつも通り。今回は、ロティート会長も地元紙を通じて、サッリ監督を名指しで言い返したのだ。 「チームは強力で競争力があり続けなくてはならない。サッリは常に言い訳を探すのではなく、チームと共に責任を引き受けるべきだ。移籍市場とフィレンツェの敗戦はなんら関係がない。シーズンが終われば、最終的に評価を下す」 契約を2025年6月、24-25シーズンまで残すサッリ監督だが、果たして。 2024.02.28 21:30 Wed
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly