ベティス新星ディアオにプレミアのビッグクラブがこぞって関心

2023.11.21 05:30 Tue
今季ベティスでブレイクのアサネ・ディアオ
Getty Images
今季ベティスでブレイクのアサネ・ディアオ
レアル・ベティスの新星にプレミアリーグの複数クラブが関心を示しているようだ。
PR
今シーズンのベティスではマヌエル・ペジェグリーニ監督との再タッグで圧倒的な輝きを放つ元スペイン代表MFイスコの活躍が印象的だが、その新司令塔と共に攻撃を牽引するU-21スペイン代表FWアサネ・ディアオ(18)のブレイクにも注目が集まっている。
セネガル人の両親の元でセネガルで生まれたディアオは幼少期にスペインへ移住。バダホスやカディスのカンテラでのプレーを経て2021年にベティスへ加入した。

その新天地ではリザーブチームにあたるベティス・デポルティーボで昨シーズンから頭角を現すと、今年9月に行われたヨーロッパリーグ(EL)のレンジャーズ戦でファーストチームデビュー。以降は左右のウイングで定期的にプレー機会を与えられ、ここまで公式戦11試合4ゴールと決定的な仕事を果たしている。

また、今年4月の段階ではU-18スペイン代表でプレーしていたが、U-19チームを経て先月からU-21スペイン代表でプレーしている。
18歳という年齢を感じさせない185cmの恵まれた体躯と、卓越した身体能力を有するアタッカーは、ポストワークや密集地帯での細かな仕掛けに関して大きな伸びしろを残すが、オープンスペースでの剛のドリブルや両足から繰り出されるパワフルなシュート、地対空の競り合いの強さはプリメーラや欧州の舞台でも十分に通用している。

将来的にはアスレティック・ビルバオのガーナ代表FWイニャキ・ウィリアムズや、昨季のビジャレアルでブレイクしチェルシーへステップアップしたセネガル代表FWニコラス・ジャクソンといったブラックアフリカンの先達同様のムービング型ストライカーとしての大成が期待される。

スペイン『エスタディオ・デポルティーボ』によると、そのベティスの新たな逸材に対しては、チェルシー、リバプール、マンチェスター・ユナイテッド、ニューカッスルというプレミアリーグのビッグクラブがこぞってスカウトを派遣しており、早くも獲得への動きを見せているとのことだ。

なお、今夏ベティスのファーストチームに昇格したばかりのディアオは、先日に2027年までの新契約を締結。契約解除金は3000万ユーロ(約48億7000万円)に設定されている。

PR
関連ニュース

ベティスが3名の負傷を発表…フェキルは鼻骨骨折で手術を実施

レアル・ベティスは27日、元フランス代表FWナビル・フェキルが手術を受けたことを明かした。 フェキルは25日に行われたラ・リーガ第26節のアスレティック・ビルバオ戦に先発出場したが、85分に鼻を負傷し途中交代。検査の結果、鼻骨骨折と診断されていた。 クラブの発表によれば、フェキルは26日の午後に鼻骨の手術を実施。今後は数日間安静に過ごし、その後は保護マスクを着用しながらトレーニングや試合に参加することになるという。 また、ベティスは同日にDFアイトール・ルイバルとMFセルジ・アルティミラが負傷したことを併せて発表している。 2024.02.28 08:30 Wed

ラ・リーガで副審がカメラと激突し大量出血の大事故…審判委員会はリーグに怒り「すでに何度も警告していた」

ラ・リーガでとんでもない事故が発生していた。 事故が起きたのは25日に行われたラ・リーガ第26節のレアル・ベティスvsアスレティック・ビルバオの一戦。副審を務めたグアダルーペ・ポラス・アユソさんがピッチサイドのカメラと激突するアクシデントが起きていた。 試合開始13分に事故が発生。ポラスさんは、ベティスのチミ・アビラのゴールを確認後、タッチライン際を走っていた中、カメラマンと激突した。 そのままピッチに倒れ込んだポラスさん。頭部からは大量の出血があり、即座に治療を受けていた。 状態に問題はなかったが、当然審判を務めることなどできずにそのまま担架で運び出され、病院に搬送されていた。 カメラはゴールが決まったために動き出したが、その動きとポラスさんの動きが重なり衝突したとのこと。ベティスとアスレティックのメディカルスタッフがすぐに異変に気が付き、大量出血を発見。その場で治療を行いながら救急車で運び出されるのを待ったという。 なお、今回の事故を受けて審判委員会は苦情を申し立て。予てからゴール後にピッチに入るというラ・リーガの運用に対して警告していた中、今回の事故が起こったという。スペイン『アス』が伝えた。 「副審は仕事中に殴打を受け、その顔が血まみれになって担架で去っていく映像となった。審判技術委員会はこの状況について非常に怒り、憤慨している。なぜなら、すでにラ・リーガに何度も警告していたからだ」 <span class="paragraph-title">【閲覧注意】ピッチサイドのカメラと激突した副審は頭部から大量出血で血まみれの痛々しい姿…</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="AIfsCi8tiXE";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="es" dir="ltr"> <a href="https://t.co/VlgvZymt30">pic.twitter.com/VlgvZymt30</a></p>&mdash; Carrusel Deportivo (@carrusel) <a href="https://twitter.com/carrusel/status/1761866274865353034?ref_src=twsrc%5Etfw">February 25, 2024</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="pt" dir="ltr">Imagens fortes<br><br>Guadalupe Porras Ayuso, árbitra assistente do Betis vs Athletic Bilbao, chocou com uma câmera à beira do relvado e teve mesmo que ser substituída devido aos ferimentos. <a href="https://t.co/YtW8znxxcq">pic.twitter.com/YtW8znxxcq</a></p>&mdash; Cabine Desportiva (@CabineSport) <a href="https://twitter.com/CabineSport/status/1761883443263111426?ref_src=twsrc%5Etfw">February 25, 2024</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2024.02.26 22:50 Mon

「優勝を目指している」値千金の同点ゴールを決めた金子拓郎、ラウンド16進出弾も「プレーには満足していない」

ディナモ・ザグレブのMF金子拓郎が、レアル・ベティス戦を振り返った。クロアチア『HRT』が伝えた。 22日、ヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)プレーオフ2ndレグで、ディナモ・キエフはホームにベティスを迎えた。 金子が先発出場したこの試合。39分にセドリック・バカンブのゴールでベティスが先制するも、59分に金子が左サイドからのグラウンダーのクロスに走り込んで値千金の同点ゴール。1-1のドローに終わり、2戦合計2-1でラウンド16進出を決めた。 大仕事をやってのけた金子は、試合後にフラッシュインタビューに応じ、ベティス戦を振り返った。 チームをラウンド16に導いたゴールについては「今日は点が取れたことは非常に良かったですが、個人的には自分のプレーには満足していません。もっと自分のプレーの質を上げなければいけないと思っています」とコメント。ゴールに満足しながらも、プレー全体には不満があるという。 特に満足いかない部分については「個人的にミスが多かったところです。点は取りましたが、ミスは反省しなければいけない部分なので、自分のプレーには満足していません」と、まだまだクオリティを上げたいとした。 アウェイゲームでは0-1で勝利していたディナモ・ザグレブだが、ベティスとの2試合について金子は「両試合ともに非常にタフなゲームだったので、守備の時間も凄く長かったです。その中で、自分たちは非常に耐えて良い試合ができたと思います」と、我慢できたことが大事だと語った。 試合の重要性については「毎試合毎試合、常に自分にとっては重要ですし、これからも重要な試合がどんどんやってくるので、しっかり準備していきたいです」とコメント。この先はさらに強豪との戦いが待っている中、ECLの戦いについて言及した。 「もちろん、カンファレンスリーグは優勝を目指していますし、次で負けてしまっては何も意味がないので、もちろん優勝を目指しています」とコメント。やるからには頂点を目指していると意気込んだ。 2024.02.23 13:10 Fri

ベティス、カタールW杯優勝メンバーの主将DFペッセージャと2026年まで契約延長

レアル・ベティスは12日、アルゼンチン代表DFヘルマン・ペッセージャ(32)との契約延長を発表した。新たな契約期間は2026年6月30日までとなる。 リーベル・プレートの下部組織で育ったペッセージャは、2011年12月にトップチームデビュー。2015年夏にベティスへ完全移籍を果たすと、2年間のプレーを経て、2017年夏にフィオレンティーナへレンタル移籍。その後完全移籍に移行する形でフィオレンティーナに残留し、在籍4年間で公式戦138試合に出場していた。 その後、2021年の夏にベティスへ4年契約で復帰を果たすと、初年度からレギュラーとして活躍。キャプテンに就任した今季も守備の要として、ここまで公式戦30試合に出場し1ゴールを記録している。 また、各年代のアルゼンチン代表に選出されてきたペッセージャは、2017年11月にフル代表デビュー。これまで39キャップを誇り、昨年のカタール・ワールドカップやコパ・アメリカ2021の優勝に貢献していた。 2024.02.13 07:30 Tue

ベティスに痛手…絶好調イスコが左ハムストリング負傷で戦線離脱

レアル・ベティスは、元スペイン代表MFイスコの負傷を報告した。 イスコは4日に行われたラ・リーガ第23節のヘタフェ戦で同点ゴールを決めたが、後半途中にハムストリングを痛めて負傷交代していた。 そのイスコの状態についてクラブは、左ハムストリング筋近位筋腱損傷と診断されたことを明かした。 現時点で正確な離脱期間は不明だが、少なくとも数週間単位の離脱が見込まれる。 昨夏、恩師マヌエル・ペジェグリーニ監督のラブコールを受けてベティスに加入したイスコは、ここまでの公式戦29試合に出場し、7ゴール5アシストを記録。ラ・リーガの前半戦においては異論なしのチームベストプレーヤーだった。 2024.02.07 06:30 Wed
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly