「ファンが獣のようになることが必要」CL前にグアルディオラ監督がスタジアムの熱狂求める

2023.11.28 17:05 Tue
CL前にファンの重要性を語るジョゼップ・グアルディオラ監督
Getty Images
CL前にファンの重要性を語るジョゼップ・グアルディオラ監督
マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督が、チャンピオンズリーグ(CL)を前にファンの熱狂を求めた。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。
PR
ここまでCLグループGで4試合全勝しており、すでに決勝トーナメント進出を決めているシティ。28日に予定されている第5節のRBライプツィヒ戦に勝利すれば、1試合を残して首位通過も決まる状況となっている。
試合に先立って行われた記者会見で、グアルディオラ監督はより良い成績を残すため、スタジアムに集ったファンが熱狂してくれることの必要性を強調。エティハド・スタジアムは時折静けさが話題になることもあるため、指揮官は選手がさらに良いプレーを見せて盛り上げる必要があると語っている。

「スタジアムは常に満員である以上、我々は可能な限り最高のプレーをする必要がある。でき得る限り多くのものを生み出し、人々に活力を与え、我々が共にいるのだと思えるようにしなければならない」

「今のチームは本当に良いプレーをしていると思う。選手たちは長年にわたってやってきたことに、一丸となって取り組むのが大好きなんだ」
「昨シーズンのCL準決勝や準々決勝、そしてプレミアリーグのアーセナル戦では、ファンはまるで獣のようになってそこにいてくれた。そして、我々はそれを必要としている」

「私の考えとしては、成功するためファンがいつもここにいてくれることが必要なんだ。スタジアムに来てくれたみんな、ありがとう。ファンなしでは何かを成し遂げるのは不可能だ。そして一緒にいれば、より強くなれる」

PR
関連ニュース

【プレミアリーグ第27節プレビュー】今季2度目のマンチェスターダービー! 休養十分スパーズは新生パレスと対峙

先週末に行われた第26節はリバプール、マンチェスター・シティ、アーセナル、アストン・ビラとトップ4が揃って勝利。好調マンチェスター・ユナイテッドがフルアムに敗れたものの、波乱の少ない一節となった。 3月最初に開催される今節は2位のマンチェスター・シティと、6位のマンチェスター・ユナイテッドが対峙する今シーズン2度目のマンチェスター・ダービーが最注目カードだ。 シティは前節、ボーンマス相手に“チェリーズキラー”として知られるMFフォーデンのゴールで1-0の勝利。なかなか追加点を奪えずに苦戦を強いられたが、きっちり逃げ切りに成功。リーグ2戦ぶりの白星を挙げた。さらに、直近のFAカップではルートン・タウン相手にMFデ・ブライネの4アシスト、FWハーランドの5ゴールと圧倒的な個の力を活かして6-2の快勝。久々の大量ゴールを挙げての勝利で、ホーム開催のダービーに大きな弾みを付けた。 対するユナイテッドは前節、フルアム相手に1-2で敗戦。守護神オナナの孤軍奮闘の活躍や相手の決定力不足に助けられ、後半アディショナルタイムにDFマグワイアの今季リーグ初ゴールで同点に追いつく。さらに、攻勢を仕掛けて逆転を狙ったが、逆に相手のカウンターに屈してホームで厳しい敗戦。これでリーグ連勝が「4」でストップした。それでも、FAカップではノッティンガム・フォレストとの接戦を後半終了間際にMFカゼミロが決めた土壇場のゴールによって1-0の勝利。延長戦突入を回避すると共に、フルアム戦の黒星を払拭して難所エティハド・スタジアムに乗り込む形となった。 次節にそのシティとの直接対決を控える首位のリバプールは、17位のノッティンガム・フォレストを相手にリーグ4連勝を狙う。前節、ルートンに4-1の快勝を収めたクロップのチームは、先週末に行われたEFLカップ(カラバオカップ)決勝でチェルシーとの120分の激闘を主将DFファン・ダイクのゴールによって1-0の勝利。今季4冠を目指す中で最初のタイトル獲得に成功した。 さらに、FAカップでは多くの離脱者、主力のコンディションを鑑みて控えや若手中心のスカッドで臨んだが、チャンピオンシップ(2部)で上位に位置するサウサンプトンに3-0の快勝。クーマスとダンズの18歳FWコンビが指揮官の期待に応える初ゴールを挙げ、改めてチームとしての総合力を証明した。ミッドウィークのヨーロッパリーグ(EL)や次節シティ戦に向けて引き続きターンオーバーが求められるなか、MF遠藤航や前線の主力の復帰を期待しつつ、引き続き頼もしいアカデミーの逸材たちの躍動を期待したい。 リーグ6連勝で2強の背中にぴったりと付く3位のアーセナルは、最下位のシェフィールド・ユナイテッドとのマンデーナイト開催のアウェイゲームでさらなる連勝を狙う。チャンピオンズリーグ(CL)のポルト戦の敗戦後に戦った前節のニューカッスル戦では心身ともに疲労を抱えるなかでの一戦ということもあり苦戦が見込まれたが、蓋を開けてみれば4-1のスコア以上の内容で完勝。 とりわけ前半は相手を自陣に押し込み続けて、セットプレーと鮮やかな連携で2ゴールを奪取。後半もFWサカのリーグ5試合連続ゴールなどでゴールを重ね、一瞬の隙から3試合連続クリーンシートこそ逃したが、素晴らしいパフォーマンスを披露した。アウェイゲームとはいえ、休養十分で臨む最下位相手のアウェイゲームで連勝を伸ばす可能性は高そうだ。なお、アジアカップから復帰して以降、欠場が続くDF冨安健洋はMFトーマスらと共にこの試合での戦列復帰が期待されている。 優勝を争う3強を除く試合では5位のトッテナムと13位のクリスタル・パレスとのロンドン・ダービーに注目が集まる。 トッテナムは前節、今季上位相手に強さを見せるウォルバーハンプトン相手にホームで1-2の逆転負け。格下相手にシーズンダブルを許し、トップ4陥落となった。ただ、先週末のリーグ戦はチェルシーのEFLカップ決勝進出に伴い延期となり、FAカップ敗退によってミッドウィークも試合がなく休養十分でバウンスバックを図る今回の一戦に臨める。DFペドロ・ポロに加えてヒザを痛めたFWリシャルリソンが不在となるが、DFウドジェの復帰や代表戦からリフレッシュしたFWソン・フンミン、MFビスマらの状態は上がっているはずだ。さらに、FWヴェルナーら新加入組の戦術浸透によってスケールアップした戦いが期待される。 対するパレスは成績不振と体調悪化によってホジソン前監督が退任したなか、グラスナー新監督を招へい。その新指揮官の初陣となったバーンリー戦では前半の相手の退場に救われた部分はあるが、フランクフルト時代からの代名詞である[3-4-2-1]の布陣で躍動感をみせ、3-0の快勝。途中投入のMFマテウス・フランサが違いを生むなどポジティブな変化も確認された。DFグエイを引き続き欠く守備面は懸念材料も、MFエゼの復帰が見込まれる攻撃はスパーズ相手にも十分に通用するはずだ。 直近2連勝で復調気配漂う4位のアストン・ビラは、DF橋岡大樹を擁する18位のルートン相手に3連勝を目指す。前節のフォレスト戦ではMFドウグラス・ルイスの2ゴールなどで大量4ゴールを挙げて公式戦3連敗中だったビラ・パークで久々の勝利を収めた。FWワトキンスが2戦連発と状態を上げてきており、今回のアウェイゲームでも自慢の攻撃で押し切る構えだ。唯一の懸念材料は週明けにカンファレンスリーグ(ECL)のアヤックス戦を控える日程面だが、エメリ監督は前線を中心に多士済々な面々を効果的に活かすはずだ。 対するルートンは直近リーグ3連敗と調子が下降気味。引き続き攻撃は好調を継続しているものの、ビルドアップやセットプレーの緩み、自陣でのイージーミスによって失点が増えている。とりわけ、直近のFAカップではデ・ブライネ、ハーランドのコンビに蹂躙されて6失点を喫しており、守備面の改善は急務だ。そのなかでシティ戦で新天地デビューを飾って今節でのプレミアデビューも期待される橋岡には守備を締める仕事を期待したい。 11位のチェルシーは16位のブレントフォード相手に2試合ぶりの白星を狙う。前々節のシティ戦のドロー、EFLカップ決勝の敗戦で2試合未勝利のブルーズだったが、直近のFAカップではチャンピオンシップのリーズとのシーソーゲームに3-2で勝利。ミスや集中力の欠如による2失点は頂けないが、好調を維持するMFエンソ・フェルナンデス、MFギャラガーのコンビで土壇場の勝ち越しゴールを挙げて3試合ぶりの白星を挙げた。ブレントフォード戦では守備面でルーズな相手に対して、攻撃陣がきっちりチャンスで仕留め切れるかが勝敗のカギとなる。 その他ではMF三笘薫の今季絶望という辛い報せが届いた7位のブライトンと12位のフルアムが対峙する一戦、勝ち点剥奪処分が「10」から「6」に軽減されて15位に浮上したエバートンと8位のウェストハムの名門対決も要注目だ。 ◆プレミアリーグ第27節 ▽3/2(土) 《24:00》 ブレントフォード vs チェルシー エバートン vs ウェストハム フルアム vs ブライトン ニューカッスル vs ウォルバーハンプトン ノッティンガム・フォレスト vs リバプール トッテナム vs クリスタル・パレス 《26:30》 ルートン・タウン vs アストン・ビラ ▽3/3(日) 《22:00》 バーンリー vs ボーンマス 《24:30》 マンチェスター・シティ vs マンチェスター・ユナイテッド ▽3/4(月) 《29:00》 シェフィールド・ユナイテッド vs アーセナル 2024.03.02 12:00 Sat

3バック採用が好循環生む、中盤支えた長谷川唯も確かな感触「すごくいいフィーリング」

なでしこジャパンの中盤を支えたMF長谷川唯(マンチェスター・シティ)が、試合の手ごたえを口にした。 なでしこジャパン(サッカー日本女子代表)は28日、パリ・オリンピックアジア最終予選第2戦となる北朝鮮女子代表戦を国立競技場で行い、2-1で勝利。2戦合計スコアを2-1とし、2大会連続6度目のオリンピック出場権を獲得した。 試合後のフラッシュインタビューに応じた長谷川は、「本当に嬉しいですし、今日は気持ちも日本らしいサッカーも見せられたと思います」と胸を張り、緊張感漂う一戦へ向けてもチーム全体が楽しむ気持ちを持って臨んだことが結果に繋がったと述べた。 「プレッシャーはもちろんありましたけど、みんなで楽しんでやろうと話していました。もちろん、日本の女子サッカーのためにという想いもありますけど、まずは自分たちのために楽しんでプレーしたことがチームの結果につながって、それが日本の女子サッカーの未来に繋がればいいなと話していたので、それが達成できてよかったです」 オーストラリア&ニュージーランド女子ワールドカップ(W杯)では[3-4-2-1]をベースにしていたなでしこだが、以降は相手の対策に備えてのオプションとして[4-3-3]を導入し、挑戦してきた。 「1試合目で相手が対策をしてきたので元に戻した」と長谷川が話すように、今回はその逆、4バックを対策された時の3バック採用が、「バランスの取れた攻撃と守備」に繋がった。また、第1戦では3バックを相手に見せず、体感させなかったことも、この日の躍動に繋がったと言えそうだ。 「(ボールを)取った後に取られてを繰り返すとリズムが悪くなるので、落ち着くところも作りながら、でもチャレンジするパスも入れられて、今日はバランスの取れた攻撃と守備ができました」 「ワールドカップでは3バックでいい形ができた中で、[4-3-3]という新しい形にチャレンジしながら、オプションを増やすためにチームで合わせてきたんですけど、1試合目で相手が対策をしてきたので元に戻しました。久しぶりの3バックでもすごくいいフィーリングで、みんなが共通認識を持ってできたことが結果に繋がったと思います」 <span class="paragraph-title">【ハイライト動画】なでしこジャパンが北朝鮮を下し、パリ五輪出場権獲得</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="LaY9huyAHiw";var video_start = 62;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.02.29 07:15 Thu

ユナイテッドvsリバプール! FAカップ準々決勝の対戦カード決定!

FAカップ準々決勝の組み合わせ抽選会が行われた。 5回戦では大会連覇を狙うマンチェスター・シティが橋岡大樹を擁するルートン・タウンに6-2の圧勝を収めて突破。さらに、リバプール、マンチェスター・ユナイテッド、チェルシーが順当に突破を決めた。 また、坂元達裕を擁するコヴェントリー・シティは、ノンリーグで6部のメイドストーン・ユナイテッドに圧勝し、レスター・シティと共にチャンピオンシップ(2部)勢として8強入りを果たした。 注目の準々決勝では、マンチェスター・ユナイテッドと遠藤航を擁するリバプールの名門対決が実現。王者マンチェスター・シティは、今シーズンのEFLカップ3回戦で敗れたニューカッスルとのリベンジマッチに臨む。 残念ながら坂元が離脱中のコヴェントリーはウォルバーハンプトン、チェルシーはレスターと対戦する。 なお、準々決勝は3月16日からの週末に開催予定だ。 ◆FAカップ準々決勝 対戦カード ウォルバーハンプトン vs コヴェントリー(2) マンチェスター・ユナイテッド vs リバプール チェルシー vs レスター・シティ(2) マンチェスター・シティ vs ニューカッスル ※数字は所属カテゴリー 2024.02.29 07:14 Thu

橋岡大樹がシティ相手に待望のデビュー! ファンは歓迎、現地では及第点の評価

ルートン・タウンでついにデビューを果たしたDF橋岡大樹。及第点の評価を受けている。 27日、FAカップ5回戦でルートンはホームにマンチェスター・シティを迎えた。 3連覇中のプレミアリーグ王者であり、今シーズンも優勝争いをしているシティに対し、昇格組で降格圏に沈んでいるルートンの一戦となった。 橋岡はベンチスタートとなった中、試合は力の差を見せつけられることに。開始4分にアーリング・ハーランドがゴールを奪うと、18分、40分と前半だけでハットトリックを決められてしまう。 苦しい展開となったが、ルートンも反撃。45分にジョーダン・クラークが1点を返すと、52分にもクラークがゴールを奪い、2-3と1点差に迫る。しかし、再びハーランドが覚醒。55分、58分と連続ゴールで勝負あり。圧巻の5ゴールを奪うと、最後は橋岡の目の前でマテオ・コバチッチが強烈ミドルを放ち、ゴールを奪われ、2-6で惨敗に終わった。 シント=トロイデンから今冬加入後は出番がなかった橋岡だったが、2-5となった62分から途中出場しデビューを果たした。 デビューした橋岡に対しイギリス『90min』は5点(10点満点)の評価と及第点。また、『EUROSPORT』も5点(10点満点)を与え、まずまずの評価を得ている。 <span class="paragraph-title">【動画】橋岡大樹がついにデビューし拍手で出迎え! 試合後にはハーランドとも握手</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="O3UV1-MboMg";var video_start = 443;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.02.28 13:05 Wed

実戦復帰グリーリッシュに苦難続く…そけい部の負傷再発

マンチェスター・シティで実戦復帰したイングランド代表MFジャック・グリーリッシュだが、負傷交代した。 シティは27日のFAカップ5回戦でルートン・タウンと対戦。アーリング・ハーランドの衝撃5発にケビン・デ・ブライネの4アシストなどで6-2と快勝した。 連覇に力強く前進したシティだが、グリーリッシュが39分にジェレミー・ドクと交代。ベンチではうなだれる姿も確認され、状態が心配されるところだ。 今季のグリーリッシュはというと、ここまで公式戦27試合に出場中だが、ケガが悩みの種に。ルートン戦はそけい部の故障から戻って初の先発だった。 イギリス『スカイ・スポーツ』によると、ジョゼップ・グアルディオラ監督はそけい部のケガを再発させた可能性を認めたようだ。 「ドクターと話をしていないが、そけい部の痛みを訴えたようだ。とても良い状態だったが、残念ながら、またケガをしてしまった」 「彼にとって、タフなシーズンになっている。しっかりと治さないといけないし、復帰したら、我々の助けになってくれるだろう」 ポジション争いでも新加入のジェレミー・ドクに押され気味のなか、再離脱濃厚なグリーリッシュ。最終盤に差しかかる今季中に10番を再び見られるか。 2024.02.28 12:35 Wed
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly