PSGもブラジルの新たな天才に注目、チェルシーが狙う中でデッドヒートか

2023.11.28 23:05 Tue
ブラジルで新たに注目されているガブリエウ・モスカルド
Getty Images
ブラジルで新たに注目されているガブリエウ・モスカルド
パリ・サンジェルマン(PSG)がブラジルの逸材の獲得に動いていくようだ。『Caought Offside』が伝えた。
PR
PSGが獲得を狙っているのは、コリンチャンスのU-23ブラジル代表MFガブリエウ・モスカルド(18)。新たな天才として知られる逸材だ。
コリンチャンスの下部組織で育ったボランチで、2023年7月にファーストチームに正式に昇格した。

今シーズンのカンピオナート・ブラジレイロ・セリエA(ブラジル1部)で16試合に出場している。

このモスカルドには、チェルシーが強い関心を示しており、2100万ユーロ(約34億2000万円)のオファーを9月に出されたが拒否したとのことだ。
そんな中、PSGも獲得に動いているとのこと。プレミアリーグでのプレーも期待される一方で、PSGで成長を加速させることも良いと考えられているという。

PSGは17歳でフランス代表デビューを果たしたMFウォーレン・ザイール=エメリが所属しているが、重傷を負ってしまった。ただ、ザイール=エメリが成長したように、モスカルドも大きな成長が見込めると考えられている。

PR
関連ニュース

マルキーニョスのソシエダ戦出場が不透明…ふくらはぎを負傷中

パリ・サンジェルマン(PSG)のブラジル代表DFマルキーニョスのレアル・ソシエダ戦出場が不透明な状況だ。フランス『レキップ』が伝えている。 今月14日に行われたホーム開催のチャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16・1stレグを2-0で先勝したPSGは、3月5日にソシエダホームの2ndレグに臨む。 この重要な一戦に向け、キャプテンとディフェンスリーダーを担うブラジル代表DFの状態が懸念されている。 マルキーニョスは17日に行われたナント戦でふくらはぎを痛めて後半途中に負傷交代。直近のスタッド・レンヌ戦では予防措置の形で招集メンバー外となっていた。 さらに、28日に行われたトレーニングセッションでもチームトレーニングに参加しておらず、負傷箇所の回復は思わしくないようだ。 現状では3月1日に行われるモナコ戦の欠場は濃厚で、ソシエダ戦でのぶっつけ本番での復帰を目指すことになる。 2024.02.28 23:31 Wed

「サッカー選手だよね?」「国を動かした」PSG退団濃厚のムバッペが仏大統領やカタール首長らとの会食に参加、直々に歓迎され話題に「25歳がすることじゃない」

パリ・サンジェルマン(PSG)のフランス代表FWキリアン・ムバッペの影響力が凄まじい。 今シーズン限りでPSGとの契約が満了するムバッペ。1年間の延長オプションがついているもののこれを行使するつもりはなく、かねてからの念願だったレアル・マドリーへの加入を目指していると伝えられている。 そのムバッペの周りで動きがあった。 27日、ムバッペはフランスのエマニュエル・マクロン大統領と大統領夫人、そしてカタールのタミーム・ビン・ハマド・アール=サーニー首長、そしてPSGのナセル・アル=ケライフィ会長との会食にゲストの1人として参加したという。 フランス『ル・パリジャン』によると、元々はイスラエルとハマスの紛争を巡る協議の一環としてカタールの首長を迎えることになっていたなか、それ以外の会談の一部にムバッペとナセル・アル=ケライフィ会長が参加するようにマクロン大統領が招待したということだ。 1人のサッカー選手でありながらこうした場にも招待されるムバッペ。その影響力にはファンからも「25歳がすることじゃない」、「サッカー選手だよね?」、「本物のスーパースターだ」、「すごすぎる」、「この男は国を動かした、と驚きの声が寄せられている。 過去にムバッペがPSG退団に近づいた際には、マクロン大統領自ら説得したこともあるなか、今回はどんな話があったのだろうか。 <span class="paragraph-title">【写真】マクロン大統領やカタールの首長から歓迎されるムバッペ</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet" data-media-max-width="560"><p lang="fr" dir="ltr">Emmanuel Macron à l&#39;émir du Qatar : &quot;Vous avez réussi une formidable compétition avec je crois la plus spectaculaire finale de l&#39;histoire.&quot;<a href="https://t.co/SUT2Ny0Sy9">https://t.co/SUT2Ny0Sy9</a> <a href="https://t.co/DpmICry1KZ">pic.twitter.com/DpmICry1KZ</a></p>&mdash; RMC Sport (@RMCsport) <a href="https://twitter.com/RMCsport/status/1762575743098220803?ref_src=twsrc%5Etfw">February 27, 2024</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2024.02.28 15:40 Wed

PSGはドンナルンマのパフォーマンスに不満? 今夏にドルトムントのスイス代表GK獲得を希望か

パリ・サンジェルマン(PSG)がドルトムントのスイス代表GKグレゴール・コベル(26)に関心を示しているようだ。 PSGは2021年夏に加入したイタリア代表GKジャンルイジ・ドンナルンマ(24)が守護神を務め、今シーズンも公式戦29試合に出場。しかし、ドイツ『スカイ・スポーツ』によるとクラブは時折ミスも見られるイタリア代表GKのパフォーマンスについて、必ずしも満足しているわけではないという。 今夏に将来的な守護神探しを計画とも報じられるPSGだが、すでにコベルの代理人に接触したとのこと。今シーズンのブンデスリーガで29試合に出場して安定したプレーを見せる守護神を、クラブは高く評価しているようだ。 コベルとドルトムントの契約は2028年夏まで残るが、選手本人はリーグ・アン行きの可能性も除外していない模様。かつてはチェルシー、マンチェスター・ユナイテッド、トッテナムからも関心を寄せられていた人気銘柄だけに、今後さらに関心を示すクラブが増える可能性もありそうだ。 2024.02.27 13:45 Tue

「キリアン抜きの戦いに慣れないと」 PSG監督がリード許す展開のムバッペ途中交代を説明

パリ・サンジェルマン(PSG)のルイス・エンリケ監督が追いかける展開でフランス代表FWキリアン・ムバッペに交代を命じた。 PSGは25日のリーグ・アン第23節でスタッド・レンヌとホームで対戦。33分に先制を許すと、途中から出場したゴンサロ・ラモスがPKを決めた90+7分に追いつくのやっとで、3連勝がストップした。 そんな試合ではムバッペが65分にピッチを後に。チームは1点ビハインドのシチュエーションとあって、話題のひと幕だった。 フランス『Le Parisien』によると、スペイン人指揮官は試合後の会見でその件についても言及。今季終了後の移籍話が加熱するエースの途中交代に述べたようだ。 「ムバッペに関しては遅かれ早かれ、あのような状況がまた起こるだろう。キリアン抜きの戦いに慣れていかないといけない。いかなるコーチが選手にそうするように、私が正しいと判断したとき、彼がプレーするか否かが決まる」 また、試合自体に関しては苦戦を認めつつ、引き分けという結果にも納得の様子をうかがわせた。 「序盤から複雑な試合だったし、いつもより正確さを欠き、インスピレーションも足りなかった。チームの姿勢とプレッシャーは良かったよ。ゴールの場面を除けば相手にほとんど突破させなかった」 「おそらくボールを持っていないときの機動力が欠けたのかもしれないが、大事なこと。後半はチャンスを作るのに苦労したが、引き分けという結果は最終的に妥当だ」 2024.02.26 15:35 Mon

PSG、レンヌ相手に苦戦もG・ラモスのラストプレーPK弾でドロー【リーグ・アン】

リーグ・アン第23節、パリ・サンジェルマン(PSG)vsスタッド・レンヌが25日にパルク・デ・プランスで行われ、1-1のドローに終わった。 リーグ3連勝で首位を快走するPSGは、7位のレンヌを相手に4連勝を狙った。ルイス・エンリケ監督は2-0で勝利したナント戦から先発5人を変更。マルキーニョスやザイール=エメリがスタメンを外れた一方、ムバッペやデンベレが復帰した。 試合はホームのPSGがボールを握って押し込む展開に。アタッキングサードでデンベレやムバッペの仕掛けで局面の打開を図るなか、序盤はミドルレンジからの強引なシュートが目立つ。20分にはデンベレとのパス交換でペナルティアーク付近でボールを受けたヴィティーニャがゴール左隅へ決定的なシュートを飛ばすが、これはGKマンダンダの好守に遭う。 一方、ヨーロッパリーグの疲労が見受けられるレンヌだったが、鮮やかな個人技からワンチャンスを活かして先制点を奪う。33分、相手陣内中央でデジレ・ドゥエから足元にパスを受けたグイリが強引に中央突破を仕掛けてDFダニーロを裏街道で抜き去ると、最後はGKとDFに寄せられる寸前で右足アウトにかけた見事なシュートをゴールネットに突き刺した。 失点後にすぐさま反撃の姿勢を見せたものの、なかなか攻撃のリズムを掴めずに1点ビハインドで試合を折り返したPSG。後半はイ・ガンインを下げてアセンシオを投入し、早い時間帯のゴールを目指すが、前半同様に苦戦が続く。59分にはデンベレが見事な左足のシュートでゴールに迫るが、GKマンダンダの好守に遭う。 この苦しい展開を受け、ルイス・エンリケ監督はムバッペやデンベレ、バルコラと主力アタッカーを下げてコロ・ムアニ、ゴンサロ・ラモスらを投入。さらに、長期離脱明けの攻撃的な左サイドバックのヌーノ・メンデスもピッチに送り込んだ。 後半終盤を迎えて専守防衛の構えを見せるアウェイチーム相手に決死の猛攻を仕掛けていくと、87分にはボックス内でドゥエと交錯したゴンサロ・ラモスがPKを獲得。だが、オンフィールド・レビューの結果、接触なしとの判定でゴンサロ・ラモスにイエローカードが出る。 これで万事休したかに思われたが、後半アディショナルタイムにボックス内でゴンサロ・ラモスがGKマンダンダと交錯すると、オンフィールド・レビューの結果、今度はPSGにPKが与えられた。そして、これをゴンサロ・ラモス自らきっちり決め切り、苦しんだレンヌ戦を劇的ドローで終えた。 2024.02.26 03:17 Mon
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly