「非常に順調に回復」左ヒザ手術のネイマール、ブラジル代表のドクターが回復状況を語る「今回が最も深刻なケガ」

2023.11.14 09:50 Tue
ネイマールは南米予選で左ヒザを負傷した
Getty Images
ネイマールは南米予選で左ヒザを負傷した
ヒザに重傷を負い長期離脱となるFWネイマール。ブラジル代表のドクターが経過を報告した。ブラジル『グローボ』が伝えている。今夏パリ・サンジェルマン(PSG)からサウジ・プロ・リーグのアル・ヒラルへと完全移籍したネイマール。カタール・ワールドカップ(W杯)後の今年2月に足首のじん帯を損傷。手術を受けてプレーできずにいた。
その後復帰したネイマールだったが、10月17日に行われた北中米ワールドカップ南米予選第4節のウルグアイ代表戦で負傷交代。チャージを受けて踏ん張ろうとした際につまづいて転倒。左ヒザを押さえて倒れ込み、両チームの選手が心配してすぐに駆け寄る形となった。

ネイマールは左ヒザの前十字じん帯断裂および半月板損傷の重傷を負い、ブラジルで手術。復帰まではかなりの時間を要することとなったが、無事に成功していた。

手術を担当したブラジル代表のメディカルチームのチーフであるロドリゴ・ラスマール氏がネイマールの回復状況についてコメント。初期段階ではあるが、順調であるとした。
ネイマールは非常に順調に回復している。昨日(日曜日)、私はすでに予定されていた新たな手術後の評価のために選手と一緒にいた」

「もちろん、まだ初期段階ではあるが、とても順調に回復している。それは複雑なケガで、彼はじん帯を断裂しており、しばらく離脱する必要がある」

「また、関連するケガのために、彼は長いリハビリプロセスを経ることとなるが、それを彼は承知している。ただ、その反応はよく、満足している」

なお、復帰の明確な時期については設けないとのこと。今までで最も深刻なケガになっているとし、順調にプログラムをこなしているという。

「医者と患者の関係は、信頼、友情、尊敬に基づいている。これは全て、ポジティブな結果の一部だ。負ってしまった重傷を理解することがとても重要だ。彼は他にもケガやこうした状況を経験しており、これが3回目の手術だった」

「残りの2回は、期間は短かった。今回が最も深刻なケガであり、より時間がかかるため、とても集中して回復に専念する必要がある。彼は我々が提案している全てに従っている」


1 2
関連ニュース

新体制のブラジル代表が招集メンバー発表! 新顔もジローナFWサヴィオら5選手

ブラジル代表が1日に3月の招集メンバー26名を発表した。 北中米ワールドカップ(W杯)の南米予選で6位に落ち込み、ドリヴァウ・ジュニオール新監督で再建を期すブラジル。今月の活動では欧州遠征で2つの国際親善試合が組まれ、23日にロンドンでイングランド代表と対戦後、マドリードでスペイン代表戦に挑む。 新体制発足後の初陣となる今活動では負傷中のネイマールやアリソン・ベッカーがメンバーから外れた一方で、ジローナをリードするサヴィオをはじめ、パブロ・マイア、ルーカス・ベラウド、ムリロ、ラファエウの5選手が新顔として呼ばれている。 また、ルーカス・パケタが復帰。リシャルリソンはケガが明らかになっているが、このメンバーに名を連ねている。 ◆メンバーリスト GK ベント(アトレチコ・パラナエンセ) エデルソン(マンチェスター・シティ/イングランド) ラファエウ(サンパウロ) DF ダニーロ(ユベントス/イタリア) ヤン・コウト(ジローナ/スペイン) アイルトン・ルーカス(フラメンゴ) ヴェンデウ(ポルト/ポルトガル) ルーカス・ベラウド(パリ・サンジェルマン/フランス) ガブリエウ・マガリャンイス(アーセナル/イングランド) マルキーニョス(パリ・サンジェルマン/フランス) ムリロ(パウメイラス) MF アンドレ(フルミネンセ) アンドレアス・ペレイラ(フルアム/イングランド) ブルーノ・ギマランイス(ニューカッスル・ユナイテッド/イングランド) カゼミロ(マンチェスター・ユナイテッド/イングランド) ドウグラス・ルイス(アストン・ビラ/イングランド) ジョアン・ゴメス(ウォルバーハンプトン/イングランド) ルーカス・パケタ(ウェストハム/イングランド) パブロ・マイア(サンパウロ) FW エンドリッキ(パウメイラス) ガブリエウ・マルティネッリ(アーセナル/イングランド) ハフィーニャ(バルセロナ/スペイン) リシャルリソン(トッテナム/イングランド) ロドリゴ・ゴエス(レアル・マドリー/スペイン) サヴィオ(ジローナ/スペイン) ヴィニシウス・ジュニオール(レアル・マドリー/スペイン) 2024.03.02 11:50 Sat

レアンドロ・ダミアンが3月頭に母国復帰初戦…川崎F移籍にもつながった“恩師”のもとで選手キャリア最終章へ

元ブラジル代表FWレアンドロ・ダミアンの新天地初戦が近づいているようだ。 川崎フロンターレで5年間プレーしたレアンドロ・ダミアン。日本ではJ1リーグを2度、天皇杯を2度、YBCルヴァンカップを1度制し、2021シーズンはJ1得点王とMVPの個人2冠を成し遂げている。 34歳を迎えての母国復帰で選んだ新天地は、カンピオナート・ブラジレイロ・セリエB(ブラジル2部)のコリチーバ。現在は2024シーズンの全国リーグ開幕に先立ち、パラナ州選手権を戦っている。 12日に合流したというダミアンの契約は1年間。ブラジル『グローボ』によると、デビュー戦は最速で、3月3日に行われるパラナ州選手権ラウンド16・1stレグのシアノルテ戦だという。 ダミアン加入はコリチーバにとって今季の目玉補強。昨季まで本職センターフォワードを配置しない”偽9番”の時期が長かったようだが、ダミアンを置くことでそれを終わらせるプランがあるようだ。 ただ、サッカーはチームスポーツであり、周囲の選手との関わりなくして活躍はない。 ダミアンはどうやらサイドアタッカーを中心としたポジションの近い選手との連携、またチームへのフィット具合を慎重に見極められているようで、現段階ではさほど熟成されていないとのこと。「しばらくは途中出場中心か」とも予想されている。 また、川崎Fでのラストゲーム(昨年12月9日)から2カ月強、コンディションも上がりきっていないとレポートされている。 それでも、コリチーバを率いるは、ダミアンが川崎F移籍前に所属したインテルナシオナル時代の指揮官でもあるグト・フェレイラ監督(※1)。欧州移籍に失敗し、ブラジルに戻っても不遇を抜け出せなかったダミアンを復活させた人物…コリチーバ行きの決め手は、もちろんフェレイラ監督の存在だ。 ロンドン五輪得点王、ブラジル代表通算18キャップ、J1得点王…34歳レアンドロ・ダミアンは、恩師のもとで選手キャリア最終章を迎える。 (※1)フェレイラ監督は2017年5月〜11月にかけてインテルナシオナルを指揮。同年7月加入のダミアンはフェレイラ監督の下でブラジル2部リーグ17試合10得点を記録し、エースとしてチームの1部昇格に貢献した 2024.02.27 19:43 Tue

性的暴行の元ブラジル代表DFダニエウ・アウベスが有罪に…懲役4年6カ月の判決が下る

強姦の容疑で逮捕された元ブラジル代表DFダニエウ・アウベスに有罪判決が下った。 スペイン『マルカ』など複数メディアによると、22日にバルセロナの裁判所で判決が言い渡され、アウベスは性的暴行の容疑で、懲役4年6カ月の有罪となった。 なお、刑期を終えてから5年間の監視期間が設けられ、9年6カ月は被害者の自宅や職場、1km以内に近づくこと、いかなる手段によるコミュニケーションも禁止されることとなった。 さらに、道義的な損害として15万ユーロ(約2450万円)の罰金も科されることが決定した。 事件が起こったのは、2022年12月。バルセロナのナイトクラブの「モエ」のブース内で発生。被害者の当時21歳の女性はいとこや友人の隣に座っていた中、同行していた男性が2人をプライベートエリアに招き、シャンパンを飲ませたという。 女性たちは最初は拒否していたが、アウベスと友人の強引な誘いを受け入れ、5人でシャンパンを飲み、喋ったり踊ったりしていたとのこと。アウベスは被害者を意識し、抱きしめ、接近し、2度も手を股間に持って行ったとのこと。すると午前3時20分ごろにアウベスは宿泊者専用の個室に行き、女性を呼び、鍵を閉めて、女性を部屋に閉じ込めると、行為に及ぼうとしたが女性が抵抗。その後、女性に暴行を加えて無理矢理性行為に及んだという。 2023年11月にはスペイン検察当局は、アウベスに対して懲役9年を求刑。その後、10年間の監視付きの自由を与え、女性の1km以内に近づくことと、10年間の連絡の禁止を求めていた。 7日、アウベスはバルセロナの裁判所に出廷。女性との行為は合意の上で行ったものだと容疑を否認。そこからおよそ2週間が経過し、判決が下された。 なお、無罪を主張するアウベスはカタルーニャ高等裁判所へ上訴が可能。さらに、最高裁にも上訴することが可能となっている。 また、逃亡の恐れがあることから、一貫してアウベスの仮釈放は認められていない。 2024.02.22 19:10 Thu

負傷アリソンは3月末まで離脱か…ブラジル代表指揮官が明かす「次の代表ウィークは招集不可」

ブラジル代表のドリヴァウ・ジュニオール監督が、リバプールのブラジル代表GKアリソン・ベッカーの離脱期間を示唆した。イギリス『メトロ』が伝えた。 10日の第24節バーンリー戦から欠場が続いているアリソン。ユルゲン・クロップ監督は21日の第26節ルートン・タウン戦前の会見で「アリが欠場するのは明らかだ。筋肉を痛めていて、どれくらい時間がかかるか正確にはわからないが、復帰まで時間がかかることは間違いない」と守護神の状態に言及していた。 このクロップ監督の会見があった20日の夜、ブラジル『TNT Sports』では1月からブラジル代表指揮官を務めているドリバル・ジュニオール監督もアリソンについてコメント。3月の代表ウィークで予定されているイングランド代表戦やスペイン代表戦にアリソンは出場できないだろうと語った。 「招集の可能性に関して言えば、名前が挙がっている選手は全て重要であり、所属クラブでもある程度の存在感を放っている。彼らがプレリストに載るのは当然だろう」 「しかしだ。アリソン、マテウス・クーニャ、ジョアン・ペドロ、さらにはネイマールなど、深刻なケガを負っている何人かの選手たちは、現時点で完全に除外されている」 「誰か1人かそれ以外かが事前に定義されているわけではない。我々が持っているこの大規模なリストの中には、現時点で招集が現実的ではない名前もあるのだ」 3月末まで離脱する可能性が高くなったアリソンは、25日のEFLカップ(カラバオカップ)決勝チェルシー戦や、FAカップ5回戦サウサンプトン戦、またプレミアリーグの数試合を欠場する見込み。当分は引き続きアイルランド代表GKクィービーン・ケレハーに頼ることになりそうだ。 2024.02.21 19:31 Wed

アドリアーノ氏が42歳のお誕生日!短くも強烈な全盛期を送った“皇帝”、古巣のエースが思い入れ語る「僕の永遠のNo.1」

2月17日、短くも強烈な全盛期を送った元ブラジル代表FWアドリアーノ氏が42歳の誕生日を迎えた。ブラジル『グローボ』が伝えている。 かつて“皇帝”の異名をとったアドリアーノ氏。190cm近い長身に鋼のような肉体、何よりその左足から放たれる強烈“すぎる"シュートに、時として相対するGKはなす術もなかった。 クラブキャリアではフラメンゴでデビュー後、インテル移籍で欧州上陸。レンタル先のフィオレンティーナ、パルマで活躍したのち、復帰したインテルでは背番号「10」を与えられた。 しかし、ブラジル代表の一員としてドイツ・ワールドカップ(W杯)を戦ったのを境に、当時インテルを率いたロベルト・マンチーニ監督との不和、無断練習欠席、うつ病発症などなど、その輝きが徐々に色褪せていくことに。 母国へのレンタル移籍によって一時的には復活も、イタリア帰還後は遅刻や夜遊び、ウェイトオーバーの常習犯となり、死亡説が流れたことも。結局、2016年に34歳で引退したアドリアーノ氏、その全盛期は20〜24歳ごろまでだったと言える。 そんな元皇帝も今年で42歳。古巣フラメンゴは公式SNSやYouTubeチャンネルでかつてのヒーローを祝い、アドリアーノ氏に憧れてフラメンゴへ来たという現エース・元ブラジル代表FWペドロが思い入れを語った。 「アドリアーノは間違いなく僕のアイドル。ピッチで彼以上に僕にインスピレーションを与えてくれる男はいなかった…小さな頃から彼を追いかけてきたんだ」 「マラカナンでのコリチーバ戦のゴールは、僕が最も心に残っている彼のゴール。あのとき僕はゴール裏にいてね。一人のファンとして彼を追いかけた記憶が色褪せることなんか決してない。繰り返すけど、彼は僕のインスピレーションの源であり、永遠にNo.1の選手だ」 現在のアドリアーノ氏の様子は、公式X(@A10imperador)から垣間見ることができる。20代の現役フットボーラーにも多大な影響を与えた男が、幸せそうで、何よりだ。 <span class="paragraph-title">【写真】幸せそうで何より! 現在のアドリアーノ氏</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="pt" dir="ltr">Partiu sampa <a href="https://t.co/uHCVhEuQcN">pic.twitter.com/uHCVhEuQcN</a></p>&mdash; Adriano Imperador (@A10imperador) <a href="https://twitter.com/A10imperador/status/1755992129824817420?ref_src=twsrc%5Etfw">February 9, 2024</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2024.02.18 20:30 Sun
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly