マッケニーが左ヒザを負傷しアメリカ代表を離脱…

2023.11.19 06:10 Sun
Getty Images
アメリカサッカー連盟(USSF)は18日、ユベントスのMFウェストン・マッケニーがアメリカ代表を離脱したことを発表した。

今月の代表ウィークでアメリカ代表の招集を受けたマッケニー。16日に行われたCONCACAFネーションズリーグ準々決勝1stレグのトリニダード・トバゴ代表戦にフル出場した。
しかし、マッケニーは試合後、左ヒザに違和感を訴えた模様。検査の結果、問題が明らかとなり、ひと足先に代表活動を切り上げ、所属先のユベントスに戻ることになった。

今後、アメリカ代表は21日にCONCACAFネーションズリーグ準々決勝2ndレグでトリニダード・トバゴ代表と再戦する。
関連ニュース

遠藤純以外にも…各国代表クラス含め10日で6人が前十字じん帯断裂、直近18カ月間では約200人以上とも

片手では数えきれないほどの選手が、この数週間でヒザの前十字じん帯(ACL)断裂で離脱を余儀なくされた。 14日、なでしこジャパンのメンバーに招集されていたFW遠藤純(エンジェル・シティFC)が、ヒザの前十字靭帯損傷で離脱することが発表された。パリ・オリンピックアジア最終予選に臨むなでしこにとっては痛手となった。 トップの選手では遠藤以外にも、13日にパラグアイ女子代表のカメリア・アリエッタ(クルゼイロ)、17日には元U-20女子代表MFリナ・ハウシッケ(ブレーメン)、19日にはスイスのマラウリー・グランジェス(ヤング・ボーイズ)と、相次いで選手の大ケガが発表されることに。 代表活動中の選手らも、20日にはCONCACAF 女子ゴールドカップ中のアメリカ女子代表ミア・フィシェル(チェルシー)、22日にはアイルランド女子代表ジェイミー・フィン(バーミンガム・シティ)と、負の連鎖が続いている。 先月までさかのぼれば、オーストラリア女子代表サマンサ・カー(チェルシー)に、オランダ女子代表ジル・ルード(マンチェスター・シティ)、日本でも猶本光、安藤梢(ともに三菱重工浦和レッズレディース)が負傷。イギリス『ガーディアン』では、「直近18カ月間で195人以上の女子エリート選手が前十字じん帯損傷で戦列を離れた」と述べている。 統計上、これが多いのか少ないのかとは触れていないが、肌感覚としては「圧倒的に多い」と感じるのではないだろうか。 アメリカ『ロサンゼルス・タイムス』では「ACL断裂経験のないエリート選手は、切ったことのある選手よりも少ないだろう」と述べ、同国選手の離脱を踏まえて「フィシェルの負傷は女子サッカーにおける最近の不穏な傾向そのもの」との見出しを付けている。 イギリス『BBC』では以前、男女の身体的特徴の違いやホルモンの差、発展に伴った急激な負荷量増加といった原因の可能性を考察していたが、内的・外的要因は多岐に渡り、これという要因を1つ挙げるのは難しい。 その中で、ACL損傷によりオーストラリア&ニュージーランド女子ワールドカップ(W杯)の欠場を余儀なくされたイングランド女子代表FWベス・ミード(アーセナル)は、復帰までのドキュメンタリーを公開。同時に、国際サッカー連盟(FIFA)などとも協力し、ケガのデータ収集や研究支援にも努めている。 「阻止する方法についての決定的な答えはなく、それがもどかしい部分」とミードは語るが、少なくとも選手の福祉のために「FIFAやUEFAがスケジュールに関して、もう少し現実的になる必要がある」と、日程面や試合数については話し合いを続けていくとしている。 サッカーが接触のある競技という特性上、ケガのリスクを完全になくすことはできないだろう。それでも、早期の原因解明が望まれるほか、回復のためのスケジューリングなど、可能な部分で選手を守る手段が構築されることを願うしかない。 <span class="paragraph-title">【動画】アーセナルのミードとミーデマ、ACL損傷から復帰までのドキュメンタリー</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="vxHrH2nCqR8";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.02.23 22:10 Fri

なでしこジャパンが4月の「SheBelieves Cup」に参加! パリ五輪の切符掴んでの参加とできるか…アメリカ、ブラジル、カナダと対戦

日本サッカー協会(JFA)は19日、なでしこジャパンが4月に行われる「2024 SheBelieves Cup」に参加することを発表した。 パリ・オリンピック出場を目指すなでしこジャパン。北朝鮮女子代表と2月に2試合を戦い、出場権獲得を目指す。 今回の「2024 SheBelieves Cup」には、アメリカ女子代表、ブラジル女子代表。カナダ女子代表も参加。五輪切符を掴んだ上で、強化として臨みたいところだ。 なお、現地時間4月6日(土)の12時30分にアメリカ女子代表と準決勝を戦い、現地時間同9(火)の16時から決勝か3位決定戦でカナダかブラジルと対戦する。テレビ放送は現時点で未定となっている。 2024.01.19 20:25 Fri

プリシックが通算4度目のアメリカ年間最優秀選手選出!レジェンド、ドノバンと並び最多タイに

アメリカ合衆国サッカー連盟(USSF)は18日、2023年のアメリカ年間最優秀選手にFWクリスチャン・プリシック(ミラン/25)が選出されたことを発表した。 今季加入したミランでは、2023年の公式戦22試合に出場し、7得点4アシストを記録。アメリカ代表でも6ゴール3アシストの数字を残し、同代表での年間最多得点者となっていた。 支持率は53%。2位のユヌス・ムサ(ミラン/21.5%)を圧倒した。また、最優秀若手選手にはヴォルフスブルクのFWケビン・パレデスが選出された。 2017年に19歳という史上最年少で同賞に選出されたプリシックは、これが4度目の受賞に。最多タイ記録となり、アメリカ代表のレジェンドであるランドン・ドノバン氏に並ぶ偉業達成となった。 ※受賞年 プリシック(2017年、2019年、2021年、2023年) ドノバン(2003年、2004年、2009年、2010年) 受賞に際に、プリシックは「このような賞を4度ももらえて光栄」と喜びの声を残している。 「このような賞を4度ももらえて、光栄に思う。(2023年は)僕にとって信じられないようなシーズンだったた。僕は代表チームでプレーすること、そして、多くのトロフィーを獲得することをいつも楽しんでいる。もちろん、ACミランに来てからも、本当にエキサイティングな1年で、とても楽しく過ごせている。このような賞をもらえて本当に感謝している」 「候補者の誰が受賞してもおかしくなかったと思うし、彼らだけでなく、クラブレベルや代表チームで素晴らしいパフォーマンスを見せているその他の選手たちも、それに値するだろう」 「このグループがここまで到達したことを本当に誇りに思うし、今後数年間で開催されるビッグイベントが本当に楽しみだよ」 <span class="paragraph-title">【動画】プリシックがドイツ相手に圧巻の仕掛けから豪快な一撃</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="hsTvi8MChC8";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.01.19 16:20 Fri

モーガンとブロンズが6度目! W杯準優勝のイングランドが最多7名選出の女子ワールドイレブンが発表!

国際サッカー連盟(FIFA)は15日、国際プロサッカー選手会(FIFPro)と共同主催する2023年の女子ワールドイレブンを発表した。 FIFA/FIFProワールドイレブンは2005年からスタート。女子は2015年から始まっていた。 世界69カ国、2万8000人以上のプロフットボーラーが投票。2022年8月1日から、2023年8月20日までの成績に基づいて投票され、GK1人、DF、MF、FWが3人選ばれ、残りの1人はそれ以外の最も票を集めた選手となった。 15日に開催された『ザ・ベスト・FIFAフットボールアウォーズ』で11人のメンバーが発表。女子最優秀選手のスペん女子代表MFアイタナ・ボンマティや最優秀女子GKのイングランド代表GKメアリー・アープスなどが選出された。 2023年に行われたオーストラリア&ニュージーランド女子ワールドカップで優勝したスペイン女子代表からはわずか2名。一方で、準優勝だったイングランド女子代表からは最多の7名が選出される事態となった。 スペインとイングランド以外では、アメリカ女子代表FWアレックス・モーガン、そしてオーストラリア女子代表FWサマンサ・カーが選出されている。 また、アープスの他、アレックス・グリーンウッド、エラ・トゥーン、アレッシア・ルッソ、ローレン・ジェームズが初めてベストイレブン入り。モーガンとルーシー・ブロンズは6度目の受賞となり、フランス女子代表DFワンディ・ルナールの7回まで、あと1回と迫っている。 ◆2023 女子ワールドイレブン GK メアリー・アープス(イングランド/マンチェスター・ユナイテッド) DF アレックス・グリーンウッド(イングランド/マンチェスター・シティ) ルーシー・ブロンズ(イングランド/バルセロナ) オルガ・カルモナ(スペイン/レアル・マドリー) MF アイタナ・ボンマティ(スペイン/バルセロナ) エラ・トゥーン(イングランド/マンチェスター・ユナイテッド) キーラ・ウォルシュ(イングランド/マンチェスター・シティ→バルセロナ) FW アレックス・モーガン(アメリカ/サンディエゴ・ウェーブ) アレッシア・ルッソ(イングランド/マンチェスター・ユナイテッド→アーセナル) ローレン・ジェームズ(イングランド/チェルシー) サマンサ・カー(オーストラリア/チェルシー) <span class="paragraph-title">【動画&写真】女子ワールドイレブンに選ばれた選手たち</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet" data-media-max-width="560"><p lang="en" dir="ltr"> This is the 2023 FIFA FIFPRO Women&#39;s <a href="https://twitter.com/hashtag/World11?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#World11</a>, as chosen by players worldwide.<a href="https://twitter.com/FIFAWWC?ref_src=twsrc%5Etfw">@FIFAWWC</a> | <a href="https://twitter.com/FIFAcom?ref_src=twsrc%5Etfw">@FIFAcom</a> | <a href="https://twitter.com/hashtag/TheBest?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#TheBest</a> <a href="https://t.co/DYq0F2NAzJ">pic.twitter.com/DYq0F2NAzJ</a></p>&mdash; FIFPRO (@FIFPRO) <a href="https://twitter.com/FIFPRO/status/1746985079367204956?ref_src=twsrc%5Etfw">January 15, 2024</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr"><a href="https://twitter.com/FIFAWWC?ref_src=twsrc%5Etfw">@FIFAWWC</a> | <a href="https://twitter.com/FIFAcom?ref_src=twsrc%5Etfw">@FIFAcom</a> | <a href="https://twitter.com/hashtag/TheBest?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#TheBest</a> <a href="https://t.co/zeeQXhi0MN">pic.twitter.com/zeeQXhi0MN</a></p>&mdash; FIFPRO (@FIFPRO) <a href="https://twitter.com/FIFPRO/status/1746986332642005322?ref_src=twsrc%5Etfw">January 15, 2024</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2024.01.16 11:05 Tue

日本でもプレーした米女子代表MFがウェストハム加入!清水梨紗らとチームメイトに「ずっとWSLでプレーしたいと思っていた」

ウェストハムの女子チームは22日、NJ/NYゴッサムFCからアメリカ女子代表MFクリスティ・ミュウィス(32)を完全移籍で獲得することを発表した。 背番号は「15」。労働許可証と国際認可が下り次第、正式加入となる。 ミュウィスはカンザス・シティFCやボストン・ブレイカーズなど、アメリカのナショナル・ウィメンズ・サッカーリーグ(NWSL)で170試合以上に出場。2014年には短期間ながら、なでしこリーグの伊賀FCくノ一(現:伊賀FCくノ一三重)にも在籍し、日本でもプレーしていた(登録名はクリステン・アンネ・ミューズ)。 アメリカ女子代表としても53キャップ7得点という数字を残し、オーストラリア&ニュージーランド女子ワールドカップ(W杯)のメンバーにも名を連ねていた。 2015-16シーズンのバイエルン在籍以来となる欧州参戦を迎えるミュウィスは、「加入できてうれしい。ずっと女子スーパーリーグでプレーしたいと思っていたので、夢が叶いました」と、加入の喜びと意気込みを語っている。 「初めてロンドンを訪れたとき、アプトン・パークで初めてのフットボールの試合を観に行ったんです。ウェストハムの文化とエネルギーは、これ以上ないくらい、すぐに私を魅了しました。私の人生で最も幸せな日の1つでした」 「あの瞬間から一回りしたような気がしますが、今回、正式にウェストハム・ファミリーの一員になれました。信じられないことです。私は懸命にプレーし、模範を示し、このエンブレムのために全力を尽くします ウェストハムにはなでしこジャパンのDF清水梨紗、MF林穂之香、FW植木理子が在籍。今季のFA女子スーパーリーグ(FAWSL)では10試合を終え、1勝2分け7敗と11位に沈むなかで、ウインターブレイクに突入している。 初のFAWSL挑戦となるミュウィスは、ハマーズの起爆剤となれるだろうか。 <span class="paragraph-title">【動画】ウェストハムがミュウィスの加入を伝える!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr"> United States International, Kristie Mewis, has touched down in east London! <a href="https://t.co/XMF4et1xCJ">pic.twitter.com/XMF4et1xCJ</a></p>&mdash; West Ham United Women (@westhamwomen) <a href="https://twitter.com/westhamwomen/status/1738243004195049728?ref_src=twsrc%5Etfw">December 22, 2023</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2023.12.23 21:40 Sat
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly