オーストリア代表DFライナーがリンパ節がんを克服!今週からチームトレーニングに復帰

2023.11.21 07:30 Tue
Getty Images
ボルシアMGは20日、オーストリア代表DFシュテファン・ライナーがリンパ節がんを克服したことを発表した。
PR
ライナーは7月に癌と診断されたことを発表。それから約4カ月にわたってリンパ節がんと闘病し、この度無事に治療を終えたとのことだ。
闘病を終えたライナーは、公式サイトで以下のように喜びと関係者への感謝を語った。

「再びサッカーに集中し、チームと練習できることを嬉しく思っている。この間、家族、友人、クラブ、ファンから多くのサポートを受けたことにとても感謝している。そのすべてが私に力を与えてくれた。その中でも、特に妻とセルマン医師には感謝したい。彼らはこの時期を支えてくれた多くの人々の中で、最も重要な存在だった」

治療期間中、ライナーはボルシアMGのトレーニング施設でトレーナーと定期的な体力トレーニングに励んだ。これにより、良好なフィジカルコンディションを維持することができており、今週からチームトレーニングに少しずつ参加する予定だという。

PR
関連ニュース

「似てる!」「最早兄弟でしかない」ボルシアMGのFW福田師王の“お気に入りの1枚”にファンが注目「このふたり最高すぎ!」

ボルシアMGのU-22日本代表FW福田師王がお気に入りの写真を披露している。 2023年1月に神村学園高等部からボルシアMGのU-19チームに加入した福田は、今シーズン昇格したセカンドチームやファーストチームのフレンドリーマッチなどで結果を残し、1月にファーストチームへと昇格した。 ここまでブンデスリーガ3試合に途中出場している福田は、18日に自身のX(旧ツイッター)を更新し、4枚の写真を公開した。 福田が公開したのは、いずれもボルシアMGのファーストチームでのトレーニング中の写真。そのうち3枚は一緒に日本代表DF板倉滉が写っており、福田が「1枚目お気に入り」と綴った写真には、2人が一緒に笑顔で歩く姿が写っている。 板倉が写っている他の2枚は、偶然にも板倉と福田のポーズがほぼ一致。そんな2人の姿に、ファンは「ちょっとこのふたり最高すぎ!!!」、「最早兄弟でしかない」、「弟感みたいな??かわいい」、「似てる!」とコメントしている。 ボルシアMGはリーグ戦5試合勝利なしと不調。日本人選手2人がチームに勝利をもたらせるか。 <span class="paragraph-title">【写真】福田師王の“お気に入りの1枚”(左上)</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet" data-media-max-width="560"><p lang="ja" dir="ltr">1枚目お気に入り <a href="https://t.co/x3wbcdmihW">pic.twitter.com/x3wbcdmihW</a></p>&mdash; 福田師王 shiou fukuda (@shiou40) <a href="https://twitter.com/shiou40/status/1759201351064572315?ref_src=twsrc%5Etfw">February 18, 2024</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2024.02.19 17:10 Mon

【ブンデスリーガ日本人選手】浅野が王者相手にゴールを挙げ大金星に貢献!今季リーグ初先発の長谷部vs堂安はドロー決着…

ブンデスリーガ第22節が週末にドイツ各所で行われた。 今シーズンのブンデスリーガには、日本代表で活躍するボルシアMGのDF板倉滉、シュツットガルトのDF伊藤洋輝、フライブルクのMF堂安律、ボーフムFW浅野拓磨に加え、フランクフルトでクラブ史上最年長出場記録を保持するDF長谷部誠が在籍している。 今シーズンも多くの選手が活躍する中、第22節では浅野、板倉、堂安、長谷部、伊藤が先発出場した。 浅野が先発したボーフムはホームでバイエルンと対戦。ボーフムは14分にムジアラのゴールでバイエルンに先制を許したが、38分に 浅野の今季6ゴール目で追いついたボーフムは、44分にもシュテーガーの右CKをシュロッターベックのヘディングで流し込み、逆転に成功した。 迎えた後半、開始直後に浅野がディフェンスライン裏を取って牽制したボーフムが前がかるバイエルンを受け止める展開で立ち上がる。すると78分、CKの際にボックス内でシュロッターベックがウパメカノのヒジ打ちを受けると、ウパメカノは2枚目のイエローカードで退場。このPKをシュテーガーがPKを決めてボーフムが3点目を奪った。 その後、ケインのゴールで1点を返されたボーフムだったが、そのまま3-2で逃げ切り、王者から大金星を挙げた。 また、堂安の先発したフライブルクは、長谷部が今季リーグ初先発したフランクフルトと対戦。 日本人対決となった一戦は、互角の攻防で立ち上がりとなったが、27分にマーモウシュのゴールでフランクフルトが先制。しかし、フライブルクはその3分後にサライのミドルシュートをGKトラップが弾いたルーズボールを堂安が押し込み、追いつく。 堂安の今季リーグ2点目で試合を振り出しに戻したフライブルクだったが、35分にクナウフのゴールで勝ち越しを許す。それでも前半終了間際にボックス内でホーラーが長谷部に足を踏まれてPKを獲得。これをグリフォが決め、2-2で前半を終えた。 迎えた後半、フランクフルトは72分にクナウフのゴールで三度リードを奪う。それでも、フライブルクは試合終了間際の90分にCKの流れからグレゴリッチュがヘディングシュートを流し込み、試合はそのまま3-3で終了した。 その他、伊藤がフル出場したシュツットガルトはアウェイでダルムシュタットに2-1で勝利。板倉が先発したボルシアMGはRBライプツィヒとと対戦し0-2で敗戦した。 ★板倉滉[ボルシアMG] ▽2/17 ライプツィヒ 2-0 ボルシアMG ◆69分までプレー ★長谷部誠[フランクフルト] ▽2/18 フライブルク 2-3 フランクフルト ◆フル出場 ★堂安律[フライブルク] ▽2/18 フライブルク 2-3 フランクフルト ◆フル出場、今季2点目を記録 ★伊藤洋輝[シュツットガルト] ▽2/17 ダルムシュタット 1-2 シュツットガルト ◆フル出場 ★原口元気[シュツットガルト] ▽2/17 ダルムシュタット 1-2 シュツットガルト ◆ベンチ入りせず ★浅野拓磨[ボーフム] ▽2/18 ボーフム 3-2 バイエルン ◆89分までプレー、今季6点目を記録 2024.02.19 07:30 Mon

【ブンデスリーガ日本人選手】代表帰還組が揃って出場!浅野ボーフムはフランクフルトと価値あるドロー

ブンデスリーガ第21節が週末にドイツ各所で行われた。 今シーズンのブンデスリーガには、日本代表で活躍するボルシアMGのDF板倉滉、シュツットガルトのDF伊藤洋輝、フライブルクのMF堂安律、ボーフムFW浅野拓磨に加え、フランクフルトでクラブ史上最年長出場記録を保持するDF長谷部誠が在籍している。 今シーズンも多くの選手が活躍する中、第21節では浅野、板倉、伊藤が先発出場、堂安が途中出場している。 日本代表から帰還した浅野の先発したボーフムは、長谷部の所属するフランクフルトとアウェイで対戦。互角の攻防で立ち上がった試合は、14分にフランクフルトが先手を取る。 ゲッツェの浮き球パスを右サイド高い位置で受けたチャイビがアーリークロス。マーモウシュがポストに足を直撃させながらもボールをねじ込んだ。 先制を許したボーフムだったが17分、ボックス手前から放ったブロシンスキのミドルシュートがDFにディフレクトしてゴールに吸い込まれ、試合を振り出しに戻した。 追いついたボーフムは、27分に浅野がポストプレーからシュテーガーの決定機を演出したが、逆転とならず。 71分に浅野がピッチを後にしたボーフムは、82分にブロシンスキがGK強襲のシュートを浴びせるも1-1のままタイムアップを迎えた。 また、伊藤洋輝がフル出場したシュツットガルトはホームでマインツと対戦。前半終了間際に立て続けに2ゴールを奪ったシュツットガルトは、73分にウンダブのゴールで3点目。 直後の76分にアジョルクに一矢報いられたシュツットガルトだったが、3-1で快勝した。 その他、堂安が途中出場したフライブルクはアウェイでドルトムントに0-3で完敗。板倉がフル出場したボルシアMGはダルムシュタットとゴールレスドローに終わっている。 ★板倉滉[ボルシアMG] ▽2/10 ボルシアMG 0-0 ダルムシュタット ◆フル出場 ★長谷部誠[フランクフルト] ▽2/10 フランクフルト 1-1 ボーフム ◆ベンチ入りも出場せず ★堂安律[フライブルク] ▽2/9 ドルトムント 3-0 フライブルク ◆59分からプレー ★伊藤洋輝[シュツットガルト] ▽2/11 シュツットガルト 3-1 マインツ ◆フル出場 ★原口元気[シュツットガルト] ▽2/11 シュツットガルト 3-1 マインツ ◆ベンチ入りせず ★浅野拓磨[ボーフム] ▽2/10 フランクフルト 1-1 ボーフム ◆71分までプレー 2024.02.12 08:30 Mon

「元気そうでよかった」板倉滉がボルシアMGに復帰!チームメイトからの“歓迎”に笑顔も見せる「チームの優しさに泣いた」「温かい」

日本代表DF板倉滉が所属しているボルシアMGに合流。チームメイトから歓迎されている。 2022年夏にボルシアMGに完全移籍で加入した板倉は、守備の要として活躍。ケガで離脱していた時期があったものの、今シーズンはブンデスリーガで7試合2得点を記録していたなか、アジアカップ2023に日本代表の一員として参加していた。 アジアカップでもセンターバックの主力としてプレーした板倉は4試合に先発出場。しかし、日本が敗れた準々決勝のイラン代表戦では、前半にイエローカードをもらうと、決勝点に繋がるPK献上を与えるなど精彩を欠き、悔しい結果となっていた。 その板倉が、ボルシアMGに合流。合流後初めての練習の様子をクラブが伝えている。 約1カ月ぶりとなる板倉を待ち受けていたのは、恒例の儀式。チームメイトたちが作った花道をもみくちゃにされながら通り抜けると、練習では笑顔を見せる場面もあった。 その様子には、ファンからも「頑張れ!」、「元気そうでよかった」、「チームメイトの優しさに泣いた」、「温かいチーム」とコメントが寄せられている。 ボルシアMGでは、板倉がアジアカップに参加している間にU-22日本代表FW福田師王がファーストチームに昇格。日本人選手2人の躍動に期待だ。 <span class="paragraph-title">【動画】復帰した板倉滉がチームメイトから“歓迎”される</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet" data-media-max-width="560"><p lang="ja" dir="ltr">おかえり <a href="https://twitter.com/kougogo1270?ref_src=twsrc%5Etfw">@kougogo1270</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/diefohlen?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#diefohlen</a> <a href="https://t.co/UftpNB8KLr">pic.twitter.com/UftpNB8KLr</a></p>&mdash; Borussia (@borussia) <a href="https://twitter.com/borussia/status/1754596806384611737?ref_src=twsrc%5Etfw">February 5, 2024</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2024.02.06 11:55 Tue

「今日の敗因は自分」痛恨のPK献上…板倉滉がイラン戦のパフォーマンスを振り返る「このままでは代表のピッチに立つ資格はない」

日本代表のDF板倉滉(ボルシアMG)が、イラン代表戦を振り返った。 3日、アジアカップ2023準々決勝で日本代表はイラン代表と対戦。前半に守田英正のゴールで先制しながらも、後半はイランが押し込み続けると、1-1で迎えた後半アディショナルタイムにPKを献上。逆転を許し、1-2で敗戦。ベスト8で大会を去ることとなった。 この試合ではセンターバックの一角で先発フル出場した板倉。しかし、最後の最後にPKに繋がるファウルを犯してしまった。 板倉は「申し訳ない気持ちです。チームメイトにもですし、日本からも応援してくれている人がたくさんいたと思います。今日の敗因は自分にあると思いますし、自分がもっと良いパフォーマンスをしていれば、日本代表は勝てたと思うので、申し訳なく思います」と敗戦に繋がってしまったシーンを悔やんだ。 改めてPKのシーンについては「1つ前のシーンでクリアできればと思いますけど、映像を見ないと分かりません」とコメント。「後ろから来ている相手を見られなかった視野の狭さを反省しないといけないです」と、相手のホセイン・カナニが来ているのが見えてはいなかったという。 浮き球の処理を冨安健洋(アーセナル)とお見合いになるような形となったが、冨安は声を掛けていた。「ギリギリで声はもちろん聞こえましたけど、後ろの状況は自分で確認できていなくて、ボールに行くと選択した中で触ることができず、こぼれたボールしか見えていなくて、相手の状況も把握しないといけないと思います」と語り、聞こえてはいたが自分が処理しようと判断したという。 板倉は前半24分にイエローカードをもらってしまい、退場する可能性もありながらイランの猛攻に耐え続けた。「早い段階のイエローカードだったので、自分を難しくしてしまったことは確実にあると思います」とプレーの選択が狭まったとし、「その中でも局面局面で全然戦えていなかったですし、最後のところも、その前の失点シーンは自分のところからだと思うので責任は非常に感じます」と、後半特に狙われ続けたことも含めて、悔しさを滲ませた。 板倉はインドネシア代表戦を体調不良でメンバー外となっていたが、本調子ではなかったという。ただ「ピッチに入ったら正直そんなことは関係ないと思いますし、中2日とかそれは相手も同じ条件です。その中であのパフォーマンスをしている時点で、代表選手としてピッチに立って戦う資格はないと自分自身強く感じました。もっと責任感を持ってやりたいと思います」と、高いパフォーマンスを出せない自分が悪いと語った。 また押し込まれていた時間帯はボールも前に繋げなくなっていたが「ああいう時間帯で押し込まれて、ずっと守備で耐えないとという時間が続いていましたけど、奪ったボールを味方に繋いで自分たちの時間をもう少し作れればと思います」と、流れを引き戻すことができなかったという。 イランはパワープレーで前線にロングボールを送り、セカンドボールを回収するという戦いを徹底していた。その結果、日本を押し切ることとなったが、板倉は「個人としての能力をまず上げないといけないと思いましたし、アジアの戦いではそういうボールが増えてくるので、絶対的な存在感を出せるようにならないといけないです」とコメント。「今日のようでは上には全然いけないと思います」と語り、世界でそのような相手と戦うことは少なくとも、しっかりと勝てるチームになる必要があるとした。 改めて試合を終えて、「こんなに自分自身でゲームを壊すことは今までなかったですし、勝たなければいけない状況でやってしまったことは、力のなさを感じました」とコメント。「より一層サッカーに向き合っていかないといけないなと思います。このままでは代表のピッチに立つ資格はないなと思ったので、ここから頑張ります」と、更なる成長へ意欲を見せた。 センターバックでコンビを組む冨安健洋(アーセナル)は、「熱量が足りない」とコメントしていたが、「勝負強さというところは、これからワールドカップで優勝を目指していると言っている中では大事になってきます」と板倉は語り、「今日も日本代表としての今までの良い試合を今日もできれば、間違いなく勝てたと思いますけど、それを毎試合出す。出そうとするけど出せない試合もあって、その中で基本に立ち返って、セカンドボールだったり、球際だったり、走るだったり、そういうところのアラートさはこれから求められると思います」と、上手くいかない時の対応をしっかりする必要があると語った。 <span class="paragraph-title">【動画】痛恨のPK献上…板倉滉は相手が見えていなかったと振り返る</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="loddtpdjCVw";var video_start = 384;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.02.04 07:25 Sun
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly