浅野は2度の決定機を決められず…ボーフムが最下位相手に痛恨のドロー【ブンデスリーガ】

2023.11.12 04:35 Sun
Getty Images
浅野拓磨の所属するボーフムは11日、ブンデスリーガ第11節でケルンと対戦し1-1の引き分けに終わった。浅野は81分までプレーしている。
PR
前節、浅野の2ゴールで今季リーグ戦初勝利を飾った14位ボーフム(勝ち点8)が、最下位に沈むケルン(勝ち点5)をホームに迎えた一戦。ボーフムの浅野は[4-3-3]の右ウィングでスタメンとなった。
立ち上がりから一進一退の展開が続く中、ボーフムは22分に右サイドのシュテーガーが供給したクロスをホフマンが落とすと、これに反応したクワーテンに決定機が訪れたが、シュートは飛び出したGKのブロックに阻まれた。

チャンスを逃したボーフムだったが、その3分後に先制する。25分、左サイドを突破したシュテーガーのクロスをゴール前で収めたホフマンがシュート。これはGKシュヴェーベに弾かれたが、こぼれ球をダシュナーが押し込んだ。

ハーフタイムにかけてもボーフムが攻勢を続けたが追加点は奪えず。前半は1-0で終了した。
迎えた後半、ボーフムは49分に浅野に決定機が訪れる。ホフマンのパスをボックス手前で受けた浅野がトラップでゴール前まで抜け出しシュートを放ったが、これはGKシュヴェーベのブロックに防がれた。

追加点のチャンスを生かせなかったボーフムは54分に失点する。中盤でのボールロストからカウンターを受けると、カインツのスルーパスからボックス左手前まで駆け上がったマイナがダイレクトクロスを供給。最後はゴール前に走り込んだゼルケに右足で流し込まれた。

追いつかれたボーフムは66分、シュテーガーの左クロスからゴール前に抜け出したホフマンに決定機が訪れたが、シュートは左ポストを直撃。さらに69分には、ペナルティアーク手前からのFKをシュテーガーが直接狙うと、GKシュヴェーベの弾いたボールを浅野がヘディングシュートで合わせたが、ボールはゴール右に外れた。

その後、ボーフムは81分に浅野やホフマンら攻撃陣を下げてブロシンスキ、パシエンシアらフレッシュな選手を投入。しかし、最後まで追加点は生まれず。ボーフムは最下位相手に痛恨のドローとなった。

PR
関連ニュース

ボーフム戦で負傷交代のマズラウィ、左ハムストリングの筋断裂で戦線離脱…手薄な右SBに追い打ち

バイエルンは19日、モロッコ代表MFヌサイル・マズラウィが負傷したことを発表した。 マズラウィは18日に行われたブンデスリーガ第22節のボーフム戦に右サイドバックで先発出場。しかし、左太モモを負傷し33分にDFダヨ・ウパメカノとの交代を余儀なくされた。 バイエルンはマズラウィが左ハムストリングの筋肉を断裂したと発表。なお、離脱期間は明かされていない。 バイエルンではDFサシャ・ブイ、DFブナ・サール、MFコンラート・ライマーと右サイドバックにケガ人が続出。ボーフム戦で途中出場したウパメカノはCLラツィオ戦に続き2戦連続の退場処分を受けており、トゥヘル監督にとっては頭の痛いマズラウィの離脱となった。 2024.02.20 07:30 Tue

「ノイアーキラー」「大一番での力が凄い」浅野拓磨がブンデス6点目! 王者バイエルンから技ありのゴール、ノイアーを打ち破る「トラウマレベル」

日本代表FW浅野拓磨が大仕事をやってのけた。 18日、ブンデスリーガ第22節が行われ、ボーフムはホームにバイエルンを迎えた。 首位を争うバイエルンを迎えたボーフム。先発出場した浅野は、0-1でリードされて迎えた38分に特徴を出してゴールを奪い切る。 敵陣のハーフウェイライン付近でボールを奪ったボーフムは、カウンター発動。スルーパスに反応した浅野はフリーで持ち出すと、ボックス内に入ったところで右足シュート。左サイドネットを揺らす見事なシュートを決め切った。 ファンは見事なゴールに「こういうの決めちゃうんだよな」、「ノイアーからまたゴールじゃん」、「大一番での力が凄い」、「ノイアーキラー」、「ノイアーはトラウマレベルなんじゃない」、「W杯のニアを警戒したらファーという」と、ドイツ代表GKマヌエル・ノイアー相手のゴールが称えられている。 浅野はこのゴールで今シーズンのブンデスリーガ6点目。チームも3-2で逆転勝利を収めている。 <span class="paragraph-title">【動画】浅野拓磨が王者バイエルン相手に技ありのゴール!ジャガーポーズも飛び出す</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="AKyObvgNUAY";var video_start = 91;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> <blockquote class="twitter-tweet" data-media-max-width="560"><p lang="ja" dir="ltr"><a href="https://t.co/gU6xWNPW2C">https://t.co/gU6xWNPW2C</a> <a href="https://twitter.com/AsaTaku29?ref_src=twsrc%5Etfw">@AsaTaku29</a><a href="https://twitter.com/VfLBochum1848EN?ref_src=twsrc%5Etfw">@VfLBochum1848EN</a> <a href="https://t.co/H5EWvTVQRN">pic.twitter.com/H5EWvTVQRN</a></p>&mdash; スカパー!ブンデスリーガ (@skyperfectv) <a href="https://twitter.com/skyperfectv/status/1759268540446802310?ref_src=twsrc%5Etfw">February 18, 2024</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2024.02.19 10:30 Mon

バイエルンよもやの3連敗も…トゥヘル解任に動かずか

負けが込むバイエルンだが、トーマス・トゥヘル監督(50)の解任に動かないようだ。 バイエルンは18日のブンデスリーガ第22節でボーフムのホームに乗り込み、2-3の敗北。14分に先制してから38分に浅野拓磨の同点弾を浴びるなどで3失点し、87分にハリー・ケインのゴールで1点を返すのがやっとだった。 先週末のブンデスリーガでレバークーゼンとの頂上対決を落とし、先のチャンピオンズリーグ(CL)でもラツィオに先勝を許してのボーフム戦とあって、これで公式戦3連敗。レバークーゼンとは8ポイント差に広がってしまった。 ラツィオ戦を敗れたあたりから進退が騒がしくなり始めるなか、それに追いうちをかけるボーフム戦の敗戦だが、ドイツ『スカイ』によると、バイエルンはトゥヘル監督を更迭しないという。 最高経営責任者を務めるヤン・クリスティアン・ドレーセン氏は「トゥヘル監督が来週もチームを指揮するのか?」との問いに「もちろん」と返したようだ。 「何を聞きたいかわかるが、忠誠の誓いなど1週間で終わってしまう。だから、私は私なりに言っている。それは現時点で我々が扱うテーマじゃない。次の試合に集中する必要がある」 また、渦中のトゥヘル監督も「サポートを感じるし、ヤンとの関係や我々がどれほど協力し合っているかもわかっている」と話している。 2024.02.19 09:00 Mon

【ブンデスリーガ日本人選手】浅野が王者相手にゴールを挙げ大金星に貢献!今季リーグ初先発の長谷部vs堂安はドロー決着…

ブンデスリーガ第22節が週末にドイツ各所で行われた。 今シーズンのブンデスリーガには、日本代表で活躍するボルシアMGのDF板倉滉、シュツットガルトのDF伊藤洋輝、フライブルクのMF堂安律、ボーフムFW浅野拓磨に加え、フランクフルトでクラブ史上最年長出場記録を保持するDF長谷部誠が在籍している。 今シーズンも多くの選手が活躍する中、第22節では浅野、板倉、堂安、長谷部、伊藤が先発出場した。 浅野が先発したボーフムはホームでバイエルンと対戦。ボーフムは14分にムジアラのゴールでバイエルンに先制を許したが、38分に 浅野の今季6ゴール目で追いついたボーフムは、44分にもシュテーガーの右CKをシュロッターベックのヘディングで流し込み、逆転に成功した。 迎えた後半、開始直後に浅野がディフェンスライン裏を取って牽制したボーフムが前がかるバイエルンを受け止める展開で立ち上がる。すると78分、CKの際にボックス内でシュロッターベックがウパメカノのヒジ打ちを受けると、ウパメカノは2枚目のイエローカードで退場。このPKをシュテーガーがPKを決めてボーフムが3点目を奪った。 その後、ケインのゴールで1点を返されたボーフムだったが、そのまま3-2で逃げ切り、王者から大金星を挙げた。 また、堂安の先発したフライブルクは、長谷部が今季リーグ初先発したフランクフルトと対戦。 日本人対決となった一戦は、互角の攻防で立ち上がりとなったが、27分にマーモウシュのゴールでフランクフルトが先制。しかし、フライブルクはその3分後にサライのミドルシュートをGKトラップが弾いたルーズボールを堂安が押し込み、追いつく。 堂安の今季リーグ2点目で試合を振り出しに戻したフライブルクだったが、35分にクナウフのゴールで勝ち越しを許す。それでも前半終了間際にボックス内でホーラーが長谷部に足を踏まれてPKを獲得。これをグリフォが決め、2-2で前半を終えた。 迎えた後半、フランクフルトは72分にクナウフのゴールで三度リードを奪う。それでも、フライブルクは試合終了間際の90分にCKの流れからグレゴリッチュがヘディングシュートを流し込み、試合はそのまま3-3で終了した。 その他、伊藤がフル出場したシュツットガルトはアウェイでダルムシュタットに2-1で勝利。板倉が先発したボルシアMGはRBライプツィヒとと対戦し0-2で敗戦した。 ★板倉滉[ボルシアMG] ▽2/17 ライプツィヒ 2-0 ボルシアMG ◆69分までプレー ★長谷部誠[フランクフルト] ▽2/18 フライブルク 2-3 フランクフルト ◆フル出場 ★堂安律[フライブルク] ▽2/18 フライブルク 2-3 フランクフルト ◆フル出場、今季2点目を記録 ★伊藤洋輝[シュツットガルト] ▽2/17 ダルムシュタット 1-2 シュツットガルト ◆フル出場 ★原口元気[シュツットガルト] ▽2/17 ダルムシュタット 1-2 シュツットガルト ◆ベンチ入りせず ★浅野拓磨[ボーフム] ▽2/18 ボーフム 3-2 バイエルン ◆89分までプレー、今季6点目を記録 2024.02.19 07:30 Mon

バイエルンがウパメカノ2戦連続退場で泥沼の公式戦3連敗、浅野弾のボーフムが打ち合い制す【ブンデスリーガ】

ブンデスリーガ第22節、ボーフムvsバイエルンが18日に行われ、3-2でボーフムが逆転勝利した。ボーフムのFW浅野拓磨は89分までプレーしている。 前節フランクフルトに1-1で引き分けた14位ボーフム(勝ち点22)は浅野が[4-1-4-1]の右MFでスタメンとなった。 一方、前節レバークーゼンとの首位攻防戦を完敗した2位バイエルン(勝ち点50は、4日前に行われたチャンピオンズリーグではラツィオに0-1で敗戦。公式戦連敗でトゥヘル監督の去就が騒がしくなっている中、チュポ=モティングがケインと縦関係の2トップを形成した。 ボーフムがアグレッシブな入りを見せた中、バイエルンは10分にムシアラが、14分にデ・リフトが枠内シュートを放つと、14分に押し切る。CKの流れから分厚い攻めを見せ、ボックス右でゴレツカのパスを受けたムシアラがシュートを突き刺した。 その後20分から約10分間、外資参入によるサポーターの抗議活動で中断があった中、38分に浅野が同点弾。ロジラのリターンパスを受けてボックス右に侵入すると、デ・リフトの対応がありながらゴール左へシュートを蹴り込んだ。 浅野の今季6点目で勢い付くボーフムは44分に逆転弾。シュテーガーの右CKからシュロッターベックのヘディングシュートが決まった。 迎えた後半、開始直後に浅野がディフェンスライン裏を取って牽制したボーフムが前がかるバイエルンを受け止める展開で立ち上がる。 そして53分過ぎ、抗議活動により前半同様、試合は約10分中断へ。再開後も攻めあぐねるバイエルンはデビュー戦のサラゴサを左サイドに投入。 しかし76分、ウパメカノが守備時のCKでシュロッターベックにヒジを入れて2枚目のイエローカードを受け、公式戦2試合連続退場。10人となったバイエルンに対し、シュテーガーがPKを決めてボーフムが3点目を奪った。 その後、86分のサネとの一対一をGKリエマンが好守で凌いだボーフムは、87分にケインにゴールを許して1点差に詰め寄られるも3-2で逃げ切り。リーグ戦4試合ぶりの勝利を飾っている。 一方、敗れたバイエルンは泥沼の公式戦3連敗となった。 2024.02.19 03:52 Mon
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly