今夏にバイエルン行き破談も野心失わずのパリーニャ「28歳だけどもっと上にいける」

2023.11.15 11:40 Wed
パリーニャは今夏にバイエルン行きが噂されながらとん挫。
Getty Images
パリーニャは今夏にバイエルン行きが噂されながらとん挫。
フルアムのポルトガル代表MFジョアン・パリーニャ(28)がバイエルン移籍ならずを認めた。
PR
今夏のバイエルン行きが実現目前で破談したパリーニャ。それからフルアムと2028年夏までの新契約を結び、忠誠を誓ったが、次のマーケットに向けても人気を博す存在といわれる。
イギリス『デイリー・メール』によると、代表活動に参加するなか、このたびの『O Jogo』で「将来がどうなるかなんてわからない」と語ったパリーニャは今夏をこう振り返った。

「確かに僕や家族に大きな影響があったけど、もう過去のことだし、あまり考えたくないね。起こったことは大きな誇りだし、何が起こったかは知ってのとおり。人生ではすべての出来事にその理由がある。僕はそう考えるようにしているんだ」

また、「起こったことが本当に起こるべきものだったのかどうかは未来が教えてくれるだろうし、教えてくれるのは未来だけだ」と続け、28歳と円熟期にさしかかるなかのステップアップ意思も示した。
「僕はこれまでどおり、やっていきたい。これまでのキャリアを通じて誰からも与えられたものなんてないし、僕が成し遂げたものはすべて自分の価値や仕事によるものだ」

「このままの調子でいければいい。28歳だけど、もっと上にいけると思っているし、その野心をもって未来を見据えている」

なお、バイエルンのスポーツディレクターを務めるクリストフ・フロイント氏は最近のドイツ『Sport Bild』で「もちろん、彼は我々のレーダーにいる」といまだ関心を抱く選手の1人だと認めているようだ。

PR
関連ニュース

今年初黒星…テン・ハグ監督が勝ち越し点許した場面に「あれはミス」

マンチェスター・ユナイテッドが今年の初黒星を喫した。 新年に入って、公式戦7試合で6勝1分けの負けなしと調子を上げるユナイテッドだったが、24日にフルアムをホームに迎え撃ってのプレミアリーグ第26節では1-2の敗北。リーグ戦での連勝が「4」で止まった。 89分に追いついたものの、後半アディショナルタイムに勝ち越されてのショッキングな敗北。勝ち越しを許した場面は相手CKフラッグ付近から軽々とボールの持ち運びを許してのものだった。 イギリス『BBC』によると、エリク・テン・ハグ監督もクリスティアン・エリクセンとハリー・マグワイアが簡単に突破されての2失点目における対応をミスと断じた。 「あれは(フルアム側の)コーナーからのスローインで、相手にプレッシャーをかけていったのに、1人の選手がポジションを間違ってしまった」 「チームとして管理すべきで、全員が正しいポジションにつかないといけない。相手に逃げ切られてしまったし、避けられるものだった」 「チームは大きなキャラクターを示して反撃し、追いついたのは当然で、勝ちにいった。大きなパーソナリティとキャラクターを示したと思う」 「だが、あれはミスだ。勝ちにいった前のところでチャンスをモノにすべきだった」 この試合では直近の出場した6試合で7ゴールと好調だったラスムス・ホイルンドとルーク・ショーが欠場し、結果としてもその影響を感じさせるが、指揮官は「今日のメンバーなら勝てたはず」と述べた。 「両ハーフともスロースタートだったし、ホイッスルが鳴るときから準備しておくべきだ。それは批判だが、前後半で大きなキャラクターを示してはいた」 今年初黒星は再びトップ4が遠のく痛い1敗に。カゼミロも負傷交代を強いられ、台所事情がさらに厳しくなるユナイテッドだが、28日にノッティンガム・フォレストとのFAカップに臨んだ後、3月3日のリーグ戦次節にマンチェスター・シティと対戦する。 2024.02.25 12:45 Sun

ホイルンドら不在の低調ユナイテッドの連勝ストップ…フルアムがナイジェリア代表コンビ活躍で鬼門攻略【プレミアリーグ】

プレミアリーグ第26節、マンチェスター・ユナイテッドvsフルアムが24日にオールド・トラッフォードで行われ、アウェイのフルアムが1-2で勝利した。 今季初の4連勝でトップ4争いに踏みとどまった6位のユナイテッドは、12位のフルアムとのホームゲームで5連勝を狙った。前節のルートン戦をホイルンドのリーグ6試合連続ゴールを含む2ゴールの活躍によって2-1で競り勝った赤い悪魔。 ただ、今回のホームゲームに向けては長期離脱が決定したショーに加え、絶好調のホイルンドの負傷離脱という厳しい報せが届いた。テン・ハグ監督はこのフルアム戦でショーとホイルンドの代役にリンデロフとトップチーム初先発のフォーソンを起用。1トップにラッシュフォードを据えた。 ホームながら全体的に重さが目立つユナイテッドに対して、アウェイのフルアムが優勢に試合を進めていく。開始4分にアンドレアス・ペレイラが最初の枠内シュートを放つと、以降も相手陣内でのプレーを続ける。 18分には中央突破からペナルティアーク付近まで持ち込んだイウォビに決定機が訪れるが、シュートは枠の左に外れる。さらに、21分には右CKの場面でムニスのヘディングシュートをGKオナナが前にはじいたところにルキッチが詰めるが、押し込むことができない。 一方、幾度かカウンターからチャンスの糸口を見いだそうとするものの、流れの中では決定機に持ち込めないユナイテッド。26分にはセットプレーから相手のクリアミスも重なって混戦を作ると、ガルナチョ、マグワイアとボックス内で続けてシュートを放つが、相手DFの見事なゴールカバーなどに阻まれる。 前半半ばを過ぎると、オープンな展開のなかで両者に続けて決定機が生まれる。30分過ぎにはダロトとムニスがいずれもポストを掠める決定的なシュートを打ち合うと、39分にはアンドレアス・ペレイラ、41分にガルナチョといずれもボックス手前でのカットインからの右足のコントロールシュートでゴールに迫ったが、ここは両守護神のビッグセーブに阻まれた。 フルアムやや優勢もユナイテッドも盛り返し、ほぼイーブンの形で折り返した試合。後半は再びアウェイチームが良い入りを見せると、ユナイテッドにアクシデントが発生。空中戦の競り合いで頭部を負傷したカゼミロのプレー続行が不可能となり、53分にマクトミネイを投入。さらに、フォーソンを同じタイミングで下げてエリクセンを投入し、ブルーノ・フェルナンデスを右ウイング、マクトミネイをトップ下に置いた。 この交代で流れを好転させたいユナイテッドだったが、以降もフルアムぺースは変わらず。そして、65分にはアンドレアス・ペレイラの右CKにニアで反応したバッシーがボレーシュート。これは味方のカスターニュにブロックされる形となったが、バッシーはこぼれ球を利き足とは逆の強烈な右足シュートで突き刺した。 守勢で耐え切れずに先制を許したユナイテッドは以降も低調なパフォーマンスに終始。ボールを握って相手陣内深くに侵攻する場面があっても、その先のアイデア、精度がない。80分にはメイヌーを諦めてアマドを投入した。 ここからパワープレー気味に攻めると、これが土壇場での同点ゴールをもたらす。89分、前線に上がっていたマグワイアの右クロスを回収したB・フェルナンデスがボックス手前左から右足シュート。これをGKレノがはじくと、ゴール右でこぼれに反応したマグワイアが左足ボレーで叩き込んだ。 このゴールで一気に逆転まで持ち込もうと、一気呵成の攻めを見せるユナイテッド。その中でB・フェルナンデスの連続のミドルシュートやリンデロフのヘディングシュートとゴールを匂わせる攻撃を見せる。 だが、試合全体で勝ち点3に相応しいパフォーマンスを見せていたフルアムが、最後の最後に突き放した。97分、ハーフウェイライン付近で仕掛けたアダマ・トラオレがマグワイアを抜き去って一気に局面を打開。中央のムニスを経由したボールがボックス左のイウォビに渡ると、ここまで幾つかのチャンスを逸していたナイジェリア代表MFがDFに囲まれながらもニア下へ見事な右足シュートを突き刺した。 そして、ナイジェリア代表コンビの2ゴールによってフルアムが鬼門オールド・トラッフォードを攻略に成功した。一方、ホイルンドらの不在が響いたユナイテッドはリーグ連勝が「4」でストップした。 2024.02.25 02:20 Sun

育成年代応援プロジェクト「JFA アディダス DREAM ROAD」の第二弾はフルアムへ5選手が短期留学…代表候補選手らが貴重な経験

日本サッカー協会(JFA)とアディダスによる「育成年代応援プロジェクト JFA アディダス DREAM ROAD」の第二弾が実施。フルアムへ選手が短期留学に派遣されていた。 「JFA アディダス DREAM ROAD」は、2023年11月に発足したプロジェクトで、心身の成長著しい育成年代の選手に充実した環境と世界基準のトレーニング機会を与え、「世界基準の選手」に育てることを目的に実施するものとなっている。 11月には第一弾としてレアル・ソシエダ、バイエルンへ選手を派遣していた中、第二弾が決定。選手の派遣先はプレミアリーグのフルアムで、5選手が2月2日から19日にかけて短期留学していた。 フルアムへと短期留学していたのは、徳島ヴォルティスユースのMF福田武玖(16)、鹿島アントラーズユースのDF大川佑梧(16)、ガンバ大阪ユースのGK荒木琉偉(16)、柏レイソルU-15のMF阿出川琥吾(15)、アビスパ福岡U-15のMF武本匠平(15)の5名となる。 福田は徳島の選手としてソシエダに2023年3月から4月にかけて短期留学を経験した過去がある。また、大川は2023年に行われたU-17ワールドカップにトレーニングパートナーとして参加。荒木は2023年4月にU-17日本代表候補に選出された過去があった。 JFAのユース育成ダイレクターを務める影山雅永氏は、「屈指のメガクラブがひしめき、現在では最もハイレベルなリーグであると言われるプレミアリーグにおいて、堅実な戦い方で現在1部に所属しています。その背景には素晴らしいクラブ理念と歴史、その中で育まれた育成メソッドを有すると捉えており、選手のみならず我々指導者としても学ぶべきことが多いのではと期待を抱いております」と選手たちを送り出していた。 2024.02.22 18:45 Thu

ワトキンス2発で競り勝ったアストン・ビラが4位浮上!【プレミアリーグ】

プレミアリーグ第25節、フルアムvsアストン・ビラが17日にクレイブン・コテージで行われ、アウェイのアストン・ビラが1-2で勝利した。 公式戦連敗でやや失速傾向が見受けられる5位のアストン・ビラは、12位のフルアムとのアウェイゲームで連敗ストップを狙った。前節からは先発2人を変更。いずれも負傷のジエゴ・カルロス、ブバカル・カマラに代えてパウ・トーレス、ティーレマンスを起用した。 最終的にオフサイド判定も開始直後にワトキンスがいきなりゴールネットを揺らすなど良い入りを見せたアストン・ビラ。 その後は相手に押し返されてセットプレーで決定機を作られる場面はあったものの、前半半ばに先制点を奪う。23分、相手陣内右サイドでのフルアムの軽率なスローインから高い位置でボールを奪い切ったラムジーがボックス左のワトキンスに繋ぐと、イングランド代表FWは巧みな反転から前を向いて右足シュートをゴール左隅に流し込んだ。 幸先よく先制に成功したアウェイチームは28分にもベイリーのクロスバー直撃のミドルシュートなどでゴールに迫ると、40分には右CKからワトキンスが競り勝ってファーに流したボールをアレックス・モレノがヘディングで押し込む。だが、これは微妙な戻りオフサイドで認められず。 結局、1点リードで試合を折り返したアストン・ビラだったが、後半立ち上がりの守勢を凌ぐと、早い時間帯に追加点を奪う。56分、ティーレマンスの絶妙なスルーパスに抜け出したワトキンスがボックス中央から強烈な右足のシュートを突き刺した。 一方、2点ビハインドを追うフルアムは63分、左サイドのスペースに抜け出したロビンソンからのグラウンダークロスをニアにタイミング良く走り込んだムニスがDFとGKに先んじてゴールネットに流し込んだ。 すると、試合はここからホームのフルアムが攻勢を強めていく。イウォビやハリー・ウィルソンと途中投入の選手が攻撃を活性化させると、試合終了間際の90分にはムニスのスルーパスに抜け出したアダマ・トラオレがボックス右でGKと一対一のビッグチャンスを迎えたが、ここはGKマルティネスのビッグセーブに阻まれた。 そして、試合はこのままタイムアップを迎え、敵地でフルアムに競り勝ったアストン・ビラが公式戦連敗をストップすると共にトッテナムを抜いて4位浮上に成功した。 2024.02.18 08:00 Sun

10試合出場でブロヤのレンタル料はゼロに…夏に高く売りたいチェルシーの思惑

アルバニア代表FWアルマンド・ブロヤ(22)のチェルシーからフルアムへのレンタル移籍は、3者にとってメリットの大きい契約のようだ。イギリス『イブニング・スタンダード』が報じた。 チェルシーの下部組織出身で、今シーズンは右ヒザ前十字じん帯断裂の重傷から復帰し、公式戦20試合に出場していたブロヤ。しかし、プレミアリーグで11位と苦戦するチームの中で自らも輝きを放てず、2ゴール2アシストと結果も物足りなかった。 冬の移籍市場での武者修行が噂されていた中、2日にはフルアムへのレンタル移籍が決定。新天地ではセルビア代表FWアレクサンダル・ミトロビッチがサウジアラビアへ移籍して以来空いているセンターフォワードの穴を埋めることが期待されている。 そんな今回の移籍はフルアムにとって比較的リスクの低いものとなっているようで、ブロヤが10試合に出場すればチェルシーへ支払うレンタル料がゼロになる契約とのこと。チェルシー側は夏のブロヤの売却を計画しており、選手としての価値を少しでも高めてほしいという思惑のようだ。 また、ブロヤ本人も「家族や代理人と何度も話し合ったが、フルアムが自分に合った最高のクラブだと感じた」とコメント。プレータイムがある程度見込めるフルアムでの修行は、夏のユーロ2024に向けてもプラスとなるはずだ。 2024.02.09 21:01 Fri
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly